映画『アナザーラウンド』ネタバレ・あらすじ「意味は“もう一杯!”」感想「酒はすべてを壊す最強ドラッグ?」結末「アルコール依存症は恐ろしい」

スポンサーリンク
映画『アナザーラウンド』ネタバレ・あらすじ「意味は“もう一杯!”」感想「酒はすべてを壊す最強ドラッグ?」結末「アルコール依存症は恐ろしい」2020年製作

映画『アナザーラウンド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『アナザーラウンド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『アナザーラウンド』
(2020年製作/115分/PG12/デンマーク)
原題『Druk』
配給:クロックワークス
【監督】
トマス・ビンターベア
【製作】シーセ・グラウム・ヨルゲンセン キャスパー・ディシン【脚本】トマス・ビンターベア トビアス・リンホルム【撮影】シュトゥルラ・ブラント・グロブレン【美術】サビーネ・ビズ【衣装】エレン・レンス マノン・ラスムッセン【編集】アンネ・オーステルード ヤヌス・ビレスコフ・ヤンセン
【出演】
マッツ・ミケルセン トマス・ボー・ラーセン マグナス・ミラン マグナス・ミラン マリア・ボネビー ヘリーヌ・ラインゴー・ノイマン スーセ・ウォルド

スポンサーリンク
  1. 映画『アナザーラウンド』外部リンク
  2. 映画『アナザーラウンド』のオススメ度は?
      1. 【アルコール依存症映画】『アリー/スター誕生』ネタバレ・あらすじ「シンデレラ物語」に「アメリカの薬物・アルコール依存問題を内包した映画」感想・結末。
  3. 映画『アナザーラウンド』の作品情報・概要
      1. 【アルコール依存症映画】『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」
  4. 映画『アナザーラウンド』のあらすじ・ネタバレ
      1. 【アルコール依存症映画】『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末
  5. 映画『アナザーラウンド』の感想・内容
    1. 映画『アナザーラウンド』の意味は「もう一杯飲みたい」
      1. 【アルコール依存症映画】『プライベート・ウォー』ネタバレ・あらすじ・評価。隻眼のジャーナリスト。シリアで死す。戦地とPTSDの恐怖。終わらない戦争。
      2. 【アルコール依存症映画】『ストレイ・ドッグ』ネタバレ・あらすじ「N・キッドマンの老女に驚愕」感想「T・クルーズを追ってアクションスターに?」結末「キッドマンはエレガントが良い」
  6. 映画『アナザーラウンド』の考察・評価
      1. 【アルコール依存症映画】エルトン・ジョン伝記映画『ロケットマン』はカミングアウトする勇気&愛の尊さを世界に歌う。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価
      2. 【アルコール依存症映画】『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。
  7. 映画『アナザーラウンド』の結末
      1. 【アルコール依存症映画】イーサン・ホーク主演『魂のゆくえ』はポール・シュレイダー監督最高傑作。『地球のゆくえ』とも言える作品である。ネタバレ・あらすじ・評価
      2. 【アルコール依存症映画】『ジョーカー』ネタバレ・あらすじ・評価・感想。「神or悪魔?」を観て決めよ!ジョーカー続出でアメリカ熱狂。
  8. 映画『アナザーラウンド』のキャストについて
  9. まとめ 映画『アナザーラウンド』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11.  合わせて観たい映画
    1. 【アルコール依存症を描いた映画】
    2. 【人生について考えさせられる映画】
      1. 映画『ペイン・アンド・グローリー』
      2. 映画『マディソン郡の橋』
      3. 映画『人生の特等席』
      4. 映画『男と女 人生最良の日々』
      5. 映画『道』
      6. 映画『サウナのあるところ』
      7. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』
      8. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
      9. 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』
      10. 映画『七人の侍』
      11. 映画『ミリオンダラー・ベイビー』
      12. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』
      13. 映画『明日に向かって撃て!』
      14. 映画『運び屋』
      15. 映画『ともしび』
      16. 映画『さらば愛しきアウトロー』
      17. 映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』
      18. 映画『ある船頭の話』
      19. 映画『フリーソロ』
  12. 映画『アナザーラウンド』の作品情報

映画『アナザーラウンド』外部リンク

【HPサイト】
映画『アナザーラウンド』公式サイト
【予告映像】
映画『アナザーラウンド』トレーラー

映画『アナザーラウンド』IMDbサイト

映画『アナザーラウンド』 – Rotten Tomatoes

スポンサーリンク

映画『アナザーラウンド』のオススメ度は?

4.0

星4つです

「飲酒のついての映画ではない」

「人生に目覚めることについての映画だ」

トマス・ビンターベア監督は「亡き愛娘に捧げる」

酒で人生は大きく狂わされる

【アルコール依存症映画】『アリー/スター誕生』ネタバレ・あらすじ「シンデレラ物語」に「アメリカの薬物・アルコール依存問題を内包した映画」感想・結末。

映画『アリー/スター誕生』ネタバレ・あらすじ「シンデレラ物語」に「アメリカの薬物・アルコール依存問題を内包した映画」感想・結末。
映画『アリー/スター誕生』ネタバレ・あらすじ「シンデレラ物語」に「アメリカの薬物・アルコール依存問題を内包した映画」感想・結末。 映画『アリー/スター誕生』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アリー/スター誕生』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『アリー/スター誕生』の作品情報・概要『アリー/ スター誕生』原題『A Star Is Born』ブラッドリー・クーパー製作・脚本・音楽・監督・出演によるミュージカル・恋愛・ドラマ映画である。2018年アメリカ製作。1同名映画の3度目のリメイク。レディー・ガガ主演。サム・エリオット、アンドリュー・ダイス・クレイ、デイヴ・シャペルらが出演する。映画のサウンドトラック大ヒットし、全米・全英ともに1位を獲得。全世界で累計300万枚以上のセールスを記録。第91回アカデミー賞でアカデミー歌曲賞を受賞。普通の女の子が大スターになる「シンデレラ物語」とアメリカ社会の深刻な「薬物・アルコール依存症」問題についても内包している。

 

スポンサーリンク

映画『アナザーラウンド』の作品情報・概要

『アナザーラウンド』デンマーク語『 Druk 英題『Another Round』トマス・ヴィンターベア監督作品。ヴィンターベアとトビアス・リンホルム脚本。2020年のコメディドラマ映画。デンマーク、オランダ、スウェーデンの合作。マッツ・ミケルセン、トマス・ボー・ラーセン、マグナス・ミラン、ラース・ランゼらが出演。ノルウェー人の哲学者が提唱した「血中アルコール濃度を一定に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論を証明するため、高校教師4人自らが実験する。2020年第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選出された。さらに第78回ゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞にノミネート、第93回アカデミー賞でも監督賞と国際長編映画賞の候補に挙がり、国際長編映画賞を受賞した。世界的にヒットした。デンマーク語原題を和訳すると「大量飲酒」となる。英題は「もう一杯」となる。

【アルコール依存症映画】『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」

映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」
映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」映画『スタンド・バイ・ミー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スタンド・バイ・ミー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スタンド・バイ・ミー』の作品情報・概要『スタンド・バイ・ミー』原題『Stand by Me』1986年のアメリカ合衆国の青春映画。ロブ・ライナー監督作品。主演はウィル・ウィートン。リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネルなど。原作はスティーヴン・キング。短編集『恐怖の四季』の中に収められた秋の物語『THE BODY』から。ジョン・レノンがカバーしたベン・E・キングの歌曲『スタンド・バイ・ミー』と早逝してカリスマとなったリヴァー・フェニックスのイメージもヒットの後押しとなっている。

スポンサーリンク

映画『アナザーラウンド』のあらすじ・ネタバレ

デンマークで暮らすマーティン(マッツ・ミケルセン)は高校で歴史を教える教師だ。教師の仕事にもやりがいもなく、身が入らない。生徒からのクレームも多い。家へ帰っても妻子とのコミュニケーションもほとんどない。妻は夜勤が多い。でも実際は浮気しているということも知っている。ある日、マーティンは父兄から呼び出さて、「授業が面白くない」「落第は困る」とのクレームショックを受ける。同僚に心理学教師のニコライ(マグナス・ミラン) の誕生日に行く。体育教師のトミー(トマス・ボー・ラーセン) とピーター(ラース・ランゼ) も同様にストレスを抱えており、皆で口をこぼす。ニコライが「血中アルコール濃度を常に0.05%に保つと、仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」とのノルウェー学者の説を紹介を聞いてマーティンも酒を飲む。そして翌日の授業の前にマーティンは酒を飲んで挑む。授業は大盛り上がり。それを聞いたニコライ、ピーター、トミーも追随する。4人は高校で酒を飲みだして、互いの成果を報告しあう。

【アルコール依存症映画】『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末
映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』の作品情報・概要監督・製作総指揮を手掛けたのはイギリスのアシフ・カパディア。『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』で英国アカデミー賞受賞、イギリス人歌手のエイミー・ワインハウスを描いた『AMY エイミー』で第88回アカデミー賞 - 長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した実績を持っている。製作は『オアシス スーパーソニック』のジェームズ・ゲイ=リース、編集は映画『エリック・クラプトン 12小節の人生』 』のクリス・キング。音楽は映画『風をつかまえた少年』のアントニオ・ピント。マラドーナの500時間の貴重な秘蔵映像とインタビューを元に「栄光と挫折を繰り返す天才の光と影」をうまく描いている。カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション、英国アカデミー賞ノミネートされた。

スポンサーリンク

映画『アナザーラウンド』の感想・内容

映画『アナザーラウンド』の意味は「もう一杯飲みたい」

「悲喜交々させられる切ない映画」となります。製作国はデンマークです。昨年の第93回アカデミー賞でも監督賞と国際長編映画賞の候補に挙がり、国際長編映画賞を受賞しています。とても良い映画だと思います。派手な演出がないところが良いです。人生の折り返し地点に立った4人の男性教師が織り成す人間成長物語映画です。もちろん、「飲酒問題」の深刻さを訴求する社会派映画でもあります。

彼らの職業は教師です。とても安定している仕事だと思います。しかしながらどんな仕事でも何年も、何十年も続けているとマンネリ化してしまうものなのでしょう。人間とはマンネリ化状態が続くとモチベーションが下がる生き物です。特に教師という仕事は、教える内容にあまり変化はありません。歴史を教えても過去の出来事が間違っていたので、今年から新しい教科書になったと言うのは稀でしょう。数学も新しい公式が発見されたから、今日からこれを使いましょうとはなりません。

主人公マーティン(マッツ・ミケルセン)の歴史の授業はあまり評価されていません。生徒から、そして父兄からのクレームが寄せられ窮地に陥ります。プライドがボロボロに傷つけれれます。マーティンの心の拠り所となるはずの家庭は、妻子との会話がほとんどありません。妻は他の男と情事を重ねています。マーティンはそれを黙って見過ごしています。「妻は浮気する」「仕事は面白くない」そして「クレームが来やがった」となれば自暴自棄になっても仕方ない状況です。

【アルコール依存症映画】『プライベート・ウォー』ネタバレ・あらすじ・評価。隻眼のジャーナリスト。シリアで死す。戦地とPTSDの恐怖。終わらない戦争。

彼には体育教師・トミー(トマス・ボー・ラーセン) 、音楽教師・ニコライ(マグナス・ミラン) 、心理学教師・ニコライ(マグナス・ミラン) 4人の同僚がいます。ニコライの誕生日パーティーへ行った際に、「血中アルコール濃度を常に0.05%に保つと、仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」と聞きました。それまで酒を我慢していたマーティンは飲み始めるところから「天国と地獄」が待ち受けるという展開に進んで行きます。マーティンは一人先んじて実験します。授業の前に酒を飲んで挑むのです。結果として授業は大成功です。かつて、教師という職業についた時の感動も味わえました。それを聞いた残りの3人も学校へ酒ビンを持ち込み隠れて飲んで授業を行います。彼ら4人は異口同音で「素晴らしい成果」とたたえ合います。でも、それからはエスカレートしていく一方なのです。悲劇的な結果になるのは目に見えています。

【アルコール依存症映画】『ストレイ・ドッグ』ネタバレ・あらすじ「N・キッドマンの老女に驚愕」感想「T・クルーズを追ってアクションスターに?」結末「キッドマンはエレガントが良い」

スポンサーリンク

映画『アナザーラウンド』の考察・評価

本映画『アナザーラウンド』で面白いなあと思ったのは過去の偉人たちを上げていかに大酒のみが良いことかを肯定する場面でしょう。例えばヒトラーはとても真面目で、酒も飲まずタバコも吸わず生きてきた人物です。変わってイギリスの首相を務めたチャーチルは大酒飲みで、女好きで、良く喋り、荒くれ者だったいう例えをします。生徒たちどちらが良い人間なのかを聞いたりします。ここではお酒と人格と偉業は比例されないということを表しています。敢えてヒトラーを善人に仕立て上げていますが、製作者側の意図は寧ろ逆説的に訴求していると思います。「お酒はほどほどに」というニュアンスではないでしょうか。

本映画『アナザーラウンド』のメッセージは「酒は危険だ」「人生を狂わす」と言うことを明確に伝えていると思います。日本よりも、欧米ではアルコール依存症の人がとても多いです。アメリカの映画などを見ると本当によく酒を飲んでいます。しかもアルコール依存の親は、必ずと言っていいほど子どもに暴力を振るっています。アメリカの暗部・恥部である大きな社会問題です。ふと、1920年代の禁酒法時代させました。当時は酒を飲むと人は働かなくなるし、国が衰退していくと言う理由から禁止法になっていったと思います。そりゃあそうでしょう。安い給料でこき使われて、酒飲んでストレスを発散しないとやっていけない時代だったのですから。

【アルコール依存症映画】エルトン・ジョン伝記映画『ロケットマン』はカミングアウトする勇気&愛の尊さを世界に歌う。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価

しかし現在、もし禁酒法を導入されるのであれば、学問として研究・検証された結果に基づいて施行されると思います。酒がもたらす良いことって、そんなにないと思います。「酒は心身に悪い」ですし、「家計も壊す」し、「人間関係も壊す」し「酒は人生を狂わす」のです。麻薬やマリファナよりも、「酒が最悪のドラック」だと言うこと人もいます。

本映画『アナザーラウンド』の4人の教師は0.05%の血中濃度によって仕事にも家庭にも幸せが訪れると言う理由をつけて酒を飲んでいます。けれども本音はただ「飲みたいだけ」でしょう。飲むための口実として「0.05%を保って仕事をしなければいけない」を紐付けているだけです。笑ってしまいますが、これはわたしたちにも言えることなのです。お酒を飲みたいがために仕事を早めにを終わったり、打ち合わせと称して飲み会を持ったり、タバコを止めて口が寂しいからと言う理由をつけて飲んでいるだけです。もはやアルコール依存症ですね。

一度、アルコール依存症になるとなかなか抜け出せないと言われています。特に一人暮らしの人や、家族がいても孤立しているような環境にいる人。その寂しさや苦痛から逃れようと「少しなら良いや」と酒に紐付けて飲んでしまうのです。映画と同じく飲酒量は右肩上がりに増えていきます。アルコール依存症になるとひとりではなかなか解決できません。地域にあるボランティアの断酒会などに参加することをお勧めします。同じような仲間がいて同じ悩みを共有し、告白しあえることでモチベーションとなって、断酒を継続させるのです。生きている限り永遠に続けなければいけない習慣であり作業です。それをデメリットと捉えるかメリットを捉えるかは本人次第です。再び酒に手を出したらアルコール依存症に逆戻りです。それほど恐ろしい病気です。

【アルコール依存症映画】『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。

スポンサーリンク

映画『アナザーラウンド』の結末

さて、本映画『アナザーラウンド』結末はとても悲しい展開となりました。体育教師・トミー(トマス・ボー・ラーセン) 酒を飲んでヨットで海に出て死んでしまいます。酒が引き起こした死亡事故と言っても良いのではないでしょうか。彼は家族もなく孤独でした。そして酒に溺れて、海で溺死したのです。この時になって、ようやくマーティンら3人は酒を飲みながらの授業を止めるとにします。

【アルコール依存症映画】イーサン・ホーク主演『魂のゆくえ』はポール・シュレイダー監督最高傑作。『地球のゆくえ』とも言える作品である。ネタバレ・あらすじ・評価

ただし、ここから本映画『アナザーラウンド』はその悲しみを大酒を飲んで発散する方向に流れます。教え子たちの卒業式典のあと、大酒のみ大会が用意されています。そして亡きトミーへの鎮魂歌のように「飲んで、歌って、踊って」の大騒ぎをするのです。笑えます。アメリカの飲酒問題映画とは異なります。そちらはアルコールを悪者として描き、施設に入ってアルコールと戦って、打ち勝ち、そして社会復帰して新しい人間が誕生するという展開に持っていきます。しかし、本映画『アナザーラウンド』は違いました。最後は大酒のみで終わるのです。タイトルを和訳すると「大量飲酒」ですから、それで良いのかなあと納得するしかないです。とても良い映画でした。でも、とてもせつない映画でした。「人生の悲喜交々」と言いましょうか、ひとりぼっちで引き潮をずっと見ているような感覚に包まれました。

【アルコール依存症映画】『ジョーカー』ネタバレ・あらすじ・評価・感想。「神or悪魔?」を観て決めよ!ジョーカー続出でアメリカ熱狂。

スポンサーリンク

映画『アナザーラウンド』のキャストについて

マーティン(マッツ・ミケルセン)
トミー(トマス・ボー・ラーセン)
ニコライ(マグナス・ミラン)
ピーター(ラース・ランゼ)
アニカ(マリア・ボネビー)
ヘリーヌ・ラインゴー・ノイマン
スーセ・ウォルド

スポンサーリンク

まとめ 映画『アナザーラウンド』一言で言うと!

「酒は百害しかない」

わたし自身はお酒を飲みません。「飲まなくても楽しくなれる」ようになったからです。お酒のない生活ってとても楽です。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【アルコール依存症を描いた映画】

【人生について考えさせられる映画】

映画『ペイン・アンド・グローリー』

愛し合った日々は「尊い」決して色褪せない

映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。
映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。 映画『ペイン・アンド・グローリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ペイン・アンド・グローリー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ペイン・アンド・グローリー』の作品情報・概要『ペイン・アンド・グローリー』原題『Dolor y gloria』英題『 Pain and Glory』2019年のスペインのドラマ映画。ペドロ・アルモドバル監督・脚本作品。アントニオ・バンデラス主演。ペネロペ・クルス、アシエル・エチェアンディア、レオナルド・スバラーリャ、ノラ・ナバス、フリエタ・セラーノ共演。第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、バンデラスが男優賞を受賞した。ペドロ・アルモドバルの自伝的要素が色濃く反映されている。母の死によって心身ともに満身創痍になった映画監督が復活への道を歩むまでを過去を回想しながら描いている。過去が栄光なら現在は痛み。

映画『マディソン郡の橋』

いくつになっても恋愛は人生の活力だ

映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。
映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。映画『マディソン郡の橋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マディソン郡の橋』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マディソン郡の橋』の作品情報・概要 原題『The Bridges of Madison County』1992年にアメリカ合衆国の恋愛映画。ロバート・ジェームズ・ウォラー(Robert James Waller)の小説を元に製作。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。キャスリーン・ケネディが共同プロデューサー、リチャード・ラグラヴェネーズ脚本担当。メリル・ストリープを主演女優に迎える。不倫映画として異例の大ヒット。世界中で1億8,200万ドルを売り上げた。1996年、第68回アカデミー賞でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

映画『人生の特等席』

老いても人生は良いものだ

映画『人生の特等席』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。クリント・イーストウッドとエイミー・アダムスが父娘に見えなかったのが残念。
映画『人生の特等席』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。クリント・イーストウッドとエイミー・アダムスが父娘に見えなかったのが残念。 映画『人生の特等席』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『人生の特等席』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『人生の特等席』の作品情報・概要 『人生の特等席』原題『Trouble with the Curve』ロバート・ロレンツ監督作品。2012年のアメリカ合衆国のスポーツ・ドラマ映画。クリント・イーストウッド主演作品。エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、マシュー・リラード、ジョン・グッドマンらが共演。イーストウッドにとっては自身の監督作以外でを取らない作品に出演するのは『ザ・シークレット・サービス』以来である。

映画『男と女 人生最良の日々』

青春時代に愛した人はやっぱり「素敵」だった?

映画『男と女 人生最良の日々』ネタバレ・あらすじ・感想。痴呆、消えゆく記憶。でも愛した人だけは鮮明なのだ。
映画『男と女 人生最良の日々』ネタバレ・あらすじ・感想。痴呆、消えゆく記憶。でも愛した人だけは鮮明なのだ。映画『男と女 人生最良の日々』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトもご紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間情報もご確認できます。映画『男と女 人生最良の日々』の作品概要 クロード・ルルーシュ監督が1966年に発表しカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した『男と女』原題『 Un homme et une femme』主人公二人、アンヌとジャン・ルイの53年後の物語。タイトルは『男と女 人生最良の日々』主演はアヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャン。音楽はフランシス・レイ。

映画『道』

人はいつか本当に大切なことに気がつくのか、、、

映画『道』ネタバレ・あらすじ・結末。イタリア映画最高作品。人は「道」で人生の喜怒哀楽の機微を知る。失って気がつく大切な愛がある。
映画『道』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『道』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。『道』原題『 La Strada』1954年製作・公開のイタリア映画。イタリア映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニ監督作品。1956年のアカデミー外国語映画賞を受賞した。アンソニー・クインとジュリエッタ・マシーナが主演。イタリア映画の代表作品。

映画『サウナのあるところ』

ゆったりと優しい時間で過ごす人生に憧れます

映画『サウナのあるところ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想。フィンランドのサウナは人生の涙を流すところ。
映画『サウナのあるところ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『サウナのあるところ』(81分/フィンランド/2010) 原題『Miesten vuo...

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

まだまだ人生は終わっちゃいないよ!

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック最高演技。中年男が人生を再始動させる感動作。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』公式サイトとYouTubeを参照ください。 『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』(122分/フランス/2018) 原題『Le grand bain』 映画...

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

わたしの人生には一点のサビはない!

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の作品情報・概要『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』原題『The Iron Lady』メリル・ストリープ主演で、第84回アカデミー賞においても主演女優賞を受賞。英国首相のマーガレット・サッチャーに“なりきり”演技が注目を集めた。共演はジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド、リチャード・E・グラント、オリビア・コールマン、アレクサンドラ・ローチら。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

自給自足は確かに夢の人生です

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。
映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』の作品情報・概要 テレビ番組や映画の自然映像のキャメラマンのジョン・チェスター とオーガニックな食材を用いる料理家のモリーが自給自足が可能な農場を作り上げるまでの8年間をドキュメンタリーとして描いた作品。監督・脚本は夫はジョン・チェスター 自身。様々な困難に打ち克ちながら夢の実現へ向かう二人の軌跡を美しい自然映像と共に写し取っている秀作。

映画『七人の侍』

「生きる」勇気をもらえる映画です!

映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし!
映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし! 映画『七人の侍』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『七人の侍』IMDbサイトもご紹介し、作品・キャスト情報等もご確認頂けます。 映画『七人の侍』の作品概要 『七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年(昭和29年)4月26日に公開された日本映画。黒澤明監督作品。主演は三船敏郎と志村喬。モノクロ、スタンダード・サイズ、207分。東宝製作・配給。1954年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞し日本国民を歓喜の渦に巻き込み希望をもたらした。

映画『ミリオンダラー・ベイビー』

「悲しすぎる」「報われない」「理不尽だ」この人生は辛い

映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」
映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」映画『ミリオンダラー・ベイビー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミリオンダラー・ベイビー』IMDbサイトもご紹介し作品情報・キャスト情報のご確認もできます。     映画『ミリオンダラー・ベイビー』の作品概要 『ミリオンダラー・ベイビー』原作『Million Dollar Baby』2004年のアメリカ合衆国の映画。製作・配給会社はワーナー・ブラザースで、監督・製作・主演はクリント・イーストウッド。ジェリー・ボイドの短編集『Rope Burns:Stories From the Corner』を元にポール・ハギスが脚本を執筆。第77回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・助演男優賞(モーガン・フリーマン)を受賞。  

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』

ただ愛する娘のために作り続けた情熱に涙します

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』ネタバレ・あらすじ・結末。寡黙な男は宮殿を作ることで愛を語った。
映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』公式サイトにて作品情報・キャストもご確認ください。フランス南東部の自然豊かな田舎町に実在する建築物がある。今では観光地となっている。この建築物はひとりの郵便配達員の男が33年もの歳月をかけ、たった1人で完成させた手作りの宮殿「シュバルの理想宮」である。本作は実話に基づいて映画化された。主演はジャック・ガンブラン。 その他レティシア・カスタ、ベルナール・ル・コクが共演。

映画『明日に向かって撃て!』

やりたいことやり抜いて死んでやるぜ!

映画『明日に向かって撃て!』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。バート・バカラック「雨にぬれても」がニューマン&レッドフォードの哀愁歌
映画『明日に向かって撃て!』公式サイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。本映画のネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を書いています。ジョージ・ロイ・ヒル監督とポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードが組んで第42回アカデミー賞で撮影賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞を獲得しました。実在の強盗ブッチ・キャシディの生涯を描いています。アメリカン・ニューシネマの代表的な作品です。

映画『運び屋』

彼が運んだのは家族との「人生」だった

404 NOT FOUND | 運だぜ!アート
映画・サウンド・デザイン・写真などのアート全般を独自目線で甘口評価

映画『ともしび』

人生に終焉にむ訪れた悲劇をどう受け止める?

映画『ともしび』シャーロット・ランプリングを観ていると息ができなくなった
『ともしび』(93分/フランス・イタリア・ベルギー合作/2017) 原題 『Hannah』 映画『ともしび』のオススメ度は? 星4つ半です。 ストーリーはわかりにくいかもしれません。 でもやっぱりこの映...

映画『さらば愛しきアウトロー』

いつまでも現役で「カッコよく」死にたい

映画『さらば愛しきアウトロー』ロバート・レッドフォード引退作品。実話の銀行強盗フォレスト・タッカーは脱獄王だった。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
ハリウッドきってのハンサムスターの引退作品。実在した銀行強盗を演じている。武器は拳銃だが銀行に押し入るさい、一度も引き金を引いたことがない。そして刑務所へいくが、17回収容されて17回、脱獄している。「楽して生きるより、楽しく生きたい」が信条だ。レッドフォードの笑顔が良い。最後の最後まで皺くちゃな顔で笑っている。

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』

イタリア人「人生楽しんでます」

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ゴタゴタホームコメディではない。社会が抱える諸問題を代弁した作品 ネタバレ・あらすじ・感想・評価
巨匠、ガブリエレ・ムッチーノ監督がハリウッドから帰国して本作を撮った。家族を通して社会が抱える問題の関係性の持つエネルギーについて描いている。久しぶりに会った親族はどこかよそよそしい。嵐で二日間缶詰めになることでお互いが抱える問題をぶつけ合う。罵詈雑言が続くがイタリア語が気持ちよく観ていて楽しい。

映画『ある船頭の話』

オダギリジョー監督の人生観がわかる名作

映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ある船頭の話』公式サイトにて作品情報・上映館情報からネタバレ・あらすじ・感想・評価を記載。オダギリージョー監督、長編デビュー。日本人が忘れてしまっている大切なことを川の流れと共に描いています。移ろう時代の中で船頭をするトイチに柄本明。撮影監督にクリストファー・ドイル。新人女優、川島鈴遥。村上虹郎の好演。永瀬正敏、浅野忠信の存在感が抜群の映画。

映画『フリーソロ』

いつも死と背中合わせの人生に「存在理由」がある

ドキュメンタリー映画『フリーソロ』のアレックス「危険を冒すことで安心感を得る」ネタバレ・あらすじ・評価・感想・評価。撮影班の葛藤。CG一切無し。
映画『フリーソロ』公式サイトにて作品情報・上映館並びに時間を紹介。この映画はアレックスというクライマーが安全装置無しに、素手だけで米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑む様子をドキュメンタリーとして描いています。CG一切なし。撮影隊の心情もうまく描いています。ハラハラドキドキの100分。

 

スポンサーリンク

映画『アナザーラウンド』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
トマス・ビンターベア
製作
シーセ・グラウム・ヨルゲンセン キャスパー・ディシン
脚本
トマス・ビンターベア トビアス・リンホルム
撮影
シュトゥルラ・ブラント・グロブレン
美術
サビーネ・ビズ
衣装
エレン・レンス マノン・ラスムッセン
編集
アンネ・オーステルード ヤヌス・ビレスコフ・ヤンセン
マーティン(マッツ・ミケルセン)
トミー(トマス・ボー・ラーセン)
ニコライ(マグナス・ミラン)
ピーター(ラース・ランゼ)
アニカ(マリア・ボネビー)
ヘリーヌ・ラインゴー・ノイマン
スーセ・ウォルド
2020年製作/115分/PG12/デンマーク
原題:Druk
配給:クロックワークス

タイトルとURLをコピーしました