デビッド・ハイマン

スポンサーリンク
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン綺麗になった」感想「ダニエル・ラドクリフはもう大人」結末「J・K・ローリングの印税が気になる」

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン綺麗になった」感想「ダニエル・ラドクリフはもう大人」結末「J・K・ローリングの印税が気になる」映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』原題『Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 2』デビッド・イェーツ監督作品。J・K・ローリングによる世界的ベストセラーシリーズを映画化した最終章2部作の完結編。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』や映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』) ルパート・グリント(映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』や映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』) エマ・ワトソン(映画『チャーリーとチョコレート工場』) レイフ・ファインズ(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『オフィシャル・シークレット』や映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』) マイケル・ガンボン(映画『ジュディ 虹の彼方に』) マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』) アラン・リックマン ロビー・コルトレーン ヘレナ・ボナム・カーター ボニー・ライトらが出演。
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン可愛い」感想「J・K・ローリングの印税が気になる」結末「ダニエル・ラドクリフ成長」

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン可愛い」感想「J・K・ローリングの印税が気になる」結末「ダニエル・ラドクリフ成長」映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』原題『Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1』J・K・ローリングの児童小説を映画化した大ヒットシリーズ「ハリー・ポッター」の最終章前編。ヴォルデモートの復活により魔法界に暗雲がたちこめるなか、打倒のカギとなる“分霊箱”を探す旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニーたちの成長を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント(映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、レイフ・ファインズ(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『オフィシャル・シークレット』)、マイケル・ガンボン(映画『ジュディ 虹の彼方に』や『ヴィクトリア女王 最期の秘密』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、ヘレナ・ボナム・カーター、ボニー・ライト、ジェームズ・フェルプス、オリバー・フェルプスらが出演。
2022.04.19
2022年製作

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』ネタバレ・あらすじ「マッツ・ミケルセン絶賛演技!」感想「ジュード・ロウの存在感」結末「J・K・ローリング才能に驚愕!」

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』ネタバレ・あらすじ「マッツ・ミケルセン絶賛演技!」感想「ジュード・ロウの存在感」結末「J・K・ローリング才能に驚愕!」 映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の作品情報・概要 『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 原題『Fantastic Beasts: The Secrets of Dumbledore』2022年のファンタジー映画。「ファンタスティック・ビースト」シリーズの3作目。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018年)の続編。J・K・ローリング原作。デヴィッド・イェーツが監督作品。ローリングとスティーヴ・クローヴスが脚本。エディ・レッドメイン(映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』や映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』)、ジュード・ロウ(映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』や映画『ポップスター』)、マッツ・ミケルセン(映画『アナザーラウンド』)、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、ジェシカ・ウィリアムズ、カラム・ターナー、ビクトリア・イエイツ、ウィリアム・ナディラム、キャサリン・ウォーターストン(映画『mid90s ミッドナインティーズ』)らが出演。
2022.04.19
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフ成長している」感想「エマ・ワトソン可愛い」結末「J・K・ローリング印税は?」

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフ成長している」感想「エマ・ワトソン可愛い」結末「J・K・ローリング印税は?」映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと謎のプリンス』原題『 Harry Potter and the Half-Blood Prince』イギリスの児童文学作家J・K・ローリングが2005年に発表した、ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第6巻を2009年に映画化された。ホグワーツ魔法魔術学校の6年生となった魔法使いのハリー・ポッターが、史上最悪の魔法使いヴォルデモートとの対決に備え、ヴォルデモートの過去と弱点に迫る一年間を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、マイケル・ガンボン、マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、ジム・ブロードベント、トム・フェルトン、ボニー・ライト、イバナ・リンチ、デビッド・シューリス(映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)、ナタリア・テナ、ヘレナ・ボナム・カーター(映画『チャーリーとチョコレート工場』)らが出演。
2022.04.18
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレ・あらすじ「アルフォンソ・キュアロン監督作品」感想「エマ・ワトソン可愛い」「J・K・ローリング印税は?」結末。

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレ・あらすじ「アルフォンソ・キュアロン監督作品」感想「エマ・ワトソン可愛い」「J・K・ローリング印税は?」結末。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の作品情報・概要『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』原題『Harry Potter and the Prisoner of Azkaban』J・K・ローリングが1999年に発表した、小説『ハリー・ポッター』シリーズの第3巻を映画化。ホグワーツ魔法魔術学校の3年生となったハリー・ポッターが、魔法牢獄アズカバンから脱走した囚人の騒動を通じて、両親の死にまつわる真相を知らされる1年間を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』)、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、デビッド・シューリス ティモシー・スポール、エマ・トンプソン、ワーウィック・デイビス、デビッド・ブラッド、リー
トム・フェルトンらが出演。
2022.04.18
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末 映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと秘密の部屋』原題『Harry Potter and the Chamber of Secrets』イギリスの作家、J・K・ローリングが1998年に発表した、ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第二弾の映画化。ホグワーツ魔法魔術学校の2年生となったハリー・ポッターが、親友とともにホグワーツ城で起こった「秘密の部屋」事件を解決するまでの1年間を描く。J・K・ローリングの世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズ映画化第2作。
2022.04.18
アクション映画

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ネタバレ・あらすじ「魔法使いブーム到来」感想「ダニエル・ラドクリフが世界へ」結末「J・K・ローリング凄し!」

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ネタバレ・あらすじ「魔法使いブーム到来」感想「ダニエル・ラドクリフが世界へ」結末「J・K・ローリング凄し!」映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと賢者の石』原題『Harry Potter and the Philosopher's Stone』イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが生活保護を受けながら1997年に発表した、子供向けファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第1巻。同年のカーネギー賞佳作(commended)に選出。その他、数々の賞を受賞。2001年には映画化された。誰もが幼い頃、「魔法使いに憧れた」ことをファンタジー映画として描き世界中の子どもたちと熱狂させた。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』や映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』)、リチャード・ハリス(映画『許されざる者(1992)』)、マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、イアン・ハート(映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)、ゾー・ワナメイカー、ワーウィック・デイビス、デビッド・ブラッドリーらが出演。
2022.04.18
2018年製作

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ネタバレ「豪華俳優共演ジョニデも」あらすじ「ハリポタ金ロー」感想「J・K・ローリング脚本」結末

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ネタバレ「豪華俳優共演ジョニデも」あらすじ「ハリポタ金ロー」感想「J・K・ローリング脚本」結末映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の作品情報・概要『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』原題『Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald』2018年のファンタジー映画。「ファンタスティック・ビースト」シリーズの2作目。「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を担当「魔法ワールド」フランチャイズの10作目の作品。舞台はイギリスとフランス。エディ・レッドメイン(映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』)、キャサリン・ウォーターストン(映画『mid90s ミッドナインティーズ』)、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラビッツ(映画『THE BATMAN ザ・バットマン』)、
カラム・ターナー、カルメン・イジョゴ(『イット・カムズ・アット・ナイト』)、クローディア・キム(映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ウィリアム・ナディラム、ケビン・ガスリー、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ(映画『グッバイ、リチャード!』や映画『チャーリーとチョコレート工場』)らが出演。
2022.04.18
イギリス映画

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ネタバレ・あらすじ「『ハリー・ポッター』シリーズ」感想「J・K・ローリング脚本作品」結末「永遠に続く『魔法ワールド』」

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ネタバレ・あらすじ「『ハリー・ポッター』シリーズ」感想「J・K・ローリング脚本作品」結末「永遠に続く『魔法ワールド』」  映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の作品情報・概要 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』原題『Fantastic Beasts and Where to Find Them』『ファンタスティック・ビースト』シリーズの1作目で、『魔法ワールド』フランチャイズの9作目の作品。原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手がけ、実際に発売もされたホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが繰り広げる大冒険を描く。エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン(映画『mid90s ミッドナインティーズ』)、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジョン・ボイト、カルメン・イジョゴ(『イット・カムズ・アット・ナイト』)、ロン・パールマン(映画『ドント・ルック・アップ』や映画『塔の上のラプンツェル』)、コリン・ファレル(映画『THE BATMAN ザ・バットマン』や映画『ジェントルメン』)、ジェン・マーレイ、フェイス・ウッド=ブラグローブ、ローナン・ラフテリー、ジョシュ・カウダリー、ゾーイ・クラビッツ(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、ジョニー・デップ(映画『グッバイ、リチャード!』や映画『チャーリーとチョコレート工場』)らが出演。
2022.04.18
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソンが綺麗になっていく」感想「いじめ克服映画」結末「魔法使いは性格悪い」

映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソンが綺麗になっていく」感想「いじめ克服映画」結末「魔法使いは性格悪い」 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の作品情報・概要 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』原題『Harry Potter and the Order of the Phoenix』J・K・ローリングが2003年に発表した、小説『ハリー・ポッター』シリーズの映像化。デビッド・イェーツ監督作品。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミスらが出演。
2022.04.18
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフってハンサムじゃん」感想「エマ・ワトソンってやっぱり将来性があった」結末「イギリス映画って独特」

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフってハンサムじゃん」感想「エマ・ワトソンってやっぱり将来性があった」結末「イギリス映画って独特」 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の作品情報・概要 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』原題『Harry Potter and the Goblet of Fire』マイク・ニューウェル監督作品。イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが2000年に発表した、子供向けのファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第4巻を映画化した作品(2001年のヒューゴー賞(長編小説)を受賞)ホグワーツ魔法魔術学校の4年生となったハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ) が、望まないまま三大魔法学校対抗試合の選手となり、その裏に史上最悪の魔法使いヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の謀略を感じつつ、厳しい試練に立ち向かう一年間を描く。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーンらが出演。興行収入110億円。
2022.04.18
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました