オードリー・ヘプバーン

スポンサーリンク
イギリス映画

映画『オードリー・ヘプバーン』ネタバレ・あらすじ「映画史上最高の女優」感想「世界の映画女優の憧れ」結末「永遠のヒロインはヘプバーンだけ!」

映画『オードリー・ヘプバーン』ネタバレ・あらすじ「映画史上最高の女優」感想「世界の映画女優の憧れ」結末「永遠のヒロインはヘプバーンだけ!」 映画『オードリー・ヘプバーン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オードリー・ヘプバーン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『オードリー・ヘプバーン』の作品情報・概要『オードリー・ヘプバーン』原題『Audrey』ヘレナ・コーン監督作品。『ローマの休日』『暗くなるまで待って』などで知られるオードリー・ヘプバーン(映画『ローマの休日』や映画『マイ・フェア・レディ』や映画『ティファニーで朝食を』)のドキュメンタリー。永遠の妖精と呼ばれた彼女の素顔を、アーカイブ映像と近親者のインタビューなどによって映し出す。ヘプバーンの息子のショーン・ヘプバーン・ファーラー、孫であるエマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラーが出演。リチャード・ドレイファス(映画『スタンド・バイ・ミー』や映画『卒業(1967)』)、ショーン・ヘプバーン・ファーラー、エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー、クレア・ワイト・ケラー、ピーター・ボグダノビッチ、レッサンドラ・フェリ、フランチェスカ・ヘイワード 、キーラ・ムーアらが出演する。
2022.05.11
お茶の間映画館

映画『麗しのサブリナ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンだけを観る」感想「年齢差30歳の恋愛」結末「サブリナカット大流行」

映画『麗しのサブリナ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンだけを観る」感想「年齢差30歳の恋愛」結末「サブリナカット大流行」映画『麗しのサブリナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『麗しのサブリナ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『麗しのサブリナ』の作品情報・概要『麗しのサブリナ』原題『Sabrina』1954年に公開されたアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ。サミュエル・テイラーの戯曲『麗しのサブリナ』をビリー・ワイルダー監督(映画『昼下りの情事』や映画『アパートの鍵貸します』)が映画化した。オードリー・ヘプバーンは『ローマの休日』の大ヒットのプレッシャーを撥ね退けて大ヒットを記録。ハンフリー・ボガート(映画『カサブランカ』)、ウィリアム・ホールデン(映画『ワイルドバンチ』)、ウォルター・ハンプデン、ジョン・ウィリアムズ、マーサ・ハイヤー、ジョーン・ボーズ、マルセル・ダリオ 、マルセル・ヒライヤー 、ネラ・ウォーカー 、フランシス・X・ブッシュマン 、エレン・コービイらが出演。製作時ヘプバーンは25歳、ボガート56歳、ホールデンが36歳だった。年齢差を乗り越えて恋の成就となった。
2022.05.11
お茶の間映画館

映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」

映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」映画『ローマの休日』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ローマの休日』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ローマの休日』の作品情報・概要『ローマの休日』原題『Roman Holiday』1953年製作のアメリカ映画。ウィリアム・ワイラー製作・監督(映画『西部の男』)。主演はグレゴリー・ペックとオードリー・ヘプバーン(映画『マイ・フェア・レディ』や映画『ティファニーで朝食を』)。某国の王女としてヨーロッパを表敬訪問しているアン王女。イタリアのローマで癇癪を起こして夜中に脱走する。背の高い新聞記者と出会って、たった1日だけ恋に落ちる。世界的な観光スポットであるトレヴィの泉や真実の口などでロケを敢行。オードリー・ヘプバーン1953年のアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。その他、イーディス・ヘッドが「最優秀衣裳デザイン賞」を、イアン・マクレラン・ハンターが「最優秀原案賞」受賞。数年後、赤狩りでハリウッドを通報されたダルトン・トランボが脚本を書いていたと明かされた。
2022.06.14
お茶の間映画館

映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末

映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末映画『マイ・フェア・レディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マイ・フェア・レディ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マイ・フェア・レディ』の作品情報・概要『マイ・フェア・レディ』原題『My Fair Lady)』1964年制作のアメリカ合衆国のミュージカル映画。ジョージ・キューカー監督作品。出演はオードリー・ヘプバーンとレックス・ハリソン。ブロードウェイで上演同名ミュージカル(主演はジュリー・アンドリュースとレックス・ハリソンだった)を映画化。紆余曲折の末、映画ではオードリー・ヘプバーンが演じることに。同年のアカデミー作品賞ほか8部門を受賞した。オードリー・ヘプバーンの代表作の一つとして知られているが、劇中で自身の歌唱が使用されなかったことで大きく傷つけられた作品である。
2022.04.19
お茶の間映画館

映画『シャレード(1963)』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンのジバンシィ」「ケイリー・グラントは渋い」結末「祝・結婚!年齢差カップル」

映画『シャレード(1963)』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンのジバンシィ」「ケイリー・グラントは渋い」結末「祝・結婚!年齢差カップル」映画『シャレード(1963)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シャレード(1963)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『シャレード(1963)』の作品情報・概要『シャレード』原題『Charade』1963年のアメリカ映画。主演はケーリー・グラントとオードリー・ヘプバーン。世界的な大スター共演で話題になった。ロマンティック・サスペンス映画の先駆けである。フランスのファッションブランド、ジバンシィがオードリー・ヘプバーンに衣装提供したことも大きな話題となった。
2022.04.19
お茶の間映画館

映画『おしゃれ泥棒』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オードリー・ヘップバーン「痩せすぎ」『暗くなるまで待って』はさらに痩せることに、、、

映画『おしゃれ泥棒』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オードリー・ヘップバーン「痩せすぎ」『暗くなるまで待って』はさらに痩せることに、、、映画『おしゃれ泥棒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『おしゃれ泥棒』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『おしゃれ泥棒』の作品情報・概要『おしゃれ泥棒』原題『How to Steal a Million』1966年のアメリカ映画。ウィリアム・ワイラー監督のロマンティックコメディ。映画『ティファニーで朝食を』映画『昼下りの情事』映画『パリの恋人』のオードリー・ヘプバーン主演。共演はピーター・オトゥール、ヒュー・グリフィス、シャルル・ボワイエ、『続・夕陽のガンマン』のイーライ・ウォラック。パリを舞台に贋作作家の娘が美術品泥棒と恋に落ちる。衣装、車、小物などのデザインが素晴らしい。
2022.04.19
お茶の間映画館

映画『昼下りの情事』ネタバレ・あらすじ・結末。オードリー・ヘプバーンとゲイリー・クーパーの年齢差の恋愛物語はリアルか否か?

映画『昼下りの情事』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報の紹介もしています。『昼下りの情事』原題は『Love in the Afternoon』1957年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。小説『アリアーヌ(英語版)』(クロード・アネ著)を原作としている。ビリー・ワイルダー監督作品。ゲイリー・クーパーとオードリー・ヘプバーン主演。『麗しのサブリナ』に次いで2度目となった。主題曲「魅惑のワルツ」も世界的にヒットした。
2022.04.19
お茶の間映画館

映画『ティファニーで朝食を』ネタバレ・あらすじ・結末。オードリー・ヘプバーンが可愛すぎて物語に入れない。日本人蔑視の表現あり。

映画『ティファニーで朝食を』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ティファニーで朝食を』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報の紹介をしています。『ティファニーで朝食を』原題『 Breakfast at Tiffany’s』アメリカ合衆国の小説家トルーマン・カポーティによる中編小説を元に1961年映画化された。監督はブレイク・エドワーズ。主演はオードリー・ヘプバーンとジョージ・ペパード。
2022.04.19
お茶の間映画館

映画『パリの恋人』ネタバレ・あらすじ・結末。オードリー・ヘプバーンの歌と踊りに大満足できます。

オードリー・ヘプバーン最初のミューカル映画。大スター、フレッド・アステアとの共演。監督はスタンリー・ドーネン。1957年のアメリカ合衆国のミュージカル映画。映画『パリの恋人』以下のサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。
2022.04.19
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました