映画『アラン・ドロンのゾロ』ネタバレ・あらすじ「仮面を被って悪を成敗」感想「コスプレは快感」結末

スポンサーリンク
映画『アラン・ドロンのゾロ』ネタバレ・あらすじ「仮面を被って悪を成敗」感想「コスプレは快感」結末アクション映画

映画『アラン・ドロンのゾロ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『アラン・ドロンのゾロ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『アラン・ドロンのゾロ』
(120/イタリア/1975)
原題『Zorro』

【監督】
ドゥッチオ・テッサリ
【脚本】
ジョルジオ・アルロリオ
【原作】
ジョンストン・マッカレー
【製作】
ルチアーノ・マルチーノ
【撮影】
ジュリオ・アルボニコ
【音楽】
グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス
【字幕監修】
山崎剛太郎
【出演】
アラン・ドロン
オッタビア・ピッコロ スタンリー・ベイカー エンツォ・セルシコ
ムスタシュ アドリアーナ・アスティ ジャコモ・ロッシ=スチュアート
【HPサイト】
映画『アラン・ドロンのゾロ』IMDbサイト
【予告映像】
映画『アラン・ドロンのゾロ』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『アラン・ドロンのゾロ』NHK BSプレミアム放送 11月19日(木)午後2時46分〜4時46分
    1. 11月19日(木)午後2時46分〜4時46分
  2. 映画『アラン・ドロンのゾロ』の作品情報・概要
      1. アラン・ドロン演じる「サムライ」は緊張感が半端ない
  3. 映画『アラン・ドロンのゾロ』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『アラン・ドロンのゾロ』の感想・内容
      1. レオナルド・ディカプリオが一番美しい時代
      2. ジョーカーの変身は「社会」への憎悪か「母親」への愛の希求か?
      3. 仮面と言ったら「ダースベイダー」でしょう
  5. 映画『アラン・ドロンのゾロ』の結末・評価
      1. 最後に仮面の男が出てきます
      2. カポーティーの本当に素顔はやっぱりわからない
  6. 映画『アラン・ドロンのゾロ』のキャストについて
  7. まとめ 映画『アラン・ドロンのゾロ』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【オススメコメディー映画】
      1. 映画『とんかつDJアゲ太郎』
      2. 映画『デッド・ドント・ダイ』
      3. 映画『今夜、ロマンス劇場で』
      4. 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』
      5. 映画『翔んで埼玉』
      6. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』
      7. 映画『カイジ ファイナルゲーム』
      8. 映画『カツベン!』
      9. 映画『シンクロ・ダンディーズ!』
      10. 映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』
      11. 映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』
    2. 【フランス映画オススメ】
      1. 映画『レ・ミゼラブル』
      2. 映画『12か月の未来図』
      3. 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』
      4. 映画『私の知らないわたしの素顔』
      5. 映画『男と女 人生最良の日々』
      6. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』
      7. 映画『サムライ』
      8. 映画『パリに見出されたピアニスト』
      9. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』
      10. 映画『田園の守り人たち』
      11. 映画『北の果ての小さな村で』
      12. 映画『アマンダと僕』
  9. 映画『アラン・ドロンのゾロ』の作品情報

映画『アラン・ドロンのゾロ』NHK BSプレミアム放送 11月19日(木)午後2時46分〜4時46分

11月19日(木)午後2時46分〜4時46分

映画『アラン・ドロンのゾロ』のオススメ度は?

2.0

2つです

コメディーです

楽しめます

リラックスできます

真昼に観る最適な映画です

やっぱりアラン・ドロンは「美しい」です

スポンサーリンク

映画『アラン・ドロンのゾロ』の作品情報・概要

『アラン・ドロンのゾロ』原題『Zorro1975年のイタリア・フランス製作の映画。ドゥッチョ・テッサリ監督作品。主演はアラン・ドロン。共演はオッタヴィア・ピッコロ。ジョンストン・マッカレーの小説『怪傑ゾロ』が原作。アラン・ドロンにしては珍しいコメディー映画。ナタリー・ドロンとの間にできた息子・アントワーヌを喜ばせるために出演したと言われている。

アラン・ドロン演じる「サムライ」は緊張感が半端ない

スポンサーリンク

映画『アラン・ドロンのゾロ』のあらすじ・ネタバレ

剣術の達人のディエゴ(アラン・ドロン) は故郷スペインへ帰る途中、南米のカルタヘナに立ち寄り、旧友のミゲル(マリノ・マッセ)と再会する。ミゲルはニュー・アラゴンの新総督に任じられ、妻子を伴って任地に赴く途中だった。しかしミゲルは何者かに暗殺されています。ミゲルから「わたしに成り代わって行ってくれ!でも絶対に人を殺すな」と遺言を受けます。ディエゴはミゲルの代わりに提督として赴任します。しかしその地は、ウエルタ大佐(S・ベイカー)が軍隊を率いて支配していました。ディエゴはあくまでも弱腰な提督を演じて、ウエルタ大佐を倒すチャンスを伺います。そして一計を案じ、黒マスクで顔を隠して、ウエルタ大佐の圧政に苦しむ民衆のために戦う。

スポンサーリンク

映画『アラン・ドロンのゾロ』の感想・内容

「ほっこりする映画」だと思います。アラン・ドロンのイメージはハンサム、女たらし、さらには殺し屋と思い浮かべるかもしれません。

でもアラン・ドロンはコミカルな演技もできることを本映画『アラン・ドロンのゾロ』で教えてくれます。

アラン・ドロンは1935年生まれですから、本映画『アラン・ドロンのゾロ』製作時は40歳になります。結構なアクションシーンがあります。

もちろんスタンドダブルも多少使っていると思いますが、よく観察するとほぼアラン・ドロンが演じているように見受けられます。

銃を持たせては天下一品と言われていますが、本映画『アラン・ドロンのゾロ』では見事な剣術サバキを見せてくれます。

レオナルド・ディカプリオが一番美しい時代

アラン・ドロンの魅力は何と言ってもです。フランスではこれほど美しい俳優はいないと未だに言われています。

アラン・ドロンほど俳優として「危険な男」と言われる人物はいません。彼の出自と育ちがとても複雑かつ、ミステリーです。

青年時代はギャングまがいのことをしていたそうで、ギャングへの憧れが強いことも後々、語れます。さらにインドシナ戦争へ出兵していることも忘れてはいけません。実際の戦地へ行って戦っているのです。

戦地で何をしていたのかについてはアラン・ドロンはほとんど語っていません。

でも彼の映画の中での銃の扱い方を見て「撃った経験がある」と多くのフィルムメーカーが背筋をゾッとさせるほどの恐ろしさがあったそうです。

さて本映画『アラン・ドロンのゾロ』は正直言って彼の出演作の中では数少ないコメディ映画の部類に入ります。

アラン・ドロンの出演作品は本当に骨太なフィルムノワール的なものばかりです。

なぜ本映画『アラン・ドロンのゾロ』に出演したかは、ナタリー・ドロンとの間にできた息子・アントワーヌ(後にアントニー・ドロンの名でデビュー)を喜ばせるためだったと言われています。

1964年生まれのアントワーヌは本映画『アラン・ドロンのゾロ』製作時は10歳です。ただアラン・ドロンとナタリーはすでに別居あるいは離婚状態で、淋しい思いをさせた償いの気持ちからの出演だったのでしょう。

ジョーカーの変身は「社会」への憎悪か「母親」への愛の希求か?

さて本映画『アラン・ドロンのゾロ』には『サムライ』のようなヒリヒリ感はまったくありません。終始、リラックスして観ることができます。

ソファーに座ってビールとお菓子を食べながら、あるいは畳で寝転び腕枕をしながら観るには最適かもしれません。「勧善懲悪」映画の代表です。

最後には必ず「アラン・ドロンが勝つ」と決まっています。決まっていても面白いので、録画して何度も観てしまうのやはりアラン・ドロンの魅力があるからでしょう。

物語を簡単に紹介すると、剣の達人であるディエゴ(アラン・ドロン)は故郷スペインへ帰る途中、南米のカルタヘナで旧友のミゲル(マリノ・マッセ)と再会する。

ミゲルはニュー・アラゴンの新総督に任じられ、妻子を伴って任地に赴く途中だった。しかしミゲルは何者かに暗殺されています。

ミゲルから「わたしに成り代わって言ってくれ、でも絶対に人を殺すな」と約束します。ディエゴはミゲルの代わりに提督として赴任します。しかしその地は、ウエルタ大佐(S・ベイカー)が軍隊を率いて支配していました。

ディエゴはあくまでも弱腰な提督を演じて、ウエルタ大佐を倒すチャンスを伺います。そして一計を案じ、黒マスクで顔を隠して、ウエルタ大佐の圧政に苦しむ民衆のために戦うのです。

最後に「Z(ゼット)」の文字を剣で描いて去っていきます。最終的には民衆に自由と平和が訪れます。

仮面と言ったら「ダースベイダー」でしょう

本当にこれだけの物語です。少しだけ恋の予感があります。オルテンシア(O・ピッコロ)という貴族の娘とです。二人が結ばれる場面はありません。

アラン・ドロンには危険は色恋が似合いますが、このようなコメディーからの発する恋物語にはあまり興味がなかったのではないでしょうか。

死地を歩くような、あるいは背中にカミソリを当てられているような映画の中での恋愛ほど、「ドキドキさせる」ものはありません。

死と愛は表裏一体ですから、観ていると引き込まれます。でもコメディー映画の中でアラン・ドロンが恋をするのは何だかイメージダウンな気がします。

ですから脚本には最初からラブシーンはなかったのではないでしょうか。あったとしてもアラン・ドロンが却下した可能性があります(もちろんわたしの個人的な推測です)

スポンサーリンク

映画『アラン・ドロンのゾロ』の結末・評価

本映画『アラン・ドロンのゾロ』の見所は何と言っても、剣術アクションです。結構な尺を使っています。

市場のようなところのアクションはまるでドリフターズのコントを見ているように綺麗に繋がっていきます。

屋台を飛び跳ねて、梯子を駆け上がり、さらに馬に飛び降りたりしながら、悪人を退治して行くシーンはとても痛快です。

ドリフターズもイメージしますが、あまりにも連続するので、「ピタゴラスイッチかい!」とツッコミを入れてしまいました。本当に見所はこれだけなんですよ。

あとは音楽が良いですね。製作がイタリアなので、ニーノ・ロータなのかと期待してしまいますが、グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリスです。ちょっと「かったるい感じ」が良いと思います。

最後に仮面の男が出てきます

仮面をかぶる映画って世界中にあります。『バットマン』『ウルトラマン』『キャッツアイ』『仮面の男』などあげたらキリががありません。

なぜか、人は仮面に憧れてしまうところがあります。わたしもあります。

それは「変身願望」から来るのでしょう。違う自分になってみたいのです。日本発祥もコスプレ文化も変身願望の表れでしょう。

素顔を隠すことで、得られる新しい世界の快感はとても大きいです。ヨーロッパ貴族たちが仮面舞踏会を頻繁に開いて楽しんだ理由もわかります。

見知らぬ誰かと一時の恋愛に陥って、情事を楽しむのですが、仮面を被っているのは別人であり、決して不貞ではないと言い訳もできるのです。

心は愛する妻、夫にあるという大義も立ちます。

本映画『アラン・ドロンのゾロ』はアラン・ドロンにとって珍しいコメディー映画ですが、アラン・ドロンもコメディーを演ずるにあたり「仮面を被らずにはできない」と思ったのではないでしょうか。

後々「なんであんな映画に出た?」と聞かれたら「あれはわたしではない」と言えるでしょう。何れにしても「リラックスして楽しむ映画」であることは間違いありません。

カポーティーの本当に素顔はやっぱりわからない

スポンサーリンク

映画『アラン・ドロンのゾロ』のキャストについて

Don Diego & Zorroアラン・ドロン
Hortensiaオッタビア・ピッコロ
Huertaスタンリー・ベイカー
Bernardoエンツォ・セルシコ
Garciaムスタシュ
Zia di Don Miguelアドリアーナ・アスティ
FranciscoGiancarlo Albertini
Von Merkelジャコモ・ロッシ=スチュアート

スポンサーリンク

まとめ 映画『アラン・ドロンのゾロ』一言で言うと!

「たまには息子にいいところを見せたいよ」

アラン・ドロンに子どもが何人いるのかはわかりません。プレイボーイ、いやその言葉が霞むほど女性にモテたのは確かでしょう。やっぱり「危険な美しさ」に惹かれるのでしょうか。しかもアラン・ドロンは「強い男」だからでしょう。頼りになるのでしょう。でも息子のために映画に出演するという優しさもあります。女性が放っておくはずがありません。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメコメディー映画】

映画『とんかつDJアゲ太郎』

北村匠海くん最高コメディー!

映画『とんかつDJアゲ太郎』ネタバレ・あらすじ「北村匠海くんDJ王へ」感想「コロナも吹っ飛ぶ作品」伊藤健太郎&伊勢谷友介「人生やり直せるよ!」 結末
映画『とんかつDJアゲ太郎』ネタバレ・あらすじ「北村匠海くんDJ王へ」感想「コロナも吹っ飛ぶ作品」伊藤健太郎&伊勢谷友介「人生やり直せるよ!」 結末映画『とんかつDJアゲ太郎』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『とんかつDJアゲ太郎』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『とんかつDJアゲ太郎』の作品情報・概要『とんかつDJアゲ太郎』は『少年ジャンプ+』(集英社)にて、イーピャオと小山ゆうじろうによって書かれた漫画を原作としています。脚本・監督は『チワワちゃん』の二宮健氏。主演は『思い、思われ、ふり、ふられ』『君の膵臓をたべたい(2017)』の北村匠海。共演は『宇宙でいちばんあかるい屋根』『今日から俺は!!劇場版』の伊藤健太郎。『マチネの終わりに』『翔んで埼玉』の伊勢谷友介ら。

映画『デッド・ドント・ダイ』

ジム・ジャームッシュの笑える「ゾンビ映画」は超芸術的

映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。映画『デッド・ドント・ダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『デッド・ドント・ダイ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『デッド・ドント・ダイ』の作品情報・概要『デッド・ドント・ダイ』原題『The Dead Don't Die』は2019年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画である。監督はカンヌ映画祭常連の現在の映画芸術の最高作家ジム・ジャームッシュ。主演はビル・マーレイ。アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、イギー・ポップ、トム・ウェイツ共演。現代人が今世において固執する物欲に対して痛烈なメッセージを送っている。芸術性の高い作品。

映画『今夜、ロマンス劇場で』

綾瀬はるかさんは「コメディー」も「シリアス」もイケる!

映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。
映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。ロケ地情報ならびに主題歌情報。映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報・概要 『今夜、ロマンス劇場で』2018年2月10日公開の日本映画。主演・綾瀬はるかと坂口健太郎のコメディーラブストーリー。映画を愛しる青年が映画から抜け出してきた女性と恋愛する。ウディ・アレン監督『カイロの紫のバラ』に酷似していると言われている。ジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』やウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』にもインスパイアーされていると言われている。

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』

こんなに痛快な「コメディー映画」は久しぶりです

直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。
直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』公式サイトをご紹介して作品・キャスト・上映館・お時間などのご確認もできます。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』の作品概要フィンランド映画。村でバカにされているヘヴィメタルバンド四人組が一念発起してノルウェーで開催されるフェス出場を目指し珍道中を「繰り広げる。監督はユーソ・ラーティオ ユッカ・ビドゥグレン。原題『Hevi reissue』友情、青春、恋愛、夢などのテーマが盛り込まれている秀作。

映画『翔んで埼玉』

埼玉県人ってひょっとして「おバカさん?」ってツッコミたくなる

映画『翔んで埼玉』ネタバレ・あらすじ・感想・ロケ地。ディスって大ヒット。GACKT &二階堂ふみの大仰演技に抱腹絶倒。
映画『翔んで埼玉』ネタバレ・あらすじ・感想・ロケ地。ディスって大ヒット。GACKT &二階堂ふみの大仰演技に抱腹絶倒。うまいうますぎる!海が欲しい埼玉県愛溢れる作品です。映画『翔んで埼玉』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『翔んで埼玉』公式サイトを紹介し、作品・キャストもご案内。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』

祝・完結!テリー・ギリアムは「コメディーをやりたかったのか?」

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』あらすじ・ネタバレ・感想。アダム・ドライバーのアクションコメディ必見&歌声を聴こう。
映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』あらすじ・ネタバレ・感想。アダム・ドライバーのアクションコメディ必見&歌声を聴こう。映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』公式サイトを紹介し作品・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の作品概要『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』原題『 The Man Who Killed Don Quixote』テリー・ギリアム監督による2018年のファンタジー・アドベンチャー・コメディ映画。企画発案から30年で完成。頓挫すること9回。『ロスト・イン・ラマンチャ』の悲劇から18年。ギリアム自身がドン・キホーテだった。

映画『カイジ ファイナルゲーム』

カイジに日本の未来を託したくないよ!

【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。映画『カイジ ファイナルゲーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カイジ ファイナルゲーム』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『カイジ ファイナルゲーム』の作品概要福本伸行の人気コミック「カイジ」シリーズの3作目。1作目『カイジ 人生逆転ゲーム』2作目『カイジ2 人生奪回ゲーム』で本作が最終章。  

映画『カツベン!』

成田凌くんの俳優魂に「驚愕」

映画『カツベン!』ネタバレ・あらすじ・結末。周防正行&成田凌主演。活動弁士へ愛を込めて。大正時代へGO。日本映画の原点。
映画『カツベン!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カツベン!』の作品概要『カツベン!』は、2019年12月13日公開の日本映画[。周防正行監督作品。主演は成田凌。大正時代、映画は活動写真と呼ばれていた。映画の上映に合わせて解説を入れる弁士たちの腕によって興業の成否が問われていた。周防監督が当時の世相、風俗を再現して挑んだ作品。

映画『シンクロ・ダンディーズ!』

切なすぎるほど笑える「頑張れ!大人」と言いたくなる

映画『シンクロ・ダンディーズ!』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。中年男がシンクロで人生の生き甲斐をつかんだ!妻よ、振り返れ!
映画『シンクロ・ダンディーズ!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報の記載。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価について書いています。冴えない中年男たちがシンクロナイズドスイミングをはじめ夢中になる。仲間との間に友情も芽生え世界大会に出場。見事メダルを獲得。仕事に家庭に行き場がない男たちの会心の一撃がある。イギリス映画らしいブラックジョークも満載。

映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』

「おバカさん」映画を創る人は「知的生物」当確!

映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』監督ティモ・ブオレンソラは偉大だ。世界情勢がわかる映画。ネタバレ・あらすじ・評価・感想
監督ティモ・ブオレンソラの創造性には驚かされる。前作『アイアン・スカイ』が大ヒットしての第二弾だが、これは紛れもなく未来に起きる物語だと言える。監督はもはや“現代のノストラダムス”だ。地球の歴史上、悪人と称される人物が登場している。彼らを映画にすると確かに悪役が似合う。キャスティングしたセンスは最高だ。

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』

イタリア人て本当に「家族愛」が強い!

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ゴタゴタホームコメディではない。社会が抱える諸問題を代弁した作品 ネタバレ・あらすじ・感想・評価
巨匠、ガブリエレ・ムッチーノ監督がハリウッドから帰国して本作を撮った。家族を通して社会が抱える問題の関係性の持つエネルギーについて描いている。久しぶりに会った親族はどこかよそよそしい。嵐で二日間缶詰めになることでお互いが抱える問題をぶつけ合う。罵詈雑言が続くがイタリア語が気持ちよく観ていて楽しい。

【フランス映画オススメ】

映画『レ・ミゼラブル』

パリで生きるのはそんなに甘くない

【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。
【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。映画『レ・ミゼラブル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レ・ミゼラブル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レ・ミゼラブル』の作品情報・概要文豪ビクトル・ユゴーの小説『レ・ミゼラブル』の舞台となったパリ郊外のモンフェルメイユで撮影された映画。移民・難民・貧困・差別・暴力・無教養・無寛容にならざるを得ない人間模様を通して無限地獄へと誘う。人はこれほどまでに愚かな生き物かをまざまざと見せつけられる。監督のラジ・リは生まれがモンフェルメイユで現在も住んでいる。フランス・パリの華やかな世界とは裏腹に移民国家である実情が力強く表現されている。

映画『12か月の未来図』

フランス版「金八先生」も涙の授業を行います

映画『12か月の未来図』は嫌みなフランス人教師が金八先生に変身する物語。
ちょっと嫌みなフランス人教師が落ちこぼれの生徒を教えることで少しずつ心情光景が変化していく様を生き生きと描いている。まるで金八先生のようになる。出来の悪い生徒ほど可愛いというが、それは万国共通のようだ。とりわけ多民族国家、そして移民を受け入れる国家としては深刻な問題も提起しているところが秀逸だ。最後の最後まで応援し続けた映画だ。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

めちゃくちゃ頭を使う映画です

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』ネタバレ・あらすじ・感想。脳みそフルスロットルの105分。脚本が最高!
映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』ネタバレ・あらすじ・感想。脳みそフルスロットルの105分。脚本が最高! 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』の作品情報・概要 『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』『Les traducteurs』2019年のフランス・ベルギーのスリラー映画。 レジス・ロワンサル監督作品。ランベール・ウィルソン、オルガ・キュリレンコ出演。『ダ・ヴィンチ・コード』のダン・ブラウン原作『インフェルノ』出版の際、海賊行為と違法流出を防ぐために出版元が各国の翻訳家を地下室に隔離して翻訳を行なったとの実話をベースに創作された。フィクションにノンフィクションの脚本を重ねた名作と言える。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ジュリエット・ビノシュに恋すると大変な目に遭う

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。

映画『男と女 人生最良の日々』

初恋の人に再会って結構「恐ろしい」かも

映画『男と女 人生最良の日々』ネタバレ・あらすじ・感想。痴呆、消えゆく記憶。でも愛した人だけは鮮明なのだ。
映画『男と女 人生最良の日々』ネタバレ・あらすじ・感想。痴呆、消えゆく記憶。でも愛した人だけは鮮明なのだ。映画『男と女 人生最良の日々』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトもご紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間情報もご確認できます。映画『男と女 人生最良の日々』の作品概要 クロード・ルルーシュ監督が1966年に発表しカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した『男と女』原題『 Un homme et une femme』主人公二人、アンヌとジャン・ルイの53年後の物語。タイトルは『男と女 人生最良の日々』主演はアヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャン。音楽はフランシス・レイ。

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』

たった一人で夢の宮殿を作り上げました

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』ネタバレ・あらすじ・結末。寡黙な男は宮殿を作ることで愛を語った。
映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』公式サイトにて作品情報・キャストもご確認ください。フランス南東部の自然豊かな田舎町に実在する建築物がある。今では観光地となっている。この建築物はひとりの郵便配達員の男が33年もの歳月をかけ、たった1人で完成させた手作りの宮殿「シュバルの理想宮」である。本作は実話に基づいて映画化された。主演はジャック・ガンブラン。 その他レティシア・カスタ、ベルナール・ル・コクが共演。

映画『サムライ』

若き日のアラン・ドロンに気絶しそうです

映画『サムライ』ネタバレ・あらすじ・結末。美しき男アラン・ドロンは犯罪者が似合う。フランス・フィルムノワールには破滅的な雰囲気がある。
映画『サムライ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『サムライ』は、1967年制作のフレンチ・フィルム・ノワール。アラン・ドロン主演。サムライの生き様を彷彿させる暗殺者を演じている。後世の映画作品に大きく影響を与えた。共演のナタリー・ドロンの映画デビュー作品。孤独な殺し屋。この映画で表しているのは正にこのひとことでは無いでしょうか。原題は『Le Samouraï』監督はジャン=ピエール・メルビル。

映画『パリに見出されたピアニスト』

「ピアノが弾きたい」でもお金がない

映画『パリに見出されたピアニスト』ネタバレ・あらすじ・感想。美男子ジュール・ベンシェトリがラフマニノフを弾く。
映画『パリに見出されたピアニスト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館について記載してます。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末・まとめもわかりやすく書いています。パリの駅に置かれたピアノを一心不乱に弾いていた若者は貧しい青年マチュー。警察に追われるような仕事をしている。彼に魅了さえた音楽大学の教授ピエールがスカウト。しかし、マチューは刑務所送りに。刑務所から出す代わりにピアノのレッスンをさせる。コンテスト出場を目指し、マチューの人生は好転していくシンデレラストーリー。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

笑いあり涙ありの傑作映画!

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック最高演技。中年男が人生を再始動させる感動作。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』公式サイトとYouTubeを参照ください。 『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』(122分/フランス/2018) 原題『Le grand bain』 映画...

映画『田園の守り人たち』

男は戦争にとられた「農地は女が守る」

映画『田園の守り人たち』土地を守る女の戦い。ミシェル・ルグラン監督とミレー。ネタバレ・あらすじ・感想・内容。農業の近代化到来。女が自立する力強さも描く。ナタリー・バイとローラ・スメット母娘共演。
『田園の守り人たち』(135分/フランス・スイス合作/2017) 原題『Les gardiennes』 映画『田園の守り人たち』のオススメ度は? 星三つ半 絵画好きな人は是非とも観てください。 確かにミレーっぽ...

映画『北の果ての小さな村で』

とってもほっこりする映画です

映画『北の果ての小さな村で』ほっこり映画。自分探しの旅の答えを教えてくれたイヌイット。郷に入れば郷に従え。ネタバレ・あらすじ・感想・内容
北の果ての小さな村で(94分/フランス/2018) 原題『Une annee polaire』 映画『北の果ての小さな村で』のオススメ度は? 星4つ半 とってもオススメです。 子どもと観に行くのが一番です。 もち...

映画『アマンダと僕』

泣かないと決めていても「泣いちゃいます」

映画『アマンダと僕』バンサン・ラコストと子役イゾール・ミュルトリエが父子になっていく様を見届けたい映画 応援したい ネタバレ・あらすじ・感想・評価
フランス映画の未来を担うミカエル・アース監督が今もっとも注目されるバンサン・ラコストと組んで作り上げた家族愛の物語。子役のイゾール・ミュルトリエが最高に可愛い。大切な人を失った時、人はどうやって再生していくのか。立ち直ること、希望を持つこと、人生は光に包まれている。諦めない、挫けない、頑張れ!と応援したくなる映画です。
スポンサーリンク

映画『アラン・ドロンのゾロ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ドゥッチオ・テッサリ
脚本
ジョルジオ・アルロリオ
原作
ジョンストン・マッカレー
製作
ルチアーノ・マルチーノ
撮影
ジュリオ・アルボニコ
音楽
グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス
字幕監修
山崎剛太郎
Don Diego & Zorroアラン・ドロン
Hortensiaオッタビア・ピッコロ
Huertaスタンリー・ベイカー
Bernardoエンツォ・セルシコ
Garciaムスタシュ
Zia di Don Miguelアドリアーナ・アスティ
FranciscoGiancarlo Albertini
Von Merkelジャコモ・ロッシ=スチュアート
1975年製作/イタリア
原題:Zorro
配給:東宝東和

タイトルとURLをコピーしました