『アナと雪の女王』

スポンサーリンク
アニメーション

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。。ネタバレ・あらすじ・感想。映画『美女と野獣(1991)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『美女と野獣(1991)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『美女と野獣(1991)』の作品情報・概要『美女と野獣』原題『 Beauty and the Beast 』ディズニーの長編アニメーション映画作品。フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作された。第64回 アカデミー賞(1992年)においてアラン・メンケンが作曲賞受賞している。2017年実写版としてビル・コンドン監督がエマワトソンを主演に迎えて製作されている。ディズニーが新たな女子像を目指した作品であり、後世の作品に影響を与えたと言われている。
2019年公開

【ネタバレ予想】映画『アナと雪の女王2』あらすじ・結末。エルサの魔法の謎?両親の死の真相は?アナとクリストフの恋は?

ネタバレ予想を交えて、映画『アナと雪の女王2』のあらすじ、結末、を予想していきます。エルサの魔法の謎?両親の死の真相は?アナとクリストフの恋は? ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作『アナと雪の女王』(2013年)の続編。キャッチコピーは「なぜ、エルサに力は与えられたのか」
2020.02.12
スポンサーリンク