スポンサーリンク
2021年製作

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」 映画『ドント・ルック・アップ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドント・ルック・アップ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドント・ルック・アップ』の作品情報・概要 『ドント・ルック・アップ』原題『Don’t Look Up』アダム・マッケイ脚本・共同製作・監督作品。アメリカのブラックコメディ映画。レオナルド・ディカプリオ(映画『タイタニック(1997)』や映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』や映画『仮面の男』)、ジェニファー・ローレンス、ロブ・モーガン、ジョナ・ヒル(映画『mid90s ミッドナインティーズ』や映画『行き止まりの世界に生まれて』や映画『リチャード・ジュエル』)、マーク・ライランス 、タイラー・ペリー(『バイス』や映画『モンタナの目撃者』)、ティモシー・シャラメ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』や映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』や映画『ビューティフル・ボーイ』) 、ロン・パールマン(映画『塔の上のラプンツェル』) 、アリアナ・グランデ (映画『チャーリーズ・エンジェル』)、スコット・メスカディ 、ケイト・ブランシェット(映画『ソング・トゥ・ソング』)、メリル・ストリープ(映画『プラダを着た悪魔』や映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』や映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マディソン郡の橋』)らが出演。地球に彗星が衝突するまでの日々をアメリカ大統領のバカっぷりと主軸に、SNSという軽薄な潮流をコメディとして描く名作。
2022.01.13
2021年製作

映画『幕が下りたら会いましょう』ネタバレ・あらすじ「前田聖来の才能に驚愕!」感想「座長・松井玲奈の未来は?」結末「若者が溌剌としている」

映画『幕が下りたら会いましょう』ネタバレ・あらすじ「前田聖来の才能に驚愕!」感想「座長・松井玲奈の未来は?」結末「若者が溌剌としている」 映画『幕が下りたら会いましょう』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『幕が下りたら会いましょう』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『幕が下りたら会いましょう』の作品情報・概要 『幕が下りたら会いましょう』2021年11月26日に公開された日本映画。前田聖来監督作品。主演は松井玲奈。美容室で働きながら劇団の主宰を務める女性が妹の死をきっかけにして様々な人々との出会いと再会を経て自分自身と向き合っていく物語。筧美和子、しゅはまはるみ、日高七海、江野沢愛美、木口健太、大塚萌香、目次立樹、安倍乙、亀田侑樹らが出演。
2020年製作

映画『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」

映画『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」映画『アンテベラム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アンテベラム』の作品情報・概要『アンテベラム』原題『Antebellum』2020年のアメリカのホラースリラー映画。ジェラルド・ブッシュとクリストファー・レンツが長編監督デビュー作品。ジャネール・モネイ(映画『ハリエット』や映画『マーウェン』)、エリック・ラング、ジェナ・マローン(映画『パブリック 図書館の奇跡』)、ジャック・ヒューストン(映画『アイリッシュマン』)、キアシー・クレモンズらが出演する。米国ではコロナ感染症拡大のため、2020年9月18日にプレミアム・ビデオ・オン・デマンドで公開された。その後、劇場公開へ。
2021年製作

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の作品情報・概要 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』原題『Venom: Let There Be Carnage』マーベル・コミックのキャラクター「ヴェノム」をベースに映画化。2021年のアメリカのスーパーヒーロー映画。アンディ・サーキス監督作品。脚本はケリー・マーセル(映画『クルエラ』)『ヴェノム』(2018年)の続編。トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン(映画『ガラスの城の約束』や『記者たち 衝撃と畏怖の真実』)、ミシェル・ウィリアムズらが出演する。
2021.12.20
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソンが綺麗になっていく」感想「いじめ克服映画」結末「魔法使いは性格悪い」

映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソンが綺麗になっていく」感想「いじめ克服映画」結末「魔法使いは性格悪い」 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の作品情報・概要 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』原題『Harry Potter and the Order of the Phoenix』J・K・ローリングが2003年に発表した、小説『ハリー・ポッター』シリーズの映像化。デビッド・イェーツ監督作品。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミスらが出演。
2021.12.07
2021年製作

映画『恋する寄生虫』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん&菅田将暉くん祝!結婚おめでとう」感想「林遣都くんの成長ぶりも見もの」結末「エンディングの花火が『糸』そっくり」

映画『恋する寄生虫』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん&菅田将暉くん祝!結婚おめでとう」感想「林遣都くんの成長ぶりも見もの」結末「エンディングの花火が『糸』そっくり」 映画『恋する寄生虫』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『恋する寄生虫』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『恋する寄生虫』の作品情報・概要『恋する寄生虫』三秋縋の長編小説を映画化。柿本ケンサク監督作品。2021年製作の日本映画。ホラー・サスペンス色が強い。極度の潔癖症に悩まされ、人間関係を築けずに孤独に過ごす青年と、視線恐怖症で不登校の女子高生の寄生虫によってもたらされた恋愛模様を描く。林遣都、小松菜奈、井浦新、石橋凌らが出演。
2021年製作

映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」

映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」映画『ミラベルと魔法だらけの家』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミラベルと魔法だらけの家』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミラベルと魔法だらけの家』の作品情報・概要『ミラベルと魔法だらけの家』原題『Encanto』2021年11月24日に公開されたアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ファンタジー・ミュージカル映画。バイロン・ハワードとジャレッド・ブッシュ監督作品。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作。活気溢れる南米コロンビアの奥地に佇む、魔法の力を持つ不思議な家が舞台。そこに住むマドリガル家に生まれる子どもたちを主軸に展開していく。
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフってハンサムじゃん」感想「エマ・ワトソンってやっぱり将来性があった」結末「イギリス映画って独特」

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフってハンサムじゃん」感想「エマ・ワトソンってやっぱり将来性があった」結末「イギリス映画って独特」 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の作品情報・概要 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』原題『Harry Potter and the Goblet of Fire』マイク・ニューウェル監督作品。イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが2000年に発表した、子供向けのファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第4巻を映画化した作品(2001年のヒューゴー賞(長編小説)を受賞)ホグワーツ魔法魔術学校の4年生となったハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ) が、望まないまま三大魔法学校対抗試合の選手となり、その裏に史上最悪の魔法使いヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の謀略を感じつつ、厳しい試練に立ち向かう一年間を描く。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーンらが出演。興行収入110億円。
2021年製作

【ネタバレ酷評】映画『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」

【ネタバレ酷評】映画『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」 映画『そして、バトンは渡された』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『そして、バトンは渡された』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『そして、バトンは渡された』の作品情報・概要 『そして、バトンは渡された』2021年製作の日本映画。前田哲監督作品。第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの同名ベストセラー小説を映画化。永野芽郁、田中圭(映画『哀愁しんでれら』や映画『美人が婚活してみたら』)、岡田健史(映画『望み』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、稲垣来泉(映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』)、朝比奈彩、安藤裕子 、戸田菜穂(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』) 、木野花(映画『MOTHER マザー』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、石原さとみ(映画『胸が鳴るのは君のせい』)、大森南朋(映画『空に住む』や映画『コクリコ坂から』や映画『この道』)市村正親(映画『燃えよ剣』)らが出演。血のつながらない親の間をリレーされ、これまで4回も名字が変わった優子を主軸に「家族とは?」「親とは?」について掘り下げている。原作小説とは大きく異なる結末となっている。
2019年製作

映画『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」

映画『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」 映画『ほんとうのピノッキオ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ほんとうのピノッキオ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ほんとうのピノッキオ』の作品情報・概要 『ほんとうのピノッキオ』原題『Pinocchio』2019年のイタリアのファンタジー映画。マッテオ・ガローネ監督作品(映画『ドッグマン』)。カルロ・コッローディの『ピノッキオの冒険』を原作を映画化。マッテオ・ガローネは脚本・製作も務めている。主要キャストはロベルト・ベニーニ(映画『ライフ・イズ・ビューティフル』)、フェデリコ・エラピ、ロッコ・パパレオ(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)、マッシモ・チョッケリニ、マリーヌ・バクト、ジジ・プロイエッティ、アリーダ・バルダリ・カラブリア、マリア・ピア・ティモ、マッシミリアーノ・ガッロ、ジャンフランコ・ガッロ(映画『トスカーナの幸せレシピ』)、ダビデ・マロッタ、テコ・セリオ出演らが出演。
2021年製作

映画『エターナルズ』ネタバレ・あらすじ「アンジェリーナ・ジョリー案外良いかも」感想「ヒーローが多すぎる」結末「マーベルは観なきゃいけない!という強迫観念」

映画『エターナルズ』ネタバレ・あらすじ「アンジェリーナ・ジョリー案外良いかも」感想「ヒーローが多すぎる」結末「マーベルは観なきゃいけない!という強迫観念」映画『エターナルズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エターナルズ』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『エターナルズ』の作品情報・概要『エターナルズ』原題『Eternals』クロエ・ジャオが監督作品(映画『ノマドランド』)。マーベル・コミックの同名の種族をベースとした、2021年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給。マーベル・シネマティック・ユニバースの第26作目。ジャオとパトリック・バーリー、ライアン・フィルポ、マシュー・フィルポが脚本を務め、ジェンマ・チャン(映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)、リチャード・マッデン(映画『ロケットマン』)、クメイル・ナンジアニ、リア・マクヒュー、ブライアン・タイリー・ヘンリー、ローレン・リドロフ、バリー・コーガン(映画『アメリカン・アニマルズ』)、ドン・リー(映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)、キット・ハリントン、サルマ・ハエック(映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』)、アンジェリーナ・ジョリー(映画『モンタナの目撃者』)らが出演。半分に減った地球の人口が戻った後、地球にある危機が迫り、セレスティアルズによって生み出され7000年以上人類を導き見守り地球で密かに暮らしていた不死の宇宙種族エターナルズは邪悪なディヴィアンツから地球を守ることになり、再び集結することとなる。
2021年製作

映画『ハロウィン KILLS』ネタバレ・あらすじ「アメリカのキッズの恐怖!ブギーマンってなに?」感想「予定調和有り!安心して観よう!」結末「歓迎!シリーズ化」

映画『ハロウィン KILLS』ネタバレ・あらすじ「アメリカのキッズの恐怖!ブギーマンってなに?」感想「予定調和有り!安心して観よう!」結末「歓迎!シリーズ化」映画『ハロウィン KILLS』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハロウィン KILLS』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハロウィン KILLS』の作品情報・概要『ハロウィン KILLS』原題『Halloween Kills』2021年公開予定のアメリカ合衆国のスラッシャー映画。デヴィッド・ゴードン・グリーン監督作品。脚本はグリーン、ダニー・マクブライド、スコット・ティームスが務める。2018年の『ハロウィン』の続編。ジェイミー・リー・カーティス(映画『ハロウィン』)、ジュディ・グリア(映画『ジュラシック・ワールド』や映画『ジョン・デロリアン』)、アンディ・マティチャック、ジェームズ・ジュード・コートニー、アンソニー・マイケル・ホール、カイル・リチャーズ、ウィル・パットン(映画『ミナリ』)、トーマス・マン、ナンシー・スティーブンス、ニック・キャッスル、ディラン・アーノルドらが出演。「ハロウィン」フランチャイズの第12作目。予定調和のスプラッター&ホラー映画です。
2019年製作

映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』ネタバレ・あらすじ「愛している」感想「幸せになって欲しい」結末「京アニは凄い!」

映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』ネタバレ・あらすじ「愛している」感想「幸せになって欲しい」結末「京アニは凄い!」映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』の作品情報・概要『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、暁佳奈による日本の小説であり、アニメーション作品。イラストは高瀬亜貴子が手掛けている。 KAエスマ文庫(京都アニメーション)より2015年12月から刊行された。「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の少女を中心に繰り広げられる群像劇。第5回京都アニメーション大賞の大賞受賞作である。2021年現在で唯一の大賞受賞作である映画。声は石川由依、寿美菜子、悠木碧、内山昂輝、子安武人、遠藤綾、茅原実里、戸松遥らが勤めている。
2021年製作

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』ネタバレ・あらすじ「Bボットが欲しい」感想「ドラえもんみたい」結末「ほのぼのする映画」

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』ネタバレ・あらすじ「Bボットが欲しい」感想「ドラえもんみたい」結末「ほのぼのする映画」映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の作品情報・概要『ロン 僕のポンコツ・ボット』原題『Ron’s Gone Wrong』イギリス、アメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションのSFコメディ映画。ロックスミス・アニメーションの初の作品。ディズニーと20世紀スタジオが配給する唯一の作品となる。「Bボット」とは、最新式のロボット型デバイス。ネット、写真、通話、TV、ゲーム、音楽といったあらゆるデジタル機能に加えて、持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれるという夢のような存在である。ザック・ガリフィアナキス、ジャック・ディラン・グレイザー(映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』)、オリビア・コールマン(映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)、エド・ヘルムズ、ジャスティス・スミス(映画『名探偵ピカチュウ』)、ロブ・ディレイニー (映画『スキャンダル』)、カイリー・キャントラル 、リカルド・ウルタド 、マーカス・スクリブナー、トーマス・バーブスカらが出演。
2021年製作

映画『燃えよ剣』ネタバレ・あらすじ「岡田准一の“殺陣”にため息」感想「新撰組映画最高傑作」結末「柴咲コウは良い女優だ」

映画『燃えよ剣』ネタバレ・あらすじ「岡田准一の“殺陣”にため息」感想「新撰組映画最高傑作」結末「柴咲コウは良い女優だ」映画『燃えよ剣』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『燃えよ剣』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『燃えよ剣』の作品情報・概要 『燃えよ剣』司馬遼太郎の歴史小説で『週刊文春』誌上で、1962年(昭和37年)11月から1964年(昭和39年)3月にかけて連載された作品を映画化。幕末の武装集団、新選組副長・土方歳三の生涯を描く。原田眞人監督作品。岡田准一(映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』や映画『コクリコ坂から』)、柴咲コウ(映画『クルエラ』)、鈴木亮平(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『海街diary』)、山田涼介、尾上右近、山田裕貴、たかお鷹、坂東巳之助、安井順平、谷田歩、金田哲、大場泰正、坂井真紀、山路和弘、松村武、酒向芳らが出演。
2021年製作

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」映画『DUNE デューン 砂の惑星』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『DUNE デューン 砂の惑星』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。  映画『DUNE デューン 砂の惑星』の作品情報・概要『DUNE/デューン 砂の惑星』原題『Dune、別題: Dune: Part One』2021年のアメリカ合衆国のSF映画。ドゥニ・ビルヌーブ監督作品。エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ヴィルヌーヴが脚本執筆。フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』の映画化作品。二部作の第1弾。ティモシー・シャラメ主演。レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、スティーヴン・ヘンダーソン、ゼンデイヤ、デヴィッド・ダストマルチャン、チャン・チェン、シャロン・ダンカン=ブルースター、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムが出演している。1970年代にアレハンドロ・ホドロフスキーが10時間以上の大作映画構想を企画するが製作中止に追い込まれた。リドリー・スコットも企画したが断念。1984年にはデイヴィッド・リンチ監督が映画『デューン/砂の惑星』を発表したがファイナルカットの権利がもらえず上映し、惨敗している。
2021.10.16
2021年製作

映画『ONODA 一万夜を越えて』ネタバレ・あらすじ「真実の小野田さんを観たい!」感想「負けず嫌いの性格で“29年”」結末「人生サバイバル!」

映画『ONODA 一万夜を越えて』ネタバレ・あらすじ「真実の小野田さんを観たい!」感想「負けず嫌いの性格で“29年”」結末「人生サバイバル!」映画『ONODA 一万夜を越えて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ONODA 一万夜を越えて』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ONODA 一万夜を越えて』の作品情報・概要『ONODA 一万夜を越えて』原題『Onoda, 10 000 nuits dans la jungle』2021年、フランス、ドイツ、ベルギー、イタリア、日本による国際共同製作作品。アルチュール・アラリ監督作品。原作はベルナール・サンドロン、、主演は遠藤雄弥(映画『空母いぶき』)と津田寛治(『この道』)。第74回カンヌ国際映画祭・ある視点部門オープニング作品。太平洋戦争終戦後、29年間フィリピン・ルバング島で過ごし、1974年に日本に帰還した小野田寛郎旧陸軍少尉と部下三人とジャングルでの壮絶な日々を描いている。フィクションの色が濃い。仲野太賀(映画『MOTHER マザー』や映画『タロウのバカ』や映画『すばらしき世界』)、松浦祐也(映画『人数の町』や映画『さよなら くちびる』)、千葉哲也(映画『空母いぶき』)、カトウシンスケ、井之脇海、足立智充、吉岡睦雄、嶋田久作(映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、伊島空、森岡龍、諏訪敦彦、イッセー尾形(『ソローキンの見た桜』)らが出演。
2021年製作

映画『メインストリーム』ネタバレ・あらすじ「アンドリュー・ガーフィールド必見!」感想「SNSは“快感物質”を垂れ流す」結末「ローラがハリウッドで頑張っている」

映画『メインストリーム』ネタバレ・あらすじ「アンドリュー・ガーフィールド必見!」感想「SNSは“快感物質”を垂れ流す」結末「ローラがハリウッドで頑張っている」映画『メインストリーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『メインストリーム』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『メインストリーム』の作品情報・概要『メインストリーム』原題『Mainstream』2020年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画。ジア・コッポラ監督作品。主演はアンドリュー・ガーフィールド。マヤ・ホーク、ナット・ウルフ、ジョニー・ノックスビル、ジェイソン・シュワルツマン、アレクサ・デミー、コリーン・キャンプ、ローラらが出演。
2021年製作

映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」

映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」映画『キャッシュトラック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キャッシュトラック』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『キャッシュトラック』の作品情報・概要『キャッシュトラック』原題『Wrath of Man』2021年製作のアメリカ・イギリス合作のクライムアクション映画。ガイ・リッチー監督作品(映画『ジェントルメン』や映画『アラジン』)。ジェイソン・ステイサム主演(映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』)。ホルト・マッキャラニー(映画『グリーンランド 地球最後の2日間』)、ジェフリー・ドノバン(映画『テッド・バンディ』や『J・エドガー』)、ジョシュ・ハートネット、ラズ・アロンソ 、ラウル・カスティーロ、デオビア・オパレイ、エディ・マーサン(『バイス』)、スコット・イーストウッド(映画『インビクタス/負けざる者たち』や映画『父親たちの星条旗』)、ニアム・アルガーらが出演。ガイ・リッチーとジェイソン・ステイサムが『リボルバー』以来16年ぶりにタッグを組み、フランス映画『ブルー・レクイエム』(2003年)をリメイクした。
2021年製作

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の作品情報・概要『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』原題『Prisoners of the Ghostland』2021年のアメリカのスリラー映画。園子温監督ハリウッドデビュー作品。ニコラス・ケイジ主演。ソフィア・ブテラ、ビル・モーズリー、ニック・カサベテス、TAK∴、中屋柚香、YOUNG DAIS、古藤ロレナ、縄田カノン、栗原類、渡辺哲、潤浩らが出演。場所や時代設定が独創的である。時代劇と西部劇の融合で、近未来に訪れるディズトピア社会を描いている。脚本はアーロン・ヘンドリーとレザ・シクソ・サファイ。
2022.01.13
2021年製作

映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」

映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」映画『空白』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『空白』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『空白』の作品情報・概要『空白』2021年9月23日公開の日本映画。吉田恵輔監督作品。主演は古田新太(映画『一度死んでみた』や映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』)。松坂桃李(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『いのちの停車場』や映画『蜜蜂と遠雷』)、田畑智子、藤原季節、趣里(『生きてるだけで、愛。』)、伊東蒼、片岡礼子(映画『楽園』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、寺島しのぶ(映画『劇場版 アーヤと魔女』や映画『さくら』)らが共演。万引き未遂事件を起こして逃走した女子中学生の交通事故死をきっかけに、彼女の身の潔白を証明しようと、スーパーマーケットの店長をはじめとした関係者を相手取った父親の暴走を描く。またテレビ、新聞などのマスコミの過激な報道姿勢についても言及している。
2020年製作

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の作品情報・概要 『コンフィデンスマンJP -プリンセス編-』2020年7月23日に公開された日本のコメディ映画。田中亮監督作品。長澤まさみ主演(映画『すばらしき世界』や映画『MOTHER マザー』や映画『キングダム』)。東出昌大(映画『スパイの妻 劇場版』や映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』)、小手伸也(映画『事故物件 恐い間取り』)、小日向文世(映画『奥様は、取り扱い注意』)、竹内結子、三浦春馬(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、広末涼子(映画『鉄道員(ぽっぽや)』)、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』 )らが出演。興行収入は前作『ロマンス編』の29.7億円を超え、30億円を超える大ヒットとなる。元々は2018年4月9日から6月11日まで、フジテレビ系「月9」枠にて放送されたテレビドラマである。
2022.01.13
2021年製作

映画『レミニセンス』ネタバレ・あらすじ「意味は“回想”」感想「ヒュー・ジャックマン背が高い」結末「レベッカ・ファーガソンにため息」

映画『レミニセンス』ネタバレ・あらすじ「意味は“回想”」感想「ヒュー・ジャックマン背が高い」結末「レベッカ・ファーガソンにため息」映画『レミニセンス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レミニセンス』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『レミニセンス』の作品情報・概要『レミニセンス』原題『Reminiscence』2021年のアメリカ合衆国のSFサスペンススリラー映画。リサ・ジョイ監督・脚本作品で長編監督デビュー。ヒュー・ジャックマン(映画『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』や『フロントランナー』)、レベッカ・ファーガソン(映画『ドクター・スリープ』映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』)、タンディ・ニュートン(映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』)、ダニエル・ウー、クリフ・カーティス(映画『コロンビアーナ』や映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』)、マリーナ・デ・タビラ(『ROMA/ローマ』)、モージャン・アリア、ブレット・カレン(映画『ジョーカー』)、ナタリー・マルティネス、アンジェラ・サラフィアン、ニコ・パーカーらが出演。海面が上昇した近未来のマイアミにが舞台。主人公のニック・バニスター(ヒュー・ジャックマン)は、無骨で孤独な退役軍人である。彼の生業は顧客が望むあらゆる記憶を追体験させる機会を提供するというもの。それは特殊で危険な仕事である。
2021.10.01
2021年製作

映画『マスカレード・ナイト』ネタバレ・あらすじ「木村拓哉vs長澤まさみ“鉄壁”大ヒット」感想・結末。

映画『マスカレード・ナイト』ネタバレ・あらすじ「木村拓哉vs長澤まさみ“鉄壁”大ヒット」感想・結末。映画『マスカレード・ナイト』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マスカレード・ナイト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マスカレード・ナイト』の作品情報・概要『マスカレード・ナイト』2021年日本のミステリー映画。鈴木雅之監督作品。東野圭吾の長編ミステリ小説「マスカレード」シリーズの第3作目。主演は木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、中村アン、田中みな実、石黒賢、沢村一樹、勝村政信、木村佳乃、凰稀かなめ、麻生久美子らが出演。
2022.01.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました