ウッディ・アレン

スポンサーリンク
お茶の間映画館

映画『マッチポイント』ネタバレ・あらすじ「ウディ・アレンは神さま」感想「スカーレット・ヨハンソンの“唇”がセクシーすぎる」結末「人生はどっちに転がるのかわからない」

映画『マッチポイント』ネタバレ・あらすじ「ウディ・アレンは神さま」感想「スカーレット・ヨハンソンの“唇”がセクシーすぎる」結末「人生はどっちに転がるのかわからない」映画『マッチポイント』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マッチポイント』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マッチポイント』の作品情報・概要『マッチポイント』原題『Match Point』2005年公開のイギリスの映画。ウディ・アレン監督・脚本作品(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』)(36本目の監督作で未出演は10本目)2005年のアカデミー脚本賞にノミネート。ジョナサン・リース=マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン(映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マリッジ・ストーリー』)、エミリー・モーティマー、ブライアン・コックス、ペネロープ・ウィルトン(映画『ガーンジー島の読書会の秘密』)、マシュー・グード(映画『オフィシャル・シークレット』)らが出演。
お茶の間映画館

映画『ミッドナイト・イン・パリ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレンは「満たされた気持ち」にさせてくれる唯一無二な作家。信じている。

映画『ミッドナイト・イン・パリ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレンは「満たされた気持ち」にさせてくれる唯一無二な作家。信じている。映画『ミッドナイト・イン・パリ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドナイト・イン・パリ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ミッドナイト・イン・パリ』の作品情報・概要『ミッドナイト・イン・パリ』 原題『Midnight in Paris』2011年製作のスペイン・アメリカ映画。ウディ・アレン脚本・監督作品。パリで撮影。第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞。売れっ子脚本家がパリを徘徊するうちに1920年代へタイムスリップし、本当にやりたい「小説家」を目指そうと決意する物語。
2021.07.09
2019年製作

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』は92分のCM。中身なし。時代に取り残されたホテル感が満載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価

映画スター、プロスポーツ選手、政治家、王族が宿泊したホテルとして有名。カーライルホテルはそれを冠にして繁栄してきたと公言しているような映画だ。アメリカの人々が「いつか泊まりたい」と羨望してそうだ。映画は92間、このホテルのCMを見せられている気分になる。自慢、見栄のオンパレード。肝心のホテルのサービスや他のホテルとの違いが見受けられない。泊まりたくなる魅力が伝わってこない。
2021.07.21
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました