映画『マローボーン家の掟』は若者の純愛ホラーと言える。映像が美しい。ネタバレ、感想、評価。

スポンサーリンク
2019年製作
映画『マローボーン家の掟』公式サイト
4.12(金)新宿バルト9他全国ロードショー

 

『マローボーン家の掟』(110分/西・米/2017)

原題 Marrowbone

スポンサーリンク

ホラー映画は新しい作風へと向かっているのだろうか。本作は絶叫系ではない

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』はきつかった

今年はホラー系の映画をたくさん観ると計画をしている。いつの頃からホラー系の映画を観なくなったのだろうか?思い出せないくらい遠い昔だ。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の影響も大きい。インターネット配信で世界に火を点け爆発的なヒットをした。しかし、そして後日劇場で公開され足を運んだ。これがいけなかった。俗にいうスクリーン酔いしてしまったのだ。手持ちカメラというシチュエーションで全編撮られているが、あまりにも手ブレがひどく、しかもピントも曖昧で辛かった。それ以来、ホラー系を観るのに抵抗感を持ってしまった。

“音”をテーマにしたホラー、サスペンス系の映画が増えている現状

けれど、昨年『クワイエット・プレイス』を観てから、今年から積極的にホラー映画の克服を目指している。先の作品はハリウッド特有の絶叫系とは異なり、水がスポンジに染み入るような恐怖感を味あわせてくれた。近年(ホラー系を知らないのに)、ホラー系は何だかにテーマを絞っている作品が多くなってきたように思える。極度に音を出さずに恐怖を助長するのだ。その手法は邦画に近い。これだったら落ち着いて観ることができる。私の場合、絶叫が続くと飽きて寝てしまうのだ。

青春純愛ホラーは大歓迎

さて、本作は従来のホラー映画とはちょっと異なる印象だ。一言で言えば青春ホラーというのだろうか。若者の愛の物語だ。今年初めに観た『シシリアン・ゴーストストーリー』を思い出した。こちらはサスペンスであるが、思いっきり純愛の物語だった。ということはこれからのホラー、サスペンス系は若者の純愛を織り交ぜたテイストになるような気がした。それはそれで楽しみだ。

終始飽きることがない、伏線が効いてくる

さて、映画は序盤から終始、謎解きが展開され飽きることがない。5つの掟とは何かがわかるたびにそれまでの伏線を思い出し「ああ、そういうことか」と納得できるように作られている。

田舎の古民家や周辺の野原等が美しく撮られている。四人兄妹が力を合わせて生きている。いや、実は、、、。

風が柔らかく4兄弟を掠めるシーンで胸が締め付けれる。

兄妹愛も美しいが、こんな自然豊かな場所で暮らしたいと思った。

オススメの作品です。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『めぐり逢えたら』ネタバレ・あらすじ「ラブコメの女王決定!」メグ・ライアン可愛い「欲求不満男」トム・ハンクス。感想「エンパイアーステートでハッピー」結末。
映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」
映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」
映画『第三夫人と髪飾り』ネタバレ・あらすじ「一夫多妻の時代“愛のレッスン”は芸術的“官能美”」感想「新しい才能アッシュ・メイフェア監督登場」結末「現代ベトナム女性は自由?」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『ウエスト・サイド物語』ネタバレ・あらすじ「分断」「人種差別」感想「アメリカの移民社会の闇をダンスと歌で描く恋愛映画」結末。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。

映画のことなら映画.comより引用

スタッフ

監督 セルヒオ・G・サンチェス
製作 ベレン・アティエンサ アルバロ・アウグスティン ジスラン・バロワ
製作総指揮 JA・バヨナ サンドラ・エルミーダ パロマ・モリーナ
脚本 セルヒオ・G・サンチェス
撮影 シャビ・ヒメネス
美術 パトリック・サルバドル
衣装 ソニア・グランデ
編集 エレーナ・ルイス
音楽 フェルナンド・ベラスケス

キャスト
ジョージ・マッケイジャック
アニヤ・テイラー=ジョイアリー
チャーリー・ヒートンビリー
ミア・ゴスジェーン
マシュー・スタッグサム
カイル・ソーラー
ニコラ・ハリソン
トム・フィッシャー

作品データ
原題 Marrowbone
製作年 2017
製作国 スペイン・アメリカ合作
配給 キノフィルムズ
上映時間 110
映倫区分 G

タイトルとURLをコピーしました