映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。今年一番の「おバカさん」映画で夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク
映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。今年一番の「おバカさん」映画で夏を乗り切りましょう!2019年公開

映画『海底47m古代マヤの死の迷宮』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『海底47m古代マヤの死の迷宮』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『海底47m 古代マヤの死の迷宮』

(90分/G/イギリス・アメリカ合作/2019)
原題『47 Meters Down: Uncaged』

【監督】
ヨハネス・ロバーツ
【脚本】
ヨハネス・ロバーツ アーネスト・リエラ
【製作】
ジェームズ・ハリス マーク・レイン ロバート・ジョーンズ
【出演】
ソフィー・ネリッセ
コリーヌ・フォックス
ブリアンヌ・チュー
システィーン・スタローン
ニア・ロング
ダビ・サントス
カイリン・ランボ
ブレック・バッシンジャー
ジョン・コーベット
【HPサイト】
映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』公式サイト
【予告映像】
映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』トレーラー

スポンサーリンク

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』のオススメ度は?

2.0

2つです

痛快です

おバカになれます

笑えます

でもびっくりします

スポンサーリンク

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』の作品情報・概要

『海底47m古代マヤの死の迷宮』原題『47 Meters Down: Uncaged2019年に公開された米英合作のパニック映画。ヨハネス・ロバーツ監督作品。主演ソフィー・ネリッセ。共演はコリーヌ・フォックス、ブリアンヌ・チュー、システィーン・スタローン(シルベスター・スタローンの次女)本作は2017年に公開された映画『海底47m』の続編である。メキシコのマヤ文明とサメを合体させて物語化した。

スポンサーリンク

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』のあらすじ・ネタバレ

メキシコ・ユカタン半島にあるアメリカン・スクールに通うミア(ソフィー・ネリッセ)サーシャ(コリーヌ・フォックス)は姉妹。ミアの父とサーシャの母が子連れ再婚。二人の関係は良好ではない。特にミアは学校でいじめられている。巻き添えを食いたくないサーシャは見て見ぬ振り。姉妹と仲の良いアレクサ(ブリアンヌ・チュー)とニコール(システィーン・スタローン)の4人でマヤ遺跡の水中都市へダイビングへ行くことになった。水中へ潜ると巨大なサメが、、、。

スポンサーリンク

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』の感想・内容

夏になると必ず登場するサメ映画です。あの手この手を色々と考えて毎年公開することがすごいと思わざる得ません。サメ映画の決定版は何と言ってもスピルバーグの『ジョーズ』です。初めて観たときの感動は忘れません。恐怖ではなく感動したのです。映画館で観ました。スクリーンから飛び出てきそうなくらいの迫力でした。

それから50年近くサメ映画は世界を席巻しています。検索すると数え切れません。今度、絶対にサメ映画特集やります。でも結構なB級作品ばかりで、評論ができるかわかりません。実際、本映画『海底47m古代マヤの死の迷宮』も評論するのか苦しんでいます。何を書こうかと筆を走らせていますが、これと言ったトピックスが浮かんでこないのです。でも頑張って書きます。

そうです。本映画には映画『ランボー ラスト・ブラッド』のシルベスター・スターローンの娘さんが出ています。システィーン・スタローンさんです。次女らしいです。この子はとってもスタイルも良くて綺麗でした。残念ながら主役ではなかったです。仲良し女子高生のひとりですが、自分だけが助かりたい一心でロープを登りますが、落下してサメに食われちゃいます。まるで芥が龍之介の『蜘蛛の糸』を読んでいるようでした。人間のと言うか「人を蹴落として生き残る」根性はアメリカでも罰が下るのだなっと痛感しました。

スポンサーリンク

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』の結末・評価

映画の舞台はなぜかメキシコのユカタン半島。メキシコなのにアメリカン少女がたくさんいます。一瞬、頭が?になりましたが、メキシコ在住の政府高官、あるいはセレブのご子息が通うアメリカンスクールなのだと納得させました。主役はミア(ソフィー・ネリッセ) とサーシャ(コリーヌ・フォックス)姉妹。でも血は繋がっていません。ミアの父グラント(ジョン・コーベット)とサーシャの母の連れ子再婚したのです。中々難しい設定です。しかもミアがイケてなくて学校でいじめられています。サーシャはミアを助けません。なぜならばいじめの標的になりたくないからです。

この姉妹に中国系のアレクサ(ブリアンヌ・チュー)とスタローンに娘ニコール(システィーン・スタローン)が絡んで物語が始まります。マヤの隠された森へ出かけます。なんとその森の真ん中にぽっかりと空いた美しい海が現れます。そして海中遺跡があるのです。無謀にも4人はその遺跡を目指してダイビングするのです。それから案の定、サメが登場して襲われて、逃げて、食べられて、助かる、と言うお話です。

見所はたくさんありすぎます。パニック映画なので「ギャーギャ」うるさいです。これも見所、いや聴きどころです。アレクサの声が一番耳に残りました。サメはでっかいです。そして素早いです。こんなサメがいたら恐ろしいです。お父さん、死んじゃいます。いやいや、この後の姉妹の人生を考えると心配です。特にミアはお父さんしかいないので、、、。さてさて、本映画『海底47m古代マヤの死の迷宮』で注目して欲しいのはやはりカリブ海の美しい海です。本当に綺麗ですね。エメラルドブルーってこう言う色なんですね。ユカタン半島のジャングルにぽっかり空いた海も本当に綺麗。行ってみたくなります。

と言うわけで今年のサメ映画の評論でした。スッキリしますよ。

スポンサーリンク

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』のキャストについて

ミア(ソフィー・ネリッセ)

イケてない女子高生。意外や意外、結構な活躍を見せてくれました。

サーシャ(コリーヌ・フォックス)

イケてる女子高生。最後はミアと仲良くなります。

アレクサ(ブリアンヌ・チュー)

結構大騒ぎします。

ニコール(システィーン・スタローン)

スタイルは抜群に良かった。

スポンサーリンク

まとめ 映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』一言で言うと!

「夏がくればサメが来る」

もう毎年恒例のサメ映画を観に行きましょう!面白いです。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメおバカさん映画】

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』

フィンランド青年のおバカっぷりは優しいんだなあ

直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。
直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』公式サイトをご紹介して作品・キャスト・上映館・お時間などのご確認もできます。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』の作品概要フィンランド映画。村でバカにされているヘヴィメタルバンド四人組が一念発起してノルウェーで開催されるフェス出場を目指し珍道中を「繰り広げる。監督はユーソ・ラーティオ ユッカ・ビドゥグレン。原題『Hevi reissue』友情、青春、恋愛、夢などのテーマが盛り込まれている秀作。

映画『グッド・ボーイズ』

小学6年生の青春ならぬ“性春”映画

映画『グッド・ボーイズ』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカンキッズ“性春”真っ盛り。目指せ!「ファーストキス・パーティー」であの娘の唇。セス・ローゲンプロデュース。
映画『グッド・ボーイズ』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカンキッズ“性春”真っ盛り。目指せ!「ファーストキス・パーティー」であの娘の唇。セス・ローゲンプロデュース。 映画『グッド・ボーイズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『グッド・ボーイズ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『グッド・ボーイズ』の作品情報・概要。『グッド・ボーイズ』原題『Good Boys』2019年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画。ジーン・スタプニツキー監督作品。主演はジェイコブ・トレンブレイ。『40歳の童貞男』『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で世界的なコメディアンになったセス・ローゲンが製作に加わっている。

映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』

結構な歴史的な“おバカさん”が出てます

映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』監督ティモ・ブオレンソラは偉大だ。世界情勢がわかる映画。ネタバレ・あらすじ・評価・感想
監督ティモ・ブオレンソラの創造性には驚かされる。前作『アイアン・スカイ』が大ヒットしての第二弾だが、これは紛れもなく未来に起きる物語だと言える。監督はもはや“現代のノストラダムス”だ。地球の歴史上、悪人と称される人物が登場している。彼らを映画にすると確かに悪役が似合う。キャスティングしたセンスは最高だ。

映画『翔んで埼玉』

日本からはやっぱりガクトさん

映画『翔んで埼玉』ネタバレ・あらすじ・感想・ロケ地。ディスって大ヒット。GACKT &二階堂ふみの大仰演技に抱腹絶倒。
映画『翔んで埼玉』ネタバレ・あらすじ・感想・ロケ地。ディスって大ヒット。GACKT &二階堂ふみの大仰演技に抱腹絶倒。うまいうますぎる!海が欲しい埼玉県愛溢れる作品です。映画『翔んで埼玉』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『翔んで埼玉』公式サイトを紹介し、作品・キャストもご案内。
スポンサーリンク

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ヨハネス・ロバーツ
製作
ジェームズ・ハリス マーク・レイン ロバート・ジョーンズ
製作総指揮
バイロン・アレン キャロリン・フォークス ジェニファー・ルーカス テレンス・ヒル ジェシカ・フリーボーン クリス・シャラランブス マーク・ドゥビートル エリック・グールド ジョアン・ロビンズ ウィル・クラーク アンディ・メイソン
脚本
ヨハネス・ロバーツ アーネスト・リエラ
撮影
マーク・シルク
美術
デビッド・ブライアン
衣装
クレア・フィンレイ=トンプソン
編集
マーティン・ブリンクラー
音楽
トムアンドアンディ
音楽監修
ローラ・カッツ
ミア(ソフィー・ネリッセ)
サーシャ(コリーヌ・フォックス)
アレクサ(ブリアンヌ・チュー)
ニコール(システィーン・スタローン)
ニア・ロング
ベン(ダビ・サントス)
カール(カイリン・ランボ )
キャサリン(ブレック・バッシンジャー)
グラント(ジョン・コーベット)
2019年製作/90分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:47 Meters Down: Uncaged
配給:ギャガ

タイトルとURLをコピーしました