オーストリア

スポンサーリンク
2019年公開

映画『リトル・ジョー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「香りで人を幸せにする“花”」世界平和実現か!仕事中毒のシングルマザーの葛藤を描く。

映画『リトル・ジョー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「香りで人を幸せにする“花”」世界平和実現か!仕事中毒のシングルマザーの葛藤を描く。映画『リトル・ジョー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『リトル・ジョー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『リトル・ジョー』の作品情報・概要『リトル・ジョー』原題『Little Joe』2019年制作のオーストリア・イギリス・ドイツの映画。ジャンル的にスリラー、サスペンスに分類されているが、女性の生き方映画である。主演のエミリー・ビーチャムが第72回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞。監督はジェシカ・ハウスナー。かつてミヒャエル・ハネケのアシスタントしていた。『Lovely Rita ラブリー・リタ』(96)『ルルドの泉で』(11)『AMOUR FOU(原題)』(14)等で着実に力をつけている期待の女性監督。
2020.07.21
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました