レベッカ・ファーガソン

スポンサーリンク
2021年製作

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」映画『DUNE デューン 砂の惑星』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『DUNE デューン 砂の惑星』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。  映画『DUNE デューン 砂の惑星』の作品情報・概要『DUNE/デューン 砂の惑星』原題『Dune、別題: Dune: Part One』2021年のアメリカ合衆国のSF映画。ドゥニ・ビルヌーブ監督作品。エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ヴィルヌーヴが脚本執筆。フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』の映画化作品。二部作の第1弾。ティモシー・シャラメ主演。レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、スティーヴン・ヘンダーソン、ゼンデイヤ、デヴィッド・ダストマルチャン、チャン・チェン、シャロン・ダンカン=ブルースター、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムが出演している。1970年代にアレハンドロ・ホドロフスキーが10時間以上の大作映画構想を企画するが製作中止に追い込まれた。リドリー・スコットも企画したが断念。1984年にはデイヴィッド・リンチ監督が映画『デューン/砂の惑星』を発表したがファイナルカットの権利がもらえず上映し、惨敗している。
2021.10.16
2021年製作

映画『レミニセンス』ネタバレ・あらすじ「意味は“回想”」感想「ヒュー・ジャックマン背が高い」結末「レベッカ・ファーガソンにため息」

映画『レミニセンス』ネタバレ・あらすじ「意味は“回想”」感想「ヒュー・ジャックマン背が高い」結末「レベッカ・ファーガソンにため息」映画『レミニセンス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レミニセンス』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『レミニセンス』の作品情報・概要『レミニセンス』原題『Reminiscence』2021年のアメリカ合衆国のSFサスペンススリラー映画。リサ・ジョイ監督・脚本作品で長編監督デビュー。ヒュー・ジャックマン(映画『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』や『フロントランナー』)、レベッカ・ファーガソン(映画『ドクター・スリープ』映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』)、タンディ・ニュートン(映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』)、ダニエル・ウー、クリフ・カーティス(映画『コロンビアーナ』や映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』)、マリーナ・デ・タビラ(『ROMA/ローマ』)、モージャン・アリア、ブレット・カレン(映画『ジョーカー』)、ナタリー・マルティネス、アンジェラ・サラフィアン、ニコ・パーカーらが出演。海面が上昇した近未来のマイアミにが舞台。主人公のニック・バニスター(ヒュー・ジャックマン)は、無骨で孤独な退役軍人である。彼の生業は顧客が望むあらゆる記憶を追体験させる機会を提供するというもの。それは特殊で危険な仕事である。
2021.10.01
2018年製作

映画『FUNAN フナン』ネタバレ・あらすじ「善悪がテーマではない」感想「母親の物語」結末

映画『FUNAN フナン』ネタバレ・あらすじ「善悪がテーマではない」感想「母親の物語」結末映画『FUNAN フナン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『FUNAN フナン』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『FUNAN フナン』の作品情報・概要『FUNAN フナン』原題『Funan』2018年製作。第42回アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを獲得作品。ドゥニ・ドゥ監督によるカンボジアの歴史ドラマを扱ったアニメーション映画。「家族の物語。母親の物語」である。脚本はドゥとマガリ・プゾル 。エリーゼ・トリン参画。ドゥニ・ドゥの母親の実体験をベースに1975年4月のクメール・ルージュの革命開始後から脚本化されている。映画のタイトル『FUNAN フナン』は、かつてインドシナ半島に存在した国家、扶南国に由来する。
お茶の間映画館

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible - Rogue Nation』2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。
2021.06.01
2019年製作

映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。

映画『ドクター・スリープ』公式サイト・作品・キャスト紹介ならびに上映館情報、ネタバレ・あらすじ・結末まで書いています。『ドクター・スリープ』原題『Doctor Sleep』(2013年発表)は、スティーヴン・キング原作のホラー小説「シャイニング」の40年後を描いた続編。監督はマイク・フラナガン。出演はユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソンと新鋭カイリー・カラン 。キングは続編を書かないことで有名だがスタンリー・キューブリック監督『シャイニング』への批判を込めて書いたと言われている。
2021.07.21
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました