同期入社

上映中

水谷豊監督映画 最新作品『轢き逃げ 最高の最悪な日』評価、あらすじ。友情とは嫉妬で成り立つ。愛情と憎悪は表裏一体をテーマにしたサイコパス映画だ。

今やテレビ番組『相棒』の刑事役のイメージが強い水谷豊だが、かつては映画を主軸に燦然と輝いていた。萩原健一、松田優作、沢田研二らと共演し確実に彼らを“食っていた”と言える。俳優としては最早、超一流だろう。その水谷が映画を監督し脚本を書いた。本作は単なる轢き逃げ犯の物語ではない。嫉妬あり、友情あり、憎悪ありのサイコパス映画だ。