映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』作品情報・ネタバレ・あらすじ・内容。最高の音楽ドキュメンタリー。ジャズに身を委ねたい。

上映中

映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

ブルーノート映画『ブルーノート・レコード』 - 映画
12/5 劇場情報を更新しました!詳しくはこちら   ABOUT THE MOVIE マイルス・デイ …
映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』ティザー映像

『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』(85/スイス・アメリカ・イギリス合作/2018
原題『Blue Note Records: Beyond the Notes

【監督】
ソフィー・フーバー
【製作】
チエミ・カラサワ ソフィー・フーバー

スポンサーリンク
  1. 映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』のオススメ度は?
  2. 映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』の作品概要
  3. 映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』の感想・評価・内容・結末
    1. 音楽ドキュメンタリーを成立させるための条件
    2. これだけ大物スターが出ているから成立した映画
    3. 二人のユダヤ人の音楽愛がブルーノートを作った
    4. 「ユダヤ人と黒人」共に迫害されていたからこそ心を寄せ合った
    5. 音楽も最高、ジャケットデザインも最高、写真も最高
    6. 劇中登場するアーチストの紹介
      1. ウン・ポコ・ロコ (バド・パウエル)
      2. ブルー・トレイン (ジョン・コルトレーン)
      3. サムシン・エルス (キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス)
      4. モーニン、チュニジアの夜 (アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ)
      5. ザ・サイドワインダー (リー・モーガン)
      6. ソング・フォー・マイ・ファーザー (ホレス・シルヴァー)
      7. サコタッシュ、カンタロープ・アイランド (ハービー・ハンコック)
      8. フィー・フイ・フォ・ファム (ウェイン・ショーター)
      9. ドント・ノー・ホワイ (ノラ・ジョーンズ)
  5. まとめ映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』一言で言うと!
  6. 合わせて観たい映画
    1. 【音楽ドキュメンタリー色々】
      1. 映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』
      2. 映画『ジョアン・ジルベルトを探して』
      3. 『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』
      4. 『私は、マリア・カラス』
      5. 『エリック・クラプトン~12小節の人生~』
  7. 映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』の作品情報

映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』のオススメ度は?

3

3つです。

音楽ドキュメンタリーとして成立しています。

往年の名プレイヤーが出ています。

ジャズのメロディーに身をゆだねましょう。

恋人、友だち、親と観に行くといいでしょう。

スポンサーリンク

映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』の作品概要

世界中にジャズを広めたのは間違いなくブルーノートレーベルだと言える。このレーベルが設立される過程は歴史のイタズラであった。もし、ドイツにヒトラーがいなかったら、、、。それは考えないようにしたいが、何れにしても設立者がアメリカへ逃れたことが設立への道のりになったことは言うまでもない。本映画は黒人たちに無償の愛を提供した設立者に敬意を称しながらブルーノートの栄光を紹介している。

スポンサーリンク

映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』のあらすじ・ネタバレ

トップカットからブルーノートの設立者とアーチストたちのレコーディングの様子を紹介している。全編にわたって飽きない演出になっている。ブルーノート所属アーチストのインタビューもふんだんにある。レコードジャケットを取り込むことで芸術性の高い作品になっています。ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ルー・ドナルドソン、ノラ・ジョーンズなどが登場する。

スポンサーリンク

映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』の感想・評価・内容・結末

音楽ドキュメンタリーを成立させるための条件

音楽ドキュメンタリーを成立させるのは簡単なようで難しいと思います。

先日観た映画『ジョアン・ジルベルトを探して』などはとても成功しているとは言えませんでした。

問題は製作意図(先の作品は監督の自己満足ムービー)にありますが、最後までジルベルトが出てこなかったというのが大きいです。

あれだけ焦らして焦らして「これかよ」となってしまいます。確かに音楽ですから音を聴きに行くのが目的かもしれませんが、やはり映画は大スクリーンで人間を観たいものです。

これだけ大物スターが出ているから成立した映画

本映画は音楽のドキュメンタリーとしては成立していると思います。これだけ多くのアーチストの演奏シーンが観れただけでも垂涎モノでしょう。

わたしはジャズ愛好家にはほど遠いですが、流れてくるメロディーのほとんどが聴いたことがあり「ああ、この人が作ったのかあ」と頷いてしまいました。85分という尺も良いと思います。

二人のユダヤ人の音楽愛がブルーノートを作った

映画は『ブルーノート』レーバルの始まりから現在までをその時々のアーチストとヒット曲、貴重な映像、インタビュー、ナレーションによる説明があり、とてもわかりやすい内容でした。

レーベルを設立したのはドイツ系ユダヤ人のアルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフの二人。

彼らがアメリカに移住したのはナチスの迫害から逃れる為です。1939年ですから第二次世界大戦前です。

歴史にもしは禁句ですが、彼らの亡命が阻止されていたらブルーノートは生まれなかったのです。戦争とは皮肉なモノです。

偉大なる文化・芸術・学問が生まれる過程にはこういった悲惨は出来事が背景にあることは否めません。

現在、世界を見渡すと多くのテロや紛争があります。その影で何か新しい文化・芸術が生まれているかもしれません。数年後にわかるでしょう。

「ユダヤ人と黒人」共に迫害されていたからこそ心を寄せ合った

さて、本映画にはほとんど黒人アーチストで占められています。

それはジャズのルーツが彼らにあることは間違いないから当然です。

そしてその音色はまさに叫びなのです。

かつて黒人奴隷の時代がありました。ブルーノートが設立された際も黒人へ差別はたくさんあったそうです。

にも関わらずアルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフは無償の援助でレコードを作り続けました。

食事も提供しリハーサル演奏にもギャラを支払い彼らの音楽を記録し続けました。その無償の愛に心を打たれました。

なぜ二人が黒人アーチストを応援したかは、やはり差別という共通の苦しみを持っていたからでしょう。

ユダヤ人と黒人。虐げられる苦悩を知ったもの同士にしかわからない絆が生まれたのでしょう。

そして何よりアルフレッドとフランシスは音楽が好きであったことが大きかったと思います。

音楽も最高、ジャケットデザインも最高、写真も最高

さて、映画を観ていて音楽はもちろんのことわたしはレコードジャケットの素晴らしいデザインに目が奪われてしまいました。

繰り返しますが、わたしそれほどジャズマニアではありません。でも美しいメロディーと共に紹介されるジャケットに心を寄せてしまいました。

赤、青、黄色、そして独特のフォント。さらに写真。

これらはもはや芸術です。実際のジャズファンの中には音楽好きとジャケット好きがいるというのも納得できます。

ャケット好きの人は指紋がつかないようにラッピングしている人がいるのも頷けるほどの美しさです。

この映画は物語の決定的なゴールはありません。

つまりブルーノートは永遠に世界中の人々から愛されるレーベルだという証明の映画です。

音楽ドキュメンタリーとしては近年、最も納得できる作品でした。これを機会にジャズの勉強をしたいと思ってます。

劇中登場するアーチストの紹介

ウン・ポコ・ロコ (バド・パウエル)

ブルー・トレイン (ジョン・コルトレーン)

サムシン・エルス (キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス)

モーニン、チュニジアの夜 (アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ)

ザ・サイドワインダー (リー・モーガン)

ソング・フォー・マイ・ファーザー (ホレス・シルヴァー)

サコタッシュ、カンタロープ・アイランド (ハービー・ハンコック)

フィー・フイ・フォ・ファム (ウェイン・ショーター)

カンタループ (Us3)

ドント・ノー・ホワイ (ノラ・ジョーンズ)

マスカレロ (ブルーノート・オールスターズ)

スポンサーリンク

まとめ映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』一言で言うと!

「音楽は言葉だ!」

人間は古来より音を用いてコミュニケーションを行ってきました。言葉から始まり、楽器を作り、歌を唄って、、、。音楽は各民族や人種にとって気持ちを意思疎通するための手段であり、心の叫びでもありました。黒人たちは奴隷としてアメリカに運ばれましたが、魂の叫びは忘れませんでした。それがジャズであり、ロックであり、ラップになったのです。音楽は言葉そのものです。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【音楽ドキュメンタリー色々】

映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』

イタリアの地で実際の歌声を聴けるなら本望です

映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』ネタバレ・あらすじ・評価・内容
映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』(160分/イタリア/2016) 原題『IL VOLO with Placido Domingo Notte Magica - Tr...

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』

ボサノバの父は何処に?歌声が聴きたい

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』作品情報・ネタバレ・あらすじ・評価。ボサノバの巨匠は気まぐれ姿見せず
映画『ジョアン・ジルベルトを探して』公式サイトとYouTubeを参照ください。 『ジョアン・ジルベルトを探して』(111分/スイス・ドイツ・フランス合作/2018) 原題『Where Are You, Joao Gilber...

『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』

ホイットニー、なぜ「ヘルプ!」と叫ばなかったのだ

世界の歌姫『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』名曲と映画は永遠だけど悲しい人生だ
ホイットニー・ヒューストンはなぜ死んだのか?誰が彼女を死に追いやったのか?彼女を終生苦しめたモノとは何か?世紀の歌姫はなんのために生まれ、生きて、死んだのかについてドキュメンタリーで追いかけている。歌うことが彼女の人生だったのに悲しい。彼女が本当に信頼できる人を側におけば、名曲を歌い、映画にも出て、娘の幸せだったと祈りたい

『私は、マリア・カラス』

あなたの一途な生き方が世界に響いてます

『私は、マリア・カラス』(114分/仏/2017)
原題 『Maria by Callas』 全身芸術家、マリア・カラス。生涯芸術家、マリア・カラス。完璧しか許されなかった芸術家。 マリア・カラスは孤独だったのか?あの満願の笑みの裏側に“不幸が似合う女”の...

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』

とにかく死ななくて良かったね

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』(135分/英/2017)
原題 『Eric Clapton: Life in 12 Bars』 クラプトンは身をもって自らの恥部を公表することで薬物やアルコールの危険性を訴えているのかもしれない。この映画を観れば絶対にドラッグやアル...
スポンサーリンク

映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ソフィー・フーバー
製作
チエミ・カラサワ ソフィー・フーバー
製作総指揮
ジェフ・ケンピン テリー・シャンド
撮影
シェーン・シグラー パトリック・リンデンマイヤー
編集
ラッセル・グリーン
ハービー・ハンコック
ウェイン・ショーター
ルー・ドナルドソン
ノラ・ジョーンズ
ロバート・グラスパー
アンブローズ・アキンムシーレ
ケンドリック・スコット
ドン・ウォズ
アリ・シャヒード・ムハマド
テラス・マーティン
(声の出演)ケンドリック・ラマー
2018年製作/85分/G/スイス・アメリカ・イギリス合作
原題:Blue Note Records: Beyond the Notes
配給:EASTWORLD ENTERTAINMENT