実話映画

スポンサーリンク
2019年公開

映画『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」

映画『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」 映画『オフィシャル・シークレット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オフィシャル・シークレット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『オフィシャル・シークレット』の作品情報・概要『オフィシャル・シークレット』原題『Official Secrets』2019年に公開された米英合作のサスペンス&内部告発映画である。『ツォツィ』のギャヴィン・フッド監督作品。主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』『コレット』のキーラ・ナイトレイ。本映画はマルシア・ミッチェルとトーマス・ミッチェル書いた『The Spy Who Tried to Stop a War』を元に製作された。
2019年公開

A24製作映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。性癖は「知らない方が良い」がもたらす人間関係崩壊物語。

A24製作映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。性癖は「知らない方が良い」がもたらす人間関係崩壊物語。映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』の作品情報・概要A24は現在アメリカで最も注目されているインディペンデント系エンターテインメント企業で、映画製作・配給会社である。本映画は『スイス・アーミー・マン』の大ヒットで世界的な注目を勝ち取ったダニエル・シャイナート監督・脚本を務めている。原題『The Death of Dick Long』直訳すると「デッカイチ○コの死」となる。実際に起きた出来事をモチーフに、アメリカの田舎町を舞台に「人に言えない」「知らない方が良い」てん末を描いたブラックコメディーである。マイケル・アボット・Jr.、バージニア・ニューコム、アンドレ・ハイランド出演。
2020.09.10
2019年公開

映画『ハニーボーイ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。シャイア・ラブーフ自伝「“毒親”と“PTSD”との戦いは終わるのか」映画で立ち直るしかない。

映画『ハニーボーイ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。シャイア・ラブーフ自伝「“毒親”と“PTSD”との戦いは終わるのか」映画で立ち直るしかない。映画『ハニーボーイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハニーボーイ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ハニーボーイ』の作品情報・概要『ハニーボーイ』原題『Honey Boy』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。アルマ・ハレル監督作品。主演はルーカス・ヘッジズ。俳優のシャイア・ラブーフの自伝的映画であり、本作の脚本を書き上げた。子役スターの栄光と挫折を“毒親”と関係から派生したPTSDを克服する様も描いている。Honey Boyはラブーフの子供時代のニックネーム。
2019年公開

映画『ファヒム パリが見た奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。移民が「パリで生きるのはもっと厳しいでしょ!」もっと現実的に描いて欲しかった作品。

映画『ファヒム パリが見た奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。移民が「パリで生きるのはもっと厳しいでしょ!」もっと現実的に描いて欲しかった作品。映画『ファヒム パリが見た奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファヒム パリが見た奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ファヒム パリが見た奇跡』の作品情報・概要『ファヒム パリが見た奇跡』原題『Fahim』2019年制作のフランスのドラマ映画。バングラデシュでチェスで有名になったため妬み・僻みやあ嫌がらせを受けた息子を守るためフランス・パリへ逃れる。パリでチェスの頭角を表す。不法移民として国外退去にされそうになるが、ジュニアのフランスチャンピオンになることで父子ともに滞在許可を得る。原作はファヒム・モハンマドの書籍、“Un roi clandestine”(ファヒムの書籍/「もぐりの王様」監督はピエール=フランソワ・マンタン=ラバル。アサド・アーメッド主演。ジェラール・ドパルデュー、ミザヌル・ラハマン、イザベル・ナンティ共演。
お茶の間映画館

映画『レイジング・ブル』ネタバレ・あらすじ・作品情報・評価。マーティン・スコセッシvsロバート・デ・ニーロのボクシング映画最高傑作。

映画『レイジング・ブル』ネタバレ・あらすじ・作品情報・評価。マーティン・スコセッシvsロバート・デ・ニーロのボクシング映画最高傑作。映画『レイジング・ブル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『レイジング・ブル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『レイジング・ブル』の作品概要 『レイジング・ブル』原題『Raging Bull』1980年公開のアメリカ映画。監督はマーティン・スコセッシ(映画『アイリッシュマン』)主演はロバート・デ・ニーロ。第53回アカデミー主演男優賞を獲得。実在のプロボクサー、ジェイク・ラモッタの自伝を元にポール・シュレイダー(『魂のゆくえ』)とマーディク・マーディンが脚本を担当した。かつてボクシングの世界ミドル級チャンピオンであったジェイク・ラモッタの半生を映画化。ジェイクを取り巻く人間関係、弟、妻、マフィアなどを通してジェイクの波乱万丈の人生を描く。暴力について訴求している。
2020.09.28
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました