映画『ザ・シークレット・サービス』ネタバレ・あらすじ・結末。大統領を守ることは国家を守ること。ケネディー暗殺事件の悔恨と再生物語。

スポンサーリンク
映画『ザ・シークレット・サービス』ネタバレ・あらすじ・結末。大統領を守ることは国家を守ること。ケネディー暗殺事件の悔恨と再生物語。お茶の間映画館
歴代のアメリカ合衆国大統領の石碑です。

映画『ザ・シークレット・サービス』ネタバレ・あらすじ・結末。大統領を守ることは国家を守ること。ケネディー暗殺事件の悔恨と再生物語。

映画『ザ・シークレット・サービス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ザ・シークレット・サービス』MDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。
YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ザ・シークレット・サービス』
(128分/アメリカ/1993)
原題『In the Line of Fire』

【監督】
ウォルフガング・ペーターゼン
【脚本】
ジェフ・マグワイア
【製作総指揮】
ウォルフガング・ペーターゼン ゲイル・カッツ デビッド・バルデス
【製作】
ジェフ・アップル
【撮影】
ジョン・ベイリー
【美術】
リリー・キルバート
【音楽】
エンニオ・モリコーネ

【出演】
クリント・イーストウッド
ジョン・マルコビッチ
レネ・ルッソ
ディラン・マクダーモット
ゲイリー・コール
ジョン・マホーニー
ジム・カーリー

【HPサイト】
映画『ザ・シークレット・サービス』IMDbサイト
【予告映像】
映画『ザ・シークレット・サービス』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『ザ・シークレット・サービス』NHK BSプレミアム放送 9月28日(月)午後1時00分~3時09分
    1. 9月28日(月)午後1時00分~3時09分
    2. 映画『絶唱(1975)』NHK BSプレミアム放送 9月28日(月)午後9時00分〜10時37分
      1. 山口百恵&三浦友和最高傑作!
  2. 映画『ザ・シークレット・サービス』のオススメ度は?
  3. 映画『ザ・シークレット・サービス』の作品概要
  4. 映画『ザ・シークレット・サービス』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『ザ・シークレット・サービス』の感想・内容
    1. 本映画『ザ・シークレット・サービス』のクリント・イーストウッドは撮影時は62歳「走ってます」
      1. ちょっと気持ち悪いクリント・イーストウッドです
    2. 北朝鮮の金正恩が鑑賞して真似した「シークレット・サービス」
    3. クリント・イーストウッドは出演のみで監督はやっていない
      1. ソビエトへ行って戦闘機を盗みます
    4. 自身の責任と忌まわしい過去に決別するため
      1. 最も「素顔」のクリント・イーストウッド近いかも
    5. 劇場型の犯罪に仕立てようとするサイコパスのミッチはマルコビッチ
  6. 映画『ザ・シークレット・サービス』の結末・評価
    1. 女殺しのクリント・イーストウッドが捜査官リリー(レネ・ルッソ)を口説く
    2. 60歳という年齢でもちゃんと仕事ができる
      1. ポンコツ軍隊を率いて大活躍のクリント・イーストウッド
    3. クリント・イーストウッド作品は「まだまだ人生は面白いことが起きる」と教えてくれる
  7. まとめ 映画『ザ・シークレット・サービス』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【クリント・イーストウッド監督人気作品】
      1. 映画『硫黄島からの手紙』
      2. 映画『父親たちの星条旗』
      3. 映画『荒野のストレンジャー』
      4. 映画『パーフェクト ワールド』
    2. 【悪を退治するクリント・イーストウッド映画】
      1. 映画『ダーティーハリー』
      2. 『ダーティーハリー4』
      3. 映画『ガントレット』
    3. 【ホラー&サスペンス映画オススメ】
      1. 映画『事故物件 恐い間取り』
      2. 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』
      3. 映画『ミッドサマー』
      4. 映画『透明人間』
      5. 映画『ルース・エドガー』
      6. 映画『サイコ (1960年の映画)』
      7. 映画『ナイチンゲール』
      8. 映画『ダーティーハリー』
      9. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      10. 映画『テッド・バンディ』
      11. 映画『私の知らないわたしの素顔』
  9. 映画『ザ・シークレット・サービス』の作品情報

映画『ザ・シークレット・サービス』NHK BSプレミアム放送 9月28日(月)午後1時00分~3時09分

9月28日(月)午後1時00分~3時09分

クリント・イーストウッド出演作品です

「走ります」

老齢とバカにされても「走ります」

かつて大統領を守れたなかったことを悔いている男です

しっかりと美女をゲットするあたりはクリント・イーストウッドの趣味

ジョン・マルコビッチの怪演が良い

必見!!本日のNHK BSプレミアム放送のラインアップが素晴らしい

映画『絶唱(1975)』NHK BSプレミアム放送 9月28日(月)午後9時00分〜10時37分

山口百恵&三浦友和最高傑作!

スポンサーリンク

映画『ザ・シークレット・サービス』のオススメ度は?

3.0

3つです。

クリント・イーストウッドが走っています。

やっぱり大きいから絵になりますね。

さすがにマグナムは持っていません。

ラブシーンは上手いですね。

ジョン・マルコビッチの演技の気持ち悪さが最高。

レネ・ルッソは超美人。

スポンサーリンク

映画『ザ・シークレット・サービス』の作品概要

原題は『In the Line of Fire1993年製作のアメリカ映画。アメリカ合衆国大統領ケネディーを守ることができなかった引退間近のシークレットサービス・エージェントの悔恨と再生物語。大統領暗殺を目論むサイコパス的な殺し屋との対決を描くサスペンス・アクション・スリラー。クリント・イーストウッド主演。ジョン・マルコヴィッチ助演。若きレネ・ルッソの美貌にも注目。音楽はエンニオ・モリコーネ。

スポンサーリンク

映画『ザ・シークレット・サービス』のあらすじ・ネタバレ

かつてケネディー大統領の護衛を担当していたシークレット・サービスのフランクは大統領を助けられなかった悔恨に囚われながら仕事をしてきた。まもなく引退だ。しかしある日、フランクの過去をからかうような電話で状況が一変する。大統領暗殺予告である。フランクは再び大統領の警護につく。老いた体で必死になる。暗殺者はあざ笑うかのごとく捜査を翻弄する。そして大統領の遊説中を狙って、、、。

スポンサーリンク

映画『ザ・シークレット・サービス』の感想・内容

本映画『ザ・シークレット・サービス』のクリント・イーストウッドは撮影時は62歳「走ってます」

クリント・イーストウッドは1930年生まれで現在は90歳。本映画『ザ・シークレット・サービス』は1993年製作だから、撮影時は62歳であったと言えます。「走ってます」

62歳であの動きをされては世のお父さんたちは何も言えません。この映画でクリント・イーストウッドは走っています。

シークレット・サービスとはアメリカの大統領や副大統領、各国からの来賓される需要人物などを専門に警備する護衛のプロフェッショナルです。そしてその最高峰が大統領の護衛にあると言われています。

ちょっと気持ち悪いクリント・イーストウッドです

北朝鮮の金正恩が鑑賞して真似した「シークレット・サービス」

大統領の車の周囲に黒服を着て並走する人たちです。

最近ではあまり見ませんが、北朝鮮の金正恩が訪韓した際に周囲を取り囲んでいたのは北のシークレット・サービスで、金正恩がハリウッド映画を観て真似したと言われています。

その真似した映画とはズバリ、本作なのです。警備の最大の目的は暗殺から大統領を守ることにあります。

もし銃弾を発射されたのなら身を呈して弾丸に向かって体を預ける勇気が必要です。それだけ重たい仕事です。

ただ最近は大統領が乗る車はかなりの重装備で弾丸も弾くのでシークレット・サービスは不要と言われていましすが、一つのパフォーマンスとして重宝されています。

いわゆるイメージ戦略ですね。権威の高揚とプロパガンダです。

クリント・イーストウッドは出演のみで監督はやっていない

さて、本映画ではクリント・イーストウッドは出演のみで監督はやっていません。前作は『許されざる者』です。流石に疲れていたのでしょうか?というよりクリント・イーストウッドにはよくあるパターンです。

昔のクリント・イーストウッドは数本、監督と主演の映画を撮って、その後は主演だけする、という製作スタイルをとっています。

もちろん監督、主演は大変エネルギーを消耗するからという理由もありますが、おそらく頭の良いイーストウッドは他の監督の演出を学ぶ意図もあると思うのです。

他の監督の真似はしないと思いますが、良いところを取り入れているのではないでしょうか?イーストウッドのこのスタイルが長らくアメリカ映画界のトップを牽引する理由になっていると思います。

ソビエトへ行って戦闘機を盗みます

自身の責任と忌まわしい過去に決別するため

さて、映画は至ってシンプルと言ってはシンプルな物語です。年老いたシークレット・サービスのフランク(クリント・イーストウッド) が引退間近に大仕事をやってのけるのです。

彼にはケネディー大統領を守れなかった悔恨があります。自身の責任と忌まわしい過去に決別するため、そして有終の美を飾るために再び大統領の警護担当を申し出ます。

でもこれだけでは物語として成り立ちません。ここに大統領暗殺を目論むサイコパスのミッチ(ジョン・マルコビッチ) が絡んできます。

ミッチはフランクの過去の悔恨を知っており、心理的な揺さぶりをかけます。フランクに電話をかけて挑戦状を叩きつけるのです。

最も「素顔」のクリント・イーストウッド近いかも

劇場型の犯罪に仕立てようとするサイコパスのミッチはマルコビッチ

ミッチの恨みはかつて自身がCIAで働き国家に忠誠していたのにも関わらず、リストラされたことです。

それ以来ずっと復讐したいと考えていました。しかもミッチはかなりの知能犯です。

そしていわゆる劇場型の犯罪に仕立てようとする一種のサイコパスです。

普通の操作でミッチを捕まえることはほぼ不可能です。

もし、捕まえるとしたらミッチが暗殺を目論む現場しかありません。

スポンサーリンク

映画『ザ・シークレット・サービス』の結末・評価

女殺しのクリント・イーストウッドが捜査官リリー(レネ・ルッソ)を口説く

映画は緊迫しながら進みますが、いかんせん女殺しのイーストウッドです。恋愛もあります。60過ぎのおじさんが若い捜査官リリー(レネ・ルッソ)を口説くのです。

これには笑ってしまいますが、ハリウッド映画では鉄板なのでしょう。実際、イーストウッドの作品の中で男女の濡場のシーンは過去にもたくさんあります。

本作も然りですが、最高峰は『マディソン郡の橋』でしょう。メリル・ストリープと激しいラブシーンを演じています。さすが、イーストウッド!と拍手したくなります。

60歳という年齢でもちゃんと仕事ができる

物語は最後には正義が勝つで結実します。そしてフランクのシークレット・サービス人生も終わります。 いわゆる勧善懲悪の物語です。

でもこの映画が訴えたかったことは仕事とは?犯罪とは?というものではなく、やっぱり60歳という年齢でもちゃんと仕事ができるということを世界に伝えているのだと思います。

今でこそ、60歳はまだ若いと言われていますが、本映画は1993年製作です。

当時、60歳といえばもう老人です。それがまだまだ現役にこだわるということは老害でした。

引退したい人もいますが、まだまだ仕事をしたい人もいます。現役にこだわる人たちに大きな勇気を与えてことでしょう。

ポンコツ軍隊を率いて大活躍のクリント・イーストウッド

クリント・イーストウッド作品は「まだまだ人生は面白いことが起きる」と教えてくれる

クリント・イーストウッドは2000年には『スペース カウボーイ』を撮ります。これはかつての宇宙飛行士が宇宙へ旅立ちます。

現役復帰の物語です。さらに2011年の『人生の特等席』では衰えたスカウトマンを演じています。

そして今現在もクリント・イーストウッドは現役の映画制作者です。彼にとって年齢とは単なる数字にしか過ぎないのだと思います。(2020年9月現在クリント・イーストウッドは90歳です)

来春、クリント・イーストウッドの新作『リチャード・ジュエル』が公開されます。今からとても楽しみです。

クリント・イーストウッド作品を観ると「まだまだ人生は面白いことが起きる」と教えてくれるからです。

*邦題を『ザ・シークレット・サービス』にしているのはオッケーだと思います。さすがに原題の『In the Line of Fire』は日本人は馴染みがないです。

*音楽はエンニオ・モリコーネだが、今ひとつな気がした。

Amazon プライム会員【30日間無料体験】

スポンサーリンク

まとめ 映画『ザ・シークレット・サービス』一言で言うと!

「一合取っても武士は武士(いちごうとってもぶしはぶし)

武士の禄(ろく:給料)がたとえ一合であっても、貧しかろうと、武士は武士、男には男の意気、誇りがあるということ。本映画のフランクには崇高なプライドがあります。やはりそれはアメリカ合衆国大統領を守るというものです。お金より、自身の命より大切なのは国家のリーダーの命です。その誇りだけで生きてきた男は強いです。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【クリント・イーストウッド監督人気作品】

映画『硫黄島からの手紙』

ジャニーズの二宮君の活躍が良い

映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。映画『硫黄島からの手紙』の作品情報・概要『硫黄島からの手紙』原題『Letters from Iwo Jima』2006年のアメリカ合衆国の戦争映画。『父親たちの星条旗』(原題『Flags of Our Fathers』)と企画された「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品となる。栗林忠道陸軍大将が本土の妻子に当てた手紙『「玉砕総指揮官」の絵手紙』(栗林忠道・著 吉田津由子・編)に基づいて脚本を練られている。監督は『父親たちの星条旗』と同じくクリント・イーストウッド。

映画『父親たちの星条旗』

アメリカ側から見た硫黄島の戦い

映画『父親たちの星条旗』ネタバレ・あらすじ・感想。“硫黄島の戦い”英雄にされた三者三様の人生を描く。
映画『父親たちの星条旗』ネタバレ・あらすじ・感想。“硫黄島の戦い”英雄にされた三者三様の人生を描く。 映画『父親たちの星条旗』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『父親たちの星条旗』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『父親たちの星条旗』の作品情報・概要 『父親たちの星条旗』原題『Flags of Our Fathers』2006年公開のアメリカ映画。クリント・イーストウッドが監督作品。ジェームズ・ブラッドリーが父ジョン・“ドク”・ブラッドリーの半生を彼の知り合いたちを取材し、ロン・パワーズとまとめたノンフィクション本『硫黄島の星条旗』(原題: Flags of Our Fathers)を元にしている。脚本は『ミリオンダラー・ベイビー』のポール・ハギスを迎えている。スティーヴン・スピルバーグが率いるドリームワークスらが製作。太平洋戦争の最大の激戦と言われている硫黄島の戦いを本作と『硫黄島からの手紙』の「硫黄島プロジェクト」を立ち上げ、本作はアメリカ側からの視点で描いた名作である。

映画『荒野のストレンジャー』

何度観ても「謎の男」について考えさせられます

映画『荒野のストレンジャー』あらすじ・ネタバレ・感想。クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載
クリント・イーストウッド監督作品第二弾。映画『荒野のストレンジャー』インターネット・ムービー・データベース(英語)にて作品情報・キャストなども紹介しています。ドン・シーゲル、セルジオ・レオーネと映画を撮って監督業への造形を深めたクリント・イーストウッドが初めて西部劇を撮った。原題 『High Plains Drifter』はまるで亡霊のような名無しの男のガンマンをイーストウッドが演じている。今でもこの映画の謎解きに夢中になる人が多い。映画『荒野のストレンジャー』あらすじ・ネタバレ・感想。クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載映画『荒野のストレンジャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『荒野のストレンジャー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『荒野のストレンジャー』の作品概要『荒野のストレンジャー』原題『High Plains Drifter』1973年に公開されたアメリカの西部劇映画。監督・主演はクリント・イーストウッド。監督第二弾で初めて西部劇を撮ることになった。映画の師匠であるセルジオ・レオーネとドン・シーゲル両監督へ感謝の気持ちが読み取れる。二人の監督から学び、そして影響を受けているのが如実にわかる作品でもある。

映画『パーフェクト ワールド』

ケビン・コスナーに同情したくなります

映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『パーフェクト ワールド』公式サイトにて作品情報・キャストをご確認ください。映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。映画『パーフェクト ワールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。パーフェクト ワールド映画『パーフェクト ワールド』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『パーフェクト ワールド』の作品概要『パーフェクト ワールド』原題『A Perfect World』1993年のアメリカ映画(クライム、サスペンス映画)クリント・イーストウッド監督作品。『ダンス・ウイズ・ウルブス』(90)で製作・監督・主演をこなしアカデミー賞で多くの賞を獲得したケビン・コスナーを主演に迎えて製作。イーストウッドは『許されざる者』(92)でアカデミー監督賞は獲得しているが作品賞は獲っていない。コスナーの方が早く獲っている。フィリップ・ペリー 演じたT・J・ローサーが高く評価された。後のアカデミー賞助演女優賞獲得の若きローラ・ダーンが好演。

【悪を退治するクリント・イーストウッド映画】

映画『ダーティーハリー』

もはや伝説的な刑事です

映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティーハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティーハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

『ダーティーハリー4』

映画の中ではソンドラ・ロックを守りました

『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。
『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。映画『ダーティハリー4』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ダーティハリー4』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ダーティハリー4』の作品情報・概要 『ダーティハリー4』原題『Sudden Impact』1983年製作のアメリカ映画。『ダーティハリー』シリーズの4作目。本シリーズ主演のクリント・イーストウッドが監督。 主演に当時の愛人ソンドラ・ロックを起用。ワーナー・ブラザース配給。シリーズ一番のヒット作品になる。ソンドラ・ロックとは最後の共演。『ダーティハリー』シリーズの中で最も雰囲気が暗い作品と言っていい。テーマがレイプされた女性の復讐劇である。昼間より夜の場面を多用することで傷ついた女性心情を表すのと、暗闇で行われる殺意が映画全体にサスペンス感を作り出している。しかも犯人にソンドラ・ロックを応援したくなる効果も出している。ソンドラの静かなる微笑みも恐ろしい。

映画『ガントレット』

ダメ人間が最後は悪を退治します

映画『ガントレット』はクリント・イーストウッドとソンドラ・ロックの青春恋愛ロードムービーだ。燃え盛る恋の炎が激しい
1977年製作の映画。おそらくではあるが、この時期のクリント・イーストウッドが一番勢いがあったのではないだろうか。やりたい放題だ。企画も何でも通っていたのだろう。恋人ソンドラ・ロックを主演に迎え、車、バイク、拳銃を振り回し男としても魅力を全開している。映画を用いてソンドラ・ロックに愛する気持ちを伝えているようだ。青春映画です。

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『事故物件 恐い間取り』

中田監督新作は事故物件芸人ホラー

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』

グアテマラという国の怨念物語

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。
映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティーハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティーハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。
スポンサーリンク

映画『ザ・シークレット・サービス』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ウォルフガング・ペーターゼン
脚本
ジェフ・マグワイア
製作総指揮
ウォルフガング・ペーターゼン ゲイル・カッツ デビッド・バルデス
製作
ジェフ・アップル
撮影
ジョン・ベイリー
美術
リリー・キルバート
音楽
エンニオ・モリコーネ
録音
Wylie Stateman Gregg Baxter
編集
アン・V・コーツ
衣装デザイン
エリカ・エデル・フィリップス
字幕
菊地浩司
Frank Horrigan(クリント・イーストウッド)
Mitch Leary(ジョン・マルコビッチ)
Lilly Raines(レネ・ルッソ)
AlD Andrea(ディラン・マクダーモット)
Bill Watts(ゲイリー・コール)
Harry Sargent(ジョン・マホーニー)
President(ジム・カーリー)
1993年製作/128分/アメリカ
原題:In the Line of Fire
配給:コロンビア トライスター映画

タイトルとURLをコピーしました