岡瀬晶彦

スポンサーリンク
2021年製作

【ネタバレ酷評】映画『いのちの停車場』あらすじ「吉永小百合さんは“綺麗です”」感想「泣き叫ぶ吉永小百合を観たい」結末「大女優に気をつかい過ぎ映画」

【ネタバレ酷評】映画『いのちの停車場』ネタバレ・あらすじ「吉永小百合さんは“綺麗です”」感想「泣き叫ぶ吉永小百合を観たい」結末「大女優に気をつかい過ぎ映画」映画『いのちの停車場』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『いのちの停車場』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『いのちの停車場』の作品情報・概要『いのちの停車場』小説家・内科医[である南杏子による長編小説の映画化。救急医だった女性医師がある交通事故でも問題の責任をとって辞職。そして訪問診療医に転身する。最初は戸惑ってばかりの在宅医療の現場で、老老介護や終末期医療、積極的安楽死問題に触れて成長していく。主演は吉永小百合(映画『キューポラのある街』や『愛と死の記録』)松坂桃李(映画『あの頃。』や映画『新聞記者』)広瀬すず(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や映画『海街diary』)南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、伊勢谷友介(映画『マチネの終わりに』や映画『翔んで埼玉』)、みなみらんぼう、泉谷しげる、森口瑤子、松金よね子、石田ゆり子(映画『望み』や映画『記憶にございません!』)、田中泯(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』や映画『アルキメデスの大戦』)、西田敏行(映画『ザ・マジックアワー』)、白石咲和子、佐々木みゆ(映画『万引き家族』)
2021.06.15
お茶の間映画館

映画『海街diary』ネタバレ・あらすじ「美しすぎる四姉妹」感想「是枝監督大満足」結末「家から逃れられない姉妹」

映画『海街diary』ネタバレ・あらすじ「美しすぎる四姉妹」感想「是枝監督大満足」結末「家から逃れられない姉妹」映画『海街diary』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『海街diary』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『海街diary』の作品情報・概要『海街diary』(うみまちダイアリー)は、吉田秋生による日本の漫画作品を映画化。監督・脚本は是枝裕和(映画『誰も知らない』や映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』)。綾瀬はるか(映画『今夜、ロマンス劇場で』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、長澤まさみ(映画『すばらしき世界』や映画『MOTHER マザー』)、夏帆(映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』)、広瀬すず(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や映画『ラストレター』)が四姉妹を演じて話題となる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。母と姉妹を裏切った父の葬儀で出会った妹を引き取って、鎌倉の古民家で暮らす四姉妹の成長物語。
2018年製作

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』ネタバレ・あらすじ「障害者と介助者との対等な関係を描く」感想「自由に生きたい」結末

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』ネタバレ・あらすじ「障害者と介助者との対等な関係を描く」感想「自由に生きたい」結末映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の作品情報・概要渡辺一史著作『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』をモチーフに映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が製作された。2018年12月28日に公開。主演は大泉洋。共演は『引っ越し大名!』や『DESTINY 鎌倉ものがたり』高畑充希、『コンフィデンスマンJP』の三浦春馬。実在の人物である鹿野靖明氏の物語。筋ジストロフィーという難病を抱え、北海道札幌市に在住していた男性の鹿野靖明と彼を支えるボランティアの交流をユーモアたっぷりに描いている。鹿野の自由奔放な性格と障害者を障害者扱いしない描写が評価された。札幌フィルムコミッション支援作品。
2021.07.05
2018年製作

映画『万引き家族』ネタバレ・あらすじ・感想。カンヌ最高賞!是枝監督vs松岡茉優+リリー・フランキー+安藤サクラ&樹木希林の名作。

映画『万引き家族』ネタバレ・あらすじ・感想。カンヌ最高賞!是枝監督vs松岡茉優+リリー・フランキー+安藤サクラ&樹木希林の名作。映画『万引き家族』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『万引き家族』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『万引き家族』の作品情報・概要『万引き家族』2018年6月8日公開の日本映画。是枝裕和監督作品。第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得。リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林出演。是枝監督14作品目。一貫して「家族」「弱者」「日本社会」を描いている。胸に突き刺さるような名作である。
2021.06.01
2019年製作

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!

映画『楽園』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像も紹介しています。ネタバレ・あらすじ・結末まで書いています。2019年10月18日に公開の日本映画。監督・脚本は瀬々敬久。主演は綾野剛。第76回ヴェネツィア国際映画祭公式イベント「Focus on Japan」正式出品作品。原作は吉田修一の短編小説集『犯罪小説集』
2021.02.18
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました