映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」

スポンサーリンク
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!2021年製作

映画『奥様は、取り扱い注意』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『奥様は、取り扱い注意』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『奥様は、取り扱い注意』
(2021年製作/119分/G/日本)

【監督】
佐藤東弥

【原案】金城一紀【脚本】まなべゆきこ【製作】沢桂一 山田克也 堀義貴 市川南 藤本鈴子  菊川雄士【エグゼクティブプロデューサー】伊藤響 福士睦 西憲彦【プロデューサー】枝見洋子 飯沼伸之 和田倉和利 坂本忠久【撮影】柳島克己【照明】鈴木康介【録音】藤丸和徳【整音】瀬川徹夫【美術】清水剛【装飾】秋田谷宣博【アクション監督】栗田政明【編集】宮島竜治【選曲】近藤隆史【音響効果】大河原将【音楽】得田真裕【VFXスーパーバイザー】小坂一順 渡邊祐示【DIプロデューサー】斎藤精二【カラーグレーダー】斎藤精二【スクリプター】山縣有希子【助監督】金子功 猪腰弘之【制作担当】大田康一【キャスティングプロデューサー】杉野剛

【出演】
綾瀬はるか 西島秀俊
鈴木浩介 岡田健史 前田敦子 みのすけ セルゲイ・ブラソフ 中林大樹 浅利陽介 やしろ優 渕野右登 イゴリ 鶴見辰吾 六平直政 佐野史郎 檀れい 小日向文世

【HPサイト】
映画『奥様は、取り扱い注意』公式サイト

【予告映像】
映画『奥様は、取り扱い注意』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『奥様は、取り扱い注意』のオススメ度は?
  2. 映画『奥様は、取り扱い注意』の作品情報・概要
  3. 映画『奥様は、取り扱い注意』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『奥様は、取り扱い注意』の感想・内容
  5. 映画『奥様は、取り扱い注意』の考察・評価
  6. 映画『奥様は、取り扱い注意』の結末
  7. 映画『奥様は、取り扱い注意』のキャストについて
  8. まとめ 映画『奥様は、取り扱い注意』一言で言うと!
  9.  合わせて観たい映画
    1. 【オススメ女性活躍映画】
      1. 映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
      2. 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』
    2. 映画『エデンの海(1976)』
    3. 映画『風の谷のナウシカ』
      1. 映画『空に住む』
      2. 映画『プラダを着た悪魔』
      3. 映画『鵞鳥湖の夜』
      4. 映画『ばるぼら』
      5. 映画『新聞記者』
      6. 映画『私をくいとめて』
      7. 映画『ノッティングヒルの恋人』
      8. 映画『ボディガード(1992)』
      9. 映画『オフィシャル・シークレット』
      10. 映画『フェアウェル』
      11. 映画『となりのトトロ』
      12. 映画『透明人間』
      13. 映画『スキャンダル』
      14. 映画『ミリオンダラー・ベイビー』
      15. 映画『キューポラのある街』
      16. 映画『コレット』
      17. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』
      18. 『天才作家の妻 40年目の真実』
      19. 映画『マリッジ・ストーリー』
      20. 映画『プライベート・ウォー』
      21. 映画『マイ・フェア・レディ』
      22. 映画『追憶(1973)』
  10. 映画『奥様は、取り扱い注意』の作品情報

映画『奥様は、取り扱い注意』のオススメ度は?

2.0

2つです

「パクリ」疑惑が、、、

綾瀬はるかさん「可哀想です」

物語は重厚ですが、、、

記憶に残りません

スポンサーリンク

映画『奥様は、取り扱い注意』の作品情報・概要

『奥様は、取り扱い注意』2017104日から126日まで日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマを映画化。主演は綾瀬はるか(映画『今夜、ロマンス劇場で』や映画『ザ・マジックアワー』)、西島秀俊(映画『空母いぶき』)、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』 や映画『コンフィデンスマンJP』)、鶴見辰吾(映画『翔んだカップル』や映画『空に住む』や映画『太陽は動かない』)、小日向文世(映画『カツベン!』)、六平直政(映画『キングダム』『ソローキンの見た桜』)原案・脚本は直木賞作家の金城一紀。

スポンサーリンク

映画『奥様は、取り扱い注意』のあらすじ・ネタバレ

容姿端麗・頭脳明晰の伊佐山菜美(綾瀬はるか) は某国に雇われた特殊工作員と活動していた過去を持っている。空手、ボクシング、柔術などに長けており、格闘技経験者の男にも負けない実力を持っている。複数の言語を話し、国籍がどこかは不明だ。諜報員として暗躍している最中に後の夫になる伊佐山勇輝(西島秀俊) と出会う。伊佐山を助けようとした時に、発せられた弾丸がコメカミを掠めて、失神。このショックから記憶喪失となる。公安の仕事をしている伊佐山は、菜美の記憶喪失を利用して「結婚」する。そして菜美の人生を作り上げる。伊佐山は公安からの命令で、海沿いの町・珠海市へ着任する。「メタンハイドレード」の誘致か反対かで揺れる町で、暗躍する某国の情報を得るために。当初は伊佐山夫妻は穏やかな生活をしていたが、菜美の諜報員としても性がふつふつと蘇ってくる、、、、。そして町を二分している「メタンハイドレード」問題に巻き込まれていく。

スポンサーリンク

映画『奥様は、取り扱い注意』の感想・内容

「うーん、かなり残念な映画」です。綾瀬はるかさんは何か焦っているのでしょうか。正直に申し上げて「アクション映画には向かない」と思います。後述しますが、動きにキレがないのです。出きることなら、こういうエンタメ映画ではなく作品性を重要視する『海街diary』のような作品に舵を取って欲しいと思いました。おそらくですが、同世代の女優・長澤まさみさんの活躍に感化されているのかもしれません。しかも長澤まさみさんは第44回日本アカデミー賞において映画『MOTHER マザー』主演女優賞を獲得しています。彼女は作品性の高い映画から映画『コンフィデンスマンJPなどのエンタメ作品に出演して変幻自在の演技を魅せてくれます。これは長澤まさみさんだから出きる技でしょう。

本映画『奥様は、取り扱い注意』の綾瀬はるかさんのイメージはやっぱり性の玩具的な扱いをされていると思わざるを得ません。身体ラインが強調されるレザーパンツとジャケット。そして上半身の胸に目が行ってしまうようなカメラ目線が多すぎると思うのです。もちろん、男性の映画ファンにとっては垂涎の喜びでしょうが、やはりこういう「女性の身体」を強調するようなアイコンになってしまうことに危惧感を持っています。セックスシンボル路線を歩むのならとことん行けばいいのですが、彼女はそれを望まないでしょう。事務所のスタッフたちが綾瀬はるかの将来をどう考えているのか聞いてみたいものです。

さらに綾瀬はるかさんも西島秀俊さんも「運が悪い」とし言いようない作品を選んだと思います。もうネット上で書かれていますが、「パクリ疑惑」です。ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー出演の『Mr.&Mrs.スミス』です。本当に本映画『奥様は、取り扱い注意』は「そのまんま」です。もう一度言います。「そのまんま」です。もちろん、細かい設定は異なりますが、訴訟に発展してもおかしくないレベルです。パクリ疑惑で思い出すのは綾瀬はるかさん主演の映画『今夜、ロマンス劇場で』です。もうウディ・アレンの『カイロの紫のバラ』のパクリです。こちらも「そのまんま」なんです。もう一度書きます。「そのまんま」です。しかも映画『今夜、ロマンス劇場で』はジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』やウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』からもパクっているという停滞楽です。綾瀬さん、二回連続「パクリ作品」に出演してしまったというのが、今後の女優生命にどう影響するのか心配です。これ、『奥様は、取り扱い注意』ではなく『綾瀬はるかは、取り扱い注意』になってしまいますよ。可哀想です。

ただですね。こういう表現を生業にする分野って、とっても良い言葉があるのです。「インスパイヤー」されたです。これって便利なんですよ。音楽でもビートルズに似た楽曲を発表する人は「ずっとビートルズ聴いて育ったから影響(インスパイヤー)を受けた」というし、文学でも「村上春樹作品を読んできたので」とカミングアウトすれば、許容されてしまうのです。さらに「ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーへのオマージュ作品」という言い方をすれば、完全に許されてしまうのです。いやいや、本当に便利な時代になったと思います。西島秀俊さんにしましても、映画『空母いぶき』において「てんやわんや」に巻き込まれた一件が記憶に新しいですが、本映画『奥様は、取り扱い注意』のパクリ疑惑で貰い事故をしてしまったわけです。

スポンサーリンク

映画『奥様は、取り扱い注意』の考察・評価

さて、本映画『奥様は、取り扱い注意』は日本テレビで放送されていたドラマを劇場版にして製作されました。原案は金城一紀さんです『GO』は第123回直木三十五賞(2000年)を受賞しています。映画は窪塚洋介さんが主演をやっていました。将来性を感じた小説家だったのですが、いま改めてフィルモグラフィーを見ると、あまり小説は発表されていないので驚きました。原案が多いようです。アイデアがたくさん浮かぶのでしょう。故に「次作、次作へ」を求めるから、腰を据えて小説を書く時間がないと思われます。やはり小説を書き続けることは相当なエネルギーが必要なのでしょう。

監督は佐藤東弥さんです。お父さんは有名な佐藤純彌監督です。映画『新幹線大爆破』が良いです。もうこのひとの手にかかればどんな作品でも「チャチャっと撮ってしまう」ほどの職業監督といってもいいでしょう。カイジシリーズで藤原竜也さんの映画俳優としてのイメージを確立させました。わたし的には映画『カイジ 人生逆転ゲーム』はまだ評価できます。それ以外はダメですね。何となくですが、佐藤東弥さんは若手の助監督の使い方が上手いような気がするのです。演出も彼らに任せているような気がするのです。これだけのアクション映画を短期間で撮影するのは骨の折るような日々だと思うのです。強いこだわりを持つと「ドツボ」に陥ります。全てのアクション場面に張り付いているのはきついでしょう。ですから若手にチャンスを与えているような気がするのです。

実際、本映画『奥様は、取り扱い注意』のアクション場面に違和感を覚えるのは演出している人が異なるからだと思うのですが、、、。ただ、こういったアクションを編集で繋ぐのはそんなに難しいことではないのです。遠景、中景でゆったりとテンポで撮影した場面はどうしてもイマジナリーラインを超えないように編集します。しかしながら、本映画『奥様は、取り扱い注意』のアクションシーンのようにバストアップを主体にしてのいる映像にはイマジナリーライン越えがあっても気にならないのです。ビシバシとかパンパンなどの効果音もそれを助けてくれます。その合間に美しい綾瀬はるかさんのアップを挿入すれば良いのですから。

さて、本映画『奥様は、取り扱い注意』の物語は実はとても複雑で、環境問題についての是非を問うような内容になっています。日本の、いや地球の未来に絶対的に訪れると予想される「エネルギーの枯渇」にも明言しています。日本における原発についてもサラリと描かれています。ここはとても評価できます。しかし悲しい哉、映画を観た人のほとんどはそういったデリケートな問題について、「全く印象に残っていない」のが事実でしょう。勿体無いですね。その理由は上記したように「パクリ」問題と綾瀬はるかさんの「性的な魅力」の演出によってかき消されてしまったといって良いでしょう。

スポンサーリンク

映画『奥様は、取り扱い注意』の結末

エネルギーを海外からの輸入に頼っている日本では新エネルギーである「メタンハイドレード」は魅力的です。本映画『奥様は、取り扱い注意』ではメタンハイドレードの推進派と反対派を舞台に繰り広げられます。こういった大型事業では必ず、環境問題の是非が争われます。その過程では人間の強欲の物語が描かれています。実際、原発やダムの誘致や高速道路の建設などにおいては過去にも激しい論戦の末に作られていいます。これは日本だけではなく、全世界でも同様だと思います。そして最終的な問題の争点になるのが「利権」です。つまり結局は「お金」なんです。お金の分配なんです。反対派もあれやこれやと札束を積まれると「うん」と言うしかないでしょう。でも本映画『奥様は、取り扱い注意』は結果的に反対派の意見が通り、建設中止となります。一見、ハッピーエンドのような終わり方ですが、本当に中止にして良いのでしょうか?と言う疑問も持ちます。「メタンハイドレード」によって環境破壊が促進されるのか、ちゃんと検証すべきだと思うのです。世の中には政府や大手企業に対して諸手を挙げて、「反対運動」に積極的な環境左翼の人たちが多くいます。そう言う人たちって、何を言っても無駄なんですよ。とにかく「反対することで好感度のアップ」を図っているだけなのです。方や環境右翼もいます。徹底的に大型工事を行い、「地球温暖化など嘘だ」と啓蒙する人たちです。こちらは自分を良い人とアピールしません。「国のため」とか「未来の子どもたちのため」と言う大義名分をかざしてきます。両者も両極端ではあります。しかしながら最後は自分の利権になるように暗躍する人間模様が繰り広げられます。

本映画『奥様は、取り扱い注意』では流石にそこまでの人間模様を描くと間延びというか、口をあんぐりしてしまう恐れがあるので、綾瀬はるかさんと西島秀俊さんの擬似的な夫婦が、いつ「お互いの素性がバレる」のかをハラハラせながら描いたのでしょう。何れにしても、「パクリ」のイメージが前面に押し出されたことが残念で仕方ありません。

スポンサーリンク

映画『奥様は、取り扱い注意』のキャストについて

伊佐山菜美(綾瀬はるか)
伊佐山勇輝(西島秀俊)
矢部真二(鈴木浩介)
岩尾珠里(岡田健史)
三枝礼子(前田敦子)
みのすけ
セルゲイ・ブラソフ
中林大樹
浅利陽介
やしろ優
渕野右登
イゴリ
神岡恭平(鶴見辰吾)
五十嵐晴夫(六平直政)
浅沼信雄(佐野史郎)
坂上洋子(檀れい)
池辺章(小日向文世)

スポンサーリンク

まとめ 映画『奥様は、取り扱い注意』一言で言うと!

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『めぐり逢えたら』ネタバレ・あらすじ「ラブコメの女王決定!」メグ・ライアン可愛い「欲求不満男」トム・ハンクス。感想「エンパイアーステートでハッピー」結末。
映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」
映画『第三夫人と髪飾り』ネタバレ・あらすじ「一夫多妻の時代“愛のレッスン”は芸術的“官能美”」感想「新しい才能アッシュ・メイフェア監督登場」結末「現代ベトナム女性は自由?」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」
映画『ヤクザと家族 The Family』ネタバレ・あらすじ「家族愛が描けてない」感想「勉強不足では?」結末

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【オススメ女性活躍映画】

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』

ルイーザ・メイ・オルコット&グレタ・ガーウィグは偉大だ

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。
映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』の作品情報・概要。『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』原題『Little Women』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。グレタ・ガーウィグ監督・脚本作品。主演はシアーシャ・ローナン。共演は本作はエマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ローラ・ダーン、ティモシー・シャラメ。メリル・ストリープ。アメリカ文学の女流作家ルイーザ・メイ・オルコットが発表した小説『若草物語』を原作としているが、ガーウィグがオルコットの手紙や書簡を分析して、オルコットの真実の真意に迫る脚本となっている。

映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』

ハリウッド映画は「女性が作ったのだ」と胸を張りたい

映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ネタバレ・あらすじ「女性の地位向上に貢献」感想「スタントが成功した恍惚感」結末
映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ネタバレ・あらすじ「女性の地位向上に貢献」感想「スタントが成功した恍惚感」結末映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』の作品情報・概要ハリウッドの映画史を語るにおいて絶対に不可欠な存在であるアクション。そのアクションの中心を担ってきたのは女性のスタントウーマンであったことはあまり知られていない。本映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』は女性スタントの歴史から差別、苦悩、挫折、挑戦、成功に至るまでをドキュメンタリーとして描いている。ただ単に「スタントの名場面特集」ではなく、女性の地位向上に尽力している現状についても描かれている。

映画『エデンの海(1976)』

女子高生の時から「女性としての意識」が高いです

映画『エデンの海(1976)』ネタバレ・あらすじ山口百恵「オシッコ出てる」樹木希林「パンツ売ってください」感想「LGBTQには苦痛な作品」結末
映画『エデンの海(1976)』ネタバレ・あらすじ山口百恵「オシッコ出てる」樹木希林「パンツ売ってください」感想「LGBTQには苦痛な作品」結末映画『エデンの海(1976)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エデンの海(1976)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『エデンの海(1976)』の作品情報・概要西河克己監督作品。山口百恵主演。1950年中村登監督が同作を撮っており、その際、西河が助監督を務めている。そして26年後、自ら監督してリメイクする。脚本も前作と同じく馬場当。百恵の相手役は南條豊(山口の主演映画では三浦友和以外の俳優が相手役になった唯一の作品)浅野温子デビュー作品。

映画『風の谷のナウシカ』

宮崎アニメは「女性の立場を尊重」した映画が多いです

映画『風の谷のナウシカ』ネタバレ・あらすじ「マスク世界を予言!」「女性活躍社会を牽引!」感想「宮崎駿監督偉大なり!」結末
映画『風の谷のナウシカ』ネタバレ・あらすじ「マスク世界を予言!」「女性活躍社会を牽引!」感想「宮崎駿監督偉大なり!」結末映画『風の谷のナウシカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『風の谷のナウシカ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『風の谷のナウシカ』の作品情報・概要『風の谷のナウシカ』宮崎駿脚本・監督の長編アニメーション映画第2作品目。1984年に公開。製作はジブリでは無くトップクラフト。本作以後にスタジオジブリ設立。1982年に『アニメージュ』に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』が原作である。漫画と映画の内容は異なることがさらにファンを獲得している理由となっている。高畑勲がプロデューサーとして参加している。音楽は久石譲。当時アニメージュの副編集長であった鈴木敏夫が本格的に宮崎作品に加わる。

映画『空に住む』

一人になっても強く生きてやる!

映画『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?
映画『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?映画『空に住む』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『空に住む』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『空に住む』の作品情報・概要『ユリイカ』(第53回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞を受賞し)『共喰い』で菅田将暉に衝撃を与えた青山真治監督の7年ぶりの新作。EXILEなど人気アーティストの歌詞を手掛けてきた作詞家・小竹正人の小説を大胆に映像化し女性の生き方に重厚感を持たせている。多部未華子、岸井ゆきの、美村里江、岩田剛典らが出演。創造力がある青山真治ならでは作品。

映画『プラダを着た悪魔』

今では絶対に「パワハラ」間違いなしの女上司です

映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ・あらすじパワハラ乗り越え「アン・ハサウェイが大スター」に!「素顔のメリル・ストリープ?」感想・結末。
映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ・あらすじパワハラ乗り越え「アン・ハサウェイが大スター」に!「素顔のメリル・ストリープ?」感想・結末。映画『プラダを着た悪魔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『プラダを着た悪魔』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『プラダを着た悪魔』の作品情報・概要『プラダを着た悪魔』原題『The Devil Wears Prada』2006年に公開されたアメリカ映画。原作はローレン・ワイズバーガー。ワイズバーガー自身が『ヴォーグ』で編集長アシスタントを経験した体験をもとに書かれた。華やかなファッション業界の様子と厳しい現実、そして夢へ向かって「頑張る女性」たちをユーモアたっぷりに描いている。アン・ハサウェイ主演で世界的な大スターになった。映画『マディソン郡の橋』映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』メリル・ストリープ共演。

映画『鵞鳥湖の夜』

男の言いなりにならない「お金ゲット」してみせる

映画『鵞鳥湖の夜』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ヤクザの夫の報奨金30万元を妻はどう使うのか気になる映画。
映画『鵞鳥湖の夜』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ヤクザの夫の報奨金30万元を妻はどう使うのか気になる映画。 映画『鵞鳥湖の夜』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『鵞鳥湖の夜』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『鵞鳥湖の夜』の作品情報・概要『薄氷の殺人』原題『白日焰火』英語題『Black Coal, Thin Ice』で第64回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した中国の気鋭ディアオ・イーナン監督作品。発展途上の中国で底辺に暮らす人々の現実を描いたノワールサスペンス。再開発から取り残された鵞鳥湖(がちょうこ)周辺地区で起きた警官殺しを主軸に、虎狼のヤクザと警察、そして娼婦の人間模様をアクションを交えて描いている。激しい雨、静かな湖、夜の街を舞台に逃亡と銃撃戦が鮮烈な印象を与えてくる。第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品作品。惜しくも『パラサイト 半地下の家族』 がグランプリ獲得になるも喝采された。

映画『ばるぼら』

こんな魅惑的な女性が実在して欲しくなる

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。映画『ばるぼら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ばるぼら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ばるぼら』の作品情報・概要『ばるぼら』は手塚治虫が『ビッグコミック』(小学館)で1973年(昭和48年)7月10日号から1974年(昭和49年)5月25日号まで描いた大人向けの漫画である。当時の手塚治虫の苦悩を投影したと言われている。手塚の実子でヴィジュアリストであり、映画監督の20手塚眞が実写化し2020年11月20日に公開された。主演は稲垣吾郎と『人間失格 太宰治と3人の女たち』『糸』二階堂ふみ。共演は『37セカンズ』『閉鎖病棟 それぞれの朝』の渋川清彦、『人数の町』『楽園』石橋静河、美波、大谷亮介ら。撮影監督は『ある船頭の話』クリストファー・ドイル。

映画『新聞記者』

腐りきった政府にメスを入れてやる!

望月衣塑子原案 映画『新聞記者』“忖度政権”に切り込む勇気 ラストのツメが甘い ネタバレ・あらすじ・評価・感想
現政権の大学設置問題に着目して製作された映画。いわゆる“忖度”を題材にしている。正義ある女性記者の真実とは何かを追い求めて格闘する。内部告発を決意する国家公務員の苦悩も描いている。また政府の中枢では情報操作が公然と行われているような描写もあり、衝撃的な内容となっている。2019年のこの時期に公開された意味は大きい。『新聞記者』2019年公開の日本映画。東京新聞所属・望月衣塑子さんの同名の完全フィクション作品を原案に脚色。製作総指揮をとった河村光庸氏の手腕が大きい。スターサンズ製作。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスフィクションとして編んだ名作。監督は藤井道人、主演はシム・ウンギョン、松坂桃李。多くの日本の女優たちが尻込みして出演を見送ったため韓国出身のシム・ウンギョンが抜擢、若干日本語に難があるが体当たりで演じている。ラストの松坂の言葉が何かが話題になった。望月衣塑子さん著作『新聞記者』をモチーフの製作されている。先の『森友・加計問題』に端を発した政治不信は記憶に新しいが、本映画には政府の権力構造にもメスを入れて描いている。邦画において現政権に対してここまで描いた心意気は褒められる。もしこれが政府の内幕の真実であれば恐ろしい。

映画『私をくいとめて』

本当は一人が好き「自分の世界で暮らしたい」

映画『私をくいとめて』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん、頑張れ!」感想「“おひとりさま”じゃあないよ」結末。
映画『私をくいとめて』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん、頑張れ!」感想「“おひとりさま”じゃあないよ」結末。映画『私をくいとめて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私をくいとめて』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。『私をくいとめて』芥川賞作家の綿矢りさの原作小説を映画化。2017年1月6日に朝日新聞出版から刊行されている。大九明子監督作品。主演は映画『この世界の片隅に』ののん。映画『蜜蜂と遠雷』や『美人が婚活してみたら』の臼田あさ美。映画『人数の町』の中村倫也が「A」という声を担当している。

映画『ノッティングヒルの恋人』

女優を続けるのって大変

映画『ノッティングヒルの恋人』ネタバレ・あらすじ。ヒュー・グラント「続編は骨肉離婚劇を撮りたい」感想「ジュリア・ロバーツの最高PV映画」結末「男版シンデレラ物語」
映画『ノッティングヒルの恋人』ネタバレ・あらすじ。ヒュー・グラント「続編は骨肉離婚劇を撮りたい」感想「ジュリア・ロバーツの最高PV映画」結末「男版シンデレラ物語」

映画『ボディガード(1992)』

本当は「淋しくてたまらない」歌姫

映画『ボディガード(1992)』ネタバレ・あらすじ。ホイットニー・ヒューストンの「歌を聴く映画」感想「ケビン・コスナー役得」結末は「オールウェイズ・ラヴ・ユー」です。
映画『ボディガード(1992)』ネタバレ・あらすじ。ホイットニー・ヒューストンの「歌を聴く映画」感想「ケビン・コスナー役得」結末は「オールウェイズ・ラヴ・ユー」です。映画『ボディガード(1992)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ボディガード(1992)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ボディガード(1992)』の作品情報・概要 『ボディガード』原題『The Bodyguard』1992年製作のアメリカのロマンティック・サスペンス映画映画。映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』のケビン・コスナーと世界的なディーバ(歌姫)ホイットニー・ヒューストンが共演し世界中で大ヒット。大スターを殺害から守る身のボディガードが公私を越えた禁断の愛に葛藤しながら身を呈して大スターを守る任務を実行する。ホイットニー・ヒューストン全盛の歌声が絶品。

映画『オフィシャル・シークレット』

「暴露」やっぱり真実から目を背くことはできない

映画『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」
映画『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」 映画『オフィシャル・シークレット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オフィシャル・シークレット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『オフィシャル・シークレット』の作品情報・概要『オフィシャル・シークレット』原題『Official Secrets』2019年に公開された米英合作のサスペンス&内部告発映画である。『ツォツィ』のギャヴィン・フッド監督作品。主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』『コレット』のキーラ・ナイトレイ。本映画はマルシア・ミッチェルとトーマス・ミッチェル書いた『The Spy Who Tried to Stop a War』を元に製作された。

映画『フェアウェル』

これがわたしの生きる道!

映画『フェアウェル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。圧巻オークワフィナの「存在力」「ガン告知するか否か」を通して自身を知る物語!
映画『フェアウェル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。圧巻オークワフィナの「存在力」「ガン告知するか否か」を通して自身を知る物語! 映画『フェアウェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『フェアウェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『フェアウェル』の作品情報・概要『フェアウェル』原題『The Farewell』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。監督はルル・ワン、主演はオークワフィナ。本作はルル・ワン監督の実体験を題材にしている。2017年に出演したラジオ番組『ディス・アメリカン・ライフ』で語った「What You Don't Know」を原作としている。2019年7月12日に4館のみの限定公開であったが、話題となり全米704館まで拡大。主演のオークワフィナはゴールデングローブ賞で主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を獲得した傑作。

映画『となりのトトロ』

お母さん「早く帰ってきて!」

映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。
映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。映画『となりのトトロ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『となりのトトロ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『となりのトトロ』の作品情報・概要『となりのトトロ』英題『My Neighbor Totoro』1984年スタジオジブリ製作による長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。音楽は久石譲。昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にしたファンタジー映画。肺を病んだ母親のために田舎へ引っ越した草壁一家。12歳のサツキと4歳のメイは不思議な生き物に出会う。子どもにしか見えないトトロとの交流を通じて「母への想い」を噛み締めながら少しずつ成長していく物語。

映画『透明人間』

「このストーキング野郎!」退治してやる

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『スキャンダル』

ニューヨーク野郎から「お金巻き上げてやる!」

映画『スキャンダル』ネタバレ・あらすじ・感想。成功している美女ばかりで心寄せられない。自己顕示欲の圧力が半端ない。
映画『スキャンダル』ネタバレ・あらすじ・感想。成功している美女ばかりで心寄せられない。自己顕示欲の圧力が半端ない。映画『スキャンダル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スキャンダル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。映画『スキャンダル』の作品情報・概要『スキャンダル』原題『Bombshell』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。ジェイ・ローチ監督作品。主演はシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーのハリウッドを代表する女優。ジョン・リスゴー、ケイト・マッキノン、コニー・ブリットン、マルコム・マクダウェル、アリソン・ジャネイらが共演。アメリカ4大ネットワークのFOXテレビで起きた実際のセクハラ事件をモチーフに製作された。

映画『ミリオンダラー・ベイビー』

貧しいけれど「世界チャンプの夢」は捨てられない

映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」
映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」映画『ミリオンダラー・ベイビー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミリオンダラー・ベイビー』IMDbサイトもご紹介し作品情報・キャスト情報のご確認もできます。     映画『ミリオンダラー・ベイビー』の作品概要 『ミリオンダラー・ベイビー』原作『Million Dollar Baby』2004年のアメリカ合衆国の映画。製作・配給会社はワーナー・ブラザースで、監督・製作・主演はクリント・イーストウッド。ジェリー・ボイドの短編集『Rope Burns:Stories From the Corner』を元にポール・ハギスが脚本を執筆。第77回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・助演男優賞(モーガン・フリーマン)を受賞。  

映画『キューポラのある街』

わたしの未来は絶対に明るい!

映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。
映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。 映画『キューポラのある街』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キューポラのある街』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『キューポラのある街』の作品概要。原作は早船ちよの小説。1962年(昭和37年)4月8日に公開された浦山桐郎監督デビューd作の日本映画である。上映時間は99分。脚本は浦山の師匠である今村昌平と共同執筆。吉永小百合主演に日活作品。

映画『コレット』

フランスの女流作家の先駆け的存在

映画『コレット』ネタバレ、あらすじ。女流作家シドニー=ガブリエル・コレットを演じるキーラ・ナイトレイの演技は絶品。女性の挑戦、勇気、希望の映画です。
今だに女性の社会進出を歓迎しない男は多い。世界的な女性作家シドニー=ガブリエル・コレットでさえも夫の強制により社会に出る機会を長く待った。この物語は文才のないダメ夫に嫁いだばかりに、作家としての才能を開花する女性の物語である。同時に女性の権利を広く訴えることでフランス女性たちに勇気と希望を与えた人生をつぶさに描いている。

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』

ローラ・アルバートの才能をもっと評価したい

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』ネタバレ・あらすじ・感想。ローラ・アルバートの才能を評価。SNS炎上ビジネスの先駆け。
映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏...

『天才作家の妻 40年目の真実』

夫のゴーストライターでは終われない

『天才作家の妻 40年目の真実』ネタバレ(感想)どんな夫婦にも“特殊”な世界観があるということ。
妻子ある大学教授と恋に落ち、略奪婚をしてしまった負い目もあるのだろうか。自らの夢である“作家”を諦め夫のゴーストライターに徹することで良き妻『糟糠の妻』を演じるているのか。ノーベル文学賞と言う名誉が二人の絆を壊そうとする。二人の感情揺れ動く。妻は全てを告白するのか、夫はそれを許すのか。夫婦である意味とは、、、。

映画『マリッジ・ストーリー』

もう一度女優として活躍したい

映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞はスカーレット・ヨハンソン当確。アダム・ドライバーの歌は最高。
映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞はスカーレット・ヨハンソン当確。アダム・ドライバーの歌は最高。映画『マリッジ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マリッジ・ストーリー』公式サイトを紹介し作品情報・キャスト情報もご確認できます。j映画『マリッジ・ストーリー』の作品概要『マリッジ・ストーリー』原題『Marriage Story』2019年の米英合作のコメディドラマ映画。ノア・バームバック初監督作品。主演はアダム・ドライヴァーとスカーレット・ヨハンソン。ローラ・ダーン、アラン・アルダ、レイ・リオッタ共演。2020年(第92回)アカデミー賞では作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞、作曲賞、脚本賞にノミネートされた。製作会社 ヘイデイ・フィルムズ、Netflix。

映画『プライベート・ウォー』

戦争がわたしを呼んでいる

映画『プライベート・ウォー』ネタバレ・あらすじ・評価。隻眼のジャーナリスト。シリアで死す。戦地とPTSDの恐怖。終わらない戦争。
映画『プライベート・ウォー』公式サイトにて作品情報・上映館情報の紹介とネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末について記述しています。隻眼のジャーナリスト、メリー・コルビンの半生を映画化。世界に紛争、戦争があると取材に行くのが戦争ジャーナリスト。命をかけて取材するが時には自身も傷つく。片目を失明。そして悲惨な戦争を見すぎてPTSDに陥る。それでも何度も戦地を訪れて世界に真実を発信する。最後はシリアでアサド政権の残虐性を放送して死ぬ。なぜ彼女は戦地へ行ったのか、なぜ書きたかったのか、そこには人間としても尊厳があったのだろう。

映画『マイ・フェア・レディ』

レディになることが果たして「正しいのか」

映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末
映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末映画『マイ・フェア・レディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マイ・フェア・レディ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マイ・フェア・レディ』の作品情報・概要『マイ・フェア・レディ』原題『My Fair Lady)』1964年制作のアメリカ合衆国のミュージカル映画。ジョージ・キューカー監督作品。出演はオードリー・ヘプバーンとレックス・ハリソン。ブロードウェイで上演同名ミュージカル(主演はジュリー・アンドリュースとレックス・ハリソンだった)を映画化。紆余曲折の末、映画ではオードリー・ヘプバーンが演じることに。同年のアカデミー作品賞ほか8部門を受賞した。オードリー・ヘプバーンの代表作の一つとして知られているが、劇中で自身の歌唱が使用されなかったことで大きく傷つけられた作品である。

映画『追憶(1973)』

バーブラ・ストライサンド「キレッキレッ」の演技です

映画『追憶(1973)』ネタバレ・あらすじ「バーブラ・ストライサンド適役でヒット!」感想「音楽勝ち映画」結末
映画『追憶(1973)』ネタバレ・あらすじ「バーブラ・ストライサンド適役でヒット!」感想「音楽勝ち映画」結末映画『追憶(1973)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『追憶(1973)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『追憶(1973)』の作品情報・概要『追憶』 原題『The Way We Were』1973年のアメリカ映画。シドニー・ポラック監督。脚本はアーサー・ローレンツ。彼が大学時代に体験した学生運動を元にしている。主演は映画『ようこそ映画音響の世界へ』のバーブラ・ストライサンドと映画『明日に向かって撃て!』や映画『さらば愛しきアウトロー』のロバート・レッドフォード。左翼思想・共産主義に傾倒するケイティ・モロスキーとノンポリのハベルが恋愛して、結婚、離婚して成長していく物語を第二次大戦と戦後を挟んで紡ぐ物語。マッカーシズム、赤狩りの描写も内包した社会派映画の側面もある。
スポンサーリンク

映画『奥様は、取り扱い注意』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
佐藤東弥
原案
金城一紀
脚本
まなべゆきこ
製作
沢桂一 山田克也 堀義貴 市川南 藤本鈴子 菊川雄士
エグゼクティブプロデューサー
伊藤響 福士睦 西憲彦
プロデューサー
枝見洋子 飯沼伸之 和田倉和利 坂本忠久
撮影
柳島克己
照明
鈴木康介
録音
藤丸和徳
整音
瀬川徹夫
美術
清水剛
装飾
秋田谷宣博
アクション監督
栗田政明
編集
宮島竜治
選曲
近藤隆史
音響効果
大河原将
音楽
得田真裕
VFXスーパーバイザー
小坂一順 渡邊祐示
DIプロデューサー
斎藤精二
カラーグレーダー
斎藤精二
スクリプター
山縣有希子
助監督
金子功 猪腰弘之
制作担当
大田康一
キャスティングプロデューサー
杉野剛
伊佐山菜美(綾瀬はるか)
伊佐山勇輝(西島秀俊)
矢部真二(鈴木浩介)
岩尾珠里(岡田健史)
三枝礼子(前田敦子)
みのすけ
セルゲイ・ブラソフ
中林大樹
浅利陽介
やしろ優
渕野右登
イゴリ
神岡恭平(鶴見辰吾)
五十嵐晴夫(六平直政)
浅沼信雄(佐野史郎)
坂上洋子(檀れい)
池辺章(小日向文世)
2021年製作/119分/G/日本
配給:東宝

タイトルとURLをコピーしました