映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレ・あらすじ「恐竜マニア垂涎の喜び」感想「CG技術は最高点へ」結末「続編に終わりなし!」

スポンサーリンク
お茶の間映画館

映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ジュラシック・ワールド』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ジュラシック・ワールド』
(2015年製作/125分/G/アメリカ)
原題『Jurassic World』
配給:東宝東和

【監督】
コリン・トレボロウ
【製作】フランク・マーシャル パトリック・クローリー【製作総指揮】スティーブン・スピルバーグ トーマス・タル【キャラクター創造】マイケル・クライトン【原案】リック・ジャッファ アマンダ・シルバー【脚本】リック・ジャッファ アマンダ・シルバー デレク・コノリー コリン・トレボロウ【撮影】ジョン・シュワルツマン【美術】エドワード・バリュー【衣装】ダニエル・オーランディ【編集】ケビン・スティット【音楽】マイケル・ジアッキノ【テーマ曲】ジョン・ウィリアムズ
【出演】
クリス・プラット ブライス・ダラス・ハワード ビンセント・ドノフリオ タイ・シンプキンス ニック・ロビンソン ジェイク・ジョンソン オマール・シーB・D・ウォン ジュディ・グリア イルファン・カーン ローレン・ラプカス ブライアン・ティー ケイティ・マクグラス アンディ・バックリー
ジミー・ファロン
【HPサイト】
映画『ジュラシック・ワールド』IMDbサイト
【予告映像】
映画『ジュラシック・ワールド』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『ジュラシック・ワールド』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』2017年8月4日(金) 21:00-23:24で放送され、視聴率は13.4%だった。
    1. 二度目は2018年7月13日(金) 劇場公開版 に放送され13.9%だった。
  2. 映画『ジュラシック・ワールド』のオススメ度は?
  3. 映画『ジュラシック・ワールド』の作品情報・概要
  4. 映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ:起
    2. 映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ:承
    3. 映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ:転
    4. 映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ:結
  5. 映画『ジュラシック・ワールド』の感想・内容
  6. 映画『ジュラシック・ワールド』の考察・評価
  7. 映画『ジュラシック・ワールド』の結末
  8. 映画『ジュラシック・ワールド』のキャストについて
  9. まとめ 映画『ジュラシック・ワールド』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11.  合わせて観たい映画
    1. 【アクション映画オススメ】
      1. 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』
      2. 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』
      3. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』
      4. 映画『ファイヤーフォックス』
      5. 映画『チャーリーズ・エンジェル』
      6. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』
      7. 映画『ハンター』
  12. 映画『ジュラシック・ワールド』の作品情報

映画『ジュラシック・ワールド』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』2017年8月4日(金) 21:00-23:24で放送され、視聴率は13.4%だった。

二度目は2018年7月13日(金) 劇場公開版 に放送され13.9%だった。

スポンサーリンク

映画『ジュラシック・ワールド』のオススメ度は?

4.0

星4つ

エンターテイメントとして最高作

「ワクワク」「ドキドキ」「ハラハラ」が続く

恐竜が可愛く見えます

スポンサーリンク

映画『ジュラシック・ワールド』の作品情報・概要

『ジュラシック・ワールド』原題『Jurassic World2015年のアメリカのSFアクション映画。「ジュラシック・パーク」シリーズの第4作目。「ジュラシック・ワールド」三部作の第1作目。コリン・トレヴォロウ監督作品。脚本はリック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー、デレク・コノリー(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』や映画『名探偵ピカチュウ』)とトレヴォロウら。クリス・プラット(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ブライス・ダラス・ハワード(映画『ロケットマン』)、ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ニック・ロビンソンらが出演している。

スポンサーリンク

映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ・ネタバレ

映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ:起

ザックとグレイの兄弟はコスタリカの「ジュラシック・ワールド」へ行く船に乗ります。叔母のクレアに案内をしてもらう予定でしたが、彼女は当施設の責任者で仕事がたて込んだため秘書に案内を任せました。グレイは恐竜を目の前にして大はしゃぎし、ザックはそんな弟を見やりつつ行動を共にします。

映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ:承

クレアは研究によって生み出された新しい恐竜インドミナス・レックスにご執心。スポンサーのためにもインドミナス・レックスの飼育を安全に進めたいと思い、オーウェンを訪ねます。元軍人である彼はラプトルの世話をする中で心を通わしていたこともあり、クレアが恐竜を商品のように扱うことに不満を持っていました。それでも一度はデートをした仲だということもあってクレアと共にインドミナス・レックスの元へ。すると恐竜の姿が無かったため、脱走したと思ったクレアは管理室へ緊急事態を知らせつつGPSで行方を追います。なんと、インドミナス・レックスは施設内にいると判明時すでに遅く、中を確認していた職員が食われてオーウェンも危うく食べられそうになりつつもなんとか逃げました。

映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ:転

インドミナス・レックスを捕獲するため軍が出動しますが返り討ちに遭い、園内の2万人の客は避難を始めます。そんな中、兄弟はジャイロスフィアという乗り物に乗っていたことで騒ぎを知らずにいました。インドミナス・レックスに襲われた兄弟はなんとか逃げ切り、ガレージで古くなった車を直して動かします。オーウェンとクレアは兄弟を探す途中でインドミナス・レックスが翼竜園を壊した場面に遭遇。多数のプテラノドンが飛び立って客を襲い始める中、オーウェンたちは兄弟と合流すてなんとか危機を回避します。

夜になり、軍はインドミナス・レックスを追うためにオーウェンが世話をしていたラプトルを利用することに彼らの狩り能力の高さならインドミナス・レックスを追えると判断してオーウェンは仕方なく軍に従うことになります。インドミナス・レックスを見つけますが、ラプトルたちは人間を襲い始めて軍はミサイルなどを使って恐竜を一時的に退けました。一方で軍は恐竜の研究データを奪おうと暗躍していましたがラプトルに邪魔されて、オーウェンたちも彼らの企みに気付きます。

映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ:結

ラプトルの奇襲により軍は散り散りとなり、オーウェンとクレアは避難。そこにインドミナス・レックスも現れて窮地に陥る一同でしたが、ラプトルがオーウェンを守ろうとインドミナス・レックスに立ち向かいました。グレイはインドミナス・レックスを見て、もっと歯が多くて強い恐竜じゃないと勝てないと言い、それを聞いたクレアは決意したように閉ざされた大きな施設へ。管理室に連絡して施設を開けてもらい、クレア自身が囮になって中にいたTレックスをインドミナス・レックスの元へおびき出します。巨大な恐竜たちが戦い始め、インドミナス・レックスはモササウルスの縄張りに入ってしまったことで水辺に引き込まれてしまうのでした。Tレックスは咆哮し、ジュラシック・ワールドは閉園兄弟や客は船に乗って本当に戻り、オーウェンとクレアも共に過ごすようになるのです。

スポンサーリンク

映画『ジュラシック・ワールド』の感想・内容

ジュラシック・ワールドは生きた恐竜がたくさんいてワクワクするレジャー施設!島一つを使っているため、草原や大きな水辺など恐竜が過ごしやすい広々としたエリアが広がっています。『ジュラシック・パーク』シリーズでおなじみのテーマ曲が流れる中、ジュラシック・ワールドの入り口から全体を映すという演出から引き込まれましたね。

まだ小さい恐竜に餌をあげるコーナーがあったり、Tレックスの餌やりタイムが披露されたりと、現実の動物園のような楽しみ方ができるのが羨ましい!特にモササウルスの餌やりでは、宙に吊るされたサメをバクリと食べるため迫力がありましたね。クジラのような大きさと重量を持っているようで、ジャンプして着地を終えた瞬間の水しぶきで客がズブ濡れになるのが凄かったです。色々なアトラクションと共に恐竜との過ごし方を楽しめる施設がと感じさせました。

スポンサーリンク

映画『ジュラシック・ワールド』の考察・評価

兄弟がガラスでできた球状の乗り物に乗って恐竜と走り回る様子がとても楽しそうでしたね。そんなシーンから一転してインドミナス・レックスに襲われる展開はハラハラさせられます。銃弾を通さないくらい丈夫だった乗り物が、インドミナス・レックスの噛みつきによりヒビが入ってしまい兄弟の目の前に鋭い牙が迫るそのまま食べられてしまうのではないかと思いつつ、なんとか脱出して滝つぼへ飛ぶので無事を確認できるまで目が離せませんでした。

子供である兄弟たちとオーウェンやクレアも恐竜に追われることが多かったです。車やバイクで逃げ回る際には執拗に追ってくる恐竜たちをどうにか巻こうと必死になるシーンも印象に残りました。

他にも恐竜たちの恐ろしさが伝わってくるシーンも後半は多かったです。プテラノドンが空を飛びなら狩りをし、足で人を捕まえていったり鋭いくちばしで突こうとしたりと意外に狂暴また、モササウルスはクジラのような大きさで、口はまるでワニのようでした。あのインドミナス・レックスでさえも容易く水中に引きずり込んでしまうラストは特に驚きです。

スポンサーリンク

映画『ジュラシック・ワールド』の結末

インドミナス・レックスとTレックスの戦いは、どちらが勝ってもおかしくないと思いましたね。噛みついて攻撃するだけだけでなく、体当たりや尻尾を使った攻撃がダイナミックです。恐竜たちのそうしたアクションも見逃せない映画であり、続編の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』もどうなるのか見たくなりました。

スポンサーリンク

映画『ジュラシック・ワールド』のキャストについて

オーウェン(クリス・プラット)
クレア(ブライス・ダラス・ハワード)
ホスキンス(ビンセント・ドノフリオ)
グレイ(タイ・シンプキンス)
ザック(ニック・ロビンソン)
ロウリー(ジェイク・ジョンソン)
バリー(オマール・シー)
ドクター・ヘンリー・ウー(B・D・ウォン)
カレン(ジュディ・グリア)
マスラニ(イルファン・カーン)
ビビアン(ローレン・ラプカス)
ハマダ(ブライアン・ティー)
ザラ(ケイティ・マクグラス)
スコット(アンディ・バックリー)
ジミー・ファロン(ジミー・ファロン)

スポンサーリンク

まとめ 映画『ジュラシック・ワールド』一言で言うと!

「恐竜愛って世界中にあるみたい」

恐竜を好きな人って世界中にいます。結構なマニアというか、専門家も顔負けの知識を持っている子どもも多いです。恐竜ファン、ならびに恐竜愛が強い人を作り出したのは間違いなく『ジュラシック・パーク』が発火点になったでしょう。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【アクション映画オススメ】

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

スパイと言ったらトム・クルーズです!

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。
映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible - Rogue Nation』2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

ドウェイン・ジョンソンが世界ナンバーワンのアクションスター

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ドウェイン・ジョンソンの肉体美を観に行こう。ネタバレ・あらすじ・感想・結末
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(136分/アメリカ/2019) 原題『Fast & Furious: Hobbs & Shaw』 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のオススメ度は? ...

映画『ランボー ラスト・ブラッド』

ランボーの戦いは「終わったのか?」いや終わらないでしょう

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」
映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要。『ランボー ラスト・ブラッド』原題『Rambo: Last Blood』2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のアクション映画『ランボーシリーズ』の第5作目。完結編と言われている。監督はエイドリアン・グランバーグ。先のシリーズではアメリカの敵なる巨悪と戦うパターンであったが、本作では自身のプライベートな復讐劇となっているのが特徴。

映画『ファイヤーフォックス』

ソビエトの戦闘機を盗むクリント・イーストウッド

映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。
映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。映画『ファイヤーフォックス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファイヤーフォックス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ファイヤーフォックス』の作品情報・概要『ファイヤーフォックス』原題『Firefox』クレイグ・トーマスの小説を元に1982年に製作されたアメリカ合衆国の映画。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。著者のクレイグ・トーマスは1976年、北海道の函館空港に着陸して亡命を求めるソビエトの飛行士ベレンコ中尉亡命事件をモチーフに書き上げた小説。プライベートで混迷して、休んでいたクリント・イーストウッドの復帰作。

映画『コロンビアーナ』

復讐に燃える少女が美しい暗殺者に!

映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。
映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。 映画『コロンビアーナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『コロンビアーナ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『コロンビアーナ』の作品情報・概要 『コロンビアーナ』原題『Colombiana』リュック・ベッソン製作・脚本。オリヴィエ・メガトン監督作品。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で一躍世界のひのき舞台に躍り出たゾーイ・サルダナ主演。2011年のフランス・アメリカ合衆国のアクション映画。美女が殺し屋になって復讐を果たすというベッソンのお得意に物語。シリーズ化を目論んだが2作目は製作されていない。

映画『チャーリーズ・エンジェル』

やっぱり美女ばかりが活躍するアクションは素敵!

映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。
映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。映画『チャーリーズ・エンジェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チャーリーズ・エンジェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『チャーリーズ・エンジェル』の作品情報・概要1970年代から80年代にかけてアメリカのテレビ番組としてスタートした『チャーリーズ・エンジェル』の映画版。2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの人気女優が共演して話題となり『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も製作された。本作は最新映画となる。エリザベス・バンクスが製作・監督・脚本・出演を担当している。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』

確かにウイル・スミスはカッコいいいけど、、、、

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミスと息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。
映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館...

映画『ハンター』

元祖アクションスターはスティーブ・マックイーン

映画『ハンター』ネタバレ・あらすじ・結末。スティーブ・マックイーンの遺作。過去への罪滅ぼし。50歳での渾身のアクションは必見。
映画『ハンター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハンター』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映...

 

 

スポンサーリンク

映画『ジュラシック・ワールド』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
コリン・トレボロウ
製作
フランク・マーシャル パトリック・クローリー
製作総指揮
スティーブン・スピルバーグ トーマス・タル
キャラクター創造
マイケル・クライトン
原案
リック・ジャッファ アマンダ・シルバー
脚本
リック・ジャッファ アマンダ・シルバー デレク・コノリー コリン・トレボロウ
撮影
ジョン・シュワルツマン
美術
エドワード・バリュー
衣装
ダニエル・オーランディ
編集
ケビン・スティット
音楽
マイケル・ジアッキノ
テーマ曲
ジョン・ウィリアムズ
オーウェン(クリス・プラット)
クレア(ブライス・ダラス・ハワード)
ホスキンス(ビンセント・ドノフリオ)
グレイ(タイ・シンプキンス)
ザック(ニック・ロビンソン)
ロウリー(ジェイク・ジョンソン)
バリー(オマール・シー)
ドクター・ヘンリー・ウー(B・D・ウォン)
カレン(ジュディ・グリア)
マスラニ(イルファン・カーン)
ビビアン(ローレン・ラプカス)
ハマダ(ブライアン・ティー)
ザラ(ケイティ・マクグラス)
スコット(アンディ・バックリー)
ジミー・ファロン(ジミー・ファロン)
2015年製作/125分/G/アメリカ
原題:Jurassic World
配給:東宝東和

タイトルとURLをコピーしました