配給:東宝東和

スポンサーリンク
2022年製作

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』の作品情報・概要『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』原題『Jurassic World: Dominion』2022年のアメリカ合衆国のSFアドベンチャー映画。コリン・トレヴォロウ監督作品。エミリー・カーマイケル脚本。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)の続編。「ジュラシック・パーク」フランチャイズの第6作目であり、「ジュラシック・ワールド」三部作の第3作目であり、完結編である。クリス・プラット(映画『ソー ラブ&サンダー』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ブライス・ダラス・ハワード(映画『ロケットマン』)、ローラ・ダーン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マリッジ・ストーリー』や映画『パーフェクト ワールド』)、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ディワンダ・ワイズ、マムドゥ・アチー、B・D・ウォン、オマール・シー、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、ジャスティス・スミス、スコット・ヘイズ、ディーチェン・ラックマン、ダニエラ・ピネダ、ジャスミン・チウ、エルバ・トリルらが出演。
2022年製作

映画『ミニオンズ フィーバー』ネタバレ・あらすじ「日本語版声優・笑福亭鶴瓶 」感想「尾野真千子も面白い」結末「次回作決定!」

映画『ミニオンズ フィーバー』ネタバレ・あらすじ「日本語版声優・笑福亭鶴瓶 」感想「尾野真千子も面白い」結末「次回作決定!」映画『ミニオンズ フィーバー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミニオンズ フィーバー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミニオンズ フィーバー』の作品情報・概要『ミニオンズ フィーバー』原題『Minions: The Rise of Gru』は、2022年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・コメディ映画。カイル・バルダ監督作品。共同監督はブラッド・アブルソンとジョナサン・デル・ヴァル。イルミネーション製作。2015年に公開された『ミニオンズ』 の続編。『怪盗グルーシリーズ』の5作目。グルー役はスティーヴ・カレル(映画『ビューティフル・ボーイ』や映画『マーウェン』や『バイス』や『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』)、ミニオン役はピエール・コフィン。他はタラジ・P・ヘンソン、ミシェル・ヨー(映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』)、RZA(映画『デッド・ドント・ダイ』)、ジャン=クロード・バン・ダム、ルーシー・ローレス、ドルフ・ラングレン、ダニー・トレホ、ラッセル・ブランド、ジュリー・アンドリュース、アラン・アーキンらが声を担当。日本語版は笑福亭鶴瓶(映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、市村正親(映画『そして、バトンは渡された』)、尾野真千子(映画『ヤクザと家族 The Family』や映画『ハケンアニメ!』)、渡辺直美、LiSA(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、田中真弓 、速水奨、大塚明夫、立木文彦、宮野真守、鈴木拡樹らが担当
2022年製作

映画『マリー・ミー』ネタバレ・あらすじ「製作ジェニファー・ロペスの腹筋を見よ!」感想「マルーマ共演でラテンアメリカでヒット確約」結末「ポンコツ作品ギリギリ」

映画『マリー・ミー』ネタバレ・あらすじ「製作ジェニファー・ロペスの腹筋を見よ!」感想「マルーマ共演でラテンアメリカでヒット確約」結末「ポンコツ作品ギリギリ」映画『マリー・ミー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マリー・ミー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マリー・ミー』の作品情報・概要『マリー・ミー』原題『Marry Me』アメリカ合衆国製作のロマンティック・コメディ映画。カット・コイロ監督作品。ジェニファー・ロペス製作・主演(映画『ハスラーズ』)。オーウェン・ウィルソン(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『ミッドナイト・イン・パリ』)、マルーマ(映画『ミラベルと魔法だらけの家』)、ジョン・ブラッドリー、サラ・シルバーマン、クロエ・コールマン(映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』)、サミシェル・ブトー、カリル・ミドルトン、カット・カニング、ウトカルシュ・アンブドゥカルらが出演。
2022年製作

映画『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」

映画『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」映画『アンビュランス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アンビュランス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アンビュランス』の作品情報・概要『アンビュランス』原題『Ambulance』2022年公開のアメリカ合衆国のアクションスリラー映画。 マイケル・ベイ製作・監督作品(映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』)。脚本はクリス・フェダック。主演はジェイク・ギレンホール(映画『ゴールデン・リバー』や映画『ワイルドライフ』)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(映画『マトリックス レザレクションズ』)、エイザ・ゴンザレス(映画『マーウェン』)。マイケル・ベイ監督の圧倒的な演出と展開の特徴である「ベイ・ヘム(Bay-hem)」健在。カーチェイス、爆発、銃撃、炎上が休みなく続く。
2022年製作

映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」

映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」 映画『SING シング ネクストステージ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『SING シング ネクストステージ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『SING シング ネクストステージ』の作品情報・概要 『SING/シング: ネクストステージ』原題『Sing 2』ガース・ジェニングス脚本・監督作品。2021年のアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ジュークボックス・ミュージカル・コメディ映画。『SING/シング』の続編。声優はマシュー・マコノヒー(映画『ジェントルメン』)、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン(映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マッチポイント』や映画『ブラック・ウィドウ』)、タロン・エガートン(映画『ロケットマン』)、トリー・ケリー、ニック・クロール、ガース・ジェニングス、ピーター・セラフィノヴィッツ、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』)など。物語は「15年間、人前から姿を消している伝説のロック歌手、クレイ・キャロウェイを出演させるために奮闘を描く」クレイ・キャロウェイは英語版では「U2」のボノ、日本語版では「B’z」稲葉浩志が演じている。  
2022.03.24
2021年製作

映画『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」

映画『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」映画『ハウス・オブ・グッチ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハウス・オブ・グッチ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハウス・オブ・グッチ』の作品情報・概要『ハウス・オブ・グッチ』原題『House of Gucci』2021年公開のアメリカ合衆国の伝記クライム映画。リドリー・スコット監督作品(映画『エイリアン』や映画『ドーナツキング』)。サラ・ゲイ・フォーデン原作のノンフィクション『ザ・ハウス・オブ・グッチ』(The House of Gucci: A Sensational Story of Murder, Madness, Glamour, and Greed)が原作。パトリツィア・レッジアーニとマウリツィオ・グッチを軸に世界的ファッションブランド「グッチ」の創業者グッチ家の経営権争いと、マウリツィオ・グッチ殺害事件を描いている。レディー・ガガ(映画『アリー/スター誕生』)、アダム・ドライバー(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や『ブラック・クランズマン』)、ジャレッド・レト、ジェレミー・アイアンズ(映画『仮面の男』)、サルマ・ハエック(映画『エターナルズ』や映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』)、アル・パチーノ(映画『スケアクロウ』や映画『アイリッシュマン』や映画『ゴッドファーザーPARTII』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)が出演している。実際に起きた史実ならびに事件を忠実に再現している。さらに現存するグッチ家の人々の実名を用いて製作されたことが話題となっている。
2022.04.19
お茶の間映画館

映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレ・あらすじ「恐竜マニア垂涎の喜び」感想「CG技術は最高点へ」結末「続編に終わりなし!」

映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレ・あらすじ「恐竜マニア垂涎の喜び」感想「CG技術は最高点へ」結末「続編に終わりなし!」映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジュラシック・ワールド』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・ワールド』の作品情報・概要『ジュラシック・ワールド』原題『Jurassic World』2015年のアメリカのSFアクション映画。「ジュラシック・パーク」シリーズの第4作目。「ジュラシック・ワールド」三部作の第1作目。コリン・トレヴォロウ監督作品。脚本はリック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー、デレク・コノリー(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』や映画『名探偵ピカチュウ』)とトレヴォロウら。クリス・プラット(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ブライス・ダラス・ハワード(映画『ロケットマン』)、ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ニック・ロビンソンらが出演している。
2022.07.20
2021年製作

映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」

映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」映画『オールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オールド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『オールド』の作品情報・概要『オールド』原題『Old』2021年製作のアメリカ合衆国のスリラー映画。M・ナイト・シャマラン監督作品。主演はガエル・ガルシア・ベルナル(映画『リメンバー・ミー』)。本作は2010年、フレデリック・ペータースとピエール・オスカル・レヴィーが発表したグラフィックノベル『Sandcastle』が原作となっている。出演はビッキー・クリープス、アレックス・ウルフ(映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』)、イーモン・エリオット、ノーラン・リヴァー、ルカ・ファウスティーノ・ロドリゲス、アレクサ・スウィントン、アビー・リー、ケン・レオン、アーロン・ピエール、ニキ・アムカ=バード、キャスリーン・チャルファント、グスタフ・ハマーステン、フランチェスカ・イーストウッド(映画『トゥルー・クライム』)、マシュー・シアー、M・ナイト・シャマラン
2020年製作

映画『ザ・スイッチ』ネタバレ・あらすじ「JKと連続殺人鬼が入れ替わる」感想「キャスリン・ニュートン可愛い」結末「ビンス・ボーンも可愛い」

映画『ザ・スイッチ』ネタバレ・あらすじ「JKと連続殺人鬼が入れ替わる」感想「キャスリン・ニュートン可愛い」結末「ビンス・ボーンも可愛い」映画『ザ・スイッチ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ザ・スイッチ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ザ・スイッチ』の作品情報・概要『ザ・スイッチ』原題『Freaky』は2020年に公開されたアメリカ合衆国のホラー&コメディ映画。クリストファー・B・ランドン監督作品。主演はヴィンス・ヴォーン(映画『ファイティング・ファミリー』)とキャスリン・ニュートン(映画『名探偵ピカチュウ』や映画『ベン・イズ・バック』)女子高校生と連続殺人鬼が入れ替わる“ボディスイッチ”映画として大ヒットした。アラン・ラック ケイティ・フィナーラン セレステ・オコナー ミーシャ・オシェロヴィッチ出演。
2021.06.01
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました