映画『マスカレード・ホテル』ネタバレ・あらすじ「さんま出演どこ?」感想「長澤まさみ168センチ。キムタク176センチ?」結末「身長がミステリー」「ロケはロイヤルパークホテル」

スポンサーリンク
映画『マスカレード・ホテル』ネタバレ・あらすじ「さんま出演どこ?」感想「長澤まさみ168センチ。キムタク176センチ?」結末「身長がミステリー」「ロケはロイヤルパークホテル」2019年製作

映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『マスカレード・ホテル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『マスカレード・ホテル』
(2019年製作/133分/G/日本)
配給:東宝

【監督】
鈴木雅之
【原作】東野圭吾【脚本】岡田道尚【製作】石原隆 木下暢起 藤島ジュリーK. 市川南【エグゼクティブプロデューサー】臼井裕詞【プロデューサー】上原寿一 和田倉和利【アソシエイトプロデューサー】日高峻【ラインプロデューサー】森賢正【撮影】江原祥二【照明】吉角荘介【録音】武進【美術】あべ木陽次【衣装デザイン】黒澤和子【美術進行】杉山貴直【美術デザイン】小林久之【装飾】野本隆行【美術プロデュース】三竹寛典【編集】田口拓也【音楽】佐藤直紀【選曲】藤村義孝【音響効果】壁谷貴弘【スクリプター】山縣有希子【VFXスーパーバイザー】小坂一順【カラーグレーダー】齋藤精二【キャスティング】緒方慶子【助監督】吉村達矢【製作担当】鍋島章浩
【出演】
木村拓哉 長澤まさみ 小日向文世 梶原善 泉澤祐希 東根作寿英 石川恋 濱田岳 前田敦子 笹野高史 高嶋政宏 菜々緒 生瀬勝久 宇梶剛士 橋本マナミ 田口浩正 勝地涼 松たか子 鶴見辰吾 篠井英介 石橋凌 渡部篤郎

スポンサーリンク
  1. 映画『マスカレード・ホテル』外部リンク
  2. 映画『マスカレード・ホテル』フジテレビ系『土曜プレミアム』2021年9月18日 土曜 21:00 – 23:40放送
    1. 2021年9月18日 土曜 21:00 – 23:40放送
      1. 【長澤まさみ映画】『海街diary』ネタバレ・あらすじ「美しすぎる四姉妹」感想「是枝監督大満足」結末「家から逃れられない姉妹」
  3. 映画『マスカレード・ホテル』のオススメ度は?
  4. 映画『マスカレード・ホテル』の作品情報・概要
      1. 【長澤まさみ映画】『すばらしき世界』ネタバレ・あらすじ「2021年度最高作品決定!」感想「西川美和vs役所広司+仲野太賀with長澤まさみで弱者見殺社会に“喝”」結末
  5. 映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ:起
      1. 【長澤まさみ映画】『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
    2. 映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ:承
    3. 映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ:転
      1. 【長澤まさみ映画】『コンフィデンスマンJP』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ魅力大全開!こんな美人詐欺師なら騙されたい!
    4. 映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ:結
      1. 【長澤まさみ映画】『コクリコ坂から』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。兄妹恋愛ではなく“団塊の世代”への郷愁映画。朝鮮戦争が生んだ愛の軌跡。
  6. 映画『マスカレード・ホテル』の感想・内容
      1. 【ミステリー映画】『Bittersand』ネタバレ・あらすじ「木下彩音さんは可愛い」感想「青春ミステリー?」結末「7年間一途な男ってキモいよ」
  7. 映画『マスカレード・ホテル』の考察・評価
      1. 【ミステリー映画】『霧の旗(1977)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“悪女”なら許せる」感想「三浦友和さん必死の“告白”も虚しい」結末「松本清張vs西河克己」
  8. 映画『マスカレード・ホテル』の結末
      1. 【ミステリー映画】『スパイの妻 劇場版』ネタバレ・あらすじ「黒沢監督の世界観がサスペンス・ホラー」蒼井優&高橋一生が仲良く「コスモポリタン?」感想・結末。
  9. 映画『マスカレード・ホテル』のキャストについて
  10. まとめ 映画『マスカレード・ホテル』一言で言うと!
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12.  合わせて観たい映画
    1. 【ホラー&サスペンス映画オススメ】
      1. 映画『事故物件 恐い間取り』
      2. 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』
      3. 映画『ミッドサマー』
      4. 映画『透明人間』
      5. 映画『ルース・エドガー』
      6. 映画『サイコ (1960年の映画)』
      7. 映画『ナイチンゲール』
      8. 映画『ダーティーハリー』
      9. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      10. 映画『テッド・バンディ』
      11. 映画『私の知らないわたしの素顔』
  13. 映画『マスカレード・ホテル』の作品情報

映画『マスカレード・ホテル』外部リンク

【HPサイト】
映画『マスカレード・ホテル』
公式サイト
【予告映像】
映画『マスカレード・ホテル』トレーラー
映画『マスカレード・ホテル』IMDbサイト
映画『マスカレード・ホテル』 Rotten Tomatoes

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』フジテレビ系『土曜プレミアム』2021年9月18日 土曜 21:00 – 23:40放送

2021年9月18日 土曜 21:00 – 23:40放送

2020年1月3日金曜 21:00 – 23:45『新春3夜連続木村拓哉スペシャル』で放送され、視聴率は12.4%だった。

【長澤まさみ映画】『海街diary』ネタバレ・あらすじ「美しすぎる四姉妹」感想「是枝監督大満足」結末「家から逃れられない姉妹」

映画『海街diary』ネタバレ・あらすじ「美しすぎる四姉妹」感想「是枝監督大満足」結末「家から逃れられない姉妹」
映画『海街diary』ネタバレ・あらすじ「美しすぎる四姉妹」感想「是枝監督大満足」結末「家から逃れられない姉妹」映画『海街diary』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『海街diary』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『海街diary』の作品情報・概要『海街diary』(うみまちダイアリー)は、吉田秋生による日本の漫画作品を映画化。監督・脚本は是枝裕和(映画『誰も知らない』や映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』)。綾瀬はるか(映画『今夜、ロマンス劇場で』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、長澤まさみ(映画『すばらしき世界』や映画『MOTHER マザー』)、夏帆(映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』)、広瀬すず(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や映画『ラストレター』)が四姉妹を演じて話題となる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。母と姉妹を裏切った父の葬儀で出会った妹を引き取って、鎌倉の古民家で暮らす四姉妹の成長物語。
スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』のオススメ度は?

3.5

3つ半です

長澤まさみちゃんが「可愛い」です

木村拓哉さんって案外「小さい」のかなあ?

二人が並んだショットに注目

物語より身長差が気になる

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』の作品情報・概要

『マスカレード・ホテル』2011年製作の日本のミステリー映画。鈴木雅之監督作品。木村拓哉(映画『ハウルの動く城』)、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コクリコ坂から』)主演。他は小日向文世(映画『奥様は、取り扱い注意』)、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、濱田岳 、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』)、笹野高史(映画『ある船頭の話』や映画『小さいおうち』)、高嶋政宏、菜々緒、生瀬勝久、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、松たか子(映画『ラストレター』)、鶴見辰吾(映画『空に住む』や映画『翔んだカップル』)らが共演。 東野圭吾(『パラレルワールド・ラブストーリー』)の長編ミステリ小説を映画化。「マスカレード」シリーズの第1作目。200812月から20109月まで集英社の月刊誌『小説すばる』に掲載され、その後、2011910日に集英社より単行本が発刊された。舞台となった架空のホテルは、巻末に取材協力団体として紹介されている日本橋の「ロイヤルパークホテル」

【長澤まさみ映画】『すばらしき世界』ネタバレ・あらすじ「2021年度最高作品決定!」感想「西川美和vs役所広司+仲野太賀with長澤まさみで弱者見殺社会に“喝”」結末

映画『すばらしき世界』ネタバレ・あらすじ「2021年度最高作品決定!」感想「西川美和vs役所広司+仲野太賀with長澤まさみで弱者見殺社会に“喝”」結末
映画『すばらしき世界』ネタバレ・あらすじ「2021年度最高作品決定!」感想「西川美和vs役所広司+仲野太賀with長澤まさみで弱者見殺社会に“喝”」結末 映画『すばらしき世界』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『すばらしき世界』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『すばらしき世界』の作品情報・概要『すばらしき世界』西川美和監督作品。2021年製作。英題『Under The Open Sky』『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』『永い言い訳』とオリジナル脚本にこだわってきた西川美和が初めて原作小説を映画化したことが驚きである。原作は佐木隆三の長編小説『身分帳』実在の人物をモデルに、13年の刑期を終え出所した元殺人犯の男の苦労と生きざまを描く。「社会」と「人間」の“今”をえぐる物語となっている。閉塞感漂う現代日本の今を鋭く描いている。映画『三度目の殺人』の役所広司主演。映画『タロウのバカ』や映画『MOTHER マザー』の仲野太賀、映画『キングダム』や映画『コンフィデンスマンJP』』の長澤まさみ、六角精児、映画『ヤクザと家族 The Family』 や映画『浅田家!』や映画『新聞記者』の北村有起哉、白竜、キムラ緑子、映画『罪の声』の梶芽衣子、映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の橋爪功らが共演。

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ・ネタバレ

映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ:起

東京で3件の犯行予告連続殺人事件が発生し、4件目はホテル・コルテシア東京で殺人が行われるとわかり警察は潜入捜査を開始します。新田警部補はフロントに立つことになりますが、ベテランの山岸から身だしなみや態度について注意されてばかりホテルはお客様と安全第一、警察は犯人確保を優先するために動いていたのです。

ホテルに泊まる客には訳ありの者が少なくありません。ある時、古橋という男性客がチェックアウトしようとすると、山岸たちは慌ただしく動き出します。前に古橋が宿泊した際に2万円のバスローブが無くなっていたことから今回も疑いがあったからです。清掃員がチェックするとバスローブは無く、山岸は古橋に荷物を見せてもらおうとしますが新田はそれを止めて彼を帰しました。新田は警察としての経験からホテルに対し「難癖をつけられた」と言って金を要求するのが目的だと考え、ベッドマットの下からバスローブを見つけ出します。

【長澤まさみ映画】『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。

映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ:承

山岸は彼の実力を認めつつも、視覚障害のある片桐という女性が宿泊しに来た際には「疑いすぎ」だと指摘。確かに新田の言う通り彼女は視覚障害ではありませんでしたが、それは片桐の夫が今度ホテルを利用する予定だったから視覚障害の夫に代わって片桐は下見に来たと言い、山岸の真摯な態度にお礼を述べます。新田も彼女の仕事や客に対する姿勢から色々と考えさせられるのでした。

そうして新田と山岸は信頼を深めていく中、新田は事件の詳細を彼女に伝えることにします。3つの殺人事件には同じタイプの暗号が残され、そこに書かれた数字から事件の日を引くと緯度と経度になることから4件目の事件はホテルで行われるホテル内でひと目を避けれるのは客室しかないと考えた新田は、客だけでなく従業員にも気を付けるよう言いました。山岸は疑われることに不満を思えますが、引き続き客の対応に追われます。

映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ:転

夫婦の離婚騒動や新田のクビを狙った栗原という客とのやり取りなどを経て新田にある仮設が浮かびました。その仮説から3つの事件の容疑者だった手嶋のアリバイを崩すことができましたが、事件の犯人が3人とも異なるという事実が発覚。犯人が1人だと思い込まされていた警察は混乱する中、ホテルで挙式する客を狙う事件が発生しました。女装した怪しい男は新婦に手紙を渡そうとして警察に取り押さえられる中、山岸は再び宿泊しに来た片桐の案内をします。

【長澤まさみ映画】『コンフィデンスマンJP』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ魅力大全開!こんな美人詐欺師なら騙されたい!

映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ:結

客室に着くと山岸は片桐に拘束され、昨年に起きたことについて話し始めました。片桐は恋人がホテルに泊まっていると知ってフロントにいた山岸に「恋人に会わせて欲しい」と言いましたが、ホテルとしては客の情報を明らかできません。そのため山岸は頭を下げ続け、片桐はホテルから出て雨の降る中で一晩中待ち続けたことで身体を壊します。彼女は病院に運ばれて流産になったと知り、恋人と山岸の殺害を決意そうして今回の事件を起こし、無関係な者にも殺人を起こさせることで今に至ったのでした。話し終えた片桐は山岸を殺そうとした瞬間、新田が助けに入って片桐を確保します。新田は元相棒の能勢から片桐の恋人が殺されていたことや、彼女が捜査上に浮かび上がったことで駆けつけたのです。

潜入捜査が無事終わって新田は山岸に「最高のホテルだった」と言ってその場を後にしました。

【長澤まさみ映画】『コクリコ坂から』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。兄妹恋愛ではなく“団塊の世代”への郷愁映画。朝鮮戦争が生んだ愛の軌跡。

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』の感想・内容

職務に熱心な新田と山岸が徐々に協力していって殺人事件を阻止するというストーリーに引き込まれる映画でしたね。手嶋という容疑者が浮かぶ中で新田は熱心に彼を追い、元相棒の能勢に協力を仰ぎながら3つの事件の共通点を見つけていくのです。そうして徐々に真相に近付いていきつつも、まさか片桐が真犯人だとは全く思わず驚愕の展開に目が離せませんでした。

【ミステリー映画】『Bittersand』ネタバレ・あらすじ「木下彩音さんは可愛い」感想「青春ミステリー?」結末「7年間一途な男ってキモいよ」

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』の考察・評価

ホテルに訪れる客がワケありな人ばかりなのが見どころでしたね。男たちだけで泊まりに来て別で泊まりに来ていた女性と合流したり、自身の真意を隠しつつ何かしでかそうとする人ばかりです。そんな中、栗原という客は新田に対して執拗だったのも印象に残りました。栗原は新田に「電話を掛けたらホテルの部屋から折り返せ」と言って、彼の指示通りに仕事をしているか確かめるのです。言うことを聞かせるための巧妙な策略に感心しつつも、新田が指を鳴らすので「今にも殴りかかるのでは?」とハラハラさせられました。一方で、山岸たちを気遣う余裕もまだあるようでホッとさせられます。

ようやく栗原が帰ろうとすると新田に「どうして殴らない?」とすがりついて嘆き始めるクレーマーだと思っていたため周りの人も驚く中、新田の学校の教育実習生だと明かされるのは意外でした。確かに犯罪者や事件に関わる人物なら調べればすぐ分かるため納得の展開です。そうした人物背景がわかっていったり、殺人事件のヒントになったりする展開はミステリー作品としての見どころだと言えるでしょう。

【ミステリー映画】『霧の旗(1977)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“悪女”なら許せる」感想「三浦友和さん必死の“告白”も虚しい」結末「松本清張vs西河克己」

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』の結末

栗原との一件で新田は手嶋がアリバイのための電話を偽装しているとわかりましたね。電話を掛ける際には電話帳から選んで発信を押すだけそのため、手嶋の電話番号が変わっていても気付かず、彼の実家に掛けたというアリバイが残りました。違う視点からヒントを得た新田が事件の真相に気付いたかと思いきや、また新たな展開となるのはミステリー映画としての魅力が十分にあったと言えるでしょう。最後は片桐の作戦通りに警察が動いていたと分かりましたが、彼女の作戦を知った上でもう一度見直したくなる作品です。

続編の『マスカレード・ナイト』どういった事件が起きるのかとても楽しみになりました!

【ミステリー映画】『スパイの妻 劇場版』ネタバレ・あらすじ「黒沢監督の世界観がサスペンス・ホラー」蒼井優&高橋一生が仲良く「コスモポリタン?」感想・結末。

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』のキャストについて

新田浩介(木村拓哉)
山岸尚美(長澤まさみ)
能勢(小日向文世)
本宮(梶原善)
関根(泉澤祐希)
久我(東根作寿英)
川本(石川恋)
濱田岳
前田敦子
笹野高史
高嶋政宏
菜々緒
生瀬勝久
宇梶剛士
橋本マナミ
田口浩正

スポンサーリンク

まとめ 映画『マスカレード・ホテル』一言で言うと!

「やっぱり東野圭吾さんはすごい!」

ミステリー作家・東野圭吾さんって本当にすごいですね。なぜ、こんな物語を思いつくのか不思議です。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『事故物件 恐い間取り』

中田監督新作は事故物件芸人ホラー

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』

グアテマラという国の怨念物語

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。
映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。

 

 

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
鈴木雅之
原作
東野圭吾
脚本
岡田道尚
製作
石原隆 木下暢起 藤島ジュリーK. 市川南
エグゼクティブプロデューサー
臼井裕詞
プロデューサー
上原寿一 和田倉和利
アソシエイトプロデューサー
日高峻
ラインプロデューサー
森賢正
撮影
江原祥二
照明
吉角荘介
録音
武進
美術
あべ木陽次
衣装デザイン
黒澤和子
美術進行
杉山貴直
美術デザイン
小林久之
装飾
野本隆行
美術プロデュース
三竹寛典
編集
田口拓也
音楽
佐藤直紀
選曲
藤村義孝
音響効果
壁谷貴弘
スクリプター
山縣有希子
VFXスーパーバイザー
小坂一順
カラーグレーダー
齋藤精二
キャスティング
緒方慶子
助監督
吉村達矢
製作担当
鍋島章浩
新田浩介(木村拓哉)
山岸尚美(長澤まさみ)
能勢(小日向文世)
本宮(梶原善)
関根(泉澤祐希)
久我(東根作寿英)
川本(石川恋)
濱田岳
前田敦子
笹野高史
高嶋政宏
菜々緒
生瀬勝久
宇梶剛士
橋本マナミ
田口浩正
勝地涼
松たか子
鶴見辰吾
篠井英介
石橋凌
渡部篤郎
2019年製作/133分/G/日本
配給:東宝

タイトルとURLをコピーしました