映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

スポンサーリンク
ソ連・ロシア映画

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウントhttps://twitter.com/luckygender

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』
2016年製作/118分/G/アメリカ
原題:Jack Reacher: Never Go Back
配給:東和ピクチャーズ
【監督】
エドワード・ズウィック
【製作】クリストファー・マッカリー トム・クルーズ ドン・グレンジャー【製作総指揮】ポーラ・ワグナー ハーブ・ゲインズ デビッド・エリソン ダナ・ゴールドバーグ【原作】リー・チャイルド【脚本】エドワード・ズウィック マーシャル・ハースコビッツ【撮影】オリバー・ウッド【美術】クレイ・A・グリフィス【衣装】リサ・ノラ・ロバース【編集】ビリー・ウェバー【音楽】ヘンリー・ジャックマン
【出演】
トム・クルーズ コビー・スマルダース ダニカ・ヤロシュ オルディス・ホッジ ロバート・ネッパー パトリック・ヒューシンガー ホルト・マッキャラニー マダリン・ホーチャー ロバート・カトリーニ ジェシカ・ストループ ジェイソン・ダグラス サブリナ・ジェンナリーノ

スポンサーリンク
  1. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』外部リンク
  2. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』テレビ東京『午後のロードショー』 2022年11月17日(木)午後1時40分~
    1. 2022年11月17日(木)午後1時40分~
  3. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のオススメ度は?
  4. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の作品情報・概要
  5. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の受賞歴
  6. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあらすじ・ネタバレ:起
    2. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあらすじ・ネタバレ:承
    3. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあらすじ・ネタバレ:転
    4. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあらすじ・ネタバレ:結
  7. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の感想・内容
  8. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の考察・評価
  9. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の結末
  10. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のキャストについて
  11. まとめ 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』一言で言うと!
  12. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  13. 合わせて観たい映画
    1. 【アクション映画オススメ】
      1. 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』
      2. 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』
      3. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』
      4. 映画『ファイヤーフォックス』
      5. 映画『チャーリーズ・エンジェル』
      6. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』
      7. 映画『ハンター』
  14. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の作品情報

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』外部リンク

HPサイト】
映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』公式サイト

【予告映像】
映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』トレーラー

【公式Twitter
映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

IMDbサイト】
映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

Rotten Tomatoesサイト】
映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

スポンサーリンク

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』テレビ東京『午後のロードショー』 2022年11月17日(木)午後1時40分~

2022年11月17日(木)午後1時40分~

スポンサーリンク

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のオススメ度は?

3.5

星3つ半です

やっぱり「トム」でしょ!

スポンサーリンク

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の作品情報・概要

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』原題『Jack Reacher: Never Go Back』エドワード・ズウィック監督作品。2016年製作のアメリカ合衆国のアクション映画。リー・チャイルド原作の小説「ジャック・リーチャー」シリーズを実写映画化した『アウトロー』の続編。トム・クルーズは前作に続いて主演(兼・製作)トム・クルーズ、コビー・スマルダース、ダニカ・ヤロシュ、オルディス・ホッジ、ロバート・ネッパー、パトリック・ヒューシンガー、ホルト・マッキャラニー、マダリン・ホーチャー、ロバート・カトリーニ、ジェシカ・ストループ、ジェイソン・ダグラス、サブリナ・ジェンナリーノらが出演。

スポンサーリンク

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の受賞歴

無し

スポンサーリンク

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあらすじ・ネタバレ

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあらすじ・ネタバレ:起

元軍人のジャックはターナー少佐に会いに行くと、驚くべき事実を知ります。昨日は普通に電話をした彼女がスパイ容疑で捕まったとのことモアクロフト弁護官に何があったか訪ねに行きますが、そこでターナーが罠にはめられたのではと考えられました。

アフガン基地に派遣されたターナーの部下の2人が殺され、その翌日にターナー自身が逮捕されたと聞き、ジャックは情報を集めてパラソース社が怪しいと推測。しかし、モアクロフトが殺されたことでジャックは軍に呼び出され、刑務所に連れていかれます。

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあらすじ・ネタバレ:承

ジャックは事情聴取を受ける際に隙を見て部屋を出ることに成功。そして刑務所内にいたターナーの元に行き、軍の関係者を何人か倒しつつ所を脱出したのです。ターナーはジャックにどうして無茶な行動をしたのかと聞きつつ、パラソース社から命を狙われてることを知るのでした。

ターナーは部下に武器の行方を追わせており、まだ見ていない報告書があると言いました。ジャックと2人でデータを確認しようとしますが、遠隔ではデータを見ることができなかったためモーガン大佐の元へ。彼を脅しつつ、報告データを確認するとサマンサという少女が狙われていることがわかりました。

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあらすじ・ネタバレ:転

ジャックは自身がサマンサの父親だという報告書が上がっていたことを思い出しつつ、急いで彼女の元へ。娘だという確証はありませんでしたが、身の安全を守ることにします。しかし、サマンサはジャックたちのことを信じることができず、警戒心を強めたままターナーは自身のツテを頼りに彼女を女子校に預けようと提案しました。

そこでモーガンが殺されたこと、ニューオリンズにパラソース社の動きがあることを知ったジャック。サマンサが校内で携帯電話を使ったことも鑑みて、彼女が狙われることを懸念してニューオリンズに向かうことにします。

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあらすじ・ネタバレ:結

ニューオリンズに到着した3人はホテルで休み、ホームレスからプルドムという男の情報を入手。プルドムはパラソース社が武器を運び、数をごまかして売っていたと話しました。そうした中、武装勢力が値切り始めたことが原因で争いとなり、ターナーの部下が撃たれた現場に居合わせたプルドム自身も狙われていると言うと、ジャックたちは軍の者に彼を預けようとします。

そこに暗殺者が襲って来て、プルドムが死亡。ジャックはこれまでも暗殺者に狙われ続けており、ついにサマンサに危機が迫っていることがわかって急いでホテルに向かいます。ジャックとターナーは暗殺者を倒してサマンサを救い、武器を運んでいた将軍の逮捕も叶ったことで元の生活に戻るのでした。

スポンサーリンク

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の感想・内容

軍を辞めてから自由に行動していたジャックが、ターナーやサマンサを助けるために動き出すというストーリーに引き込まれましたね。映画の冒頭で、ジャックは過重暴行の罪で捕まりそうになりましたが、保安官を前にして堂々としていましたね。これから90秒の間に電話があること、保安官に手錠がかかることなどを言い放つと実際にその通りになったジャックの洞察力、冷静な面などが伺える序盤です。

そんなジャックがターナーのために奔走するのですが、刑務所で半ば強引に彼女を助け出すのは驚きでした。警護の者たちを気絶させつつ、車に乗ってネットカフェへ移動するまでのアクションからも目が離せませんでした。ターナーは部下の報告データを確認しようとしますが、暗殺者が追って来て戦うことに店のキッチンで攻防を繰り広げるジャックやターナーの姿が勇ましかったです。息の合った2人の戦いは、映画の終盤にかけても注目ですね。

スポンサーリンク

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の考察・評価

腕っぷしのあるジャックですが、サマンサと対面した時にはいつもと違った面が見れましたね。自身の娘だという報告書を確認しても、本当に娘なのかはわからないそのせいもあってか、サマンサに対して冷たい態度をとることが多かったのが印象的です。サマンサも口の悪さが目立ちましたが、育ててくれた人たちが暗殺者に殺されるのを目の当たりにしたことを考えると仕方がないかなとも思いましたね。

ジャックは冷静に彼女に接しますが、自分が親かもしれないと告げたり、銃を突き付けられた際には命を懸けようとしたりと、人らしい言動を見せてくれた気がしました。特に暗殺者がサマンサに銃を突き付けた時には、彼女を信じて行動を起こしたのが見どころです。

スポンサーリンク

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の結末

今回の武器の売買などの黒幕だった将軍ですが、ジャックとターナーが飛行場で彼と対峙した時のシーンはハラハラしましたね。飛行機から降ろされたばかりの荷物を見せるようターナーは言いましたが、中身は問題のない兵器類だった将軍は「何が悪いのだ?」と言わんばかりの態度をとり、ターナーが逆に追い詰められそうになるのです。そこでジャックは大金が動いていることを考慮し、武器ではなくドラッグの売買が行われていると推理。武器の中からアヘン500キロが出てきたことで将軍逮捕につながるというストーリーが見ものでした。

映画のラストにかけて様々な真相がわかっていくのが見どころでしたが、ジャックがサマンサの父親では無いということも驚きでしたね。それでも彼女はジャックを慕い、抱き着いて別れを惜しむ姿を含めてエンディングに引き込まれました。

スポンサーリンク

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のキャストについて

ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)
スーザン・ターナー(コビー・スマルダース)
サマンサ(ダニカ・ヤロシュ)
エスピンオルディス・ホッジ
ハークネス(ロバート・ネッパー)
ハンター(パトリック・ヒューシンガー)
モーガン(ホルト・マッキャラニー)
リーチ(マダリン・ホーチャー)
モアクロフト(ロバート・カトリーニ)
サリバン(ジェシカ・ストループ)
ジェイソン・ダグラス
サブリナ・ジェンナリーノ

スポンサーリンク

まとめ 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』一言で言うと!

「トム・クルーズは一体何歳なのだろうか?」

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
映画『あのこは貴族』ネタバレ・あらすじ「お嬢様役の麦ちゃん適役」感想「障害がない恋愛に共感できない」結末「水原希子さんはカッコよかった」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画「天気の子」考察、物語の中で出現する「銃」の正体、歌の意味など
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』佐川一政兄弟をドキュメンタリーで描く衝撃的作品
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。
映画『ファーストラヴ』ネタバレ・あらすじ「堤監督の熟練技」感想「心から“涙”を流せる人が欲しくなる」結末

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【アクション映画オススメ】

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

スパイと言ったらトム・クルーズです!

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。
映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible - Rogue Nation』2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

ドウェイン・ジョンソンが世界ナンバーワンのアクションスター

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ドウェイン・ジョンソンの肉体美を観に行こう。ネタバレ・あらすじ・感想・結末
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(136分/アメリカ/2019) 原題『Fast & Furious: Hobbs & Shaw』 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のオススメ度は? ...

映画『ランボー ラスト・ブラッド』

ランボーの戦いは「終わったのか?」いや終わらないでしょう

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」
映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要。『ランボー ラスト・ブラッド』原題『Rambo: Last Blood』2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のアクション映画『ランボーシリーズ』の第5作目。完結編と言われている。監督はエイドリアン・グランバーグ。先のシリーズではアメリカの敵なる巨悪と戦うパターンであったが、本作では自身のプライベートな復讐劇となっているのが特徴。

映画『ファイヤーフォックス』

ソビエトの戦闘機を盗むクリント・イーストウッド

映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。
映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。映画『ファイヤーフォックス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファイヤーフォックス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ファイヤーフォックス』の作品情報・概要『ファイヤーフォックス』原題『Firefox』クレイグ・トーマスの小説を元に1982年に製作されたアメリカ合衆国の映画。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。著者のクレイグ・トーマスは1976年、北海道の函館空港に着陸して亡命を求めるソビエトの飛行士ベレンコ中尉亡命事件をモチーフに書き上げた小説。プライベートで混迷して、休んでいたクリント・イーストウッドの復帰作。

映画『コロンビアーナ』

復讐に燃える少女が美しい暗殺者に!

映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。
映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。 映画『コロンビアーナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『コロンビアーナ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『コロンビアーナ』の作品情報・概要 『コロンビアーナ』原題『Colombiana』リュック・ベッソン製作・脚本。オリヴィエ・メガトン監督作品。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で一躍世界のひのき舞台に躍り出たゾーイ・サルダナ主演。2011年のフランス・アメリカ合衆国のアクション映画。美女が殺し屋になって復讐を果たすというベッソンのお得意に物語。シリーズ化を目論んだが2作目は製作されていない。

映画『チャーリーズ・エンジェル』

やっぱり美女ばかりが活躍するアクションは素敵!

映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。
映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。映画『チャーリーズ・エンジェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チャーリーズ・エンジェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『チャーリーズ・エンジェル』の作品情報・概要1970年代から80年代にかけてアメリカのテレビ番組としてスタートした『チャーリーズ・エンジェル』の映画版。2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの人気女優が共演して話題となり『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も製作された。本作は最新映画となる。エリザベス・バンクスが製作・監督・脚本・出演を担当している。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』

確かにウイル・スミスはカッコいいいけど、、、、

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミスと息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。
映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館...

映画『ハンター』

元祖アクションスターはスティーブ・マックイーン

映画『ハンター』ネタバレ・あらすじ・結末。スティーブ・マックイーンの遺作。過去への罪滅ぼし。50歳での渾身のアクションは必見。
映画『ハンター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハンター』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映...

 

 

スポンサーリンク

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
エドワード・ズウィック
製作
クリストファー・マッカリー トム・クルーズ ドン・グレンジャー
製作総指揮
ポーラ・ワグナー ハーブ・ゲインズ デビッド・エリソン ダナ・ゴールドバーグ
原作
リー・チャイルド
脚本
エドワード・ズウィック マーシャル・ハースコビッツ
撮影
オリバー・ウッド
美術
クレイ・A・グリフィス
衣装
リサ・ノラ・ロバース
編集
ビリー・ウェバー
音楽
ヘンリー・ジャックマン
ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)
スーザン・ターナー(コビー・スマルダース)
サマンサ(ダニカ・ヤロシュ)
エスピンオルディス・ホッジ
ハークネス(ロバート・ネッパー)
ハンター(パトリック・ヒューシンガー)
モーガン(ホルト・マッキャラニー)
リーチ(マダリン・ホーチャー)
モアクロフト(ロバート・カトリーニ)
サリバン(ジェシカ・ストループ)
ジェイソン・ダグラス
サブリナ・ジェンナリーノ
2016年製作/118分/G/アメリカ
原題:Jack Reacher: Never Go Back
配給:東和ピクチャーズ

タイトルとURLをコピーしました