アラン・ドロン

スポンサーリンク
アクション映画

映画『アラン・ドロンのゾロ』ネタバレ・あらすじ「仮面を被って悪を成敗」感想「コスプレは快感」結末

映画『アラン・ドロンのゾロ』ネタバレ・あらすじ「仮面を被って悪を成敗」感想「コスプレは快感」結末 映画『アラン・ドロンのゾロ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アラン・ドロンのゾロ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『アラン・ドロンのゾロ』の作品情報・概要『アラン・ドロンのゾロ』原題『Zorro』1975年のイタリア・フランス製作の映画。ドゥッチョ・テッサリ監督作品。主演はアラン・ドロン。共演はオッタヴィア・ピッコロ。ジョンストン・マッカレーの小説『怪傑ゾロ』が原作。アラン・ドロンにしては珍しいコメディー映画。ナタリー・ドロンとの間にできた息子・アントワーヌを喜ばせるために出演したと言われている。
2020.11.19
お茶の間映画館

映画『サムライ』ネタバレ・あらすじ・結末。美しき男アラン・ドロンは犯罪者が似合う。フランス・フィルムノワールには破滅的な雰囲気がある。

映画『サムライ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『サムライ』は、1967年制作のフレンチ・フィルム・ノワール。アラン・ドロン主演。サムライの生き様を彷彿させる暗殺者を演じている。後世の映画作品に大きく影響を与えた。共演のナタリー・ドロンの映画デビュー作品。孤独な殺し屋。この映画で表しているのは正にこのひとことでは無いでしょうか。原題は『Le Samouraï』監督はジャン=ピエール・メルビル。
2020.11.19
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました