アネ・ラテ=ポレ

スポンサーリンク
2020年製作

映画『水を抱く女』ネタバレ・あらすじ「精霊ウンディーネが現代ベルリンに降臨」感想「パウラ・ベーアの演技必見」結末「寓話物語は勉強になる」

映画『水を抱く女』ネタバレ・あらすじ「精霊ウンディーネが現代ベルリンに降臨」感想「パウラ・ベーアの演技必見」結末「寓話物語は勉強になる」 映画『水を抱く女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『水を抱く女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『水を抱く女』の作品情報・概要 『水を抱く女』原題『Undine』ドイツ・フランス合作による2020年製作映画。寓話をモチーフに製作。lクリスティアン・ペッツォルト監督作品。パウラ・ベーア主演(2020年・第70回ベルリン国際映画祭で女優賞を受賞)、フランツ・ロゴフスキ、マリアム・ザリー、ヤコブ・マッチェンツ、アネ・ラテ=ポレらが出演。水の精霊ウンディーネを現代ベルリンに降臨させて紡いだラブストーリー。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました