小日向文世

スポンサーリンク
2020年製作

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の作品情報・概要 『コンフィデンスマンJP -プリンセス編-』2020年7月23日に公開された日本のコメディ映画。田中亮監督作品。長澤まさみ主演(映画『すばらしき世界』や映画『MOTHER マザー』や映画『キングダム』)。東出昌大(映画『スパイの妻 劇場版』や映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』)、小手伸也(映画『事故物件 恐い間取り』)、小日向文世(映画『奥様は、取り扱い注意』)、竹内結子、三浦春馬(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、広末涼子(映画『鉄道員(ぽっぽや)』)、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』 )らが出演。興行収入は前作『ロマンス編』の29.7億円を超え、30億円を超える大ヒットとなる。元々は2018年4月9日から6月11日まで、フジテレビ系「月9」枠にて放送されたテレビドラマである。
2019年製作

映画『マスカレード・ホテル』ネタバレ・あらすじ「さんま出演どこ?」感想「長澤まさみ168センチ。キムタク176センチ?」結末「身長がミステリー」「ロケはロイヤルパークホテル」

映画『マスカレード・ホテル』ネタバレ・あらすじ「さんま出演どこ?」感想「長澤まさみ168センチ。キムタク176センチ?」結末「身長がミステリー」「ロケはロイヤルパークホテル」映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マスカレード・ホテル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マスカレード・ホテル』の作品情報・概要『マスカレード・ホテル』2011年製作の日本のミステリー映画。鈴木雅之監督作品。木村拓哉(映画『ハウルの動く城』)、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コクリコ坂から』)主演。他は小日向文世(映画『奥様は、取り扱い注意』)、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、濱田岳 、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』)、笹野高史(映画『ある船頭の話』や映画『小さいおうち』)、高嶋政宏、菜々緒、生瀬勝久、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、松たか子(映画『ラストレター』)、鶴見辰吾(映画『空に住む』や映画『翔んだカップル』)らが共演。 東野圭吾(『パラレルワールド・ラブストーリー』)の長編ミステリ小説を映画化。「マスカレード」シリーズの第1作目。2008年12月から2010年9月まで集英社の月刊誌『小説すばる』に掲載され、その後、2011年9月10日に集英社より単行本が発刊された。舞台となった架空のホテルは、巻末に取材協力団体として紹介されている日本橋の「ロイヤルパークホテル」
2021年製作

映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」

映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」映画『奥様は、取り扱い注意』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『奥様は、取り扱い注意』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『奥様は、取り扱い注意』の作品情報・概要『奥様は、取り扱い注意』2017年10月4日から12月6日まで日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマを映画化。主演は綾瀬はるか(映画『今夜、ロマンス劇場で』や映画『ザ・マジックアワー』)、西島秀俊(映画『空母いぶき』)、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』 や映画『コンフィデンスマンJP』)、鶴見辰吾(映画『翔んだカップル』や映画『空に住む』や映画『太陽は動かない』)、小日向文世(映画『カツベン!』)、六平直政(映画『キングダム』や『ソローキンの見た桜』)原案・脚本は直木賞作家の金城一紀。
お茶の間映画館

映画『ザ・マジックアワー』ネタバレ・あらすじ「三谷幸喜“マンネリズム満載”」感想「普遍的なテーマが欲しい」結末「綾瀬はるかは可愛い」

映画『ザ・マジックアワー』ネタバレ・あらすじ「三谷幸喜“マンネリズム満載”」感想「普遍的なテーマが欲しい」結末「綾瀬はるかは可愛い」映画『ザ・マジックアワー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ザ・マジックアワー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ザ・マジックアワー』の作品情報・概要『ザ・マジックアワー』英題『The Magic Hour』2008年6月7日に公開された日本映画。三谷幸喜監督作品。マジックアワーとは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」を指す写真・映画用語。本映画『ザ・マジックアワー』では「誰にでもある『人生で最も輝く瞬間』」を意味する。マジックアワーの時間のみで『天国の日々』作ったテリー・ギリアムへのオマージュかと思ったが違うらしい。劇中には美しいマジックアワーの描写はほとんどない。佐藤浩市(映画『楽園』や映画『記憶にございません!』)妻夫木聡(映画『浅田家!』や映画『一度死んでみた』)深津絵里、綾瀬はるか(映画『今夜、ロマンス劇場で』)西田敏行が出演。
2019年製作

映画『アルキメデスの大戦』戦争を阻止と言っているが結局、止められなかった数学者。ネタバレ・感想・評価 菅田将暉さんだけの130分

『アルキメデスの大戦』(130分/日本/2019) 映画『アルキメデスの大戦』のオススメ度は? 星2つ 第二次世界大戦がおわって74年。 戦争は反対です。 そのことを念頭に観に行きましょう。 映画『アルキ...
2021.07.21
2019年製作

映画『コンフィデンスマンJP』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ魅力大全開!こんな美人詐欺師なら騙されたい!

映画『コンフィデンスマンJP』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ魅力大全開!こんな美人詐欺師なら騙されたい!詐欺師も成功すれば大物だ。みんなが集まってくる。でも失敗すれば犯罪者。奈落の底だ。この映画では詐欺師を異常なほど、美化しているように思われる。が、勘違いしてはいけない。彼らは弱者を相手に詐欺を働いていない。絶えず強い存在からお金を騙し取っている。お金を取ることが目的でもあるが、詐欺という舞台を楽しむために行なっている愉快犯だ。
2021.07.21
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました