金子大地

スポンサーリンク
2020年製作

映画『サマーフィルムにのって』ネタバレ・あらすじ「伊藤万理華を応援し続けた」感想「青春って素晴らしい」結末「脚本が絶品!」

映画『サマーフィルムにのって』ネタバレ・あらすじ「伊藤万理華を応援し続けた」感想「青春って素晴らしい」結末「脚本が絶品!」映画『サマーフィルムにのって』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サマーフィルムにのって』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『サマーフィルムにのって』の作品情報・概要『サマーフィルムにのって』2021年8月6日に公開された日本映画。松本壮史監督作品。主演は伊藤万理華(元乃木坂46)。出演は金子大地(『猿楽町で会いましょう』や『君が世界のはじまり』)、河合優実、祷キララ、小日向星一、池田永吉、篠田諒、甲田まひる、ゆうたろう、篠原悠伸 、板橋駿谷ら。時代劇映画オタクの女子高生が、タイムリープで未来からやってきた武士役のイメージにぴったりの少年に出会って、『武士の青春』という傑作時代劇を作ろうと奔走する姿を描く。友情、恋愛、夢、挑戦など若者の等身大の姿を描いた秀作。
2019年製作

映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華と小西桜子は伸びる!」感想「本当のクズは誰?」結末「夢実現に必要なモノは?」

映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華と小西桜子は伸びる!」感想「本当のクズは誰?」結末「夢実現に必要なモノは?」 映画『猿楽町で会いましょう』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『猿楽町で会いましょう』の作品情報・概要『猿楽町で会いましょう』英題『colorless』2019年に制作された日本の映画。児山隆監督長編デビュー作品。主演は 金子大地と石川瑠華。2019年4月、第2回未完成映画予告編大賞 MI-CANにてグランプリを受賞後、本編の製作が決定した。主演の石川瑠華は児山自らInstagramでメールを送り、出演交渉した。
2021年製作

映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』ネタバレ・あらすじ「どんちゃん騒ぎしたい」感想「天海祐希の演技は境地!」結末「大杉漣さんへ捧げる」

映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』ネタバレ・あらすじ「どんちゃん騒ぎしたい」感想「天海祐希の演技は境地!」結末「大杉漣さんへ捧げる」映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』の作品情報・概要『バイプレイヤーズ ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』2021年4月9日公開の日本のコメディ映画。テレビ東京系列で放送されているテレビドラマ『バイプレイヤーズ』を劇場版として公開。タイトルにもある通り、総勢100人にも及ぶ俳優達が出演しているとい「スケールの大きさ」では映画『翔んで埼玉』に比肩する映画である。
2020年製作

映画『君が世界のはじまり』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ふくだももこ監督と若手俳優を応援したくなる映画です。

映画『君が世界のはじまり』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ふくだももこ監督と若手俳優を応援したくなる映画です。映画『君が世界のはじまり』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『君が世界のはじまり』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『君が世界のはじまり』の作品情報・概要。小説家・映画監督ふくだももこ最新作品。月刊誌『すばる』に掲載した小説『えん』と『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』を原作としている。二つを絶妙な脚本に仕上げたのは向井康介。主演は『おいしい家族』でタッグを組んだ松本穂香。共演は中田青渚、片山友希、金子大地、甲斐翔真、小室ぺい。
2019年製作

酷評!ネタバレ感想 映画『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』“LGBTQ”問題を嘲笑&晒し者に。テレ朝に失望。作品情報・あらすじ・内容。性差別・偏見が助長されないか心配

テレビ朝日で放送されたドラマの劇場版。男性同士の恋愛をテーマに作られた。LGBTQが話題になっているのに乗じて作ったとしか思えない。性に悩む人の心に寄り添っているとは思えない。逆に嘲笑しているイメージさえ持つ。品性も配慮も優しさもかける。天下の朝日新聞を社主に持つテレビ朝日が主導となって製作されたのが信じられない。駄作。
2021.07.21
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました