長澤まさみ

スポンサーリンク
ヒューマン映画

映画『涙そうそう』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみが可愛すぎる」感想「禁断の兄妹愛に?」結末「こんな妹が欲しい」

映画『涙そうそう』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみが可愛すぎる」感想「禁断の兄妹愛に?」結末「こんな妹が欲しい」 映画『涙そうそう』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『涙そうそう』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『涙そうそう』の作品情報・概要『涙そうそう』2006年の日本映画。土井裕泰監督作品(映画『花束みたいな恋をした』映画『罪の声』)。主演は妻夫木聡(映画『小さいおうち』や映画『浅田家!』や映画『一度死んでみた』)と長澤まさみ(映画『シン・ウルトラマン』や映画『MOTHER マザー』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『コクリコ坂から』)。TBSテレビ50周年記念企画「涙そうそうプロジェクト」の劇場映画化作品。歌謡曲「涙そうそう」(作詞:森山良子・作曲:BEGIN)の歌詞をモチーフに映画化。沖縄で生まれ育った血のつながらない兄妹が織りなす、切ない愛の物語を描く。麻生久美子(映画『モテキ』や映画『マスカレード・ナイト』や映画『翔んで埼玉』)、塚本高史(映画『貞子』)、中村達也、平良とみ、森下愛子、大森南朋(『この道』や映画『空に住む』や映画『そして、バトンは渡された』)、船越英一郎、橋爪功(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』や映画『ある船頭の話』)、小泉今日子らが出演。
2021年製作

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」映画『シン・ウルトラマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シン・ウルトラマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『シン・ウルトラマン』の作品情報・概要 『シン・ウルトラマン』2022年5月13日公開予定の日本のSF特撮映画。樋口真嗣監督作品。企画・脚本の庵野秀明(映画『風立ちぬ』や映画『ラストレター』)。ウルトラマンのデザイナーである成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬の念が込めれている。カラータイマーはない。1966年に放送された特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画。タイトルロゴには「空想特撮映画」と表記される。円谷プロダクション、東宝、カラーが共同で製作。キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」「空想と浪漫。そして、友情。」斎藤工(映画『糸』や『麻雀放浪記2020』)、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『すばらしき世界』や映画『コクリコ坂から』)、有岡大貴、早見あかり、田中哲司 (映画『余命10年』や映画『あなたの番です 劇場版』や映画『ホタル』)、西島秀俊(映画『ドライブ・マイ・カー』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、山本耕史(映画『ザ・マジックアワー』) 、岩松了(映画『花束みたいな恋をした』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、嶋田久作(映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、益岡徹(映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』)、長塚圭史、山崎一、和田聰宏(映画『引っ越し大名!』)、津田健次郎らが出演。主題歌は米津玄師(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)。
2022.05.16
2018年製作

映画『嘘を愛する女』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ最高!」感想「長澤まさみ美人すぎる」結末「長澤まさみNo. 1」

映画『嘘を愛する女』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ最高!」感想「長澤まさみ美人すぎる」結末「長澤まさみNo. 1」映画『嘘を愛する女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『嘘を愛する女』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『嘘を愛する女』の作品情報・概要 『嘘を愛する女』、2018年1月20日公開の日本映画。中江和仁監督作品。TSUTAYA CREATERS'PROGRAM FILM 2015のグランプリ作品。中江は朝日新聞の記事「夫は だれだった」から着想を得た。長澤まさみ主演(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『キングダム』)。他に高橋一生(映画『スパイの妻 劇場版』や映画『引っ越し大名!』)、DAIGO(映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』)、川栄李奈(映画『Diner ダイナー』)、野波麻帆 (映画『モテキ』や映画『浅田家!』)、初音映莉子、嶋田久作(映画『大怪獣のあとしまつ』や映画『一度死んでみた』や映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、奥貫薫、津嘉山正種(映画『あのこは貴族』)、黒木瞳、吉田鋼太郎(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『カイジ ファイナルゲーム』)らが出演。
2022.05.11
2022年製作

映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」

映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」 映画『SING シング ネクストステージ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『SING シング ネクストステージ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『SING シング ネクストステージ』の作品情報・概要 『SING/シング: ネクストステージ』原題『Sing 2』ガース・ジェニングス脚本・監督作品。2021年のアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ジュークボックス・ミュージカル・コメディ映画。『SING/シング』の続編。声優はマシュー・マコノヒー(映画『ジェントルメン』)、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン(映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マッチポイント』や映画『ブラック・ウィドウ』)、タロン・エガートン(映画『ロケットマン』)、トリー・ケリー、ニック・クロール、ガース・ジェニングス、ピーター・セラフィノヴィッツ、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』)など。物語は「15年間、人前から姿を消している伝説のロック歌手、クレイ・キャロウェイを出演させるために奮闘を描く」クレイ・キャロウェイは英語版では「U2」のボノ、日本語版では「B’z」稲葉浩志が演じている。  
2022.03.24
サバイバル映画

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ“剃髪”で称賛!」感想「切なすぎる恋愛」結末「青春恋愛映画の金字塔」

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ“剃髪”で称賛!」感想「切なすぎる恋愛」結末「青春恋愛映画の金字塔」 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の作品情報・概要 『世界の中心で、愛をさけぶ』日本の小説家・片山恭一の青春恋愛小説を映画化。行定勲監督作品。通称「セカチュー」2004年5月東宝系にて公開。主演は大沢たかおと柴咲コウ。興行収入85億円、観客動員数620万人を記録。主題歌の「瞳をとじて」も大ヒットした。長澤まさみ、森山未來(映画『モテキ』)、天海祐希(『カイジ 人生逆転ゲーム』や映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』)、杉本哲太、宮藤官九郎 、津田寛治(映画『ONODA 一万夜を越えて』や『この道』)、近藤芳正(映画『もののけ姫』や映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』)、木内みどり(映画『絶唱(1975)』や映画『エリカ38』や映画『ラストレター』)、田中美里、山崎努らが出演。長澤まさみの体当たり演技が話題となった。
2022年製作

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ祭り!」感想「四代目ツチノコは誰に?」結末「マルタ島ロケに意味がある」

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ祭り!」感想「四代目ツチノコは誰に?」結末「マルタ島ロケに意味がある」映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』の作品情報・概要『コンフィデンスマンJP 英雄編』2018年4月9日から6月11日まで、フジテレビ系「月9」枠にて放送されたテレビドラマを『コンフィデンスマンJP』の映画化第三弾。第一弾は香港ロケの『コンフィデンスマンJP ロマンス編』第二弾はマレーシアロケの『コンフィデンスマンJP プリンセス編』本作はマルタ共和国のマルタ島が舞台で、撮影はマルタ島および和歌山県のポルトヨーロッパで行われた。田中亮監督作品。長澤まさみ(映画『キングダム』や映画『すばらしき世界』や映画『海街diary』)、東出昌大(映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』)、小手伸也(映画『事故物件 恐い間取り』)、小日向文世(映画『マスカレード・ホテル』や映画『奥様は、取り扱い注意』や映画『アルキメデスの大戦』)、松重豊(映画『罪の声』や映画『糸』)、瀬戸康史、城田優、生田絵梨花、広末涼子(映画『鉄道員(ぽっぽや)』)、角野卓造、江口洋介らが出演。  
2022.01.16
お茶の間映画館

映画『モテキ』ネタバレ・あらすじ「森山未來&長澤まさみのラブコメ」感想「ピエール瀧&新井浩文さん出演」結末「事故映画?地上波放送は?」

映画『モテキ』ネタバレ・あらすじ「森山未來&長澤まさみのラブコメ」感想「ピエール瀧&新井浩文さん出演」結末「事故映画?地上波放送は?」映画『モテキ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『モテキ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『モテキ』の作品情報・概要『モテキ』2011年製作の日本のラブ&コメディ映画。大根仁監督作品。原作は久保ミツロウ。映画のために、ドラマ版の1年後を舞台に完全オリジナルストーリーを描き下ろした。主演は森山未來。長澤まさみ(映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』や映画『マスカレード・ナイト』や映画『MOTHER マザー』や映画『海街diary』)、麻生久美子(映画『翔んで埼玉』)、愛仲里依紗 、真木よう子、山田真歩、伊達暁、リリー・フランキー(映画『万引き家族』や映画『夏、至るころ』や映画『凪待ち』)、新井浩文、金子ノブアキ、ピエール瀧(映画『アナと雪の女王』)らが出演。
2022.01.13
2018年製作

映画『50回目のファーストキス』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみはやっぱり綺麗だ!」感想「記憶が消えるって不幸ではないよ」結末「山田孝之くんは誠実」

映画『50回目のファーストキス』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみはやっぱり綺麗だ!」感想「記憶が消えるって不幸ではないよ」結末「山田孝之くんは誠実」映画『50回目のファーストキス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『50回目のファーストキス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『50回目のファーストキス』の作品情報・概要『50回目のファースト・キス』はアダム・サンドラーとドリュー・バリモア(映画『E.T.(イーティー)』や映画『チャーリーズ・エンジェル』)出演のアメリカ映画『50 First Dates』をリメイクしたロナンティック・コメディ映画。福田雄一(映画『今日から俺は!!劇場版』)監督・脚本作品。山田孝之、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』)主演。軽薄な男性が記憶障害の女性と出会い、一途な愛を貫く姿を描いている。女性を支える家族や友人の優しさから苦労もうまく描写している。ムロツヨシ(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』)、勝矢、太賀、山崎紘菜、大和田伸也、佐藤二朗(映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』や映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』)、生越千晴 、小宮有紗 、青山めぐ 、桜井ユキらが出演。
2022.04.19
2020年製作

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の作品情報・概要 『コンフィデンスマンJP -プリンセス編-』2020年7月23日に公開された日本のコメディ映画。田中亮監督作品。長澤まさみ主演(映画『すばらしき世界』や映画『MOTHER マザー』や映画『キングダム』)。東出昌大(映画『スパイの妻 劇場版』や映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』)、小手伸也(映画『事故物件 恐い間取り』)、小日向文世(映画『奥様は、取り扱い注意』)、竹内結子、三浦春馬(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、広末涼子(映画『鉄道員(ぽっぽや)』)、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』 )らが出演。興行収入は前作『ロマンス編』の29.7億円を超え、30億円を超える大ヒットとなる。元々は2018年4月9日から6月11日まで、フジテレビ系「月9」枠にて放送されたテレビドラマである。
2022.01.13
2021年製作

映画『マスカレード・ナイト』ネタバレ・あらすじ「木村拓哉vs長澤まさみ“鉄壁”大ヒット」感想・結末。

映画『マスカレード・ナイト』ネタバレ・あらすじ「木村拓哉vs長澤まさみ“鉄壁”大ヒット」感想・結末。映画『マスカレード・ナイト』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マスカレード・ナイト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マスカレード・ナイト』の作品情報・概要『マスカレード・ナイト』2021年日本のミステリー映画。鈴木雅之監督作品。東野圭吾の長編ミステリ小説「マスカレード」シリーズの第3作目。主演は木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、中村アン、田中みな実、石黒賢、沢村一樹、勝村政信、木村佳乃、凰稀かなめ、麻生久美子らが出演。
2022.01.13
2019年製作

映画『マスカレード・ホテル』ネタバレ・あらすじ「さんま出演どこ?」感想「長澤まさみ168センチ。キムタク176センチ?」結末「身長がミステリー」「ロケはロイヤルパークホテル」

映画『マスカレード・ホテル』ネタバレ・あらすじ「さんま出演どこ?」感想「長澤まさみ168センチ。キムタク176センチ?」結末「身長がミステリー」「ロケはロイヤルパークホテル」映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マスカレード・ホテル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マスカレード・ホテル』の作品情報・概要『マスカレード・ホテル』2011年製作の日本のミステリー映画。鈴木雅之監督作品。木村拓哉(映画『ハウルの動く城』)、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コクリコ坂から』)主演。他は小日向文世(映画『奥様は、取り扱い注意』)、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、濱田岳 、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』)、笹野高史(映画『ある船頭の話』や映画『小さいおうち』)、高嶋政宏、菜々緒、生瀬勝久、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、松たか子(映画『ラストレター』)、鶴見辰吾(映画『空に住む』や映画『翔んだカップル』)らが共演。 東野圭吾(『パラレルワールド・ラブストーリー』)の長編ミステリ小説を映画化。「マスカレード」シリーズの第1作目。2008年12月から2010年9月まで集英社の月刊誌『小説すばる』に掲載され、その後、2011年9月10日に集英社より単行本が発刊された。舞台となった架空のホテルは、巻末に取材協力団体として紹介されている日本橋の「ロイヤルパークホテル」
2022.01.13
お茶の間映画館

映画『海街diary』ネタバレ・あらすじ「美しすぎる四姉妹」感想「是枝監督大満足」結末「家から逃れられない姉妹」

映画『海街diary』ネタバレ・あらすじ「美しすぎる四姉妹」感想「是枝監督大満足」結末「家から逃れられない姉妹」映画『海街diary』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『海街diary』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『海街diary』の作品情報・概要『海街diary』(うみまちダイアリー)は、吉田秋生による日本の漫画作品を映画化。監督・脚本は是枝裕和(映画『誰も知らない』や映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』)。綾瀬はるか(映画『今夜、ロマンス劇場で』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、長澤まさみ(映画『すばらしき世界』や映画『MOTHER マザー』)、夏帆(映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』)、広瀬すず(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や映画『ラストレター』)が四姉妹を演じて話題となる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。母と姉妹を裏切った父の葬儀で出会った妹を引き取って、鎌倉の古民家で暮らす四姉妹の成長物語。
2022.06.26
2021年製作

映画『すばらしき世界』ネタバレ・あらすじ「2021年度最高作品決定!」感想「西川美和vs役所広司+仲野太賀with長澤まさみで弱者見殺社会に“喝”」結末

映画『すばらしき世界』ネタバレ・あらすじ「2021年度最高作品決定!」感想「西川美和vs役所広司+仲野太賀with長澤まさみで弱者見殺社会に“喝”」結末 映画『すばらしき世界』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『すばらしき世界』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『すばらしき世界』の作品情報・概要『すばらしき世界』西川美和監督作品。2021年製作。英題『Under The Open Sky』『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』『永い言い訳』とオリジナル脚本にこだわってきた西川美和が初めて原作小説を映画化したことが驚きである。原作は佐木隆三の長編小説『身分帳』実在の人物をモデルに、13年の刑期を終え出所した元殺人犯の男の苦労と生きざまを描く。「社会」と「人間」の“今”をえぐる物語となっている。閉塞感漂う現代日本の今を鋭く描いている。映画『三度目の殺人』の役所広司主演。映画『タロウのバカ』や映画『MOTHER マザー』の仲野太賀、映画『キングダム』や映画『コンフィデンスマンJP』』の長澤まさみ、六角精児、映画『ヤクザと家族 The Family』 や映画『浅田家!』や映画『新聞記者』の北村有起哉、白竜、キムラ緑子、映画『罪の声』の梶芽衣子、映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の橋爪功らが共演。
2022.06.14
いじめ・陰湿映画

映画『コクリコ坂から』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。兄妹恋愛ではなく“団塊の世代”への郷愁映画。朝鮮戦争が生んだ愛の軌跡。

映画『コクリコ坂から』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。兄妹恋愛ではなく“団塊の世代”への郷愁映画。朝鮮戦争が生んだ愛の軌跡。 映画『コクリコ坂から』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コクリコ坂から』公式サイトおよび、IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『コクリコ坂から』の作品情報・概要『コクリコ坂から』英題『From Up On Poppy Hill』は、佐山哲郎の原作、高橋千鶴の作画による日本の漫画をスタジオジブリがアニメ映画として製作。宮崎駿と丹羽圭子が脚本制作。監督は宮崎吾朗。1963年の横浜を舞台に織りなす恋愛青春映画。朝鮮戦争によって生まれた禁断の愛と若者の生き方を描いている。“団塊の世代”への郷愁映画とも言える。声優は長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子ら。主題歌を手嶌葵が唄う
2022.06.14
2020年製作

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」映画『MOTHER マザー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『MOTHER マザー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『MOTHER マザー』の作品情報・概要大森立嗣監督・脚本作品(映画『タロウのバカ』)。港岳彦も脚本。主演は長澤まさみ(映画『すばらしき世界』や映画『SING シング ネクストステージ』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『コクリコ坂から』)。阿部サダヲ、夏帆(映画『海街diary』や映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』)、皆川猿時(映画『ウェディング・ハイ』)、 仲野太賀(映画『あの頃。』や映画『タロウのバカ』や映画『世界の中心で、愛をさけぶ』)、土村芳(映画『空母いぶき』)、荒巻全紀、大西信満、木野花(映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)らが共演。新人の奥平大兼はオーディションを受けての映画デビューとなる。実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て製作。企画・製作は『新聞記者』『宮本から君へ』『ヤクザと家族 The Family』などを手がけ脚光を浴びた河村光庸。 制作はスターサンズ。
2022.05.16
2019年製作

映画『キングダム』ネタバレ・あらすじ「“友情”と“夢”実現に向かって生きる若者が美しい」感想「山崎賢人vs吉沢亮+長澤まさみ」結末「橋本環奈が可愛すぎる大沢たかお凄し!」

映画『キングダム』ネタバレ・あらすじ「“友情”と“夢”実現に向かって生きる若者が美しい」感想「山崎賢人vs吉沢亮+長澤まさみ」結末「橋本環奈が可愛すぎる大沢たかお凄し!」映画『キングダム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キングダム』公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『キングダム』の作品情報・概要 原泰久原作マンガの『キングダム』を映画化(『週刊ヤングジャンプ』(集英社)連載中)実写化不可能と言われていたが、佐藤信介監督によって実現。脚本に原泰久も加わりわかりやすい構成にしたことがヒットを後押しした。
2022.07.05
2019年製作

映画『コンフィデンスマンJP』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ魅力大全開!こんな美人詐欺師なら騙されたい!

映画『コンフィデンスマンJP』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ魅力大全開!こんな美人詐欺師なら騙されたい!詐欺師も成功すれば大物だ。みんなが集まってくる。でも失敗すれば犯罪者。奈落の底だ。この映画では詐欺師を異常なほど、美化しているように思われる。が、勘違いしてはいけない。彼らは弱者を相手に詐欺を働いていない。絶えず強い存在からお金を騙し取っている。お金を取ることが目的でもあるが、詐欺という舞台を楽しむために行なっている愉快犯だ。
2022.01.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました