映画『ダーティハリー5』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。ハリーは一度も被弾しなかった最強刑事。クリント・イーストウッドの背広姿に悲哀を感じる

スポンサーリンク
映画『ダーティハリー5』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。ハリーは一度も被弾しなかった最強刑事。クリント・イーストウッドの背広姿に悲哀を感じるお茶の間映画館

映画『ダーティハリー5』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ダーティハリー5IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

The Dead Pool (1988) - IMDb
Directed by Buddy Van Horn. With Clint Eastwood, Liam Neeson, Patricia Clarkson, Evan C. Kim. Inspector "Dirty" Harry Callahan must stop a sick secret contest ...
The Dead Pool
Home Video Trailer from Warner Home Video
The Dead Pool – Theatrical Trailer

『ダーティハリー5』(90分/アメリカ/1988
原題『The Dead Pool

【監督】
バディ・バン・ホーン
【脚色】
スティーブ・シャロン
【製作】
デビッド・バルデス
【出演】
クリント・イーストウッド
パトリシア・クラークソン
リーアム・ニーソン
エバン・C・キム

スポンサーリンク
  1. 映画『ダーティハリー5』NHK BSプレミアム放送 4月30日(木)午後1時00分~2時32分
    1. 4月30日(木)午後1時00分~2時32分
  2. 映画『ダーティハリー5』のオススメ度は?
  3. 映画『ダーティハリー5』の作品情報・概要
  4. 映画『ダーティハリー5』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『ダーティハリー5』の感想・評価・内容・結末
    1. 『ダーティハリー』シリーズ遂に完結
      1. クリント・イーストウッドのダメっぷり刑事を見よ!
    2. 監督のバディ・バン・ホーンはクリント・イーストウッドの「スタンド・ダブル」
      1. バディ・バン・ホーンが演じるダンカン保安官
    3. バディ・バン・ホーンがシリーズ完結を監督する理由は、、、
      1. バディ・バン・ホーン監督作品
    4. クリント・イーストウッド映画は「空撮で始まり空撮で終わる」
    5. ギャングたちが必ず襲ってくる意味は、、
      1. 時代は変われどクリント・イーストウッドはずっと戦ってます
    6. ギャングより恐ろしい犯罪者がいる
      1. この映画は気持ち悪かった
    7. 「ギャングなどもう怖くない。怖いのはサイコパスだ」
    8. 若きジム・キャリーとリーアム・ニーソンが出演している
      1. リーアム・ニーソンのクワイ=ガン・ジンは必見
    9. お約束の一夜の恋もあります
      1. 何歳になってもクリント・イーストウッドは女性が好き
    10. 歳をとったハリーに感情移入が難しくなってきた
    11. ラジコンカーがサンフランシスコを走る場面は面白い
    12. 『ダーティハリー』シリーズは終結後のクリント・イーストウッドがすごい
      1. クリント・イーストウッド最高傑作はアメリカの行く末を案じていた
  6. 映画『ダーティハリー5』のキャストについて
    1. Harry_Callahan(クリント・イーストウッド)
    2. Samantha_Walker(パトリシア・クラークソン)
    3. Peter_Swan(リーアム・ニーソン)
  7. まとめ 映画『ダーティハリー5』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【『ダーティハリー』シリーズ一覧】
      1. 映画『ダーティーハリー』
      2. 映画『ダーティハリー2』
      3. 映画『ダーティハリー3』
      4. 映画『ダーティハリー4』
  9. 映画『ダーティハリー5』の作品情報

映画『ダーティハリー5』NHK BSプレミアム放送 4月30日(木)午後1時00分~2時32分

4月30日(木)午後1時00分~2時32分

クリント・イーストウッド主演作品『ダーティハリー』シリーズが遂に終焉です。第一作が始まったのが1971年。あれから実に17年です。

クリント・イーストウッド、しっかりと年齢を重ねてきました。額も広くなってきました。顔のシワに男の歴史を感じます。

ネクタイに背広姿がとても似合っています。一応、本作でも走ります。

お約束通り女性と一夜を共にします。

スポンサーリンク

映画『ダーティハリー5』のオススメ度は?

3.0

3つです

クリント・イーストウッド、歳をとりました

ネクタイと背広が似合う年齢になりました

走ってますが「大丈夫?」と声をかけたくなります

また美女と一夜を過ごします

シリーズ最終章です

スポンサーリンク

映画『ダーティハリー5』の作品情報・概要

『ダーティハリー5』原題『The Dead Pool1988年に公開されたアメリカ映画。監督はバディ・ヴァン・ホーン。彼はクリント・イーストウッドのスタンド・ダブルとして有名。『ダーティハリー』シリーズがスタートして17年。本作が最終作品。

スポンサーリンク

映画『ダーティハリー5』のあらすじ・ネタバレ

サンフランシスコ市警のハリー・キャラハンは、違法賭博の元締めであるジェネロを逮捕・有罪に追い込み、市民から喝采を浴びる。ハリーに恨みを持つ者は多く、ギャングたちは暗殺を目論むがことごとく失敗する。ハリーが愛用の44マグナム・S&W M29で返り討ちにする。ギャングたちとは別にサンフランシスコでは奇妙な殺人事件が起きる。「死亡予想」と称した紙に標的となる人物があり、次々と殺されていく。そしてハリーの名前も記載される。視聴率欲しさに近寄ってきた女性リポーターの命を助け一夜を共にする。そして連続殺人犯を追い詰めていく。

スポンサーリンク

映画『ダーティハリー5』の感想・評価・内容・結末

『ダーティハリー』シリーズ遂に完結

『ダーティハリー』シリーズ最終作品です。1971年に第一作がスタートして実に17年余り。ようやく完結です。

と言っても前作『ダーティハリー4』で実質終わっていても良いはずなのですが、何らかの理由で作られたと思います。

この映画『ダーティハリー5』のクリント・イーストウッドを見ると「年取ったなあ」という印象を強く受けます。

かなり髪の毛も後退しています。それと顔もしわくちゃです。

この時のクリント・イーストウッドは58歳です。姿勢は相変わらず良いですね。

ネクタイ姿も似合っています。ひょっとして現場から離れて背広組かと思わせる風貌になっています。

でも、でもです。本作では走る姿もちゃんとあります。やはり刑事物は走らないとダメです。

クリント・イーストウッドのダメっぷり刑事を見よ!

監督のバディ・バン・ホーンはクリント・イーストウッドの「スタンド・ダブル」

さて、この映画『ダーティハリー5』の監督はバディ・バン・ホーンです。

この名前を聞いてピンと来る人はかなりのクリント・イーストウッドフリークです。

バディ・バン・ホーンはクリント・イーストウッドの「スタンド・ダブル」です。

スタンド・ダブルとは主役の影武者のことで、危険なアクションとか、死体とか、女優の場合はラブシーンでのトップレスの場面などで代わりに出演します。

記憶に新しいのはタランティーノ監督の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のブラッド・ピットです。

レオナルド・ディカプリオのスタンド・ダブルを演じていました。

バディ・バン・ホーンは映画『荒野のストレンジャー』のダンカン保安官役がとても有名です。

(『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』ではナタリーポートマンのスタンドダブル的な役柄のイメージがある、キーラ・ナイトレイはちゃんとした影武者役です)

バディ・バン・ホーンが演じるダンカン保安官

映画『荒野のストレンジャー』あらすじ・ネタバレ・感想。クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載
クリント・イーストウッド監督作品第二弾。映画『荒野のストレンジャー』インターネット・ムービー・データベース(英語)にて作品情報・キャストなども紹介しています。ドン・シーゲル、セルジオ・レオーネと映画を撮って監督業への造形を深めたクリント・イーストウッドが初めて西部劇を撮った。原題 『High Plains Drifter』はまるで亡霊のような名無しの男のガンマンをイーストウッドが演じている。今でもこの映画の謎解きに夢中になる人が多い。映画『荒野のストレンジャー』あらすじ・ネタバレ・感想。クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載映画『荒野のストレンジャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『荒野のストレンジャー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『荒野のストレンジャー』の作品概要『荒野のストレンジャー』原題『High Plains Drifter』1973年に公開されたアメリカの西部劇映画。監督・主演はクリント・イーストウッド。監督第二弾で初めて西部劇を撮ることになった。映画の師匠であるセルジオ・レオーネとドン・シーゲル両監督へ感謝の気持ちが読み取れる。二人の監督から学び、そして影響を受けているのが如実にわかる作品でもある。

バディ・バン・ホーンがシリーズ完結を監督する理由は、、、

そのバディ・バン・ホーンは実は単なるスタンド・ダブルではなく多くの映画も監督しています。

主にクリント・イーストウッド主演映画です。『ピンク・キャデラック』『ダーティファイター 燃えよ鉄拳』など。

本映画『ダーティハリー5』の最後をバディ・バン・ホーンが監督するのはクリント・イーストウッドが彼に送る感謝の印かもしれません。

(いや、ハリウッドはそんなお情け的なことはしないので、クリント・イーストウッドを演出できる人はバディ・バン・ホーンしかいなかったのでしょう)

バディ・バン・ホーン監督作品

クリント・イーストウッド映画は「空撮で始まり空撮で終わる」

さて映画『ダーティハリー5』のトップカットは夜のサンフランシスコから始まります。空撮です。

クリント・イーストウッドの映画は「空撮に始まり空撮に終わる」というくらい、空から街を俯瞰します。

まるで地上にうごめく人間どもを嘲笑うようなイメージがあります。最も西部劇作品では空撮はありません。

逆にロングショットが多いです。

本シリーズ『ダーティハリー』で空撮から始まるのは『ダーティハリー4』と本作の『ダーティハリー5』です。おそらくバディ・バン・ホーンはクリント・イーストウッドの趣向を重んじたと思います。

ギャングたちが必ず襲ってくる意味は、、

さて映画『ダーティハリー5』は相変わらずハリーは強引な捜査を貫いています。

今回もサイコパスな凶悪犯罪が起きます。「死亡予想」というゲームを楽しむ異常者を追いかけます。

ここでこの『ダーティハリー』シリーズの特徴をもう一度確認してみます。

各シリーズには主要な凶悪犯がいます。しかし凶悪犯を追いかけるハリーとハリーに恨みを持つギャングたちの襲撃も忘れてはいけません。

本筋とは違うギャングが登場するのです。不意打ちのように襲って来るのが特徴です。

本来ならこのギャングたちとの抗争だけで一本の映画が作れるのでは、と思ってしまうのですが、このシリーズはそれをしません。ここに大きな特徴があるのです。

時代は変われどクリント・イーストウッドはずっと戦ってます

ギャングより恐ろしい犯罪者がいる

ギャングたちの犯罪よりもっと陰湿でおぞましい思考を持った人間に焦点を当てているのです。

これはアメリカも日本も同じだと思いますが、文明が発展・発達するとどうしても社会に埋もれてしまう者が出てきます。

はみ出し者といってしまえばそれまでですが、そういう人物の多くは異常な性癖を持っている傾向があるようです。

彼らを見つけるのは難儀です。

ギャングについては乱暴な言い方をすれば必要悪と言ってしまうことも可能です。ギャングたちも何らかの役に立っている可能性があります。

何らかの抑止力にもなっていると言って良いでしょう。

この映画は気持ち悪かった

「ギャングなどもう怖くない。怖いのはサイコパスだ」

しかし『ダーティハリー』に登場する凶悪犯罪者は必要悪とは言い切れません。何ら人や社会や国に寄与することがないのです。

単なる愉快犯であり、自己満足な人間なのです。最近では自己愛性パーソナリティー障害という言い方があります。

自己中心的で大騒ぎして劇場型に展開することで己の快楽に酔いしれるのです。

『ダーティハリー』シリーズのい本道はこういう異常者であり、ハリーを襲撃するギャングたちを単なるお飾りにしているところがとても重要なのです。

これは以後の映画製作に大きな影響を与えたと言って良いでしょう。

一言でいってしまえば「ギャングなどもう怖くない。怖いのはサイコパスだ」となるでしょう。

現代日本にも通じています。ギャングの犯罪より一般人が犯す凶悪犯罪の多いこと多いこと、、、。

若きジム・キャリーとリーアム・ニーソンが出演している

さて、この映画で注目して欲しいのは後のコメディー映画の大スターになるジム・キャリーが出演しているところです。

でも笑えません。麻薬中毒者のロッカー役です。

もう冒頭の数分で殺されます。演技的にはコメディーはしませんが、彼にもこんなちょい役があったかと思うと笑ってしまいます。

それとリーアム・ニーソンにも注目です。スティーヴン・スピルバーグ監督映画『シンドラーのリスト』でアカデミー主演男優賞にノミネートされ、その後は『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』では主役のクワイ=ガン・ジンを演じています。

当時のリーアム・ニーソンはまだまだ役者として青臭いです。でもこの『ダーティハリー5』に出演したことで大きく未来は開けたのではないでしょうか。

役は映画監督をやっています。なかなかの演技だと思います。二人ともクリント・イーストウッドにチャンスをもらったと言えるでしょう。

リーアム・ニーソンのクワイ=ガン・ジンは必見

お約束の一夜の恋もあります

クリント・イーストウッドは本映画『ダーティハリー5』でもちゃっかりと女性と夜を過ごしています。

ちょっとわかりにくいです。相手はテレビレポーターのサマンサ(パトリシア・クラークソン) です。

ベットシーンでの表現ではなく一瞬、夜の空撮のシーンになり朝を迎えます。ハリーの新しい相棒アル・クワン(エヴァン・C・キム)が車でハリーを迎えに行きます。

ハリーはサマンサのアパートから出てきます。クワンは「有名税かな」って呟きます。

ちなみにクリント・イーストウッドは『ダーティハリー2』では日系の女優のアデル・ヨシオカと関係を持ちます。

『ダーティハリー4』ではご存知ソンドラ・ロックと関係を持ちます。そして本映画本映画『ダーティハリー5』ではパトリシア・クラークソンです。さすがですね。

何歳になってもクリント・イーストウッドは女性が好き

歳をとったハリーに感情移入が難しくなってきた

さて、肝心の映画の感想ですがもうマンネリっぽくなっています。勧善懲悪は良いのですが、何か物足りません。

それはたぶん、クリント・イーストウッドが歳をとったからでしょう。渋みはありますが、やはりこういう刑事アクション系は若い俳優に限ります。

クリント・イーストウッドが走ると「大丈夫か?」って声をかけたくなります。

ちなみに本映画『ダーティハリー5』から5年後『ザ・シークレット・サービス』ではめっちゃ走ってます。63歳です。

ラジコンカーがサンフランシスコを走る場面は面白い

もうひとつ。クリント・イーストウッドは新しい物や技術が好きです。

本映画『ダーティハリー5』ではラジコンカーが登場します。これは面白かったです。

ラジコンカーに爆弾を設置してサンフランシスコを走り回ります。実に痛快でした。

今もう一度、『ダーティハリー』シリーズを撮るなら、クリント・イーストウッドは絶対にドローンを使っていると思います。

ドローンがサンフランシスコを飛び回る映像って想像するだけでドキドキします。近作『運び屋』では若干ドローン映像がありましたが、『リチャード・ジュエル』では記憶にありません。

『ダーティハリー』シリーズは終結後のクリント・イーストウッドがすごい

さて、これで『ダーティハリー』シリーズは終結してクリント・イーストウッドは最高傑作『許されざる者』に向かって躍進していきます。

同時にソンドラ・ロックとの裁判が始まります。精神的にも肉体的も追い詰められますが、クリント・イーストウッドは映画製作を続けます。

なんともタフなのでしょうか。しかもクリント・イーストウッドの映画人生の本章が始まるといっても良いのです。90年代は名作ばかり発表します。すごい。

以下、参考資料です。時代はスピルバーグなどの冒険・宇宙映画に突入して行きます。これを分析すると『ダーティハリー』シリーズが完結するのが妥当な時代に入ったと思います。

『ダーティハリー』 71)興行収入 $35,976,000

『ダーティハリー2』(73)興行収入 $39,768,000

『ダーティハリー3』(76)興行収入 $46,236,000

『ダーティハリー4』(84)興行収入 $67,642,693

『ダーティハリー5』(88)興行収入 $37,903,295

クリント・イーストウッド最高傑作はアメリカの行く末を案じていた

スポンサーリンク

映画『ダーティハリー5』のキャストについて

Harry_Callahan(クリント・イーストウッド)

サンフランシスコ市警の刑事。強引な捜査を行い上層部の目の上のたんこぶ。悪党は絶対に許さない。「撃ってきたら撃ち殺す」本作のクリント・イーストウッドは歳をとったなあという印象が拭えないです。拳銃さばきは良いと思います。

Samantha_Walker(パトリシア・クラークソン)

テレビ局のリポーター。弱き人にもカメラを向けて視聴率を取ろうとします。ハリーに密着取材して命を落としそうになります。そしてハリーと一夜を共にします。パトリシア・クラークソンは一見、ソンドラ・ロックか、と思わせるような風貌でした。演技的には普通です。

Peter_Swan(リーアム・ニーソン)

映画監督。犯人の犯行がスワンの作った映画を参考にしているため容疑者として疑われます。リーアム・ニーソン、若いですね。でも優しい顔がとても良いです。

スポンサーリンク

まとめ 映画『ダーティハリー5』一言で言うと!

「やっぱり刑事ってモテるのか」

当時のアメリカ映画の流行とか慣習があったと思いますが、クリント・イーストウッドは相変わらず女性とのラブシーンが好きですね。そりゃあ、命を救ってくれた男性にトキメクのもわかります。しかも『ダーティハリー』シリーズでは恋愛に発展しないのが特徴ですね。ほとんど一夜限りです。自由でいたいのでしょう。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【『ダーティハリー』シリーズ一覧】

映画『ダーティーハリー』

師匠のドン・シーゲルが第一弾を撮りました

映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティーハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティーハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『ダーティハリー2』

正義を守る警察官が悪事を働きます

映画『ダーティハリー2』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドのマグナム44がアメリカ社会へ向かう理由。
映画『ダーティハリー2』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドのマグナム44がアメリカ社会へ向かう理由。映画『ダーティハリー2』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ダーティハリー2』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ダーティハリー2』の作品情報・概要『ダーティハリー』(原題『Dirty Harry』)が高評価だったためシリーズ化されました。『ダーティハリー2』(原題『Magnum Force』)は、1973年製作のアメリカ映画。前作を超えるヒットを記録。監督のテッド・ポストは1968年のイーストウッドの主演作『奴らを高く吊るせ!』の監督も務めている。『奴らを高く吊るせ!』のモチーフを保ちつつ西部劇から現代劇へ時と場所を変えたリメイク作品と言ってもいい。  

映画『ダーティハリー3』

ベトナム帰還兵の憂鬱を描いています

映画『ダーティハリー3』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがマグナム44ではなくバズーガ砲で仕留める意味。ソンドラ・ロックとの愛の日々が始まる。
映画『ダーティハリー3』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがマグナム44ではなくバズーガ砲で仕留める意味。ソンドラ・ロックとの愛の日々が始まる。 映画『ダーティハリー3』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ダーティハリー3』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ダーティハリー3』の作品情報・概要『ダーティハリー』シリーズの3作目。原題 『The Enforcer』は、1976年製作のアメリカ映画。ワーナー・ブラザース配給。クリント・イーストウッド主演。監督はジェームズ・ファーゴ。クリント・イーストウッドの長年の編集マンであるジョエル・コックスが加わった作品。5作品の中で唯一、音楽がラロ・シフリンではない。

映画『ダーティハリー4』

愛人ソンドラ・ロックを主演に迎えて大ヒット

『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。
『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。映画『ダーティハリー4』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ダーティハリー4』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ダーティハリー4』の作品情報・概要 『ダーティハリー4』原題『Sudden Impact』1983年製作のアメリカ映画。『ダーティハリー』シリーズの4作目。本シリーズ主演のクリント・イーストウッドが監督。 主演に当時の愛人ソンドラ・ロックを起用。ワーナー・ブラザース配給。シリーズ一番のヒット作品になる。ソンドラ・ロックとは最後の共演。『ダーティハリー』シリーズの中で最も雰囲気が暗い作品と言っていい。テーマがレイプされた女性の復讐劇である。昼間より夜の場面を多用することで傷ついた女性心情を表すのと、暗闇で行われる殺意が映画全体にサスペンス感を作り出している。しかも犯人にソンドラ・ロックを応援したくなる効果も出している。ソンドラの静かなる微笑みも恐ろしい。
スポンサーリンク

映画『ダーティハリー5』の作品情報

映画.comより一部引用

スタッフ・キャスト
監督
バディ・バン・ホーン
脚色
スティーブ・シャロン
原作
スティーブ・シャロン ダーク・ピアソン サンディ・ショウ
製作
デビッド・バルデス
キャラクター創造
ハリー・ジュリアン・フィンク リタ・M・フィンク
撮影
ジャック・N・グリーン
音楽
ラロ・シフリン
字幕
岡枝慎二
Harry_Callahan(クリント・イーストウッド)
Samantha_Walker(パトリシア・クラークソン)
Peter_Swan(リーアム・ニーソン)
Al_Quan(エバン・C・キム)
Harlan_Rook(デビッド・ハント)
Captain_Donnelly(マイケル・カリー)
Lt._Ackerman(マイケル・グッドウィン)
Patrick_Snow(ダーウィン・ギレット)
Lou_Janero(アンソニー・チャルノータ)
1988年製作/アメリカ
原題:The Dead Pool
配給:ワーナー・ブラザース映画

タイトルとURLをコピーしました