クリス・エバンス

スポンサーリンク
2022年製作

映画『グレイマン』ネタバレ・あらすじ「ライアン・ゴズリングはイケメンだ」感想・結末。

映画『グレイマン』ネタバレ・あらすじ「ライアン・ゴズリングはイケメンだ」感想・結末。 映画『グレイマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『グレイマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『グレイマン』の作品情報・概要『グレイマン』原題『The Gray Man』アンソニー・ルッソ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)とジョー・ルッソ(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が監督。2009年に出版されたマーク・グリーニーの『暗殺者グレイマン』に始まる小説シリーズをもとに映像化。クリストファー・マーカス(映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』)、スティーヴン・マクフィーリーが共同で脚本を執筆。マイク・ラロッカと共同で製作するアメリカのアクションスリラー映画である。Netflixオリジナル作品として配信されている。製作費は2億ドルと、Netflix史上最も高額な作品である。ライアン・ゴズリング(映画『ソング・トゥ・ソング』や映画『ファースト・マン』)、クリス・エバンス(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』)、アナ・デ・アルマス、ジェシカ・ヘンウィック(映画『マトリックス レザレクションズ』や映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』)、レジ=ジーン・ペイジ、ワグネル・モウラ、ジュリア・バターズ(映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)、ダヌーシュ、アルフレ・ウッダード(映画『ライオン・キング』)、ビリー・ボブ・ソーントン、シェー・ウィガム(映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』や映画『ジョーカー』や『バイス』)、デオビア・オパレイ(映画『キャッシュトラック』)、ロバート・カジンスキー、ダズ・クロウフォード、カラン・マルベイ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、エミ・イクワーカーらが出演。  
アクション映画

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の作品情報・概要『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』原題『Captain America: The First Avenger』2011年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。主演はクリス・エヴァンス(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)。「マーベル・コミック」のアメリカン・コミックヒーロー『キャプテン・アメリカ』の実写映画作品としては、1990年の『キャプテン・アメリカ 卍帝国の野望』以来の新作。また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』としては、第5作品目の映画となり、その中の『キャプテン・アメリカ』シリーズの第1作目。ヘイリー・アトウェル(映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』や映画『カセットテープ・ダイアリーズ』)、セバスチャン・スタン(映画『355』や映画『ブラックパンサー』)、トミー・リー・ジョーンズ(映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』や映画『アド・アストラ』)、ヒューゴ・ウィービング、ドミニク・クーパー、スタンリー・トゥッチ(映画『プラダを着た悪魔』や映画『プライベート・ウォー』)、トビー・ジョーンズ(映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』)、リチャード・アーミテージ、ニール・マクドノー(映画『父親たちの星条旗』や映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』)、デレク・ルーク、ケネス・チョイ(映画『スパイダーマン ホームカミング』)、サミュエル・L・ジャクソン(映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』や映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)らが出演。  
2022年製作

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」映画『バズ・ライトイヤー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バズ・ライトイヤー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『バズ・ライトイヤー』の作品情報・概要『バズ・ライトイヤー』原題『Lightyear』は、2022年のアメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションSFアクション映画。ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給する。ピクサーの映画『トイ・ストーリー』シリーズのスピンオフ作品かつ前日譚。シリーズ1作目の世界で人気だったおもちゃのバズ・ライトイヤーの世界観で自身の原点を描いた作品。アンガス・マクレーン監督長編デビュー作。主人公バズの声をクリス・エヴァンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が担当。日本版は鈴木亮平 (映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『燃えよ剣』や映画『海街diary』)。他はキキ・パーマー(映画『ハスラーズ』)、ピーター・ソーン、タイカ・ワイティティ(映画『ジョジョ・ラビット』や)、デイル・ソウルズ、ジェームズ・ブローリン、ウゾ・アドゥーバ、メアリー・マクドナルド=ルイス、イザイア・ウィットロック・Jr. 、アンガス・マクレーン 、今田美桜 、山内健司、三木眞一郎 、磯辺万沙子 、銀河万丈(映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』) 、沢城みゆき(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)、りょう(映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』)らが担当。同性愛の描写があることから、イスラム圏である中東やアジアの一部地域では本作品の上映が許可されなかった。中華人民共和国でも上映は絶望視されている。  
2022.07.02
いじめ・陰湿映画

映画『スパイダーマン ホームカミング』ネタバレ・あらすじ「高校生が背負う悩み」感想「恋愛青春映画」結末「世界を救いたい」

映画『スパイダーマン ホームカミング』ネタバレ・あらすじ「高校生が背負う悩み」感想「恋愛青春映画」結末「世界を救いたい」 映画『スパイダーマン ホームカミング』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『スパイダーマン ホームカミング』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『スパイダーマン ホームカミング』の作品情報・概要 『スパイダーマン: ホームカミング』原題『Spider-Man: Homecoming』マーベル・コミックのスーパーヒーロー「スパイダーマン」をベースとした、2017年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。ジョン・ワッツ監督作品。主演はトム・ホランド(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)。マイケル・キートン(映画『バットマン』)、ジョン・ファブロー(映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』)、グウィネス・パルトロウ(映画『アベンジャーズ』)、ゼンデイヤ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』)、ドナルド・グローバー(映画『ライオン・キング』)、ジェイコブ・バタロン(映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)、ローラ・ハリアー、トニー・レボロリ、ボキーム・ウッドバイン、タイン・デイリー、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr.(映画『アベンジャーズ』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の第16作目である。
2022.01.29
2019年製作

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』ネタバレ・あらすじ「世界興行収入No. 1」感想「最後はヒーロー総動員」結末「マーベルは永遠に続く!」

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』ネタバレ・あらすじ「世界興行収入No. 1」感想「最後はヒーロー総動員」結末「マーベルは永遠に続く!」映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アベンジャーズ エンドゲーム』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の作品情報・概要『アベンジャーズ/エンドゲーム』原題『Avengers: Endgame』2019年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。アンソニー・ルッソとジョン・ルッソ監督作品。脚本はクリストファー・マルクスとスティーヴン・マクフィーリー。マーベル・コミックのスーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」をベースとしている。出演はロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワースら。『アベンジャーズ』シリーズの4作目。『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』』(2018年)の続編。「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の22作目。マーベル・スタジオが製作し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給し世界で大ヒットした。興行収入は27.9億ドルを挙げ、『アバター』(2009年)の記録を抜いた。日本でもヒットしたが、期待ほどの収入には至っていない。  
2018年製作

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』ネタバレ・あらすじ「ヒーロー乱立!」感想「ヒーローは死亡しない?」結末「マーベル世界制覇へ」

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』ネタバレ・あらすじ「ヒーロー乱立!」感想「ヒーローは死亡しない?」結末「マーベル世界制覇へ」 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の作品情報・概要 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』原題『Avengers: Infinity War』マーベル・コミックのスーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」をベースとした、2018年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。アンソニー・ルッソ、ジョン・ルッソ監督作品。脚本はクリストファー・マルクスとスティーヴン・マクフィーリーが担当。出演はロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンスら。「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の19作目。『アベンジャーズ』(2012年)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ ウルトロン』(2015年)の続編。マーベル・スタジオが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給する。2017年11月30日に初めてネット上で予告編が公開され、24時間以内の再生回数が2億3000万回に到達した。それまでは『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の記録(1億9700万回)を抜いて歴代最高記録を更新した。
2022.01.13
SF映画

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ネタバレ・あらすじ「マーブル映画は観るしかない」感想「いつか頭が整理される」結末「こんなに地球はヒーローがいたのか」

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ネタバレ・あらすじ「マーブル映画は観るしかない」感想「いつか頭が整理される」結末「こんなに地球はヒーローがいたのか」 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の作品情報・概要 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』原題『Avengers: Age of Ultron』マーベル・スタジオが製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給。2015年のアメリカ合衆国製作。スーパーヒーロー映画。ジョス・ウェドン脚本・監督作品。「マーベル・コミック」のスーパーヒーローチームである『アベンジャーズ』が結集。2012年の映画『アベンジャーズ』の続編となる。「マーベル・コミック」様々なヒーロー、ヴィランを実写映画として登場させて、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱っている。『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)としては第11作品目の映画となる。登場人物の整理に戸惑うが、始まりから最後まで続くアクション、そしてCG技術の高さに驚愕する。ロバート・ダウニー・Jr.  クリス・ヘムズワース マーク・ラファロ クリス・エバンス スカーレット・ヨハンソン(映画『マッチポイント』や映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マリッジ・ストーリー』) ジェレミー・レナー(映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』) ドン・チードル アーロン・テイラー=ジョンソン 
エリザベス・オルセン ポール・ベタニー(映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』) コビー・スマルダース(映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』) アンソニー・マッキー(映画『ミリオンダラー・ベイビー』) ヘイリー・アトウェル 
イドリス・エルバ(映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』や映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』) ステラン・スカルスガルド(映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『キューブリックに魅せられた男』) ジェームズ・スペイダー サミュエル・L・ジャクソン(映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』) リンダ・カーデリニ(『グリーンブック』や映画『シンプル・フェーバー』) クローディア・キム
 トーマス・クレッチマン アンディ・サーキス ジュリー・デルピー
ケリー・コンドンら出演。
アクション映画

映画『アベンジャーズ』ネタバレ・あらすじ「ディズニー配給で世界獲り!」感想「ロバート・ダウニー・Jr.完全復活」結末「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」

映画『アベンジャーズ』ネタバレ・あらすじ「ディズニー配給で世界獲り!」感想「ロバート・ダウニー・Jr.完全復活」結末「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」映画『アベンジャーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アベンジャーズ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アベンジャーズ』の作品情報・概要『アベンジャーズ』原題『Marvel’s The Avengers 』(北米でのタイトル)『Marvel Avengers Assemble 』(英国とアイルランドでのタイトル)は、2012年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給。マーベル・コミック原作のスーパーヒーロー映画のクロスオーバー作品である。「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)に属する作品。『アイアンマン』(2008年)『インクレディブル・ハルク』(2008年)『アイアンマン2』(2010年)『マイティ・ソー』(2011年)『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)のクロスオーバー作品。「フェイズ1(第1シーズン)」のクライマックスを飾る作品。シリーズ映画最大のヒットの始まりは本映画からと言われている。ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、サミュエル・L・ジャクソン、トム・ヒドルストン、クラーク・グレッグ、コビー・スマルダース、ステラン・スカルスガルド、グウィネス・パルトロウ、ポール・ベタニー、マキシミリアーノ・ヘルナンデス、イエジー・スコリモフスキ、パワーズ・ブースらが出演。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました