映画『トムとジェリー』ネタバレ・あらすじ「トムを悪者にしないで!」感想「ジェリー狡いでしょ!」結末「小さいことが正義は嘘」

スポンサーリンク
映画『トムとジェリー』ネタバレ・あらすじ「トムを悪者にしないで!」感想「ジェリー狡いでしょ!」結末「小さいことが正義は嘘」2021年製作

映画『トムとジェリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『トムとジェリー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『トムとジェリー』
2021年製作/101分/G/アメリカ)

原題『Tom and Jerry』

【監督】
ティム・ストーリー
【製作】クリス・デファリア【製作総指揮】ティム・ストーリー アダム・グッドマン スティーブ・ハーディング サム・レジスター ジェシー・アーマン アリソン・アベイト【キャラクター創造】ウィリアム・ハンナ ジョセフ・バーベラ【脚本】ケビン・コステロ【撮影】アラン・スチュワート【美術】ジェームズ・ハムビッチ【衣装】アリソン・マコッシュ【編集】ピーター・S・エリオット【音楽】クリストファー・レナーツ【音楽監修】キアー・レーマン【日本語吹き替え版主題歌】瑛人
【出演】
クロエ・グレース・モレッツ
マイケル・ペーニャ コリン・ジョスト ロブ・ディレイニー ケン・チョン パラヴィ・シャーダ ジョーダン・ボルジャー パッシー・フェラン ダニエル・アデグボイェガ クリスティーナ・チョン アジェイ・チャブラ ソミ・デ・ソウザ カミラ・アーフウェドソン
【HPサイト】
映画『トムとジェリー』公式サイト
【予告映像】
映画『トムとジェリー』トレーラー

スポンサーリンク

映画『トムとジェリー』のオススメ度は?

1.0

星1つです

ネコ好きにとっては「解せない」

なにも考えずに観てください

スポンサーリンク

映画『トムとジェリー』の作品情報・概要

『トムとジェリー』原題『Tom and Jerry2021年に公開されたアメリカ合衆国の実写アニメーション・スラップスティック・コメディ映画。元々はテレビアニメで、生誕80周年を記念して製作された。クロエ・グレース・モレッツ主演。マイケル・ペーニャ、コリン・ジョスト、ロブ・ディレイニー、ケン・チョン、ジョーダン・ボルジャー

スポンサーリンク

映画『トムとジェリー』のあらすじ・ネタバレ

アメリカ・ニューヨークへやってきたネコのトムはミュージシャンを目指して、路上でキーボードを演奏して生活の生業を立てていた。盲目のフリをして黒いサングラスをかけて、聴衆からの投げ銭を集めていた。一方、ネズミのジェリーもまたニューヨークへやってきて、新しい住処をさがしていた。そしてジェリーはトムの演奏を見つけて、飛び入り参加して華麗なダンスを披露する。トムのお客を分捕ってしまった。異変に気がついたトムは怒り心頭でジェリーの追い払いにかかる。そして人も街も巻き込んで大騒ぎを繰り広げる。その騒ぎに巻き込まれたのがケイラ(クロエ・グレース・モレッツ) 。仕事で集めた洗濯物をぶちまけてしまう。そして仕事は首になる。

スポンサーリンク

映画『トムとジェリー』の感想・内容

「トムに同情してしまう映画」です。わたしが小さい頃、テレビで放送されていました。ちょうど、夕食時に放送されるので、ニュースを見たい親とにチャンネル争いが勃発したものです。幼いながらも日本のアニメとはまったく異なることを認識したアニメでした。まずネコとネズミのキャラクターデザインが日本のアニメと違っていたことに心を惹かれたと思います。デフォルメされていたからです。色合いや雰囲気、さらに背景に描かれているアメリカ人の生活様式を見るのが楽しみのひとつでした。洗濯機や冷蔵庫や電子レンジなど夢のような大型製品に「アメリカはすごい」と感じたのは間違いありません。

少年と動物の心温まる物語

本映画『トムとジェリー』の誕生は1940年に遡ります。当時はウォルト・ディズニー・プロダクションとフライシャー・スタジオの2社がアニメーション分野でリードをしており、MGMも新しいキャラクターを模索した結果、誕生したコンビです。ネズミをキャラクターに取り入れたはやはり、ディズニーのミッキーマウスが成功したからでしょう。小さくて、すばしっこいジェリーは愛嬌もあり子どもたちから圧倒的な支持を得ます。わたしも小さい頃は、ジェリーのファンだったことを覚えています。でも、大人になるにつれて、ネコのトムが可哀想に思えてくるようになりました。本映画『トムとジェリー』でもちょっかいを出すのは必ずジェリーなのです。そして人や街を巻き込んでのドタバタ喜劇が始まります。しかも、トムが悪者扱いにされることが多いのです。

高倉健さんと渡瀬恒彦さんの犬を見つめるやさしさが胸に沁みる

映画『南極物語(1983)』ネタバレ・あらすじ「高倉健さんと渡瀬恒彦さんを観て!」感想「あまりにも創作し過ぎている」結末
映画『南極物語(1983)』ネタバレ・あらすじ「高倉健さんと渡瀬恒彦さんを観て!」感想「あまりにも創作し過ぎている」結末映画『南極物語(1983)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『南極物語(1983)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『南極物語(1983)』の作品情報・概要『南極物語』英題『 ANTARCTICA』1983年公開の日本映画。蔵原惟繕監督作品。映画『新幹線大爆破』や映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『居酒屋兆治』の高倉健主演。渡瀬恒彦、夏目雅子、荻野目慶子、映画『楽園』や映画『空母いぶき』の佐藤浩市、映画『エデンの海(1976)』1976)』や映画『ホワイト・ラブ』の岸田森らが共演。音楽はヴァンゲリスが担当。南極観測隊の苦難と十五匹のカラフト犬の生への闘いと悲劇を描いている。フジテレビと学習研究社がダッグを組んで製作。配給を東映の岡田茂社長に持ちかけると犬がウロウロするだけで客が来たら、ワシらが苦労して映画撮る必要ないやろ!!」と門前払いされる。テレビ番組の番宣と文部科学省特選を目玉に前売り券を240万枚販売して大ヒットへ繋がる。物語はほぼ創作となっている。書籍、写真集、レコードなどメディアミックスに成功している。木村拓哉主演でテレビ番組も作られる。ディズニーもリメイクした。

わたしはネコが大好きな愛猫家なので、「解せない気持ち」になるのです。本映画『トムとジェリー』の冒頭の騒動のきっかけもジェリーが起点となっています。ニューヨークへ出てきたトムは、音楽で成功を夢見て、路上でピアノの演奏をしています。サングラスをかけて盲目のピアニストです。そして、徴収からの投げ銭で暮らしています。ここのジェリーが茶々を入れるのです。軽快なダンスを披露して、トムのお客を奪うのです。もうここからはいつものお決まりで、トムとジェリーは「仲良くケンカ」します。もうめちゃくちゃになります。

トムの詐欺的行為がバレてしまいます。実際はあ目が見えているのに、盲目のフリをしていたことです。聴衆からバッシングされます。これは凹みますね。確かに嘘はいけません。でも、暗澹とした世界で生きていくのは大変だと思うのですよ。トムなりに知恵を出して必死に考えた作戦だったのです。弱者を見守ってあげる社会も必要だと思うのです。それをジェリーは聖人君子、あるいは「正義マン」のごとく暴露する人間性ならぬネズミ性には共感できないのです。ここはネコ好きの人も看過できないと思うのです。

動物と暮らす生活は笑顔にあふれています

スポンサーリンク

映画『トムとジェリー』の考察・評価

本映画『トムとジェリー』のお約束はこのようにトムをスケープゴートに展開していく作りとなっています。それは1940年からずっと続いているお家芸です。ディズニーのミッキーマウスは悪さはしません。お利口な存在として、世界に君臨しています。かたやジェリーは子どもたちにとっては、可愛い存在です。けれど多くの子どもたちが大人になっていくに連れて、トムに同情してしまうのではないでしょうか。ここに感情移入の逆転現象が起きるのです。「良い人アピールする人って怪しい」とか「見かけに惑わされてはいけない」についてわたしたちは学んでいくと思うのです。誕生時にこういった逆転現象が起きるキャラクターの設定を考えていたのであれば、素晴らしいと思います。

話は脱線しますが、ヨーロッパ人にとってネズミは最も汚くて、憎たらしい動物と言えます。ペストを蔓延させたからです。その憎っくきネズミをどうして、アメリカへ渡った白人たちのアイドル的な存在になったのかがわかりません。ディズニーのミッキーはヨーロッパから遠く離れたロサンゼルスで誕生しています。重たく苦しい階級社会のヨーロッパから逃げてたどり着いた最果ての地と言えます。最果ての地の西は海しかありません。そしてこの地で誕生したミッキーマウスは、今度は東へ東へと知名度を高めて、ヨーロッパでも、中東でも、アジアでも人気者になるという、逆転現象が起きるのです。それに乗じて、本映画『トムとジェリー』も世界のアイドルになったと言えるでしょう。

ハリソン・フォードと犬って本当い似合う

スポンサーリンク

映画『トムとジェリー』の結末

例えばブタというキャラクターは世界のどこへ行っても、大抵、邪険、あるいは低俗に扱われます。太っている人を指して「ブタ野郎」と侮蔑します。でも100年前のネズミはブタに匹敵するくらいのおぞましい動物だったのです。ブタも雑食性で汚いものを食べます。ネズミも同様です。一番の大きな違いは体の大きさだと思うのです。小さいとやっぱり「可愛い」と感じてしまう人間の本能があります。ネズミがキャラクターデザインの頂点に立った理由はこの体のサイズが大きかったと思うのです。

さて、本映画『トムとジェリー』は予定調和で終わりますが、特筆すべき点は「人種の多様性」がちゃんと描かれているところでしょう。ケイラ(クロエ・グレース・モレッツ) は白人です。プリータ(パラヴィ・シャーダ)がインド系です。その他、中国系も黒人も登場しています。その点は良かったと思います。主演のクロエ・グレース・モレッツにおいては確かに可愛いのですが、これといった演技は見受けられません。CGで合成されることを意識した演技は難しいと思いますが、ここまで技術が進歩すると真新しさを感じないのです。総評としては「なにも考えずに楽しみましょう!」としか言えないですね。

もう実写とCGの区別がつきません

スポンサーリンク

映画『トムとジェリー』のキャストについて

ケイラ(クロエ・グレース・モレッツ)
テレンス(マイケル・ペーニャ)
ベン(コリン・ジョスト)
ドゥブロー(ロブ・ディレイニー)
ジャッキー(ケン・チョン)
プリータ(パラヴィ・シャーダ)
キャメロン(ジョーダン・ボルジャー)
ジョイ(パッシー・フェラン)

スポンサーリンク

まとめ 映画『トムとジェリー』一言で言うと!

「ネコは悪くないよ」

ネコが大好きなわたしには本当に「解せない」映画です。犬も可愛いいですよ。でも犬って褒めてあげると、めちゃくちゃ喜びますよね。おしっこを漏らすほど喜ぶところが可愛いです。でもネコって、やっぱり芸術的なのです。気まぐれなところは進化の過程で培われた生きるための知恵だったのではないでしょうか。もちろん、それは飼い猫を目指すために大きな武器になったと思うのです。あの気まぐれなところにネコ好きの多くの人は魅力を感じるからです。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【オススメコメディ映画】

映画『とんかつDJアゲ太郎』

北村匠海くん最高コメディー!

映画『とんかつDJアゲ太郎』ネタバレ・あらすじ「北村匠海くんDJ王へ」感想「コロナも吹っ飛ぶ作品」伊藤健太郎&伊勢谷友介「人生やり直せるよ!」 結末
映画『とんかつDJアゲ太郎』ネタバレ・あらすじ「北村匠海くんDJ王へ」感想「コロナも吹っ飛ぶ作品」伊藤健太郎&伊勢谷友介「人生やり直せるよ!」 結末映画『とんかつDJアゲ太郎』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『とんかつDJアゲ太郎』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『とんかつDJアゲ太郎』の作品情報・概要『とんかつDJアゲ太郎』は『少年ジャンプ+』(集英社)にて、イーピャオと小山ゆうじろうによって書かれた漫画を原作としています。脚本・監督は『チワワちゃん』の二宮健氏。主演は『思い、思われ、ふり、ふられ』『君の膵臓をたべたい(2017)』の北村匠海。共演は『宇宙でいちばんあかるい屋根』『今日から俺は!!劇場版』の伊藤健太郎。『マチネの終わりに』『翔んで埼玉』の伊勢谷友介ら。

映画『デッド・ドント・ダイ』

ジム・ジャームッシュの笑える「ゾンビ映画」は超芸術的

映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。映画『デッド・ドント・ダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『デッド・ドント・ダイ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『デッド・ドント・ダイ』の作品情報・概要『デッド・ドント・ダイ』原題『The Dead Don't Die』は2019年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画である。監督はカンヌ映画祭常連の現在の映画芸術の最高作家ジム・ジャームッシュ。主演はビル・マーレイ。アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、イギー・ポップ、トム・ウェイツ共演。現代人が今世において固執する物欲に対して痛烈なメッセージを送っている。芸術性の高い作品。

映画『今夜、ロマンス劇場で』

綾瀬はるかさんは「コメディー」も「シリアス」もイケる!

映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。
映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。ロケ地情報ならびに主題歌情報。映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報・概要 『今夜、ロマンス劇場で』2018年2月10日公開の日本映画。主演・綾瀬はるかと坂口健太郎のコメディーラブストーリー。映画を愛しる青年が映画から抜け出してきた女性と恋愛する。ウディ・アレン監督『カイロの紫のバラ』に酷似していると言われている。ジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』やウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』にもインスパイアーされていると言われている。

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』

こんなに痛快な「コメディー映画」は久しぶりです

直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。
直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』公式サイトをご紹介して作品・キャスト・上映館・お時間などのご確認もできます。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』の作品概要フィンランド映画。村でバカにされているヘヴィメタルバンド四人組が一念発起してノルウェーで開催されるフェス出場を目指し珍道中を「繰り広げる。監督はユーソ・ラーティオ ユッカ・ビドゥグレン。原題『Hevi reissue』友情、青春、恋愛、夢などのテーマが盛り込まれている秀作。

映画『翔んで埼玉』

埼玉県人ってひょっとして「おバカさん?」ってツッコミたくなる

映画『翔んで埼玉』ネタバレ・あらすじ・感想・ロケ地。ディスって大ヒット。GACKT &二階堂ふみの大仰演技に抱腹絶倒。
映画『翔んで埼玉』ネタバレ・あらすじ・感想・ロケ地。ディスって大ヒット。GACKT &二階堂ふみの大仰演技に抱腹絶倒。うまいうますぎる!海が欲しい埼玉県愛溢れる作品です。映画『翔んで埼玉』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『翔んで埼玉』公式サイトを紹介し、作品・キャストもご案内。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』

祝・完結!テリー・ギリアムは「コメディーをやりたかったのか?」

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』あらすじ・ネタバレ・感想。アダム・ドライバーのアクションコメディ必見&歌声を聴こう。
映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』あらすじ・ネタバレ・感想。アダム・ドライバーのアクションコメディ必見&歌声を聴こう。映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』公式サイトを紹介し作品・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の作品概要『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』原題『 The Man Who Killed Don Quixote』テリー・ギリアム監督による2018年のファンタジー・アドベンチャー・コメディ映画。企画発案から30年で完成。頓挫すること9回。『ロスト・イン・ラマンチャ』の悲劇から18年。ギリアム自身がドン・キホーテだった。

映画『カイジ ファイナルゲーム』

カイジに日本の未来を託したくないよ!

【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。映画『カイジ ファイナルゲーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カイジ ファイナルゲーム』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『カイジ ファイナルゲーム』の作品概要福本伸行の人気コミック「カイジ」シリーズの3作目。1作目『カイジ 人生逆転ゲーム』2作目『カイジ2 人生奪回ゲーム』で本作が最終章。  

映画『カツベン!』

成田凌くんの俳優魂に「驚愕」

映画『カツベン!』ネタバレ・あらすじ・結末。周防正行&成田凌主演。活動弁士へ愛を込めて。大正時代へGO。日本映画の原点。
映画『カツベン!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カツベン!』の作品概要『カツベン!』は、2019年12月13日公開の日本映画[。周防正行監督作品。主演は成田凌。大正時代、映画は活動写真と呼ばれていた。映画の上映に合わせて解説を入れる弁士たちの腕によって興業の成否が問われていた。周防監督が当時の世相、風俗を再現して挑んだ作品。

映画『シンクロ・ダンディーズ!』

切なすぎるほど笑える「頑張れ!大人」と言いたくなる

映画『シンクロ・ダンディーズ!』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。中年男がシンクロで人生の生き甲斐をつかんだ!妻よ、振り返れ!
映画『シンクロ・ダンディーズ!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報の記載。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価について書いています。冴えない中年男たちがシンクロナイズドスイミングをはじめ夢中になる。仲間との間に友情も芽生え世界大会に出場。見事メダルを獲得。仕事に家庭に行き場がない男たちの会心の一撃がある。イギリス映画らしいブラックジョークも満載。

映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』

「おバカさん」映画を創る人は「知的生物」当確!

映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』監督ティモ・ブオレンソラは偉大だ。世界情勢がわかる映画。ネタバレ・あらすじ・評価・感想
監督ティモ・ブオレンソラの創造性には驚かされる。前作『アイアン・スカイ』が大ヒットしての第二弾だが、これは紛れもなく未来に起きる物語だと言える。監督はもはや“現代のノストラダムス”だ。地球の歴史上、悪人と称される人物が登場している。彼らを映画にすると確かに悪役が似合う。キャスティングしたセンスは最高だ。

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』

イタリア人て本当に「家族愛」が強い!

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ゴタゴタホームコメディではない。社会が抱える諸問題を代弁した作品 ネタバレ・あらすじ・感想・評価
巨匠、ガブリエレ・ムッチーノ監督がハリウッドから帰国して本作を撮った。家族を通して社会が抱える問題の関係性の持つエネルギーについて描いている。久しぶりに会った親族はどこかよそよそしい。嵐で二日間缶詰めになることでお互いが抱える問題をぶつけ合う。罵詈雑言が続くがイタリア語が気持ちよく観ていて楽しい。
スポンサーリンク

映画『トムとジェリー』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ティム・ストーリー
製作
クリス・デファリア
製作総指揮
ティム・ストーリー アダム・グッドマン スティーブ・ハーディング サム・レジスター ジェシー・アーマン アリソン・アベイト
キャラクター創造
ウィリアム・ハンナ ジョセフ・バーベラ
脚本
ケビン・コステロ
撮影
アラン・スチュワート
美術
ジェームズ・ハムビッチ
衣装
アリソン・マコッシュ
編集
ピーター・S・エリオット
音楽
クリストファー・レナーツ
音楽監修
キアー・レーマン
日本語吹き替え版主題歌
瑛人
ケイラ(クロエ・グレース・モレッツ)
テレンス(マイケル・ペーニャ)
ベン(コリン・ジョスト)
ドゥブロー(ロブ・ディレイニー)
ジャッキー(ケン・チョン)
プリータ(パラヴィ・シャーダ)
キャメロン(ジョーダン・ボルジャー)
ジョイ(パッシー・フェラン)
ギャビン(ダニエル・アデグボイェガ)
ローラ(クリスティーナ・チョン)
Mr.メータ(アジェイ・チャブラ)
Mrs.メータ(ソミ・デ・ソウザ)
リンダ・ペリーボトム(カミラ・アーフウェドソン)
2021年製作/101分/G/アメリカ
原題:Tom and Jerry
配給:ワーナー・ブラザース映画

タイトルとURLをコピーしました