2019年公開

スポンサーリンク
2019年公開

映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』ネタバレ・あらすじ・感想。「神の声」を持つイタリアの国宝の人生に迫るドキュメンタリー。

映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』ネタバレ・あらすじ・感想。「神の声」を持つイタリアの国宝の人生に迫るドキュメンタリー。映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』の作品情報・概要『パヴァロッティ 太陽のテノール』2020年9月4日公開予定の洋画。イタリアが産んだ“国宝”であり、世界的なオペラ歌手であるルチアーノ・パヴァロッティのドキュメンタリー映画。生前に残された膨大な資料や秘蔵映像をまとめたのはロン・ハワード監督と音響技師のクリストファー・ジェンキンズ。“キング・オブ・ハイC”(三点ハの王者)を見事に再現している。パヴァロッティの成功への道のりから私生活も描いている。
2019年公開

映画『ようこそ映画音響の世界へ』ネタバレ・あらすじ・感想。「映画の音は錯覚のアート」「音は“瞬間”を永遠にする」「人生は音に始まって音に終わる」

映画『ようこそ映画音響の世界へ』ネタバレ・あらすじ・感想。「映画の音は錯覚のアート」「音は“瞬間”を永遠にする」「人生は音に始まって音に終わる」映画『ようこそ映画音響の世界へ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ようこそ映画音響の世界へ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ようこそ映画音響の世界へ』の作品情報・概要映画産業の中心であるアメリカ・ハリウッドで映画における音響の歴史と変遷、さらに新しい技術への挑戦をドキュメンタリーとして記録した映画。トーキー前と後、更にステレオ、ドルビーへ進化を遂げる過程に存在した多くの音響デザイナーたちが映画への飽くなき挑戦を音を主人公にして描いている。監督はミッジ・コスティン、出演にジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、クリストファー・ノーラン、アルフォンソ・キュアロンら。映画ファンなら珠玉の一品と言える名作。
2019年公開

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』ネタバレ・あらすじ・感想。トラボルタ「ストーカー」を怪演してラズベリー賞最低主演男優賞を受賞。

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』ネタバレ・あらすじ・感想。トラボルタ「ストーカー」を怪演してラズベリー賞最低主演男優賞を受賞。映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の作品情報・概要『ファナティック ハリウッドの狂愛者』原題『The Fanatic』2019年制作のアメリカ合衆国のスリラー映画。 フレッド・ダースト監督作品。ジョン・トラボルタが狂気に満ちたストーカーを演じる。イメージチェンジを図るつもりだったかは定かではないがトラボルタは本映画『The Fanatic』と『ワイルド・レース』で第40回ゴールデンラズベリー賞最低主演男優賞を受賞するという結果になった。
2019年公開

映画『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」

映画『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」 映画『オフィシャル・シークレット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オフィシャル・シークレット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『オフィシャル・シークレット』の作品情報・概要『オフィシャル・シークレット』原題『Official Secrets』2019年に公開された米英合作のサスペンス&内部告発映画である。『ツォツィ』のギャヴィン・フッド監督作品。主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』『コレット』のキーラ・ナイトレイ。本映画はマルシア・ミッチェルとトーマス・ミッチェル書いた『The Spy Who Tried to Stop a War』を元に製作された。
2019年公開

A24製作映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。性癖は「知らない方が良い」がもたらす人間関係崩壊物語。

A24製作映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。性癖は「知らない方が良い」がもたらす人間関係崩壊物語。映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』の作品情報・概要A24は現在アメリカで最も注目されているインディペンデント系エンターテインメント企業で、映画製作・配給会社である。本映画は『スイス・アーミー・マン』の大ヒットで世界的な注目を勝ち取ったダニエル・シャイナート監督・脚本を務めている。原題『The Death of Dick Long』直訳すると「デッカイチ○コの死」となる。実際に起きた出来事をモチーフに、アメリカの田舎町を舞台に「人に言えない」「知らない方が良い」てん末を描いたブラックコメディーである。マイケル・アボット・Jr.、バージニア・ニューコム、アンドレ・ハイランド出演。
2020.09.10
2019年公開

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。
2019年公開

映画『ハニーボーイ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。シャイア・ラブーフ自伝「“毒親”と“PTSD”との戦いは終わるのか」映画で立ち直るしかない。

映画『ハニーボーイ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。シャイア・ラブーフ自伝「“毒親”と“PTSD”との戦いは終わるのか」映画で立ち直るしかない。映画『ハニーボーイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハニーボーイ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ハニーボーイ』の作品情報・概要『ハニーボーイ』原題『Honey Boy』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。アルマ・ハレル監督作品。主演はルーカス・ヘッジズ。俳優のシャイア・ラブーフの自伝的映画であり、本作の脚本を書き上げた。子役スターの栄光と挫折を“毒親”と関係から派生したPTSDを克服する様も描いている。Honey Boyはラブーフの子供時代のニックネーム。
2019年公開

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ガリ勉女子高生」の大逆襲!抱腹絶倒&お涙頂戴映画!

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ガリ勉女子高生」の大逆襲!抱腹絶倒&お涙頂戴映画!映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』の作品情報・概要『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』原題『Booksmart』2019年公開のアメリカ合衆国の青春映画。『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』『リチャード・ジュエル』出演女優オリヴィア・ワイルドの監督デビュー作品。女優のみならず演出の才能もあることを披露。主演は『レディ・バード』のビーニー・フェルドスタインと『デトロイト』『ビューティフル・ボーイ』のケイトリン・ディーヴァーが務める。「ガリ勉女子」という設定に全米が熱狂&狂喜した。  
2019年公開

映画『ファヒム パリが見た奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。移民が「パリで生きるのはもっと厳しいでしょ!」もっと現実的に描いて欲しかった作品。

映画『ファヒム パリが見た奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。移民が「パリで生きるのはもっと厳しいでしょ!」もっと現実的に描いて欲しかった作品。映画『ファヒム パリが見た奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファヒム パリが見た奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ファヒム パリが見た奇跡』の作品情報・概要『ファヒム パリが見た奇跡』原題『Fahim』2019年制作のフランスのドラマ映画。バングラデシュでチェスで有名になったため妬み・僻みやあ嫌がらせを受けた息子を守るためフランス・パリへ逃れる。パリでチェスの頭角を表す。不法移民として国外退去にされそうになるが、ジュニアのフランスチャンピオンになることで父子ともに滞在許可を得る。原作はファヒム・モハンマドの書籍、“Un roi clandestine”(ファヒムの書籍/「もぐりの王様」監督はピエール=フランソワ・マンタン=ラバル。アサド・アーメッド主演。ジェラール・ドパルデュー、ミザヌル・ラハマン、イザベル・ナンティ共演。
2019年公開

映画『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』ネタバレ・あらすじ・感想。恋人がスマアホになる未来は「現実的」と言える。

映画『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』ネタバレ・あらすじ・感想。恋人がスマアホになる未来は「現実的」と言える。 映画『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』の作品情報・概要『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』原題『Jexi』2019年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画。監督・脚本はジョン・ルーカスとスコット・ムーア。主演は『ゲームオーバー! 』のアダム・ディヴァイン。共演は『X-MEN: ダーク・フェニックス』のアレクサンドラ・シップ。『ピーターラビット』のローズ・バーンが声で出演。スマホ依存社会の現状をコメディタッチに描いた名作。未来社会を風刺的に描いている。テンポの良い脚本が最後まで飽きさせない。
2019年公開

映画『中島みゆき 夜会VOL.20「リトル・トーキョー」劇場版』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「来年は生の中島みゆき」を観に行こうと決意した作品。

映画『中島みゆき 夜会VOL.20「リトル・トーキョー」劇場版』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「来年は生の中島みゆき」を観に行こうと決意した作品。 映画『中島みゆき 夜会VOL.20「リトル・トーキョー」劇場版』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『中島みゆき 夜会VOL.20「リトル・トーキョー」劇場版』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『中島みゆき 夜会VOL.20「リトル・トーキョー」劇場版』の作品情報・概要 夜会(やかい)とは、中島みゆきが1989年から行っている舞台。夜に開かれる舞踏会や晩餐会のことを指す。1989年から始まり通算20回を数える。東京のみで行われる。当初はオリジナル曲で構成されていたが、近年ではほぼ全曲書き下ろし作品となっている。中島みゆきが原作・脚本・作詞・作曲・演出・主演をこなしている。
2019年公開

映画『ライブリポート』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「さすがハリウッド!」文化・芸術に投資する心意気を評価!

映画『ライブリポート』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「さすがハリウッド!」文化・芸術に投資する心意気を評価!映画『ライブリポート』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ライブリポート』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ライブリポート』の作品情報・概要『ライブリポート』原題『Line of Duty』2019年制作のイギリス・アメリカ合衆国のクライム・スリラー映画。アーロン・エッカート主演・製作総指揮。コートニー・イートン、ディナ・メイヤー共演。犯罪を追いかける警察官が犯人逮捕までを“生配信”で放送するで女性ジャーナリトの姿を描いている。
2019年公開

映画『WAR ウォー!!』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「インド映画はハリウッドを超えた」ツッコミどころ満載!「超楽しい」

映画『WAR ウォー!!』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「インド映画はハリウッドを超えた」ツッコミどころ満載!「超楽しい」映画『WAR ウォー!!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『WAR ウォー!!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『WAR ウォー!!』の作品情報・概要。『WAR ウォー!!』 原題『War』インド製作のスパイアクション映画。インドを代表する2大スーパースター、リティク・ローシャン、タイガー・シュロフを迎えて製作された。シッダールト・アーナンド監督作品。世界7カ国15都市でロケを敢行。『ミッション:インポッシブル』『フェイス/オフ』『キングスマン:ゴールデンサークル』『ワイルド・スピード』など数多くのアクション映画のオマージュも満載している。インド映画歴代最高ヒット記録。
2019年公開

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。今年一番の「おバカさん」映画で夏を乗り切りましょう!

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。今年一番の「おバカさん」映画で夏を乗り切りましょう!映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』の作品情報・概要『海底47m 古代マヤの死の迷宮』原題『47 Meters Down: Uncaged』2019年に公開された米英合作のパニック映画。ヨハネス・ロバーツ監督作品。主演ソフィー・ネリッセ。共演はコリーヌ・フォックス、ブリアンヌ・チュー、システィーン・スタローン(シルベスター・スタローンの次女)本作は2017年に公開された映画『海底47m』の続編である。メキシコのマヤ文明とサメを合体させて物語化した。
2020.07.30
2019年公開

映画『WAVES ウェイブス』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。美しい映像&音楽の中で展開する「若者の“恋”と“挫折”」から見える“家族愛”

映画『WAVES ウェイブス』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。美しい映像&音楽の中で展開する「若者の“恋”と“挫折”」から見える“家族愛”。映画『WAVES ウェイブス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『WAVES ウェイブス』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『WAVES ウェイブス』の作品情報・概要 『WAVES/ウェイブス』原題『Waves』は2019年のアメリカ合衆国の青春映画。トレイ・エドワード・シュルツ監督。主演は『ルース・エドガー』のケルヴィン・ハリソン・Jrと『エスケープ・ルーム』テイラー・ラッセル。共演は『ある少年の告白』『ベン・イズ・バック』のルーカス・ヘッジズ。音楽はトレント・レズナー アティカス・ロス、その他カニエ・ウエストも提供している。
2019年公開

映画『リトル・ジョー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「香りで人を幸せにする“花”」世界平和実現か!仕事中毒のシングルマザーの葛藤を描く。

映画『リトル・ジョー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「香りで人を幸せにする“花”」世界平和実現か!仕事中毒のシングルマザーの葛藤を描く。映画『リトル・ジョー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『リトル・ジョー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『リトル・ジョー』の作品情報・概要『リトル・ジョー』原題『Little Joe』2019年制作のオーストリア・イギリス・ドイツの映画。ジャンル的にスリラー、サスペンスに分類されているが、女性の生き方映画である。主演のエミリー・ビーチャムが第72回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞。監督はジェシカ・ハウスナー。かつてミヒャエル・ハネケのアシスタントしていた。『Lovely Rita ラブリー・リタ』(96)『ルルドの泉で』(11)『AMOUR FOU(原題)』(14)等で着実に力をつけている期待の女性監督。
2020.07.21
2019年公開

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要。『ランボー ラスト・ブラッド』原題『Rambo: Last Blood』2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のアクション映画『ランボーシリーズ』の第5作目。完結編と言われている。監督はエイドリアン・グランバーグ。先のシリーズではアメリカの敵なる巨悪と戦うパターンであったが、本作では自身のプライベートな復讐劇となっているのが特徴。
2019年公開

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』の作品情報・概要。『カセットテープ・ダイアリーズ』原題『Blinded by the Light』2019年に公開されたイギリスのドラマ映画。『ベッカムに恋して 』のグリンダ・チャーダ監督作品。主演はヴィヴェイク・カルラ。原作はガーディガン紙のジャーナリスト、サルフラズ・マンズールの自叙伝『Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’ Roll』イギリスで暮らすパキスタン移民、人種・宗教差別と若者の夢と希望をブルース・スプリングスティーンの名曲にのせてつぶさに描いている。
2019年公開

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレン最新作「雨のマンハッタン愛」曇りのティモシー・シャラメと太陽のエル・ファニングに分け入るセリーナ・ゴメスは?

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレン最新作「雨のマンハッタン愛」曇りのティモシー・シャラメと太陽のエル・ファニングに分け入るセリーナ・ゴメスは? 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の作品情報・概要.。『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』原題『A Rainy Day in New York』2019年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。ウディ・アレン監督作品。主演はティモシー・シャラメとエル・ファニング。共演はセレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバーなど。1935年生まれで85歳のウディ・アレンがマンハッタンへ戻ってきた話題作。雨のニューヨークで繰り広げられる若者の恋物語。Me Too運動の影響でアメリカでは公開されていない。
2019年公開

映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。

映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。 映画『ペイン・アンド・グローリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ペイン・アンド・グローリー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ペイン・アンド・グローリー』の作品情報・概要『ペイン・アンド・グローリー』原題『Dolor y gloria』英題『 Pain and Glory』2019年のスペインのドラマ映画。ペドロ・アルモドバル監督・脚本作品。アントニオ・バンデラス主演。ペネロペ・クルス、アシエル・エチェアンディア、レオナルド・スバラーリャ、ノラ・ナバス、フリエタ・セラーノ共演。第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、バンデラスが男優賞を受賞した。ペドロ・アルモドバルの自伝的要素が色濃く反映されている。母の死によって心身ともに満身創痍になった映画監督が復活への道を歩むまでを過去を回想しながら描いている。過去が栄光なら現在は痛み。
2019年公開

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』の作品情報・概要。『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』原題『Little Women』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。グレタ・ガーウィグ監督・脚本作品。主演はシアーシャ・ローナン。共演は本作はエマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ローラ・ダーン、ティモシー・シャラメ。メリル・ストリープ。アメリカ文学の女流作家ルイーザ・メイ・オルコットが発表した小説『若草物語』を原作としているが、ガーウィグがオルコットの手紙や書簡を分析して、オルコットの真実の真意に迫る脚本となっている。
2019年公開

映画『グッド・ボーイズ』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカンキッズ“性春”真っ盛り。目指せ!「ファーストキス・パーティー」であの娘の唇。セス・ローゲンプロデュース。

映画『グッド・ボーイズ』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカンキッズ“性春”真っ盛り。目指せ!「ファーストキス・パーティー」であの娘の唇。セス・ローゲンプロデュース。 映画『グッド・ボーイズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『グッド・ボーイズ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『グッド・ボーイズ』の作品情報・概要。『グッド・ボーイズ』原題『Good Boys』2019年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画。ジーン・スタプニツキー監督作品。主演はジェイコブ・トレンブレイ。『40歳の童貞男』『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で世界的なコメディアンになったセス・ローゲンが製作に加わっている。
2019年公開

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。
2019年公開

映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画

映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画。映画『ハリエット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリエット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ハリエット』の作品情報・概要『ハリエット』原題『Harriet』2019年に公開されたアメリカ合衆国の伝記映画。奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの激動の人生を映画化。監督はケイシー・レモンズ、主演はシンシア・エリヴォ。製作スタッフの多くが黒人である。ハリエット・タブマンはアフリカ系アメリカ人女性として「英雄」的存在。2020年、新20ドル紙幣に肖像画として採用される予定。本作は第92回アカデミー賞では主演女優賞と主題歌賞にノミネートされた。
2020.06.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました