配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スポンサーリンク
2022年製作

映画『ブレット・トレイン』ネタバレ・あらすじ「意味は新幹線」感想「ブラッド・ピットは運が悪いのか」結末「真田広之さん懐かしい」

映画『ブレット・トレイン』ネタバレ・あらすじ「意味は新幹線」感想「ブラッド・ピットは運が悪いのか」結末「真田広之さん懐かしい」映画『ブレット・トレイン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブレット・トレイン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ブレット・トレイン』の作品情報・概要 『ブレット・トレイン』原題『Bullet Train』は2022年公開のアメリカ合衆国のアクション・コメディ・スリラー映画。デヴィッド・リーチ監督作品。主演はブラッド・ピット(映画『ザ·ロストシティ』や『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や映画『アド・アストラ』)。ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(映画『エターナルズ』や映画『ジョーカー』)、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン(映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』)、バッド・バニー、ザジー・ビーツ、ローガン・ラーマン、福原かれん 、サンドラ・ブロックらが出演。原作は伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』  
ソ連・ロシア映画

映画『極主夫道 ザ・シネマ』ネタバレ・あらすじ「玉木宏の三枚目は適役!」感想「川口春奈ダンスかわいい」結末「玉城ティナさん綺麗」

映画『極主夫道 ザ・シネマ』ネタバレ・あらすじ「玉木宏の三枚目は適役!」感想「川口春奈ダンスかわいい」結末「玉城ティナさん綺麗」映画『極主夫道 ザ・シネマ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『極主夫道 ザ・シネマ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『極主夫道 ザ・シネマ』の作品情報・概要『極主夫道 ザ・シネマ』瑠東東一郎監督作品。おおのこうすけの同名コミックを原作とする人気テレビドラマ「極主夫道」を映画化。玉木宏(映画『空母いぶき』)、川口春奈、志尊淳(映画『一度死んでみた』や映画『さんかく窓の外側は夜』)、古川雄大(映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』)、玉城ティナ(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『竜とそばかすの姫』)、MEGUMI(映画『大怪獣のあとしまつ』)、安井順平(映画『燃えよ剣』)、田中道子、白鳥玉季(映画『流浪の月』)、水橋研二(映画『滑走路』)、本多力、くっきー!、中川大輔(映画『ウェディング・ハイ』)、片岡久道、橋本じゅん、滝藤賢一(映画『孤狼の血 LEVEL2』)、稲森いずみ、竹中直人(映画『翔んで埼玉』)、吉田鋼太郎、松本まりか(映画『さよなら くちびる』)、安達祐実、新川優愛、渡辺邦斗、猪塚健太、藤田朋子らが出演。
2022年製作

映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」

映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『モービウス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『モービウス』の作品情報・概要『モービウス』原題『Morbius』マーベル・コミックの同名のキャラクターをベースにした、2022年のアメリカのスーパーヒーロー映画。ダニエル・エスピノーサ監督作品。コロンビア ピクチャーズとマーベル・エンターテインメント製作。「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」の第3作目。ジャレッド・レト(映画『ハウス・オブ・グッチ』)、マット・スミス(映画『ラストナイト・イン・ソーホー』や映画『オフィシャル・シークレット』)、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、アル・マドリガル、タイリース・ギブソン(映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』)、マイケル・キートン(映画『スパイダーマン ホームカミング』や映画『バットマン』)らが出演。血液の病気を持っている天才医師のマイケル・モービウスは自身を実験台にして吸血鬼化していく。
2022.04.02
2022年製作

映画『アンチャーテッド』ネタバレ・あらすじ「宝探し映画最高峰!」感想「トム・ホランドvsマーク・ウォールバーグ」結末「凄まじいアクション」

映画『アンチャーテッド』ネタバレ・あらすじ「宝探し映画最高峰!」感想「トム・ホランドvsマーク・ウォールバーグ」結末「凄まじいアクション」映画『アンチャーテッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アンチャーテッド』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アンチャーテッド』の作品情報・概要『アンチャーテッド』原題『Uncharted』ルーベン・フライシャー監督作品(映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』)。2022年公開予定のアメリカ合衆国のアクション映画。トレジャーハンターのネイサン・ドレイクが伝説の秘宝や古代都市の謎に挑む人気アクションアドベンチャーゲーム「アンチャーテッド」シリーズの実写映画化。トム・ホランド主演(映画『スパイダーマン ホームカミング』や映画『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』や映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)マーク・ウォールバーグ、ソフィア・アリ、タティ・ガブリエル、アントニオ・バンデラス(映画『ペイン・アンド・グローリー』)、マヌエル・ド・ブラ、スティーブン・ウォディントン、ピンギ・モリらが出演。『インディージョーンズ』『ハムナプトラ』『ナショナルトレジャー』などのシリーズ越えが期待されている。
2022.02.20
2021年製作

映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』ネタバレ・あらすじ「グロい」&「ゾクッと」感想「ラクーンシティには行きたくない」結末「食欲でません」

映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』ネタバレ・あらすじ「グロい」&「ゾクッと」感想「ラクーンシティには行きたくない」結末「食欲でません」映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の作品情報・概要『バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』原題『Resident Evil: Welcome to Raccoon City』ヨハネス・ロバーツ監督・脚本作品(映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』)。2021年のサバイバルアクションホラー映画。ミラ・ジョボビッチ主演(『記者たち 衝撃と畏怖の真実』)による実写映画カプコンのゲームシリーズの大ヒットを記録した『バイオハザード』の第1作目と第2作目のストーリーを基とした作品である。映画『バイオハザード』シリーズのリブート作品。出演はカヤ・スコデラーリオ(映画『テッド・バンディ』)、ハナ・ジョン=カーメン、ロビー・アメル、トム・ホッパー、アバン・ジョーギア、ドナル・ローグ、ニール・マクドノー(映画『父親たちの星条旗』)ら。
いじめ・陰湿映画

映画『スパイダーマン ホームカミング』ネタバレ・あらすじ「高校生が背負う悩み」感想「恋愛青春映画」結末「世界を救いたい」

映画『スパイダーマン ホームカミング』ネタバレ・あらすじ「高校生が背負う悩み」感想「恋愛青春映画」結末「世界を救いたい」 映画『スパイダーマン ホームカミング』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『スパイダーマン ホームカミング』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『スパイダーマン ホームカミング』の作品情報・概要 『スパイダーマン: ホームカミング』原題『Spider-Man: Homecoming』マーベル・コミックのスーパーヒーロー「スパイダーマン」をベースとした、2017年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。ジョン・ワッツ監督作品。主演はトム・ホランド(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)。マイケル・キートン(映画『バットマン』)、ジョン・ファブロー(映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』)、グウィネス・パルトロウ(映画『アベンジャーズ』)、ゼンデイヤ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』)、ドナルド・グローバー(映画『ライオン・キング』)、ジェイコブ・バタロン(映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)、ローラ・ハリアー、トニー・レボロリ、ボキーム・ウッドバイン、タイン・デイリー、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr.(映画『アベンジャーズ』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の第16作目である。
2022.01.29
2021年製作

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ネタバレ・あらすじ「まさかの同窓会映画!」感想「トビーが来たあ!」結末「続編あるでしょ!」

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ネタバレ・あらすじ「まさかの同窓会映画!」感想「トビーが来たあ!」結末「続編あるでしょ!」映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』原題『Spider-Man: No Way Home』マーベル・コミックのスーパーヒーロー『スパイダーマン』をベースとした、2021年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。ジョン・ワッツ監督作品。脚本はクリス・マッケナ、エリック・ソマーズ。出演はトム・ホランド、ゼンデイヤ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジェイコブ・バタロン、アルフレッド・モリーナ、ジョン・ファブロー、ジェイミー・フォックス、ウィレム・デフォー、ベネディクト・ウォン、マリサ・トメイ、トニー・レボロリ、J・K・シモンズ。コロンビア ピクチャーズとマーベル・スタジオが共同で製作し、ソニー・ピクチャーズ リリーシングが配給。『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年)に次ぐシリーズ3作目であり、「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の27作目である。『スパイダーマン』シリーズ完結作品と言われている。
2022.02.17
2018年製作

映画『50回目のファーストキス』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみはやっぱり綺麗だ!」感想「記憶が消えるって不幸ではないよ」結末「山田孝之くんは誠実」

映画『50回目のファーストキス』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみはやっぱり綺麗だ!」感想「記憶が消えるって不幸ではないよ」結末「山田孝之くんは誠実」映画『50回目のファーストキス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『50回目のファーストキス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『50回目のファーストキス』の作品情報・概要『50回目のファースト・キス』はアダム・サンドラーとドリュー・バリモア(映画『E.T.(イーティー)』や映画『チャーリーズ・エンジェル』)出演のアメリカ映画『50 First Dates』をリメイクしたロナンティック・コメディ映画。福田雄一(映画『今日から俺は!!劇場版』)監督・脚本作品。山田孝之、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』)主演。軽薄な男性が記憶障害の女性と出会い、一途な愛を貫く姿を描いている。女性を支える家族や友人の優しさから苦労もうまく描写している。ムロツヨシ(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』)、勝矢、太賀、山崎紘菜、大和田伸也、佐藤二朗(映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』や映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』)、生越千晴 、小宮有紗 、青山めぐ 、桜井ユキらが出演。
2022.04.19
2021年製作

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の作品情報・概要 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』原題『Venom: Let There Be Carnage』マーベル・コミックのキャラクター「ヴェノム」をベースに映画化。2021年のアメリカのスーパーヒーロー映画。アンディ・サーキス監督作品。脚本はケリー・マーセル(映画『クルエラ』)『ヴェノム』(2018年)の続編。トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン(映画『ガラスの城の約束』や『記者たち 衝撃と畏怖の真実』)、ミシェル・ウィリアムズらが出演する。
2021.12.20
2019年製作

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ネタバレ・あらすじ「高校生のピーターとMJの恋物語」感想「アベンジャーズシリーズは面白い」結末「追いつくのに必死」

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ネタバレ・あらすじ「高校生のピーターとMJの恋物語」感想「アベンジャーズシリーズは面白い」結末「追いつくのに必死」 映画『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の作品概要高校生とスパイダーマンの二足わらじのピーター。遊びたい、恋もしたい、でも世界の平和のために戦わなければいけない。その悩みも背景に展開する。少年の心の葛藤と成長を描いている。
2021.12.12
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました