小林稔侍

スポンサーリンク
お茶の間映画館

映画『新幹線大爆破』ネタバレ・あらすじ「高倉健さん“新境地への挑戦”」感想「戦後30年の日本社会は今と似ている」結末

映画『新幹線大爆破』ネタバレ・あらすじ「高倉健さん“新境地への挑戦”」感想「戦後30年の日本社会は今と似ている」結末映画『新幹線大爆破』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『新幹線大爆破』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『新幹線大爆破』の作品情報・概要『新幹線大爆破』英題『The Bullet Train, Super Express 109』)1975年の日本映画。大スター総出演のパニックアクション映画。海外での評価が高く後の映画製作に大きな影響を与えた。東映の岡田社長の鶴の一声で製作が決まった。ヤクザ映画からの脱皮を模索していた高倉健にとってはイメージチェンジに成功した作品。高度経済成長を遂げた日本への批判も込めらている。監督は映画『カイジ ファイナルゲーム』の佐藤東弥の父である佐藤純弥。
お茶の間映画館

映画『鉄道員(ぽっぽや)』ネタバレ・あらすじ「高倉健さんと小林稔侍さんの“友情”」感想「昭和の男の生き様あり!」結末。

映画『鉄道員(ぽっぽや)』ネタバレ・あらすじ「高倉健さんと小林稔侍さんの“友情”」感想「昭和の男の生き様あり!」結末。 映画『鉄道員(ぽっぽや)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『鉄道員(ぽっぽや)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『鉄道員(ぽっぽや)』の作品情報・概要『鉄道員』(ぽっぽや)浅田次郎の原作の短編小説を映画化(『小説すばる』平成7年(1995年)11月号に掲載)降旗康男監督作品。主演は映画『居酒屋兆治』や映画『ホタル』高倉健。映画『借りぐらしのアリエッティ』の大竹しのぶ、広末涼子、小林稔侍、映画『浅田家!』や映画『蜜蜂と遠雷』の平田満、映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』や映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』や映画『雲のむこう、約束の場所』の吉岡秀隆らが共演。地方のローカル鉄道で働く鉄道員の生き様と移り行く時代を描いたいる。
2021.02.17
お茶の間映画館

映画『ホタル』ネタバレ・あらすじ「高倉健さん悲痛」「反日メディア製作の虚飾映画」感想「特攻の母も泣いている」結末

映画『ホタル』ネタバレ・あらすじ「高倉健さん悲痛」「反日メディア製作の虚飾映画」感想「特攻の母も泣いている」結末映画『ホタル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ホタル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ホタル』の作品情報・概要『ホタル』2001年公開の降旗康男監督作品。主演は高倉健。共演は田中裕子、水橋貴己奈良岡朋子、小林稔侍、井川比佐志ら。東映創立50周年記念作品。第25回日本アカデミー賞で13部門ノミネートされたが、主演男優賞にノミネートされたが高倉健は「後輩の俳優に道を譲りたい」として辞退した。製作に朝日新聞とテレビ朝日が加わっており、左派的あるいは“反日感情”が強いと批判されている。物語は雑である。撮影監督の木村大作だけが素晴らしいという評価がある。
2021.02.17
お茶の間映画館

映画『居酒屋兆治』ネタバレ・あらすじ・結末。昭和とは「過去を背負って生きる美学」の時代だった。損得勘定すると損である。

映画『居酒屋兆治』ネタバレ・あらすじ・結末。昭和とは「過去を背負って生きる美学」の時代だった。損得勘定すると損である。映画『居酒屋兆治』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『居酒屋兆治』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。居酒屋兆治』(いざかやちょうじ)は、山口瞳の連作的長編小説です。『兆治』(ちょうじ)と題し『波』(1979年10月号から1980年11月号に連載、改題して新潮社より1982年6月に刊行されました)
2020.12.05
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました