映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」

スポンサーリンク
映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」2022年製作

映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『モービウス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『モービウス』
(2022年製作/104分/アメリカ)
原題:Morbius
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
【監督】
ダニエル・エスピノーサ
【製作】アビ・アラド ルーカス・フォスター【製作総指揮】マット・トルマック【脚本】マット・サザマ バーク・シャープレス【撮影】オリバー・ウッド【美術】ステファニア・セラ【衣装】シンディ・エバンス【編集】ピエトロ・スカリア【音楽】ヨン・エクストランド【視覚効果監修】マシュー・E・バトラー
【出演】
ジャレッド・レト マット・スミス アドリア・アルホナ ジャレッド・ハリス 
アル・マドリガル タイリース・ギブソン マイケル・キートン

(C)& TM 2020 MARVEL

スポンサーリンク
  1. 映画『モービウス』外部リンク
      1. 【オススメアメリカ映画】『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」
  2. 映画『モービウス』のオススメ度は?
      1. 【オススメアメリカ映画】『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」
  3. 映画『モービウス』の作品情報・概要
      1. 【オススメアメリカ映画】『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」
  4. 映画『モービウス』の受賞歴
      1. 【オススメアメリカ映画】『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」
  5. 映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ(簡易版)
      1. 【オススメアメリカ映画】『ナイル殺人事件』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナーの演出を観る」感想「スケールが大きい」結末「アーミー・ハマー大丈夫か?」
  6. 映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ(詳細版)
    1. 映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ:起
    2. 映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ:承
    3. 映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ:転
    4. 映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ:結
  7. 映画『モービウス』の感想・内容
      1. 【オススメアメリカ映画】『ドリームプラン』ネタバレ・あらすじ「ウィル・スミスがアカデミー賞狙う!」感想「スポ根も成功すれば毒親ではない」結末「世界最高のテニスプレイヤー誕生物語」
  8. 映画『モービウス』の考察・評価
      1. 【オススメアメリカ映画】『アンチャーテッド』ネタバレ・あらすじ「宝探し映画最高峰!」感想「トム・ホランドvsマーク・ウォールバーグ」結末「凄まじいアクション」
  9. 映画『モービウス』の結末
      1. 【オススメアメリカ映画】『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」
  10. 映画『モービウス』のキャストについて
      1. 【オススメアメリカ映画】『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「恋愛で人種差別反対!」感想「LGBTQへの理解」結末「分断された世界の行方は?」
  11. まとめ 映画『モービウス』一言で言うと!
      1. 【オススメアメリカ映画】『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」
  12. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  13. 合わせて観たい映画
    1. 【アクション映画オススメ】
      1. 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』
      2. 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』
      3. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』
      4. 映画『ファイヤーフォックス』
      5. 映画『チャーリーズ・エンジェル』
      6. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』
      7. 映画『ハンター』
  14. 映画『モービウス』の作品情報

映画『モービウス』外部リンク

HPサイト】
映画『モービウス』公式サイト

【予告映像】
映画『モービウス』トレーラー

【公式Twitter

映画『モービウス』
IMDbサイト】

映画『モービウス』

Rotten Tomatoesサイト】

映画『モービウス』

【公式Morbius (@morbiusmovie) – Instagram】

映画『モービウス』

【オススメアメリカ映画】『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」

映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」
映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」映画『ナイトメア・アリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ナイトメア・アリー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ナイトメア・アリー』の作品情報・概要『ナイトメア・アリー』原題『Nightmare Alley』2021年のアメリカ合衆国のネオ・ノワールサイコスリラー映画。ギレルモ・デル・トロ脚本・監督作品。キム・モーガン脚本執筆。ウィリアム・リンゼイ・グレシャムの小説『ナイトメア・アリー 悪夢小路』が原作。主演はブラッドリー・クーパー(『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』)。他にケイト・ブランシェット(映画『ドント・ルック・アップ』や映画『ソング・トゥ・ソング』)、トニ・コレット、ウィレム・デフォー(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』や映画『ポップスター』)、リチャード・ジェンキンス、ルーニー・マーラ(映画『ドント・ウォーリー』)、ロン・パールマン(映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』や映画『塔の上のラプンツェル』)、メアリー・スティーンバージェン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』)、デヴィッド・ストラザーンが出演している。
スポンサーリンク

映画『モービウス』のオススメ度は?

4.0

星4つです

マーブルが続く限り「観るべき」です

ジャレッド・レトの変幻自在に驚愕

「マルチバーアス」でスパイダーマンも帰ってくるのか?

【オススメアメリカ映画】『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」

映画『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」
映画『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」映画『アンビュランス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アンビュランス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アンビュランス』の作品情報・概要『アンビュランス』原題『Ambulance』2022年公開のアメリカ合衆国のアクションスリラー映画。 マイケル・ベイ製作・監督作品(映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』)。脚本はクリス・フェダック。主演はジェイク・ギレンホール(映画『ゴールデン・リバー』や映画『ワイルドライフ』)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(映画『マトリックス レザレクションズ』)、エイザ・ゴンザレス(映画『マーウェン』)。マイケル・ベイ監督の圧倒的な演出と展開の特徴である「ベイ・ヘム(Bay-hem)」健在。カーチェイス、爆発、銃撃、炎上が休みなく続く。
スポンサーリンク

映画『モービウス』の作品情報・概要

『モービウス』原題『Morbius』マーベル・コミックの同名のキャラクターをベースにした、2022年のアメリカのスーパーヒーロー映画。ダニエル・エスピノーサ監督作品。コロンビア ピクチャーズとマーベル・エンターテインメント製作。「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」の第3作目。ジャレッド・レト(映画『ハウス・オブ・グッチ』)、マット・スミス(映画『ラストナイト・イン・ソーホー』や映画『オフィシャル・シークレット』)、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、アル・マドリガル、タイリース・ギブソン(映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』)、マイケル・キートン(映画『スパイダーマン ホームカミング』や映画『バットマン』)らが出演。血液の病気を持っている天才医師のマイケル・モービウスは自身を実験台にして吸血鬼化していく。

【オススメアメリカ映画】『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」

映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」
映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」 映画『SING シング ネクストステージ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『SING シング ネクストステージ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『SING シング ネクストステージ』の作品情報・概要 『SING/シング: ネクストステージ』原題『Sing 2』ガース・ジェニングス脚本・監督作品。2021年のアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ジュークボックス・ミュージカル・コメディ映画。『SING/シング』の続編。声優はマシュー・マコノヒー(映画『ジェントルメン』)、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン(映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マッチポイント』や映画『ブラック・ウィドウ』)、タロン・エガートン(映画『ロケットマン』)、トリー・ケリー、ニック・クロール、ガース・ジェニングス、ピーター・セラフィノヴィッツ、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』)など。物語は「15年間、人前から姿を消している伝説のロック歌手、クレイ・キャロウェイを出演させるために奮闘を描く」クレイ・キャロウェイは英語版では「U2」のボノ、日本語版では「B’z」稲葉浩志が演じている。  
スポンサーリンク

映画『モービウス』の受賞歴

無し(20223月現在)

【オススメアメリカ映画】『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」
映画『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」映画『THE BATMAN ザ・バットマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『THE BATMAN ザ・バットマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の作品情報・概要『THE BATMAN-ザ・バットマン-』原題『The Batman』DCコミックスの「バットマン」を主人公とした2022年のアメリカのスーパーヒーロー映画。マット・リーヴス監督・脚本作品。ピーター・クレイグも脚本を務めている。ロバート・パティンソン(映画『ハイ・ライフ』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、コリン・ファレル(映画『ジェントルメン』)、ポール・ダノ(映画『ワイルドライフ』)、ゾーイ・クラビッツ(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、ジョン・タトゥーロ(映画『ハスラー2』)、アンディ・サーキス(映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』や映画『ブラックパンサー』)、ジェフリー・ライト(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『パブリック 図書館の奇跡』)らが出演。青年ブルース・ウェインがバットマンになろうとしていく姿と、社会に蔓延する嘘を暴いていく知能犯リドラーによってブルースの人間としての本性がむき出しにされていく様を描く。シリーズ化必至。
スポンサーリンク

映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ(簡易版)

天才医師のマイケル・モービウス(ジャレッド・レト) は、幼いころから血液の難病を患っている。幼少の頃、入院中に出会ったマイロ(マット・スミス)も同じ難病を抱えて苦しんでいた。以来、二人は親友となる。 成長したマイロは医者となる。早く治療法を確立したいマイケルは、コウモリの血清を投与するという危険な治療法を見つける。そして自らの肉体を実験台にする。結果、マイケルの肉体は激変し、超人的なスピードや飛行能力、周囲の状況を察知するレーダー能力が身につく。しかしその代償として血に対する渇望に苦しむこととなる。自分自身をコントロールするために人工血液を飲む。マイケルは必死に人間としての意識を保つ。マイケルの様子を知ったマイロも生きるためにその血清を投与してほしいと願い出た。

【オススメアメリカ映画】『ナイル殺人事件』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナーの演出を観る」感想「スケールが大きい」結末「アーミー・ハマー大丈夫か?」

映画『ナイル殺人事件』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナーの演出を観る」感想「スケールが大きい」結末「アーミー・ハマー大丈夫か?」
映画『ナイル殺人事件』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナーの演出を観る」感想「スケールが大きい」結末「アーミー・ハマー大丈夫か?」映画『ナイル殺人事件』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ナイル殺人事件』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ナイル殺人事件』の作品情報・概要『ナイル殺人事件』原題『Death on the Nile』ケネス・ブラナー監督作品。2022年公開のアメリカ合衆国・イギリスのミステリ・スリラー映画。原作はアガサ・クリスティの1937年の小説『ナイルに死す』。1978年に映画化されている。2004年にはテレビシリーズ『名探偵ポワロ』のエピソードとしても描かれている。脚本はマイケル・グリーン(映画『野性の呼び声』)。ガル・ギャドット、アーミー・ハマー(映画『 ホテル・ムンバイ』や『J・エドガー』)、トム・ベイトマン、アネット・ベニング(『リヴァプール、最後の恋』や『キャプテン・マーベル』)、ラッセル・ブランド、アリ・ファザル(『ヴィクトリア女王 最期の秘密』) 、ドーン・フレンチ 、ローズ・レスリー、エマ・マッキー、ソフィー・オコネドー(映画『ワイルド・ローズ』)、ジェニファー・ソーンダース、レティーシャ・ライト(映画『ブラックパンサー』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)らが出演。  
スポンサーリンク

映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ(詳細版)

映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ:起

マイケル・モービウスは子供の頃から医療施設で過ごしており、そこで資産家の子供であるマイロと出会います。

マイロもまた血の難病を患っていて、医療機器が故障したことで窮地に…。

マイケルは医療機器をボールペンのバネを使って直したことで彼は一命を取り留め、主治医のニコラス先生は優秀な彼に学校へ行くよう提案しました。

映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ:承

その後、マイケルは治療を続けながら血の難病を克服するための実験を繰り返し、死の山にいる吸血コウモリを捕えに行きます。

そのコウモリのDNAを使えば自身やマイロの病が治る…そう信じて海上の船で最後の実験をすることにします。

彼を支えていた医師のマルティーヌも見守る中、マイケルは実験により作り出した薬を投与。

すると彼の身体が変貌していき、まるでモンスターのように…船を守っていた傭兵たちはそんなマイケルの姿を見て銃を発砲。

マイケルは傭兵を皆殺しにし、血を吸い取ったのです。

映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ:転

自身の意識を取り戻したマイケルはマルティーヌの無事に安堵しつつ、傭兵を殺したのは自分なのかと驚きます。

しばらく身を隠しながら自身に起きた変化をとりまとめる中、血に飢えてしまうことから人工血液を飲み続けました。

彼のラボを訪ねたのが親友のマイロです。

彼はマイケルの実験の資金提供をしており、ニュースで傭兵が殺されたことを知って訪ねてきました。

マイケルはマイロに対して自身と同じ身体にすべきではないと思い、血清を渡しませんでしたが…。

マイロは死を待つだけであることに耐えられず、血清を盗んで自ら使用してしまうのです。

マイケルの勤める病院で看護師が殺され、容疑者としてマイケルは捕まります。

その際にマイロが面会にやって来て血の入ったパックを置いていき、マイケルは彼の仕業だと気付きました。

マイロを止めるため、マイケルは血を飲んで刑務所を脱出。マルティーヌに協力を仰ぎ、マイロに効く薬の開発に努めます

映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ:結

マイロもまたマイケルを探す中、面倒を見てくれていたニコラス先生を手に掛けました。

幾人もを殺めていった彼は、マイケルを誘き出そうとマルティーヌを捕えて声を上げさせます。

マイケルは彼女の声を聴いて駆け付けると、瀕死の状態のマルティーヌの姿が…彼女は自身の血を使って欲しいと言って亡くなります。

マイケルは血を飲んでマイロの元に行き、2人は死闘を繰り広げました。

その際にマイケルはコウモリたちの力を借りてマイロを拘束し、彼の命を奪う薬を投与したことで全てが終わります。

スポンサーリンク

映画『モービウス』の感想・内容

マイケルとマイロは兄弟のように仲が良く、共に成長していきましたが大人になってからは目的が大きく異なってしまったようでしたね。

マイケルは「誰かのために」、マイロは「自身の命のために」という目的の元、行動を起こしていました。

その違いがあったからこそマイロは人殺しを厭わず、血を求め続けた…そして、マイケルには「自分と同じ存在だろ?」ということを強要していき、マルティーヌの命すらも利用したようでした。

マイケルは自身が生み出してしまった変容したマイロを止めるため、彼を殺すことになってしまったのです。

旧友を手に掛けるという選択に迫られて「俺を殺さないよな…?」と言われながらも薬を投与するというラストを迎えましたが…マイロのためにも実験を続けてきたことを思うと、悲しい結末だったと思います。

また、マイケルは自身をよく見てくれていたニコラス先生も目の前で亡くし、マルティーヌの命も奪われそうになりましたね。

彼女はマイケルの血を飲んだことで無事だったようでしたが…マイケルが最後にヴァルチャーと会って組むことになりそうだという展開も踏まえて、彼の今後がどうなるのかが気になります。

そうしたストーリーも見ものでしたが、アクションもスピード感などがあって良かったです。

戦闘シーンは暗がりや闇にまぎれて戦うだけでなく、昼間や明かりの多い地下鉄などでも繰り広げられていましたね。

【オススメアメリカ映画】『ドリームプラン』ネタバレ・あらすじ「ウィル・スミスがアカデミー賞狙う!」感想「スポ根も成功すれば毒親ではない」結末「世界最高のテニスプレイヤー誕生物語」

映画『ドリームプラン』ネタバレ・あらすじ「ウィル・スミスがアカデミー賞狙う!」感想「スポ根も成功すれば毒親ではない」結末「世界最高のテニスプレイヤー誕生物語」
映画『ドリームプラン』ネタバレ・あらすじ「ウィル・スミスがアカデミー賞狙う!」感想「スポ根も成功すれば毒親ではない」結末「世界最高のテニスプレイヤー誕生物語」映画『ドリームプラン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドリームプラン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドリームプラン』の作品情報・概要 『ドリームプラン』原題『King Richard』2021年にアメリカ合衆国で公開の伝記映画。レイナルド・マーカス・グリーン監督作品。主演はウィル・スミス(映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』や映画『アラジン』)。本作は、テニス選手ビーナス・ウィリアムズとセリーナ・ウィリアムズの父でありコーチであるリチャード・ウィリアムズの生涯を描いている。テニス未経験どころか指導者の経験も皆無の彼の型破りな子育てとトレーニングの日々をコミカルで愛情あふれる様子で構成されている。富裕層のスポーツであるテニスに貧しい黒人が挑戦し、世界ナンバーワンのプレイヤーに育てるまでの軌跡を描いている。アーンジャニュー・エリス、サナイヤ・シドニー、デミ・シングルトン、トニー・ゴールドウィン、ジョン・バーンサル(映画『モンタナの目撃者』や映画『フォードvsフェラーリ』)らが出演。
スポンサーリンク

映画『モービウス』の考察・評価

変容したマイケルは傭兵が撃ってきた弾丸を一瞬で避けたり、瞬時に場所を移動したりする際の演出は空気や風の流れを感じさせました。

地下鉄でマイケルがマイロに追い詰められた際には風に乗って移動をし、映画の後半では高所から滑空するような動きを見せたのもおもしろかったです。

変容したマイケルたちの戦いは鋭い爪で切り裂いたりするのが恐ろしいと思いつつ、コウモリの大軍と共にマイケルがマイロを攻撃するのが見どころでした。

変容した際の顔つきの変化と合わせてホラーとアクションの両方が楽しめる作品だったと思います。

マイケルのそうしたモンスターのような姿の際の動きと、血の難病により歩くことが困難である際の動きの差も印象に残ります。

杖を使ってやっと歩く姿や、やつれた顔つき…変容した際のギャップは凄かったですね。

その他の演出として、音を聞く際や感覚が広がっていくような感じの視覚的な表現も良かったですね。

また、マイケルが血の渇きを感じる際に、人工血液でなんとか過ごしていこうとするのですが、人の血液でないと耐えられなくなっていくという設定も今作ならではだと思いました。

【オススメアメリカ映画】『アンチャーテッド』ネタバレ・あらすじ「宝探し映画最高峰!」感想「トム・ホランドvsマーク・ウォールバーグ」結末「凄まじいアクション」

映画『アンチャーテッド』ネタバレ・あらすじ「宝探し映画最高峰!」感想「トム・ホランドvsマーク・ウォールバーグ」結末「凄まじいアクション」
映画『アンチャーテッド』ネタバレ・あらすじ「宝探し映画最高峰!」感想「トム・ホランドvsマーク・ウォールバーグ」結末「凄まじいアクション」映画『アンチャーテッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アンチャーテッド』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アンチャーテッド』の作品情報・概要『アンチャーテッド』原題『Uncharted』ルーベン・フライシャー監督作品(映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』)。2022年公開予定のアメリカ合衆国のアクション映画。トレジャーハンターのネイサン・ドレイクが伝説の秘宝や古代都市の謎に挑む人気アクションアドベンチャーゲーム「アンチャーテッド」シリーズの実写映画化。トム・ホランド主演(映画『スパイダーマン ホームカミング』や映画『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』や映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)マーク・ウォールバーグ、ソフィア・アリ、タティ・ガブリエル、アントニオ・バンデラス(映画『ペイン・アンド・グローリー』)、マヌエル・ド・ブラ、スティーブン・ウォディントン、ピンギ・モリらが出演。『インディージョーンズ』『ハムナプトラ』『ナショナルトレジャー』などのシリーズ越えが期待されている。
スポンサーリンク

映画『モービウス』の結末

「観ないといけないと義務化された映画」となります。正直言って、頭が混乱している人も多いと思います。

つい先日、『スパイダーマン』シリーズが終わって、その感動に浸っているのに、本映画『モービウス』の予告では「スパイダーマン登場」の予感があります。

ただ、「どのスパイダーマンなのか」はわかりません。

ここで、一旦整理します。マーベルことMCUとソニーことSSU、そしてマルチバースについてです。超簡単に説明します。

MCUはどちらかというと『アイアンマン』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『アベンジャーズ』など、どちらかと言うと正義のスーパーヒーロー作品を中心に映画を製作してきました。

そしてSSUはあまり「ネタがない」状態だったので、MCUにコラボを持ちかけて、マルチバース展開を考えたのです。

マルチバースとは多元宇宙論のことです。この地球と異なる宇宙が存在しており、それが時空を超えて、共存してしまったのが、映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』です。

ただSUUはどちらかというと悪役、つまり「ヴィランを描く」方向性に舵を切っており、正義のMCUに対しての相乗効果を狙っていると思われます。映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』もその流れです。

マルチバースというアイデアはMCUSUUが映画興行を上げるために考え出された見事なビジネスワールドであると言って良いでしょう。

さて、本映画『モービウス』の魅力はなんと言っても天才医師マイケル・モービウスを演じるジャレッド・レトの怪演ではないでしょうか。

先に観た 映画『ハウス・オブ・グッチ』では、見る影も無いほどの特殊メイクで驚かせてくれました。

正直、あそこまでメイクする必要があるのかと思ったほどです。でも、レトの演技がなければレディー・ガガもアダム・ドライバーも光らなかったと思います。

元々、役作りには定評ありますから、本映画『モービウス』で吸血鬼化していく様には恐怖を感じました。

本映画『モービウス』は『ドラキュラ ZERO』(2014)『ラスト・ウィッチ・ハンター』(2015)『キング・オブ・エジプト』(2016)のマット・サザマとバーク・シャープレスが脚本を書いています。

この二人の脚本と言うことがアメリカでは話題になっています。監督のダニエル・エスピノーサは7本目の長編映画です。話は戻りますが、脚本に「どうやってマルチバースの扉を開くか」が一番の期待となっています。

さて、本映画『モービウス』について率直な評論を展開させていただきます。正直言って「期待半分」でした。

先に挙げたマイケル演じるジャレッド・レトと素晴らしいのですが、先の 映画『ハウス・オブ・グッチ』や『ダラス・バイヤーズクラブ』には遠く及ばないかったです。

つまり、「予想通りの演技」だったのです。狂気の沙汰の役はわかりますが、もっと繊細な感情表現が欲しかったです。

観ていて「応援したくなるヴィラン」であって欲しかったのです。そこが残念です。

それと肝心の“マルチバース”への誘いは本編ではありませんでした。続編に持ち越しです。

「やっぱりなあ」と思いますが、出来ることなら多少なりとも他の宇宙への往復をして欲しかったです。

そこで、スパイアダーマンと絡まなくても良いと思うのです。

マイケル・モービウス(ジャレッド・レト) とマイロ(マット・スミス) が戦いを繰り返す最中に何かの表紙で“マルチバース”の扉が開いてしまったとか。二人は向こうへ行って、少し混乱するが、また戻ってくるとか、、、。

しかし、いつもパターンのクレジットロールでのサブ映像って観ちゃいますよね。

正直、これを目的に来ている人も多いのではないでしょうか。最近は2回繰り返すパターンですね。

結局、次回作の続編は「マルチバースの壁を超えて、スパイダーマンと戦う」ってことです。どのスパイダーマンかはわかりません。期待するしかないですね。

 

【オススメアメリカ映画】『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」
映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』の作品情報・概要『ザ・ユナイテッド・ステイツ vs. ビリー・ホリデイ』原題『The United States vs. Billie Holiday』2021年に公開されたアメリカ合衆国の伝記映画である。リー・ダニエルズ監督作品。ヨハン・ハリが2015年に発表したノンフィクション『麻薬と人間 100年の物語』が原作。『奇妙な果実』という黒人差別の悲惨さを人々に知らしめ、44歳の若さで死去したアメリカジャズ界の伝説的歌手・ビリー・ホリデイを伝記として描いている。公民権運動に大きな影響を与えた反面、ホリデイの私生活は恋人からの暴力に苦しみ、自らは酒・ドラッグ依存に陥っていた。アンドラ・デイ、トレバンテ・ローズ、ギャレット・ヘドランド(映画『ドリームランド』)、ナターシャ・リオン、ダバイン・ジョイ・ランドルフ、ミス・ローレンス・ワシントン、ロブ・モーガン(映画『ドント・ルック・アップ』)、トーン・ベルらが出演。
スポンサーリンク

映画『モービウス』のキャストについて

マイケル・モービウス(ジャレッド・レト)
マイロ(マット・スミス)
マルティーヌ・バンクロフト(アドリア・アルホナ)
ニコラス(ジャレッド・ハリス)
アルベルト・ロドリゲス(アル・マドリガル)
サイモン・ストラウド(タイリース・ギブソン)
マイケル・キートン

【オススメアメリカ映画】『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「恋愛で人種差別反対!」感想「LGBTQへの理解」結末「分断された世界の行方は?」

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「恋愛で人種差別反対!」感想「LGBTQへの理解」結末「分断された世界の行方は?」
映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「恋愛で人種差別反対!」感想「LGBTQへの理解」結末「分断された世界の行方は?」映画『ウエスト・サイド・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ウエスト・サイド・ストーリー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ウエスト・サイド・ストーリー』の作品情報・概要『ウエスト・サイド・ストーリー』原題『West Side Story』2021年のアメリカ合衆国のミュージカルロマンスドラマ映画。スティーヴン・スピルバーグ監督作品。トニー・クシュナー脚本。ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を基に、アーサー・ローレンツ、レナード・バーンスタイン、スティーヴン・ソンドハイムが1957年に発表したブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド物語』の2度目の長編映画である。2020年、人種差別が続発したアメリカ。分断することを危惧したスピルバーグがかつての名作をリメイク。“異なる立場を越えて、私たちは手を取り合えるのか?”という普遍的なメッセージをこめている。アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラー、アリアナ・デボーズ、デビッド・アルバレス、ジョシュ・アンドレス、コリー・ストール(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『ジョン・デロリアン』)、リタ・モレノ(映画『ウエスト・サイド物語』)、マイク・ファイストらが出演。  
スポンサーリンク

まとめ 映画『モービウス』一言で言うと!

「今後の映画界はマルチバースが流行するのではないか」

正直、なんでもありの映画製作になると思います。日本でも同様で、『ウルトラマン』『デビルマン』『仮面ライダー』、そして『ドラえもん』がマルチバースで共演もあったりして。

【オススメアメリカ映画】『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」
映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の作品情報・概要 『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』原題『The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun』2021年のアメリカ合衆国のコメディ映画。ウェス・アンダーソン監督作品。出演はビル・マーレイ(映画『オン・ザ・ロック』)、ティルダ・スウィントン(映画『デッド・ドント・ダイ』や『サスペリア』)、フランシス・マクドーマンド(映画『ノマドランド』)、ジェフリー・ライト(映画『パブリック 図書館の奇跡』)、オーウェン・ウィルソン(映画『ミッドナイト・イン・パリ』)、ベニチオ・デル・トロ(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)、エイドリアン・ブロディ、レア・セドゥー、ティモシー・シャラメ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』や映画『ビューティフル・ボーイ』)、リナ・クードリ、マチュー・アマルリック(映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』)、スティーブン・パーク、リーブ・シュレイバー 、エリザベス・モス(映画『透明人間』) 、ギョーム・ガリエンヌ 、エドワード・ノートン。20世紀のフランスの架空の都市で発行されたアメリカの雑誌「ザ・フレンチ・ディスパッチ」の最終号に掲載された3つのストーリーを描く。2021年7月に開催された第74回カンヌ国際映画祭で初上映された。
スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」
映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ「薬師丸ひろ子最高!」感想「三田佳子vs世良公則&高木美保共演」結末「蜷川幸雄絶好調」その後『バブルの悲劇』が日本を襲う

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【アクション映画オススメ】

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

スパイと言ったらトム・クルーズです!

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。
映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible - Rogue Nation』2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

ドウェイン・ジョンソンが世界ナンバーワンのアクションスター

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ドウェイン・ジョンソンの肉体美を観に行こう。ネタバレ・あらすじ・感想・結末
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(136分/アメリカ/2019) 原題『Fast & Furious: Hobbs & Shaw』 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のオススメ度は? ...

映画『ランボー ラスト・ブラッド』

ランボーの戦いは「終わったのか?」いや終わらないでしょう

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」
映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要。『ランボー ラスト・ブラッド』原題『Rambo: Last Blood』2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のアクション映画『ランボーシリーズ』の第5作目。完結編と言われている。監督はエイドリアン・グランバーグ。先のシリーズではアメリカの敵なる巨悪と戦うパターンであったが、本作では自身のプライベートな復讐劇となっているのが特徴。

映画『ファイヤーフォックス』

ソビエトの戦闘機を盗むクリント・イーストウッド

映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。
映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。映画『ファイヤーフォックス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファイヤーフォックス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ファイヤーフォックス』の作品情報・概要『ファイヤーフォックス』原題『Firefox』クレイグ・トーマスの小説を元に1982年に製作されたアメリカ合衆国の映画。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。著者のクレイグ・トーマスは1976年、北海道の函館空港に着陸して亡命を求めるソビエトの飛行士ベレンコ中尉亡命事件をモチーフに書き上げた小説。プライベートで混迷して、休んでいたクリント・イーストウッドの復帰作。

映画『コロンビアーナ』

復讐に燃える少女が美しい暗殺者に!

映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。
映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。 映画『コロンビアーナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『コロンビアーナ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『コロンビアーナ』の作品情報・概要 『コロンビアーナ』原題『Colombiana』リュック・ベッソン製作・脚本。オリヴィエ・メガトン監督作品。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で一躍世界のひのき舞台に躍り出たゾーイ・サルダナ主演。2011年のフランス・アメリカ合衆国のアクション映画。美女が殺し屋になって復讐を果たすというベッソンのお得意に物語。シリーズ化を目論んだが2作目は製作されていない。

映画『チャーリーズ・エンジェル』

やっぱり美女ばかりが活躍するアクションは素敵!

映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。
映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。映画『チャーリーズ・エンジェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チャーリーズ・エンジェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『チャーリーズ・エンジェル』の作品情報・概要1970年代から80年代にかけてアメリカのテレビ番組としてスタートした『チャーリーズ・エンジェル』の映画版。2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの人気女優が共演して話題となり『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も製作された。本作は最新映画となる。エリザベス・バンクスが製作・監督・脚本・出演を担当している。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』

確かにウイル・スミスはカッコいいいけど、、、、

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミスと息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。
映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館...

映画『ハンター』

元祖アクションスターはスティーブ・マックイーン

映画『ハンター』ネタバレ・あらすじ・結末。スティーブ・マックイーンの遺作。過去への罪滅ぼし。50歳での渾身のアクションは必見。
映画『ハンター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハンター』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映...

 

 

スポンサーリンク

映画『モービウス』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ダニエル・エスピノーサ
製作
アビ・アラド ルーカス・フォスター
製作総指揮
マット・トルマック
脚本
マット・サザマ バーク・シャープレス
撮影
オリバー・ウッド
美術
ステファニア・セラ
衣装
シンディ・エバンス
編集
ピエトロ・スカリア
音楽
ヨン・エクストランド
視覚効果監修
マシュー・E・バトラー
マイケル・モービウス(ジャレッド・レト)
マイロ(マット・スミス)
マルティーヌ・バンクロフト(アドリア・アルホナ)
ニコラス(ジャレッド・ハリス)
アルベルト・ロドリゲス(アル・マドリガル)
サイモン・ストラウド(タイリース・ギブソン)
マイケル・キートン
2022年製作/104分/アメリカ
原題:Morbius
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

タイトルとURLをコピーしました