映画『ライブリポート』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「さすがハリウッド!」文化・芸術に投資する心意気を評価!

スポンサーリンク
映画『ライブリポート』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「さすがハリウッド!」文化・芸術に投資する心意気を評価!2019年公開

映画『ライブリポート』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ライブリポート』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ライブリポート』
(99分/G/イギリス・アメリカ合作/2019)
原題『Line of Duty』

【監督】
スティーブン・C・ミラー
【脚本】
ジェレミー・ドライスデール
【製作】
マイルズ・ネステル クレイグ・チャップマン スキップ・ウィリアムソン マーティン・スプロック クリストファー・タフィン ルネー・タブ ティファニー・ストーン スコット・ラステティ
【出演】
アーロン・エッカート
コートニー・イートン
ジェシカ・ルー
ベン・マッケンジー
ディナ・メイヤー
ジャンカルロ・エスポジート
【HPサイト】
映画『ライブリポート』公式サイト
【予告映像】
映画『ライブリポート』トレーラー

スポンサーリンク

映画『ライブリポート』のオススメ度は?

2.0

2つです

ストレス発散?になると思います

コートニー・イートンは可愛いです

ツッコミところ満載が映画なのです

スポンサーリンク

映画『ライブリポート』の作品情報・概要

『ライブリポート』原題『Line of Duty2019年制作のイギリス・アメリカ合衆国のクライム・スリラー映画。アーロン・エッカート主演・製作総指揮。コートニー・イートン、ディナ・メイヤー共演。犯罪を追いかける警察官が犯人逮捕までを生配信で放送するで女性ジャーナリトの姿を描いている。

スポンサーリンク

映画『ライブリポート』のあらすじ・ネタバレ

ペニー(アーロン・エッカート)は警察官。街角の警備が主な仕事。かつては犯罪捜査の一線で活躍していたが今は閑職。無線で事件の知らせが、、、。本来の警備を無視して犯人を追いかけて射殺してしまう。しかしその犯人は同僚警官の娘の誘拐犯の一味であることが判明。人質に取られている少女は「64分」で溺死してしまう。自身のミスを取り返すためにペニーは単独捜査に乗り出す。そして大手に属さないジャーナリスト志望のエイヴァ(コートニー・イートン)が密着取材し生配信レポートを世界に送る。

スポンサーリンク

映画『ライブリポート』の感想・内容

やっぱりアメリカの映画産業はすごいです。「ハリウッドはすごい」と改めて感じさせた映画です。いやあ、何がって言われると、、、、。たぶん、本映画『ライブリポート』はシャレで作っているのではないでしょうか。失礼。というのはハリウッドの場合、超大作と一緒に抱き合わせって企画を通すとこもあるので、何かの大作に若手のフィルムメーカーにチャンスを与えるべく製作された感が満載なんですよ。でも配給を調べるとサバン・キャピタル・グループ Saban Capital Group.Inc)となっています。投資グループです。言っちゃ悪いですが、B級映画に投資しています。

新しいホラー映画のジャンル「フェスティバル・スリラー」誕生

最高責任者はハイム・サバン。実業家です。ユダヤ系アメリカ人です。めっちゃお金持ちです。しかも慈善家です。これで謎が解けました。アメリカの大金持ちは社会にお金を還元しないとコテンパンに叩かれます。ですからサバン・キャピタル・グループは慈善的な意味合いも込めて映画に投資していると思います。本映画『ライブリポート』のアーロン・エッカートは主演と製作総指揮を担当しています。おそらく「ハイム・サバンさん、私の映画に投資してくれませんか?」と頬ずりして作っちゃったのではないでしょうか。でもそれが実現できるアメリカってやっぱりすごいですよ。文化・芸術を積極的に応援していくという姿勢に教養の高さを感じます。さらにちゃんとしたビジネスプランを構築する志もあります。

サバン・キャピタル・グループは今後、アジアに力を入れていくと書かれています。日本史上も意識していると思いますが、やはり中国13億人の市場を狙っているのでしょう。それが成功するか否かは今秋のアメリカ大統領選の結果に大きく左右されると思います。なぜならハイム・サバン氏は生え抜きの民主党支持者です。特く懇意にしていたのはクリントン。ですから前回のアメリカ大統領の選挙でヒラリー・クリントンを応援し、敗北したことは痛手になっているでしょう。もうひとつ、スタッフの製作・製作総指揮者数の人数を見てください。多すぎます。たぶん「俺の名前クレジットしておいて」的なノリだと思います。名前がクレジットされと自慢できます。

キューブリックは偉大なり!

スポンサーリンク

映画『ライブリポート』の結末・評価

さて、映画の話に戻ります。正直申し上げて「良いところ」を探すのに苦労します。主演のペニー演じるアーロン・エッカートがずっと走っているのが素晴らしいです。アーロンは1968年生まれですから現在51歳です。50歳を超えてあれだけ走ることができる俳優はトム・クルーズしかいないでしょう。アーロンは若干お腹が出ていますが、警察官の制服がビシッと決まっていますから良しとしましょう。それからエイヴァ演じるコートニー・イートンが可愛いことですかね。モデル上がりだけにスタイル抜群で、姿勢が良いです。もちろんとっても美形。今後はどういう方向に進むかわかりませんが、オーストラリア出身ということなのでニコール・キッドマンあたりを目指して欲しいところです。

キューブリックとキングをうまく、、、、まとめた?

ごめんなさい。映画は生配信をテーマにしています。誘拐事件が発生して犯人から動画が送られてきます。身代金を払わないと「64分」で少女は溺死すると。少女の父親は警察官です。警察官の友だちがペニー(アーロン・エッカート) です。ペニーは単独で救出に当たります。本当に単独です。それを追いかけるのが動画配信でバズって人肌上げようと企むエイヴァ(コートニー・イートン) です。ペニーに密着してカメラを回し続けます。一緒に走ったり、車で暴走したり、犯人と格闘したりします。もうめちゃくちゃです。カメラはDJIのオズマですが、あれだけブレていると見ている方が気持ち悪くなります。しかもジャーナリスト志望と言いながら、カメラを回していない箇所があります。普通、ジャーナリストであるならカメラがスタートしたのなら絶対にオフにしませんし、構え続けます。ちょっとそこが甘いです。

青春ホラー映画の金字塔間違いなし!

さて、結局、薬局ではありませんが、ハッピーエンドにもつれ込んで終わります。このハッピーエンド感はさすがハリウッドです。今までとんでもない事件が起きているのに、音響と音楽をベタ漬けにして、さらに大群衆を集めての感動へと導くのです。この集団心理を使った演出に「ああ、良かった」と思ってしまうのです。でも映画館を後にする頃には「この映画、なんだったんだ?」となります。でも「おわりよければすべて良し」理論でいけば最後の5分でオッケーとするしかないです。

スポンサーリンク

映画『ライブリポート』のキャストについて

ペニー(アーロン・エッカート)

エイヴァ(コートニー・イートン)

スポンサーリンク

まとめ 映画『ライブリポート』一言で言うと!

「さすがハリウッド」

おそらく本映画『ライブリポート』の制作費は20億円は下らないと思います。カーチェイス場面も凝っていますし、クラッシュしています。ビルも燃やしています。このB級映画にこれだけの予算を投入できる「太っ腹」に感動を覚えました。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティーハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティーハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。

 

スポンサーリンク

映画『ライブリポート』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
スティーブン・C・ミラー
製作
マイルズ・ネステル クレイグ・チャップマン スキップ・ウィリアムソン マーティン・スプロック クリストファー・タフィン ルネー・タブ ティファニー・ストーン スコット・ラステティ
製作総指揮
アーロン・エッカート リサ・ウィルソン スティーブン・エメリー アダム・ゴールドワーム ライアン・ジョンソン サイモン・ウィリアムズ クリステル・コナン ジェームズ・スウォーブリック フィル・ハント コンプトン・ロス ウィリアム・V・ブロミリー シャナン・ベッカー ジョナサン・サバ ネス・サバン
脚本
ジェレミー・ドライスデール
撮影
ブランドン・コックス
美術
ニコ・ビランボングス
衣装
クリッター・ピアース
編集
スタン・サルファス
音楽
ザ・ニュートン・ブラザーズ
ペニー(アーロン・エッカート)
エイヴァ(コートニー・イートン)
ジェシカ・ルー
ベン・マッケンジー
ディナ・メイヤー
ジャンカルロ・エスポジート
2019年製作/99分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:Line of Duty
配給:ギャガ・プラス

タイトルとURLをコピーしました