スポンサーリンク
2021年製作

映画『ファーストラヴ』ネタバレ・あらすじ「堤監督の熟練技」感想「心から“涙”を流せる人が欲しくなる」結末

映画『ファーストラヴ』ネタバレ・あらすじ「堤監督の熟練技」感想「心から“涙”を流せる人が欲しくなる」結末映画『ファーストラヴ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ファーストラヴ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ファーストラヴ』の作品情報・概要第159回直木賞を受賞した女流作家・島本理生のサスペンス小説を映画化。映画『望み』の堤幸彦監督作品。映画『さんかく窓の外側は夜』などの北川景子主演。映画『人数の町』や映画『私をくいとめて』の中村倫也 、芳根京子 、窪塚洋介、映画『記憶にございません!』や映画『Diner ダイナー』の木村佳乃らが共演。幼少期に父から受けたトラウマを抱え育った女子大生が父を刺殺した原因の背景には“毒親”と“幼児性愛”があった。公認心理師として彼女に接する女性の父親はかつて東南アジアで幼児回春を行なっていたというトラウマの解決を目指す作品。
2021年製作

映画『すばらしき世界』ネタバレ・あらすじ「2021年度最高作品決定!」感想「西川美和vs役所広司+仲野太賀with長澤まさみで弱者見殺社会に“喝”」結末

映画『すばらしき世界』ネタバレ・あらすじ「2021年度最高作品決定!」感想「西川美和vs役所広司+仲野太賀with長澤まさみで弱者見殺社会に“喝”」結末 映画『すばらしき世界』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『すばらしき世界』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『すばらしき世界』の作品情報・概要『すばらしき世界』西川美和監督作品。2021年製作。英題『Under The Open Sky』『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』『永い言い訳』とオリジナル脚本にこだわってきた西川美和が初めて原作小説を映画化したことが驚きである。原作は佐木隆三の長編小説『身分帳』実在の人物をモデルに、13年の刑期を終え出所した元殺人犯の男の苦労と生きざまを描く。「社会」と「人間」の“今”をえぐる物語となっている。閉塞感漂う現代日本の今を鋭く描いている。映画『三度目の殺人』の役所広司主演。映画『タロウのバカ』や映画『MOTHER マザー』の仲野太賀、映画『キングダム』や映画『コンフィデンスマンJP』』の長澤まさみ、六角精児、映画『ヤクザと家族 The Family』 や映画『浅田家!』や映画『新聞記者』の北村有起哉、白竜、キムラ緑子、映画『罪の声』の梶芽衣子、映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の橋爪功らが共演。
2021.02.20
お茶の間映画館

映画『夜の訪問者』ネタバレ・あらすじ「チャールズ・ブロンソンの“二の腕”がセクシー」感想「復讐者を返り討ち!」結末

映画『夜の訪問者』ネタバレ・あらすじ「チャールズ・ブロンソンの“二の腕”がセクシー」感想「復讐者を返り討ち!」結末映画『夜の訪問者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『夜の訪問者』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『夜の訪問者』の作品情報・概要『夜の訪問者』原題:『De la part des copains,』米題『Cold Sweat』1970年のイタリア・フランスのサスペンス映画。 テレンス・ヤング監督作品。チャールズ・ブロンソン主演。リヴ・ウルマン ジェームズ・メイソン ジル・アイアランド ジャン・トパール ミシェル・コンスタンタン ルイジ・ピスティッリ ヤニック・ドリュールらが共演。かつての戦友だった者が裏切り者を探して復讐を果たそうと暗躍する物語。 原作はリチャード・マシスンが発表した小説『夜の訪問者』(Ride the Nightmare)から。
お茶の間映画館

映画『新幹線大爆破』ネタバレ・あらすじ「高倉健さん“新境地への挑戦”」感想「戦後30年の日本社会は今と似ている」結末

映画『新幹線大爆破』ネタバレ・あらすじ「高倉健さん“新境地への挑戦”」感想「戦後30年の日本社会は今と似ている」結末映画『新幹線大爆破』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『新幹線大爆破』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『新幹線大爆破』の作品情報・概要『新幹線大爆破』英題『The Bullet Train, Super Express 109』)1975年の日本映画。大スター総出演のパニックアクション映画。海外での評価が高く後の映画製作に大きな影響を与えた。東映の岡田社長の鶴の一声で製作が決まった。ヤクザ映画からの脱皮を模索していた高倉健にとってはイメージチェンジに成功した作品。高度経済成長を遂げた日本への批判も込めらている。監督は映画『カイジ ファイナルゲーム』の佐藤東弥の父である佐藤純弥。
2020年製作

映画『甦る三大テノール 永遠の歌声』ネタバレ・あらすじ「オペラは元気が出る」感想「イタリアへ行きたくなる」結末

映画『甦る三大テノール 永遠の歌声』ネタバレ・あらすじ「オペラは元気が出る」感想「イタリアへ行きたくなる」結末映画『甦る三大テノール 永遠の歌声』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『甦る三大テノール 永遠の歌声』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『甦る三大テノール 永遠の歌声』の作品情報・概要イタリアを代表するオペラ歌手であるルチアーノ・パバロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの「3大テノール」が共演する模様を「始まりから終わりまで」を未公開映像などを交えて構成しているドキュメンタリー作品。始まりは白血病を克服したホセ・カレーラスの復活を祝して。終わりはパバロッティの死。製作はエルマー・クルーゼ。脚本はアクセル・ブリュッゲマン。
2019年製作

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』の作品情報・概要監督・製作総指揮を手掛けたのはイギリスのアシフ・カパディア。『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』で英国アカデミー賞受賞、イギリス人歌手のエイミー・ワインハウスを描いた『AMY エイミー』で第88回アカデミー賞 - 長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した実績を持っている。製作は『オアシス スーパーソニック』のジェームズ・ゲイ=リース、編集は映画『エリック・クラプトン 12小節の人生』 』のクリス・キング。音楽は映画『風をつかまえた少年』のアントニオ・ピント。マラドーナの500時間の貴重な秘蔵映像とインタビューを元に「栄光と挫折を繰り返す天才の光と影」をうまく描いている。カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション、英国アカデミー賞ノミネートされた。
2020年製作

映画『日本独立』ネタバレ・あらすじ「憲法について考えよう」感想「日本人が作った憲法が欲しい」結末

映画『日本独立』ネタバレ・あらすじ「憲法について考えよう」感想「日本人が作った憲法が欲しい」結末映画『日本独立』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『日本独立』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『日本独立』の作品情報・概要『日本独立』伊藤俊也監督作品。映画『ある船頭の話』の浅野忠信主演。2020年12月18日に公開された日本映画。吉田茂と白洲次郎が終戦から憲法制定、独立に至る歴史の裏側を日本側とアメリカ側の両方の視点から描いている。映画『父と暮せば』や映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の宮沢りえ、小林薫、映画『空に住む』や映画『楽園』の柄本明 渡辺大 映画『引っ越し大名!』や映画『罪の声』の松重豊 映画『カイジ ファイナルゲーム』の伊武雅刀 佐野史郎 映画『泥だらけの純情(1977)』や映画『鉄道員(ぽっぽや)』の石橋蓮司 大鶴義丹 青木崇高 映画『エリカ38』や映画『朝が来る』の浅田美代子 梅宮万紗子 映画『えんとつ町のプペル』の野間口徹らが熱演している。
2018年製作

映画『FUNAN フナン』ネタバレ・あらすじ「善悪がテーマではない」感想「母親の物語」結末

映画『FUNAN フナン』ネタバレ・あらすじ「善悪がテーマではない」感想「母親の物語」結末映画『FUNAN フナン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『FUNAN フナン』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『FUNAN フナン』の作品情報・概要『FUNAN フナン』原題『Funan』2018年製作。第42回アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを獲得作品。ドゥニ・ドゥ監督によるカンボジアの歴史ドラマを扱ったアニメーション映画。「家族の物語。母親の物語」である。脚本はドゥとマガリ・プゾル 。エリーゼ・トリン参画。ドゥニ・ドゥの母親の実体験をベースに1975年4月のクメール・ルージュの革命開始後から脚本化されている。映画のタイトル『FUNAN フナン』は、かつてインドシナ半島に存在した国家、扶南国に由来する。
2020年製作

映画『夏、至るころ』ネタバレ・あらすじ「偉いぞ!池田エライザ監督」感想「高校三年生をもう一度戻りたくなる」結末

映画『夏、至るころ』ネタバレ・あらすじ「偉いぞ!池田エライザ監督」感想「高校三年生をもう一度戻りたくなる」結末映画『夏、至るころ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『夏、至るころ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『夏、至るころ』の作品情報・概要池田エライザは女優・歌手・ファッションモデル、さらに写真家としても稀有な才能を発揮している。そして遂に映画監督として衝撃のデビュー果たした。自身の出身地である福岡で「地域」「食」「高校生」をテーマにした青春映画制作プロジェクト「ぼくらのレシピ図鑑」の企画と出会い、田川市を訪れて物語を紡いだ。夢を持つことが難しい現代の若者の言葉にならない不安、葛藤、生きる力を瑞々しい青春映画として描いた名作。脚本は下田悠子。撮影監督は今井孝博。倉悠貴、石内呂依、さいとうなり、杉野希妃、大塚まさじ、高良健吾、リリー・フランキーらが出演。配給はキネマ旬報DDと映画24区。
2021年製作

映画『ヤクザと家族 The Family』ネタバレ・あらすじ「家族愛が描けてない」感想「勉強不足では?」結末

映画『ヤクザと家族 The Family』ネタバレ・あらすじ「家族愛が描けてない」感想「勉強不足では?」結末映画『ヤクザと家族 The Family』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヤクザと家族 The Family』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ヤクザと家族 The Family』の作品情報・概要『ヤクザと家族 The Family』2021年1月29日公開予定の日本映画。監督は映画『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞で作品賞を獲得し邦画界を驚愕させ、映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』ではファンタジー映画で豊か才能を披露した藤井道人。主演は映画『楽園』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』の綾野剛。映画『アルキメデスの大戦』の舘ひろし、映画『浅田家!』の北村有起哉、映画『ラストレター』の市原隼人、映画『さくら』の寺島しのぶ。現代ヤクザの苦境を描いた作品。製作は『宮本から君へ』「新聞記者」『MOTHER マザー』を送り出したスターサンズの河村光庸氏。
2021.02.17
お茶の間映画館

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊!」感想「ベニーニの才能に完落ち」結末

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊!」感想「ベニーニの才能の完落ち」結末映画『ライフ・イズ・ビューティフル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ライフ・イズ・ビューティフル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ライフ・イズ・ビューティフル』の作品情報・概要『ライフ・イズ・ビューティフル』原題『La vita è bella』英題『Life Is Beautiful』1997年のイタリア映画。ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演作品。共演は妻のニコレッタ・ブラスキ。第二次世界大戦の始まりから終結のイタリアが舞台。ナチスドイツのユダヤ人迫害(ホロコースト)を、ユダヤ系イタリア人の親子の視点から描いた愛が溢れた映画。第51回カンヌ国際映画祭(1998年)で審査員グランプリを受賞。第71回米国アカデミー賞(1999年)で作品賞ほか7部門にノミネートされ、主演男優賞、作曲賞、外国語映画賞を受賞。ロベルト・ベニーニは外国語でのアカデミー主演男優賞を受賞した初めての男優となる。
2021年製作

映画『さんかく窓の外側は夜』ネタバレ・あらすじ「BLホラーを開拓」感想「幽霊より、人間の方が怖い」結末

映画『さんかく窓の外側は夜』ネタバレ・あらすじ「BLホラーを開拓」感想「幽霊より、人間の方が怖い」結末映画『さんかく窓の外側は夜』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『さんかく窓の外側は夜』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『さんかく窓の外側は夜』の作品情報・概要『さんかく窓の外側は夜』ヤマシタトモコによる日本の漫画作品である。実写の映画化に関してはワタナベエンターテインメントと松竹による共同製作プロジェクトの第1弾作品として製作。「BLホラー」を開拓した画期的な映画。監督はCMディレクターとして評価の高い森ガキ侑大。主演は岡田将生と『一度死んでみた』の志尊淳。平手友梨奈、『パラレルワールド・ラブストーリー』の筒井道隆、映画『さよなら くちびる』のマキタスポーツ、映画『マチネの終わりに』や映画『コンフィデンスマンJP』の桜井ユキ、映画『君の膵臓をたべたい(2017)』の北川景子らが共演。
2021.02.17
2020年製作

映画『えんとつ町のプペル』ネタバレ・あらすじ「西野亮廣さん描く日本社会の煙とは?風穴を空けるのは誰?」感想「10年後に高評価される」結末

映画『えんとつ町のプペル』ネタバレ・あらすじ「西野亮廣さん描く日本社会の煙とは?風穴を空けるのは誰?」感想「10年後に高評価される」結末映画『えんとつ町のプペル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『えんとつ町のプペル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『えんとつ町のプペル』の作品情報・概要『えんとつ町のプペル』英題『POUPELLE OF CHIMNEY TOWN』日本のアニメーション映画。お笑いタレント・絵本作家・著作家とマルチに活躍する西野亮廣が製作総指揮の元、完全分業制で制作。アニメーション制作は『AKIRA』『鉄コン筋クリート』などの実績があるSTUDIO4℃が担当。声優は映画『Diner ダイナー』の窪田正孝、芦田愛菜、映画『大コメ騒動』の立川志の輔、映画『記憶にございません!』の小池栄子、『七つの会議』の藤森慎吾、映画『ホテルローヤル』や映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』伊藤沙莉など担当している。「少年と父親の夢物語」をベースに日本社会の現状を鑑み「信じれば、世界は変わる」こと、さらに勇気を出して生きていこう!というメッセージがある。
2021.02.17
2020年製作

映画『ズーム 見えない参加者』ネタバレ・あらすじ「Zoom交霊会というアイデアに驚愕」感想「英国のフィルムメーカーに感謝」結末

映画『ズーム 見えない参加者』ネタバレ・あらすじ「Zoom交霊会というアイデアに驚愕」感想「英国のフィルムメーカーに感謝」結末 映画『ズーム 見えない参加者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ズーム 見えない参加者』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください映画『ズーム 見えない参加者』の作品情報・概要『ズーム 見えない参加者』原題『Host』2020年イギリス製作。世界を恐怖のどん底に陥れた新型コロナウイルス。全世界的に外出自粛がなされ、人との交流も、文化芸術活動も行われなくなった。そしてZoomを介して人々はコミュニケーションを図る時代に入った。本映画はロックダウンされたイギリスを舞台にZoomを介して死者と交信を行う「Zoom交霊会」をモチーフに映画化した作品である。監督はロブ・サベッジ。編集はブレンナ・ランゴット。出演はヘイリー・ビショップ、ラディーナ・ドランドバ、ジェマ・ムーア、キャロライン・ウォード、エマ・ルイーズ・ウェッブ、エドワード・リナードら。
2021.02.17
2019年製作

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』ネタバレ・あらすじ「人生は必ず好転する」感想「チャールズ・ディケンズの自伝的映画」結末

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』ネタバレ・あらすじ「人生は必ず好転する」感想「チャールズ・ディケンズの自伝的映画」結末 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『どん底作家の人生に幸あれ!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『どん底作家の人生に幸あれ!』の作品情報・概要『どん底作家の人生に幸あれ!』原題『The Personal History of David Copperfield』2019年の英米合作のコメディドラマ映画。映画『スターリンの葬送狂騒曲』のアーマンド・イアヌッチ監督作品。主演は映画『 ホテル・ムンバイ』 のデーヴ・パテール。共演は映画『デッド・ドント・ダイ』や『サスペリア』のティルダ・スウィントン、ヒュー・ローリー、ピーター・カパルディ、映画『リトル・ジョー』のベン・ウィショー、ポール・ホワイトハウス、映画『やっぱり契約破棄していいですか!?』のアナイリン・バーナード、デイジー・メイ・クーパー、モーフィド・クラーク、ベネディクト・ウォン、グェンドリン・クリスティーら。
2021.02.17
お茶の間映画館

映画『スティング』ネタバレ・あらすじ「詐欺映画の金字塔」感想「映画製作の勉強になる」結末

映画『スティング』ネタバレ・あらすじ「詐欺映画の金字塔」感想「映画製作の勉強になる」結末 映画『スティング』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スティング』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『スティング』の作品情報・概要『スティング』原題『The Sting』1973年公開のアメリカ映画。監督はジョージ・ロイ・ヒル。アメリカン・ニューシネマの代表作『明日に向って撃て!』で共演したポール・ニューマンと映画『追憶(1973)』や映画『さらば愛しきアウトロー』のロバート・レッドフォードが再びコンビを組んで大ヒット。脚本のデビッド・S・ウォードは当時28歳、音楽のマービン・ハムリッシュは29歳と若き作家の台頭も感じさせる映画。製作会社はユニバーサル・ピクチャーズ。1974年第46回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞、音楽賞の7部門を受賞。詐欺師映画として映画史に残る名作。
2021.02.17
お茶の間映画館

映画『ハスラー2』ネタバレ・あらすじ「トム・クルーズの“イケイケ”で大ヒット」感想「ポール・ニューマンはアカデミー受賞」結末

映画『ハスラー2』ネタバレ・あらすじ「トム・クルーズの“イケイケ”で大ヒット」感想「ポール・ニューマンはアカデミー受賞」結末映画『ハスラー2』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハスラー2』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ハスラー2』の作品情報・概要『ハスラー2』原題『The Color of Money』ウォルター・テヴィスの小説を原作にしたアメリカ映画。『レイジング・ブル』のマーティン・スコセッシ監督作品。映画『明日に向かって撃て!』ポール・ニューマン主演。映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のトム・クルーズ、メアリー・エリザベス・マストラントニオ共演で1986年製作。ポール・ニューマン主演の1961年公開の映画『ハスラー』(The Hustler)の、25年越しの続編。ポール・ニューマンは本作の演技で1987年アカデミー主演男優賞を受賞している。ハスラーの意味は“ぶんどる”とか“ぼったくる”とか“騙す”となる。若き日のイギー・ポップ(映画『デッド・ドント・ダイ』)フォレスト・ウィテカー(映画『ブラックパンサー』)も出演している。
2021.02.17
フランス映画

映画『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末

映画『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末映画『勝手にしやがれ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『勝手にしやがれ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画映画『勝手にしやがれ』の作品情報・概要『勝手にしやがれ』原題『À bout de souffle』英題『Breathless』1959年製作のフランスの映画。ジャン=リュック・ゴダール長編デビュー作。1960年、ベルリン国際映画祭銀熊賞 (監督賞)受賞。原案はフランソワ・トリュフォーで、実際にあった事件をモチーフに製作された。「ヌーヴェルバーグ」の先駆け的映画。石原慎太郎著作・脚本『狂った果実』の影響あり。
2021.02.17
2019年製作

映画『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』ネタバレ・あらすじ「インド人って頭良い」感想「日本遅れてます」結末

映画『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』ネタバレ・あらすじ「インド人って頭良い」感想「日本遅れてます」結末映画『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』の作品情報・概要『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打ち上げ計画』原題『Mission Mangal』は2019年のインド製作のドラマ映画。監督はジャガン・シャクティ。主演はアクシャイ・クマール。ヴィディヤ・バラン、タープシー・パンヌ、ニティヤー・メネン、キールティ・クルハーリー、ソーナークシー・シンハー、シャルマン・ジョーシーら。
2021.02.17
お茶の間映画館

映画『追憶(1973)』ネタバレ・あらすじ「バーブラ・ストライサンド適役でヒット!」感想「音楽勝ち映画」結末

映画『追憶(1973)』ネタバレ・あらすじ「バーブラ・ストライサンド適役でヒット!」感想「音楽勝ち映画」結末映画『追憶(1973)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『追憶(1973)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『追憶(1973)』の作品情報・概要『追憶』 原題『The Way We Were』1973年のアメリカ映画。シドニー・ポラック監督。脚本はアーサー・ローレンツ。彼が大学時代に体験した学生運動を元にしている。主演は映画『ようこそ映画音響の世界へ』のバーブラ・ストライサンドと映画『明日に向かって撃て!』や映画『さらば愛しきアウトロー』のロバート・レッドフォード。左翼思想・共産主義に傾倒するケイティ・モロスキーとノンポリのハベルが恋愛して、結婚、離婚して成長していく物語を第二次大戦と戦後を挟んで紡ぐ物語。マッカーシズム、赤狩りの描写も内包した社会派映画の側面もある。
2021.02.17
2020年製作

映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』ネタバレ・あらすじ「谷垣健治監督を応援したい」感想「中国人はすごい!」結末

映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』ネタバレ・あらすじ「谷垣健治監督を応援したい」感想「中国人はすごい!」結末映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』の作品情報・概要『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』原題『肥龍過江 Enter the Fat Dragon』は2020年香港製作のアクションコメディ映画。主演は『イップ・マン『』シリーズや『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』で活躍するア世界的なアクション俳優のドニー・イェン。監督は日本を代表するアクション監督の谷垣健治。熱血刑事が婚約者に捨てられ、仕事も左遷され、自暴自棄の末に激太り。ひょんなんことから日本人の犯罪者を移送して名誉挽回を試みる。映画『カツベン!』の竹中直人、映画『ホテルローヤル』の丞威、映画『望み』の渡辺哲、映画『事故物件 恐い間取り』のバービーらが出演。初代デブゴンのサモ・ハン・キンポーに敬意を払っている。
2021.02.17
2021年製作

映画『大コメ騒動』ネタバレ・あらすじ「井上真央さんの“真っ黒くろすけ”に好印象」感想「おかかは子どものために生きる!」結末

映画『大コメ騒動』ネタバレ・あらすじ「井上真央さんの“真っ黒くろすけ”に好印象」感想「おかかは子どものために生きる!」結末映画『大コメ騒動』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『大コメ騒動』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『大コメ騒動』の作品情報・概要『大コメ騒動』2021年1月8日に公開された日本映画。原案・監督は本木克英、脚本は谷本佳織。主演は映画『カツベン!』の井上真央。舞台設定は1918年の富山。実際にあった“越中女房一揆”で活躍した“おかか”たちのコメ騒動をモチーフに制作されている。富山出身の俳優、室井滋、立川志の輔、映画『引っ越し大名!』の西村まさ彦、映画LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』の柴田理恵、左時枝らの好演も見所。他に映画『ダンスウィズミー』の三浦貴大、映画『Vision』』や映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の夏木マリ、映画『事故物件 恐い間取り』の木下ほうか、映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『泥だらけの純情(1977)』の石橋蓮司。
2021.02.17
2021年製作

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』ネタバレ・あらすじ「祝・鈴木保奈美さん復活」感想「ゲイ役の東山紀之君が素敵!」結末

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』ネタバレ・あらすじ「祝・鈴木保奈美さん復活」感想「ゲイ役の東山紀之君が素敵!」結末 映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』の作品情報・概要イタリア人監督パオロ・ジェノヴェーゼ『Perfetti sconosciuti』を日本語版としてリメイク。本作は世界中でリメイクされているヒット映画。集まった男女が「スマホに届くメールと電話のすべてを全員に公開する」ゲームを通して人間関係を良好?にして行く物語。光野道夫監督作品。東山紀之、常盤貴子、映画『空母いぶき』の益岡徹、映画『カツベン!』の田口浩正、映画『マチネの終わりに』の木南晴夏、淵上泰史、鈴木保奈美らが出演。
2021.02.17
2019年製作

ハンガリー映画『この世界に残されて』ネタバレ・あらすじ「生き抜いて欲しい」感想「純愛がステキ」結末

ハンガリー映画『この世界に残されて』ネタバレ・あらすじ「生き抜いて欲しい」感想「純愛がステキ」結末映画『この世界に残されて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『この世界に残されて』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『この世界に残されて』の作品情報・概要『この世界に残されて』原題『Akik maradtak』2019年ハンガリー製作の映画。第92回アカデミー賞の国際長編映画賞ショートリストに選出。バルナバーシュ・トート監督作品。カーロイ・ハイデュク、アビゲール・セーケ主演。第二次世界大戦後の1948年を舞台に、年齢差のある男女の同居生活を通して、お互いの存在意味から再起へ向けて立ち上がっていく様子を描いている。少女も医師も家族とナチスドイツによって虐殺されている。傷ついている二人は年齢差を超えて静かに気持ちを共有していく。しかしハンガリーはソビエトの支配下に置かれ、監視の目が厳しくなっている。
2021.02.17
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました